フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004.04.30

OneNote2003を使い始めて

まぁ、基本的に値段からすると便利なソフトですね。

買ってから何かとメモを取るようになりました(これが重要なことなのかも)。ミニノートはPocketPCの手書きメモに近い感じです(だからこそSP1の同期機能は必要なのかも)。

あと、Wordなんかに比べて柔軟なスタイルで動作も軽いのが便利です。

ただ、製図ソフトみたいな使い方はきついですね(Tabletならともかく)。それはVisioの領域ってことでしょうね。

うわ

今日で4月終わりだったか…。

観光

GWは金沢にでも観光に行こうかな。

でも、混んでる時に混んでる場所に行くのもね。

みんな帰った

みんなしてGWは実家帰っちゃうんだもんなぁ…。

NetFrontにしようかどうしようか

PocketLOOXでのWeb閲覧は元から入ってるPocketIEを使ってます。

PocketPCの場合、シェアウェアとしてNetFrontがあるんですけど、元来ブラウザなんて金を払うものでは無いと思ってるので、その分は我慢して使ってます。

ただ、そろそろPocketPCのブラウザぐらいはもうちょいマシにしたいんだけどどうなんでしょ。体験版でも入れてみようかな。

なんだかんだ2件

なんだかんだ今日の午前10時締め切りの論文は提出間に合った。

しかし、HI106の時と同じく、くしくも2件も出すことになってしまった…。

今週はなんていうか

調子の上がらない1週間だなぁ…。

そろそろ厄年っぽい感じが出てきた。

まぁ、寝て無いので気分が沈鬱なんだが・・・。

2004.04.29

巨人

まだ、今年のプロ野球の灯が消えないのは巨人がアレで5位だってことだよね。

アレだけ打ってあの順位は、やはり他球団へのハンデとしての逆ロケットスタートことでしょうか?

しかし、今年の横浜は対阪神はどうしちゃったんだ?

何があった?>大ちゃん。

新セマンティクス

ん、VPOSだとサーフェイス中の座標にアクセスできる?

とりあえず新しいピクセルシェーダ用のセマンティクスに関してはVFACEはいいとして、VPOSがちとまだ分からん。

DirectX 9.0cではPS2.0自体も強化されるわけね。

まぁ、DirectX 9.0とSummer 2003でもDEPTHセマンティクスが追加になってたりしたしね(ふと思ったが、PSでの出力のTEXCOORDnってどう使うんだ?)。

PRTもそろそろ当たり前ということから、ちょっと覚えておかないと。

なんにしても先の記事でリンクしたスライドは見ておかないとねぇ。

DirectX 9.0c関連

spinでMicrosoftのGDCのスライドが公開されてるなんて記事がありました。

スライド数が多いのでめんどくさそうなんでスルーしようと思いましたが、spinの記事だけでもかなりHLSLで追加機能があるようなんで時間のあるうちに抑えておかないといかんのかもね。

とりあえずこのテの資料は自分できっちり読んでおくと他人よりも先に利用方法のいいアイデアが浮かぶというものです。

Game Developers Conference 2004
Microsoft DirectX slides at Game Developers Conference 2004
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=08CB066C-6DA2-49F4-B6D1-BE48C7AAA028&displaylang=en

40,000Hit

お、Masafumi's LABORATORYのカウンタが40,000超えたか。

オルセン姉妹

お、なんかテレビ金沢のニュース番組でオルセン姉妹のブランドが日本上陸のニュースを扱ってます。

たしか、3月に来日したんだっけ?

しかし、双子では世界一の金持ちだったりするのかねぇ…。どうなんでしょ?

ELLE
http://www.elle.co.jp/home/fashion/celeb/04_0317/

記事修正

ちと気持ち悪いポインタの渡し方をしてるので修正。

修正箇所はそれぞれCMovieToTexture::GetTexture()CCaptureTexture::GetTexture()です。戻り値でテクスチャを渡していたのを引数にしました。小さい変更で全体的な動作は変わらないので以前のバージョンをお持ちの方は好みで変更してください。

DirectShow 第1回と第2回を修正
http://masafumi-t.cool.ne.jp/directx9.htm

名刺と言えば…

俺も『かりあげクン』みたく裏にトランプを印刷して54枚(4種のスート + ジョーカー2枚)集めると遊べるようにしようかなぁ…。

iTunesでWMAインポート可ですか

お、次のバージョンアップでWMAのインポート可ですか。

WMAが聞けないのが不便でしたが、インポートできればまぁ何も無いよりはマシですね。

あとは、iPodそのものがねぇ…。惜しいんだよね。

IT Mediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0404/28/news101.html
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0404/28/news103.html

