« ピクセルシェーダを画像処理に用いる | トップページ | "D"じゃなくて"d"だったんだ・・・ »

2004.01.02

GPUで肌色認識

そういえばこの画像はまだ出してなかったな。昨年の12/23頃に論文用にやってたものです。

とりあえず背景差分などの処理は無しで肌色領域が白でその他が黒です。茶色っぽいものはとっちゃいますね。まぁ、近い色でも動かない背景色なら背景差分でだいぶ殺せますね(ちとセコイが場所の条件で工夫する手もある。背景ブルーバックとかね)。

前までは、HSVでやってたんだけどあれだと背景の壁みたいな白をとっちゃうんだけど今回使った別の表色系だとだいぶ白いものをとらなくなってくれました。

まだ、細かい調整中なんでやり方については別の機会に。

ちなみにこの記事と前の記事ではDynabook V9のGeoforce FX Go 5200(64MB)で実行。最近は、なんとなくCgに鞍替えしようかなんて微妙に考えていたり・・・。

だってICgFXEffectって、ID3DXEffectと使い方一緒なんだもの(詳しくはココの下のほうのCgFX Overview (.pdf) (131 KB)を参照)。


hada002.jpg
元画像
(DVで撮影。対象が動画なんで)


hada002.jpg
処理後
(肌色領域が白で他は黒)

« ピクセルシェーダを画像処理に用いる | トップページ | "D"じゃなくて"d"だったんだ・・・ »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPUで肌色認識:

« ピクセルシェーダを画像処理に用いる | トップページ | "D"じゃなくて"d"だったんだ・・・ »