フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 帰宅 | トップページ | エフェクトの基本 »

2004.04.06

GPU Gemsが来ました!!

ついに来ました。

下の通りハードカバーで中身はオールカラー。サイズはB5よりちょいでかい。挿絵からソースコードまでオールカラーなのは豪華で見やすいです。

ざっと、表紙裏に全貌が載ってますが、こんな感じ。

●Natural effects
●Lighting and shadows
●Materials
●Image processing
●Performance and practicalities
●Beyond triangles

といったグループわけがされて42のチャプターに分かれて解説があります(1つのチャプターで10ページ以上ページが割かれている)。細かく書くのはしんどいので保留。まだ細かに読んでませんが、1冊手元にあっていい本だと思います。それとnVIDIA色が非常に強いのでGeforce FX向き(と、いうかGeforce FXで出来ないエフェクトは無いと見た)になってます。

あと気になってたシェーダコード自体はCgですがHLSLの人は若干の違いが理解できてれば問題ないと思います(uniformとかout修飾子とか気をつければ)。実装はOpenGLが大半(ただし、基本的に実装がOpenGLだとかDirectXだとかは手法が理解できてれば些細な問題。このレベルの本が読める人には環境はあまり関係ないでしょ?)。サンプルによってはFX Composer形式のファイルもある。

難易度は高いんで誰もが手を出すべきでは無いと思います。ShaderX2よりは実践的(あれは現状のハードウェアで動かないシェーダモデル3.0とかのエフェクトもありますしね)ですが、書き方が"Gems"と名がつくだけあって"GAME PROGRAMMING Gems"と感じは近いかもしれません(ちゃんと各種参考文献が記述されてるしね)。

しかし、ライターの顔写真と経歴が一人一人載ってますが、こういう人たちがグラフィックスの流れを決めてるんかねぇ。

gpugems.jpg
比較のためA6版の『かりあげクン』と並べてみた
gpugems2.jpg

下記はAmazonへのリンク。


cover

Gpu Gems: Programming Techniques, Tips...

« 帰宅 | トップページ | エフェクトの基本 »

Amazon」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/403409

この記事へのトラックバック一覧です: GPU Gemsが来ました!!:

« 帰宅 | トップページ | エフェクトの基本 »