ちと無理だな

ちと論文発表の関係で、芸術科学会のサイトを見てたんだけど。JSTの公募。

http://www.art-science.org/artsci/1083137296/index_html

下記の公募事業に関して②と④にはアイデアがある(②は比較的時間をかければできる、④は精度面でちとキツイ)が現状の自分のキャリアと層では無理だな。さすがにJSTだと未踏ソフトウェアのように気楽に応募もできんし、成果も出さんといかん。アチラは多少電波系入っても案件通る気がするが。

ま、なんにしても博士後期かポスドククラスのチャレンジコースだな、こりゃ。

http://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/jigyou/parea/index.html

ん!!未踏かぁ…、その手があったか。

まじめに考えてみるかなぁ…。

最近ぼやいてるネタ周りはまとまる気が…。あとは相性の良さそうなPMがいるかどうかだね。

ま、大抵はここでこうやってボヤいて、計画倒れなんだけどね。なんていうかアレは不必要に寿命を削るだけのような気がする。

なんにせよ、こういう方向でGPUを使うことも考えておくといいのかもね。それと、現時点の課題はこうした提案を行うときのGPUの有用性が理解してもらえるかどうかと言う話(外国人はだいぶ気付いて実践してるようだけどね。少なくともオフラインレンダラはGPUを使う方向になってきてますね。)。

40,000

そういやもうすぐMasafumi's LABORATORYのカウンタが40,000だな。

キリ番なんて1,000ぐらいまではやってたけどね。今はどうでもいいや。

大学のサイトが変わってる・・・

よく見たら大学のWebサイトのテキスト版の配置が変わってた。

テキスト版だから文字で案内できてれば役目を果たしてるが、それにしても気持ち悪い配置に変わったなぁ・・・。

Decumaってどうよ?

Windows CE FAN見てたらCLIEでお馴染みの手書き入力ソフトDecumaのPocketPC版が出てるので試用してみる。

使用感としてはなかなか、よく書けると思います。個人的にアルファベットモードはこれはいいかも。

ただ、細かな操作性はJapanistに慣れたクセが逆にいかんらしい。そこそこインターフェイスに慣れがいるかも。

Japanistが無ければ多分レジストしてますが、今のJapanistの使い勝手がいいんでこのまま行きます。

2004.04.28

足を引っ張ってるのは・・・

最近は、メールで動画像処理(動画像認識ではない)にもっとGPUを使うと言う話を知り合いとしてますが、どうやらGPUで動画像処理を行う際に結局のところDVやらHDTVやらの展開には、いまだにCPU負荷が大きいと言う認識は共通なようだ。

初代『ViewFrame』では2台のDVを一台のデスクトップPC(Pen4 2.8GHz HT対応 RAM 1GB RADEON 9800 Pro 128MB)でGPUでの解析を行っても60フレームを割ることはありませんでした(たしか正確には98ふれーむだったかな?)。

これが新ViewFrameでDVが1台になったのにDELLのInspironでPenM 1.3GHzでRAM 1GB GeForce FX Go 5650 64MBで突如20フレーム台に落ち込みました。これは当初、RADEON 9800 ProからGeForce FX Goになってピクセルパイプラインが半分になったことが原因と思いました。それと、旧版ではGPUは黄色の解析をRGB表色系で行っていたのを新版ではL*a*b*表色系での肌色認識に変えたことで負荷が高まったと考えました。

ところが…。

これをPen M 1.4GHz RAM 768MBのdynabook V9ではGeForce FX Go 5200でGPUのグレードを下げたのにInspironより高速 なフレームレートを出しています。これで気付きました。確実に現段階のボトルネックはCPUがキャプチャした画像をDirect3Dサーフェイスに展開するのが遅いのだと。

で、少しでも高速になるんではないかと予測されるVMR9化を決断したわけですが、今後デジタルハイビジョン(HDTV)を意識するしてGPUを使う方法を考える上でCPUそのものが問題になることを考えんとねぇ。

そういう意味ではGeForce 6のビデオプロセッサには非常に期待してるんだが…。

体調

ようやく今週初めに崩しがちだった体調が良くなってきました。

が、今度は肩こりがひどい。

好きなCM

以前Docomo北陸のCMについてこんな記事を書いた(すでに話題にしてるCMのムービーはありません)けど、逆に携帯電話関連で好きなCMは下記のリンクのヤツ。

ボーダフォンのだけど、Do As Infinityが曲だけでなくCMキャラクターまでってのは珍しいよね。表情の動きが好きだなぁ・・・。

TOSHIBA V302T
http://www.toshiba.co.jp/webstreet/cm_library/v302t/index.html

新しい名刺

携帯をP900iに変えてから名刺にQRコードを埋め込みたくて色々と試行錯誤してましたが、ついにQRコード埋め込み版ができました。

最初はPhotoImpactで作ってたんだけど、なんか印刷時にサイズが変わってしまってるらしく読み取りができない状態でしたが、Wordで作ってPDF化したらようやくちゃんと読めました。

