« たいしたことではないが・・・ピクセルシェーダでラプラシアンフィルタ | トップページ | DVD1本とアルバム1つ »

2004.02.09

Eye Toy

「めざましテレビ」で「Eye Toy : Play」の紹介がありました。

3年ぐらい前からCCDカメラを使ったコンテンツは作ってたりするけど、アレはやられた感じです。

あれの実装方法は結構気になるんだが、内部的にはCCDとおそらく距離計測で二つの赤外線センサを使ってるっぽい。たぶんCCDからキャプチャ画像と深度マップ(輝度かなんかかね。赤外線だと志向性がシビアだからシーン内全体の深度を計るのはきつそうだが・・・)かなんかを取得して、前フレームとの色の変化の差分で移動の検知できたピクセルのマップとオブジェクトの当たり判定を取ってるんじゃないかと思う。

多分、実機を入手するので体でも動かなければ当たり判定がないとすればこの方法が取られてると推測するが・・・。

あ~、なんとなく自分の適性がリアルタイム3DCGよりもインタラクティブ技術の方が適正があるのかも、なんて考えちゃうなぁ・・・。好きなのと得意なのは別だからね。

Playstation.com の紹介ページ
http://www.jp.playstation.com/psworld/scej/eyetoy/

« たいしたことではないが・・・ピクセルシェーダでラプラシアンフィルタ | トップページ | DVD1本とアルバム1つ »

ゲーム」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Eye Toy:

« たいしたことではないが・・・ピクセルシェーダでラプラシアンフィルタ | トップページ | DVD1本とアルバム1つ »