フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 肌色とはなんぞや・・・ | トップページ | 1日ごとに変更 »

2003.12.09

リアルタイム顔画像認識

とりあえず今回は意味的な部分は特に考慮しません。正確には頭部位置検出が目的なんで。

とりあえずShaderX2を読む限りではかなりの一般的なフィルタ処理(ラプラシアンやらガウシアン)なんかもピクセルシェーダ2.0で実装可能みたい。でっかい勘違いしていたのがHLSL内でのfor文なんかはNGかと思ってたけどシェーダ2.0では書いてOKらしい(一応動いた)。今回は、そういう意味ではHI106の時にやらなかったピクセルシェーダでもっと突っ込んだ画像処理をやることにします。

近傍点をチェックしたり近い色の平均化なんてのはできちゃうわけだしね。今の段階で考えてるのがエッジ検出して同一エッジ内の面の色の平均化をして特徴抽出をしやすいように持ってくことで顔のうち両眼、唇が取れるんではないかと考えている。このうち一番問題なのは実は両眼の認識で、情報研究科で顔画像認識してる研究室では日本人の40%はメガネで実はメガネ対策をどうするかが重要なんて事が書かれていたり・・・。

だが、ピクセルシェーダによるリアルタイム顔の特徴点抽出はそこそこ面白いネタだと思う・・・研究的には。あ~、次は画像処理かぁ~。知らず知らずと守備範囲を広げてるな。こんなことなら学部生時代にもうちょいまじめに友人の研究発表を聞いて置けばよかった>その友人からは最近、日本 VS. 香港戦(7日、三都主がPK決めて勝った試合)を埼玉で見てきたというメールが携帯に来た、いいなぁ。

« 肌色とはなんぞや・・・ | トップページ | 1日ごとに変更 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

肌色に関しては光の具合で色々難しいんですよね。
下の資料が参考になるかと思います。
http://www.db.is.kyushu-u.ac.jp/seminar/200205/kubo.ppt

メガネに関してはクロージングあたりで対処できるのではないかと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/15156

この記事へのトラックバック一覧です: リアルタイム顔画像認識:

« 肌色とはなんぞや・・・ | トップページ | 1日ごとに変更 »