PhotImpactだとレイアウトはWordより全然楽なんだけど文字自体も絵として扱うのでけっこう荒くなってしまうのだけどもWord→PDFだと小さくても文字がきれいに出ますね。

QRコードの使い道ですが、Docomoのツールだと電話帳登録だと必ず携帯電話の番号を入れないといけないのでそれは気持ち悪いので、大学のエリアに出してるWebサイトに携帯電話用を設置してそこの閲覧やブックマークができるようにしました(まぁ、Profile以上の情報はありませんが)。

name.jpg

自分が勝手にいいと思い込んでるモノを人に薦めることが他人のためだと考える人

と、いう人に他人に迷惑をかけていない人なんているのだろうか?

オタクも宗教家も左翼も過激なマカーもお断りです。

大事なのは多様性を認めること。

多様なものが認められてるからこそ存在できるのに単一にしようってのがねぇ…。

コレってどうなんかね

USB出力のDCケーブルなんだけど結構自作回路でACアダプタとか使ってたので、これがあるとコンセントが一つ減らせるのかも。電流はUSBの制約上流れる量は低めだが、PocketLOOXの緊急時の充電には使えそうだな。

しかし、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」で「週刊わたしのおにいちゃん[特別増刊号] (彩色済フィギュア+オールカラー32Pブックレット)」は全然関係ないだろ。

cover
Arvel PWC-100 USBパワーケーブル...
Amazon.co.jpアソシエイト

久しぶりにRender To Vertexbufferの話題

よくよく考えると、ピクセルシェーダ入出力にPOSITIONとかNORMALなんてセマンティックスが加わったりよるのだろうか?

朝日見てたら・・・

なにィ!!

次の日曜の映画は『続猿の惑星』だと!!!

ある意味、前作を超えた衝撃のラストが・・・。

映画史上に残る迷作ですからね。

あんなオチをつけられるのは日本では永井豪ぐらいだろ(デビルマンレディーとか)。

ワールドダウンタウン

石川でも放送が始まりました。

「N-18」(石川ローカルの音楽番組)見てから寝ようと思ったらコレが始まって寝れなくなりました。

新番組ってことはずっとあのテンションでやってくのかぁ…。

あの意味の分からなさがいいなぁ…。

で、あの外人のテンションに悪乗りしないダウンタウンを見るのが番組の趣旨か?

深夜でこじんまりにやってくってのは

WORLD DOWNTOWN
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/wdt/

つーか、公式ページのブラウザ上に出るタイトルは"WOLRD"なのが笑う。

たとえGeForce 6のリリースが6月とか7月になっても…

せめてDirectX 9.0Cがそれよりも早く出てくれれば、HLSLコンパイラはシェーダバージョン3.0だから色々と遊べるんだけどね。

そうすると多少遅れても7月末締め切りの学会論文には急いで動作テストするだけですむんだけどね。

と、いうことで頑張って早めのリリースをお願いしたいところですね>Microsoft御中。

なんかココログ閲覧が変

う~ん、昨日(27日)から他の人のココログを読むときにテンプレートが適用されない状態で表示されることが結構あるな。

一応、ブラウザの【更新】で正しく見えるようになるが…。

2004.04.27

う、実は…

うちの研究室のマシンでGeForce 6800 Ultraが挿さっても大丈夫な電源容量持ってるのって実はXPSしかないんじゃない?Dimension 8300って定格電力305Wだし。

まぁ、まだ挿せるだけマシンがあるだけマシか。

今年はマシンごと(まぁ、今年の状況では贅沢言うのは先生に悪いですしね)はなかなか難しいだろうから、無印のピクセルパイプラインが12本のを買うことも考えないとダメかもね。

まとまった金が入ると分かると…

つい欲しくなっちゃうんだよね。

4GBで電池交換できて、そんでリモコンが付く。
使わなくなったらバラしてMicrodrive 4GBとして使える。これはオイシイよねぇ…。

個人的にこのデザインはRioのよりはいいし(HDDプレーヤー出してるiReverのデザインセンスは言語道断)、iPod miniもappleだと言うこと以外は勝ってると思わない(電池交換不可、リモコン無し、値段がコレより高そう、バラしたMicrodriveは使えない、日本でiTuneで曲が買えない)んで現状ではこのクラスではベストバイなのかもね。

