フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« Channel-aを見てて | トップページ | リアルタイム顔画像認識 »

2003.12.09

肌色とはなんぞや・・・

ということを考え中。

もちろん哲学的な意味ではなく、画像処理的な見地でどうやって認識するかという話。正確には、肌色を認識してさらに顔(頭って言ったほうがいいかな)の動きを検知したいんだけどどうしたもんでしょうなぁ・・・。

とりあえず『ViewFrame』の時に実験段階のものとしてピクセルシェーダで肌色抜き出し→重心取得はできてるんだけどどうやって腕などのほかのものと区別して顔をとるかということで悩み中。そりゃ、いくら計算時間をかけてもいいってなら悩まんよ。精度良く顔の動きを高速(リアルタイムアプリにラグを感じないレベルなら15 フレーム / 秒~か?)に取得するにはどうごまかしてそこそこのことをやるかなんだよな。

肌色集合はともかくそこから顔を追尾する方法を考えんと。今回は認識用マーカーは無しにしたい。

3次元位置計測に2個カメラ使うのは24日までのペーパーには濃厚になりそうだが、友人が発注したノートPC用アナログ入力ボードというのが気になる。どうやるつもりなんだろ?

新たにアナログ入力ボードのAPIを抑えるのは簡単なんだけど端子台が無いとテストできんし。俺はてっきりデジタルボードかと思って以前買った24点端子代でも使えばいいかと思ったけどアナログ入力ボードじゃそうもいかんよなぁ。

そういえば、この表題見ると独眼鉄(なんてこったIMEで一発で変換できた)の『男とはなんぞや』の問いを思い出す。

« Channel-aを見てて | トップページ | リアルタイム顔画像認識 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/15133

この記事へのトラックバック一覧です: 肌色とはなんぞや・・・:

« Channel-aを見てて | トップページ | リアルタイム顔画像認識 »