フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

2017.03.23

NVIDIAのGDC 2017のフォトグラメトリーのセッション

GDCの時に見たかったんですが、部屋が小さくて入れなかったPhotogrammetry for Games; Art, Technology and Pipeline Integration for Amazing Worlds のセッションのスライドを見はじめる。

http://developer.download.nvidia.com/assets/gameworks/downloads/regular/GDC17/gdc-photogrammetry-pipelines-2017-03-01.pdf

下記の動画はスライド中の動画でYoutubeにリンクがあったものです。

スライドを見ているとRealityCaptureがRealityCapture EngineというC++のSDKを出してゲームエンジンとかに組み込めたりするようになるみたいですね。

実際にUnityに組み込んで多視点の撮影画像から点群生成して、3Dのメッシュの構築などを行うなどができてるみたいですね。

そして、下記の動画はカメラにPCに対して無線でデータを転送できるSDカード(Eye-Fi)を入れて、屋外で撮影しながら写真をPCに送ってUnity上でフォトグラメトリーをやるみたいなことの実践例のようですね。面白いことやるなー。

NVIDIAのGDC 2017スライド

GDC Vaultでセッション動画は公開されているのですが、スライドだけが見たい...みたいなニーズからするとスライドを公開してくれるのはありがたいですね。

GDC17 show guide from NVIDIA
https://developer.nvidia.com/gdc17

あと、動画もあがるのかな?

2017.03.22

WebGLの次世代APIのObsidianの仕様

Shader.jpの方で書いたけどもWebKitのWebGPUとは別な形でMozzilaの方も仕様を出して来たのね.。

http://www.shader.jp/?p=1965

これは片方にしておいて欲しい。

«GDC 2017のKhronos groupのセッションスライドや動画