ちなみに俺のミュージックライブラリは1.5GBでは足らない。

cover
Creative NOMAD MUVO2 4GB
Amazon.co.jpアソシエイト

GPUプログラマ

まぁ、先の放送業界の話じゃないけど、使い方をしっかり考えてアプリケーションを提案できればそこそこお金になる市場だよね。

nVIDIAだってデジタルフィルム部門を立ち上げたしね。

少なくともこれからは幅広くGPUがどんどん使える時代なわけで、その一方で日本ではGPUプログラマが足らなさそうだからうまくやるとオイシイ仕事なんだろうな。

そういう意味でちゃんとしたキャリアがあってバックグラウンドのあるGPUプログラマ(ここでは単純に和書でのサンプルのエフェクトを焼きなおす程度でシェーダがかける人は除く)を集めて起業すると実は国内ではそこそこチャンスがあるんじゃないの(もちろんプログラマだけで商売はできないのでその他にも人員が必要ですが…)?

ただ、ネット上で有名な方々はこういっては失礼だけど、みんな良い意味で商売っ気のなさそうな方が多い気が…。

納品

あとは向こうのチェックが終わればバイト代が出る。

放送業界とGPU

特になんてことはありませんが、単に一般的なテレビ放送のためにGPUは生かせないかと言うことはちょびっと考えていたりします。

現在のGPUのイメージングプロセッサとしての有用性なんかを考えると静止画像処理の次はリアルタイムの動画像処理をやらせたいわけですから自然と目が向くのは当然ですね。

さらにGeForce 6シリーズのようにプログラマブルなビデオプロセッサ搭載ともなるとますます映像業界向けのGPU利用と言うのは考えておいて損は無いかと思います(微妙にそういう話が僕のところにも来てたり…)。

そんなわけでHDTV(WindowsならWMVに確かHDTV用のプロファイルがあったよね?)周りのためのGPUの利用方法を考えつつ、リサーチもしておくことにしようかと思います。

GDC 2004のnVIDIAのセッション

メモ。

下記にペーパーと講演のムービーがあります。

http://developer.nvidia.com/object/gdc_2004_presentations.html#NVIDIA_Sponsored_Sessions

仮説崩れる

う~ん、やっぱダメか。

急に

色んなバイト代が出ることになってリッチになりそう。

けど、多分、渡仏で全部消えそう。

まだ

片肺が痛い。

仮説

ちとVMR9ムービーテクスチャのでコールバックの呼び出しが少ないという問題の解決策が見えたかも。

とりあえず、寝て起きたら試してみます。

懇親会

昨晩は研究室の懇親会でした。

一年は早いもんですね。

ついこの間まで歓迎される方でしたが、今度は歓迎する方とはね。

2004.04.26

手術ゲーム

以前、こんな記事で取り上げたけど、これとは関係無しにどうやら外科手術のゲームがでるみたい。

どうなんでしょうねぇ~。

目指せスーパードクターKってとこでしょうか。

ちなみにかつて友人とブラックジャックとスーパードクターKはどっちが医者としての腕が上かと言う論議になったとき、ブラックジャックは自分で自分の手術をしたのでブラックジャックの方が上だという結論になりました。

『トリビアの種』あたりで検証してくれないかな。

ファミ通.comの記事
http://www.famitsu.com/game/coming/2004/04/23/104,1082701501,25123,0,0.html

痛い

片肺がめちゃ痛い。

文献ゼミ

先生から文献ゼミの新しい文献が周ってきました。

これは実装やってみてもいいんじゃないかなぁ~。

今回はSIGGRAPH 2003のMicrosoft Reserchの"View-Dependent Displacement Mapping"です。

このテのジオメトリ処理ってMicrosoft Reserchって結構好きだよね。Progressive MeshのHoppeさんとか。

火の鳥

そういえばここ2週NHK総合でやってる手家治虫の『火の鳥』を見てたりします。

昨晩の放送で『 黎明編』は終わりで、次週よりは『復活編』。

個人的にはこのシリーズでは『未来編』は楽しみ。

本当は『太陽編』あたりも映像化して欲しかった作品。

オープン

IVRC2004のサイトがオープンしてますね。

今年は岐阜の時点で4チームとさらに狭き門になってますね。

うでに自身のある学生はどうぞ。制作費などがちゃんと出るしね。

しかし、日本語のコンテスト名がだいぶ"大きな"名前に変わってますね(2003年は、"IVRC"は"Inter-colleagiate Virtual Reality Contest"だったかな。都合よく、いつも日本語名は変わってます)。

国際のわりに…。日本とフランスだけか?

