フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« FX Composerの第2回記事アップ | トップページ | 渡仏の打ち合わせ »

2004.04.02

FX ComposerでXファイルのインポート

それ自体は簡単なんですが問題は、デフォルトの状態だといわゆるDirectX 8.x世代のエフェクトファイルで起動してしまうこと。そうなるとシェーダコードが書きにくいですねぇ。

一応、なんとか対応策は分かったんですが、そのやり方が適正なのかが不明。それとマテリアルからの色をシェーダコードに送る方法をどうするかだよね。

あと、アニメーション付のXファイルについて謎。頂点シェーダでスキニングしているようなそぶりはないのに動いてるのが謎(もちろんデフォルトのエフェクトファイルなら固定機能なんだろうけど、自分でシェーダでも動いてるということはアニメーションの行列計算はシェーダ外で行われてる!?)。

なお、個人的にこの機能はViewFrameの蝶の羽根をバンプ + 光沢を適用するのに使えそう。『RenderMonkey』でもいいんだけどメッシュで全属性に同じシェーダをかけたくないこともあるし(そういえば、あるプロの人と仕事したときに複数属性を持ったものを1ファイルにしない方が良いと言ってたけど最近納得)。

とりあえずもうちょいいじって見るとかマニュアル読むとかしてみます。

« FX Composerの第2回記事アップ | トップページ | 渡仏の打ち合わせ »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/384450

この記事へのトラックバック一覧です: FX ComposerでXファイルのインポート:

« FX Composerの第2回記事アップ | トップページ | 渡仏の打ち合わせ »