IVRC2004
http://ivrc.net/

2004.04.25

明日の仕込み

明日の夕方は研究室のM1歓迎懇親会です。

幹事(?)からの指令でM2以上は一品用意せよ指令が出たので仕込みをします。

材料は昨日、今日でそろえたのであとは作るだけ。

何を作るかは現段階では秘密です。

晩飯4/25

今日の晩飯。

ケチャップライスとほうれん草(ほうれん草、トマト,きゅうり,ベーコン)のサラダ。

本当は豚肉もあったんだけど、一人なのにサラダの量が多くなりすぎたので急遽、野菜炒めは無しでその代わりご飯をケチャップライス(味付けはケチャップで、ミックスベジタブル(グリーンピース、にんじん、コーン)とベーコンが具)に切り替えました。

pict0425.jpg

PCやWindows CE機でi-mode絵文字を見る方法

PCの場合は基本的にNTT DocomoがPCからの絵文字入力用ソフトを無料で公開してるのでそれをインストールして外字設定すれば読めます(書くのはソフトから)。

Windows CE機も実はちょっと工夫すると読めたりします。このソフトをインストールするとインストール先のフォルダに【docomo.tte】って外字用のファイルがあるんでそれをWindows CE機のフォントディレクトリに移すだけですね(PocketPC2003なら【\\Windows\\Fonts】かな)。ただ、ライセンス上はヤバイ気もします。一応、これでi-mode向けの勝手サイトの絵文字なんかは見れたりします。さすがにWindows CE機もWindowsであるってことですね(まぁ、実際にプログラムを組んでもこれは小さくてもWindowsなんだねぇ、と思うことは多い)。

NTT Docomo i絵文字
http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/imode/tag/emoji/e3.html

のんびり起きたが…

のんびりしてる場合じゃないんだよね。

2004.04.24

本日は…

なんもなかったんだけどなんか気分が落ち込む一日でした。

惜しい!!

だいぶ惜しいところまで来てます。

とりあえずレンダーターゲットがごちゃごちゃになる問題は解決っぽい。

あとは更新速度だな。

VMR9化の進捗

まだはっきりと確実ではないがちょっとずつおかしな部分が分かってきてるんだがなぁ・・・。

一つ疑ってたのはPresentImage()の呼び出し頻度。これがムービーテクスチャのサーフェイスの書き換えを行うのだが、これの呼び出し頻度が多いか低いかでどこがおかしいのかをちょっとだけ分かる。

その結果は長いんで下記のリンクをどうぞ。

続きを読む "VMR9化の進捗" »

ダウンロードツール対策

悪名高きダウンロードツール(まぁ、使う人に問題があるわけで。ほとんどDoS攻撃。WiKiでは時々ログが吹っ飛ぶらしい)で有名なソフトを対策をしてるつもりでしたが、ちょっと.htaccessの記述が間違ってたようでした。

なので下記のサイトを参考に書き直し。

http://www.shtml.jp/htaccess/browser.html

ドキュメント

しかし、プログラムのドキュメント書きって重要なんだけどなかなかめんどいんだよね…。

やっぱ、こういうときに困らないように日頃からコメント記法とかをちゃんとドキュメント自動生成ツールなんかの記法で書くクセをつけるべきなんだろうねぇ。

案外と

使えるかもなぁ…>OneNote。

よく使うソフトウェア その1

と、いうことでしばらくよく使うソフトウェア(パッケージ、フリーウェア、シェアウェア問わず)を紹介していきます。

で、第1回は『cpp2htm』です。

このソフトはDirectX Programming Tips 9.0の記事でソースコードをhtml化するのに使っております。ちゃんと行番号表示とか色分けをやってくれる上、複数ファイルのドラッグ & ドロップで変換ができるので便利です。最近では授業でのPerlのソースをレポートで提出する際に使ったりなんかしております(pl→htm→PDF→印刷って感じで)。

ただ、文字コードのエンコード指定をはいてくれないので下記のhtmlファイルを文頭と文末に挿入するようにしております。

ヘッダーとフッターのhtmlファイルのダウンロード

DL先 Vector
http://www.vector.co.jp/soft/win95/prog/se237674.html

OneNote2003

先日の記事で書いたとおりMicrosoftの『OneNote 2003』を買ってみました。

本当は、Tablet PCだと使いやすいんだろうけどねぇ。

とりあえずしばらく使ってみます。SP1(PocketPCの手書きメモと同期できるようになるみたい)がでたらPocketPC2003のメモも良く使うようになるのかもね。

天気

今年の4月は暖かくていい天気が続くなぁ・・・。

2004.04.23

お近くにいらしたらぜひお越しください

Topページのアレはシャレですね。

まぁ、Lavalの件は本当ですけど。

次回

今週末の更新予定はサンプルは作っておいて、だいぶ放置してた『ガウシアンフィルタ』です。

他にも更新しようと思うネタがありますが確実なのはコレかな。とりあえず平均化、ラプラシアンと一般的な画像処理の話題をしたらそろそろこれも載せておいた方がいいかな?

3x3.jpg
原画像
3x3.jpg
3x3ガウシアンフィルタ
5x5.jpg
5x5ガウシアンフィルタ

なんか違いが分かりにくいですね。標準画像とか使ってもうちょっと違いのくっきりでるやつのほうがいいかな?

教育

IGDA日本にあった記事ですが今年になって大学とゲーム産業がだいぶ近づいてきましたね。

そもそもあれだけの市場規模、1プロジェクトに携わる人員の多さ、開発費の高騰なんてことを考えると、そろそろちゃんと体系化していかないとねぇ。

基本的に現在は市場規模は縮小傾向ですが、それはあくまで日本だけの話で海外に目を向けるとまだ成長産業(アジアなんか。まぁ、基本的にその国の経済成長が作用するんでしょうね)なわけですからね。まぁ、そう考えると今まで放置してたツケが出てきたということでしょうか?

しかし、経営とか組織とかの話が良く出ますが、うちの先生方はあまり興味がなさそうですな。まぁ、ブームだから乗っかるのも芸がありませんし、そもそも講座があったとしてもその学問を志す学生はたぶんうちでは少ないんで開くわけにもいかないでしょうが。

http://www.igda.jp/modules/news/article.php?storyid=165

今週の講義終了

とりあえず講義や課題提出が終わったのでこの週末は自分のために時間が使えそうです。

ただ、立体視デモを提供した会社からまたお仕事が来たのでそれを今日当たりに終わらせておこうかと思います。

軽く返事しちゃったけど、よくよく考えるとちょっとだけ手間がかかるな…。まぁ、高スペックのマシンなら安定して撮れるし、プログラムも撮影用にちょっと改良すればOKかな?

そろそろDirectXで動くプログラムのスクリーンショットを動画で録画できるプログラムが欲しくなってきたので、かなりヒマになったら取り組むことにします(たぶん、バックバッファのIDirect3DSurface9からGetDCしてあれこれしてDIBの連続したものからAVIにいけないかな。)。

宝石でアフィリエイト広告の時代も・・・

なんか米Amazonでは宝石販売を始めたみたいですね。

日本でやるかはともかくとして宝石は単価が高いの広告料は高そうですね。

結婚相談所系のサイトなんかで相手を見つけて式から何から何までネットで結婚(今はネットで知り合ったもの同士の結婚なんて珍しくは無いけど)の手配なんて時代はきっと近いんでしょうねぇ。

あ~、なんかまとめが普通すぎるな。

INETRNET Watchの記事
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/04/23/2907.html

雲行きが…

ちと怪しくなってきましたな(独り言)。

だいたい、俺の名前じゃ客は呼べんしね。

そう考えると人が集まらんとヤバイなぁ・・・。

中ダレ

う~む、今週は1限行くのに8時起きとかでわりとダレてきてるな。

講義は来週で大体半分ってとこかな。

モンキーターン

あ、アニメ化してたわけね(つーか、石川は今日第1話なんだが良く見たら東京はもうだいぶ話し進んでるな)。

連載は確か終わってたんだよね?
う、ちゃんと続いてましたね。指摘Thx>T宮

うちの弟が結構好きだったな。

アニメなんてまじめに見る機会は減ったけど、今はたいていCGなんだなぁ(エリア88もそうだったし)。

2004.04.22

週末の予定

予定ってほどではありませんが、講義の課題の提出があまりないので多少自分の時間で使えそう。

VMR9の作業の再開もしないとね。

あと、懇親会に持ってく料理の仕込み。作るものは決めました。

明日提出の課題

とりあえず明日提出の課題が片付く。

Perlの課題でなにがめんどかったって、処理するテキストファイルがhttp経由で落とせないところにあった上、学外からもアクセスできない場所だったので自ブースで滅多に触らないSun ray(Solaris)で落としてメールで送付したこと。

しかし、Soralisからでもネスケならhotmailって使えるんですね。意外とビックリ。

でも、よくよく考えるとtelnet経由で入って自分のディレクトリに落としておけばFTPクライアントで落とせたな。

しかし、Perlなんて大学2年のときのバイト以来だな。

この値段なら

買ってもいいのかも>OneNote 2003アカデミック。

タブレットPCでなくても使い勝手がいいなら買ってみようか悩むところ。

まぁ、普通のノートPCでも評判は良いみたいなんだけどね。なんか踏み切れん。

購入動機としては、今回授業でグループ課題をやってて打ち合わせのときなんかはあると便利なのかもとは思ったたため。

そういやまもなく出るSP1ではPocketPCの手書きメモと同期できるんだっけ?でも、あまりPocketPCの手書きメモって使わないんだよねぇ~。

cover
OneNote 2003 アカデミック版
Amazon.co.jpアソシエイト

いくらなんでも・・・

ブースのある部屋の入り口で張ってある張り紙。

いくらここがK34でも…、K3・4講義室と間違うかなぁ…。

書いたのはお隣(と言ってもブースは同室)の研究室のDrの方です(今度の知識センターのメンバーの飲み会楽しみにしてますヨ)。

k34.jpg
クリックすると大きなサイズになります

先生が関わってるCG-ARTS協会の本が出たみたいです。

内容を見ましたけど学部生なんかの教科書にはいい本だと思います。

まぁ、日本の教育制度にケチをつけるなら高校生ぐらいからあのぐらいのレベルのものに触れるといいのかも。

Amazonで売ってないのでここでは特に紹介はしませんが…。

2004.04.21

今年は厄年

…のハズなんですが去年でだいぶ厄は落ちたかな?

去年に比べると今年のこの時期は全然、好調です。

ただ、去年よりも2001年の方が運気最悪でした。

飲んじゃマズかったな

う~ん、課題を片付けるのに飲んじゃまずかったね。

けど、今のグループの人たちはヨソのとこで聞いてる(4人のグループで2人でレポート書いてるとか)よりはみんなまじめな分助かっております。

天才

すごい言われようだなぁ…(独り言)。

直接会って話す機会はほとんどありませんでしたがそう思う人はいます。

まぁ、天才がどこかしら一般的な人に比べて欠けた部分があるのはしょうがないところですよね。

少なくとも社会のシステムは一般の人向けに出来てるから尖った才能のある人にはバリアフリーでないのは認めますね。

そういう人が身近ではないが知ってる人の中には一人だけいるかな(まぁ、この業界では有名人ですが…)。凡人が使いこなせないのが天才とも言える典型例かも。

さくら祭

今日はうちの研究科のM1歓迎会でした。

まぁ、こういうのはたまにはいいよね。ようやくちょっとだけ帰属意識が出てきたかな。

でも、今年はちょっとだけ参加者が去年より少なかったような…。

今週は・・・

なんか課題がたまってるなぁ・・・。

Cマガ

実はここ1年ぐらいCマガ読んでないんだけど大学の売店で取ってるならまたヒマ潰しに読もうかねぇ。

よく読む本リストは1年半以上更新して無いからねぇ。

7月以降

6月初めまではやや予定が入っております。

で、その後どうしましょうかねぇ・・・。とりあえず7月末締め切りのNICOGRAPH秋には論文を出したいところ。

とりあえず研究室のホームページにある先生の書いた"ターゲットとしている国際会議および研究会など"からすると
情報処理学会 グラフィックスとCAD研究会
  全国大会
  インタラクション20XX
画像電子学会 VCシンポジウム
芸術科学会 NICOGRAPH
ACM SIGGRAPH
  Multimedia
  VRST
  SIGGRAPH Interactive 3D Graphics
IEEE Visualization
Milia  
CG International  
Eurographics  
Pacific Graphics  
Ars Electronica  


上記でインタラクションは出し終わって、NICOGRAPHは発表予定があるんで終わったとして、次は何を狙おうか。さすがに国際学会は目指したいがかなりつらいんで全制覇は博士前期では無理だな。

とりあえず会員になった情報処理学会周りが順当なところですね。

2004.04.20

Microsoft Producer for Microsoft Office PowerPoint 2003

ATIのGDC2004の講演なんかのビデオを見てるとPowerPointでのプレゼンテーションをあとでWebから閲覧できるようにする手段として"Microsoft Producer for Microsoft Office PowerPoint 2003"使うのはだいぶ定着してるみたいですね。俺もHI106のヤツは作ってるけどコレはなかなか便利で、友人に聞いた話だとこれを使ったe-ラーニングで商売してるとこもあるみたいでかなり儲かってるみたい。

俺の手持ちのPowerPointはProduser未対応のバージョンだからそろそろ対応のバージョンにアップデートしようかな・・・。

Microsoft Producer 2003
http://www.microsoft.com/japan/office/powerpoint/producer/prodinfo/default.mspx

ATIのGDC2004
http://www.ati.com/developer/techpapers.html#GDC04


自分用に購入場所のメモ

cover
Microsoft Office PowerPoint 2003 アカデミック版
Amazon.co.jpアソシエイト

RenderMonkey v 1.5のお話

GDC2004の講演の資料。

とりあえず、SDKが出てプラグインが作成可能なんだとか。見た感じだとCOMでインターフェイスが提供されるみたいですね。

v 1.5ではかねてからのアナウンスどおりOpenGL Shading Languageも使えますね。見た感じだとDefault Effectsが増えてますね。あと、アセンブラでの最適化にかんしてもプロファイラがつくのかな?

実際のゲーム開発の現場ではHLSL(そりゃ、ユーザーから.fxファイルが見えるのは健全ではないでしょ?)はコンパイルしてソースなんかに埋め込んだりしちゃうんだろうからアセンブラ化されてくれる方がうれしいんでしょうね。

FX Composerはヤバそうだなぁ。シェーダ開発ツールに関してはATIの方が一日の長があるからな。

ATI「Custom Component Development with the RenderMonkey SDK 」
http://www.ati.com/developer/gdc/Tatarchuk_RenderMonkeySDK.pdf

ATI 「New RenderMonkey features for DirectX and OpenGL Shader Development 」
http://www.ati.com/developer/gdc/Tatarchuk_NewRenderMonkeyFeatures.pdf

セッションムービーもある(1時間くらい)
http://www.ati.com/developer/gdc_video.html

勢ぞろい

久しぶりの文献ゼミ。

いや~、久しぶりに揃いましたね。

下の学年(本配属はもうちょい先ですが)も来てにぎやかになりつつ。

旅行

旅行にでも行きてぇなぁ…。

と、言うかむしろ旅に出たい。

小休止

ちと最後のところでVMR9ムービーテクスチャは小休止。

あとは、サーフェイス更新のタイミングなんだけどね。

コールバックで外の描画ルーチン呼び出し時にPresentImage()が呼ばれると結構困ったことになるんだよねぇ。レンダーターゲットが滅茶苦茶になるんだよねぇ。

なんか明示的に更新を呼べて、コールバックに作用しない方法はないもんかね。

現状の問題点

現状、感じてるVMR9ムービーテクスチャの問題点は全体の動作速度に比べて格段にムービーのサーフェイスの更新が遅いこと。

一応、コールバックとPresentImage()の呼び出し回数が極端に少ないんじゃないかと疑ってます。コレを明示的に呼ぶのが正しいのか、はたまた呼び出しに何か関数があるのか・・・。

とりあえず呼び出されるタイミングを見つけないと・・・。

VMR9ムービーテクスチャ ver.α

とりあえず問題になっていたバックバッファがテクスチャ化されちゃう問題は解決(コールバックの中でちゃんとバックバッファ取得して終了時に戻せばOK)。

まだ、再生中の切り替えがなぜかFPSのわりに遅いのでその点が解決すればOKです。

ただ、スクリーンショット公開できるくらいにはなってきたというとこです。

一応、前のムービーテクスチャと比較する意味でWindows ムービーメーカー2のサンプルをテクスチャ化。ちゃんとWMVやMPEG2がテクスチャ化できてます。これでAVIやMPEG1より高画質(MPEG1より)で圧縮率(AVIより)の高いフォーマットがいけるようになります(DivXなんかもコーデックがあればOK)。

これがちゃんと動けば、カスタムアロケータプレゼンタークラスや制御用のクラスは共用できる部分が多いんでキャプチャテクスチャは余裕。

今回、思った以上にヘルプファイルには説明が書いてあったこと(ただし、発見しやすいかどうかは微妙)はあらためてドキュメントの読み込みが足らないことを痛感。しかし、IVMRSurface9はSummer 2003のヘルプの記述だとまだ、使っちゃいけなさそうだな。

なお、現段階ではまだムービーテクスチャの更新速度が怪しいので公開は出来ません。それと非常にトリッキーな実装になってるんでそれをどう解決するか…。

vmr9.jpg

2004.04.19

はじめて動かせた

まだ、完全ではないが初めて動画がVMR9テクスチャになった。

もうちょいっぽい。

かなりトリッキーだがそこそこ速そう。

640×480のmpeg2でPen M 1.5 GHzでGeforce 5200 64MBでテクスチャ化して330フレームで処理。

これだけのサイズの画像でこれだけ動けばキャプチャテクスチャのVMR9化は期待できそう。

う~む

うまくいかん。

あのコールバックはなんとかならんのか。

DebugビルドでFPSが3,000超えてるのは額面どおりでいいのかねぇ…。

う~ん、カスタムアロケータ プレゼンタじゃ無い方法でレンダーレスは無いのか…。英語版のヘルプも読んでるけどIVMRSurface9って使えないっぽいな。

IVMRSurfaceAllocator9 と IVMRImagePresenter9 を使う方法しかないのかねぇ。

なんかまだ全然整備されて無い感じです。

コールバック

そうかぁ…。

あそこがコールバックになってるわけねぇ。

あと少しなんだが・・・

VMR9ムービーテクスチャまであと一歩なんですが、ムービーからテクスチャが切り替わりません。

更新箇所を良く見直さないとなぁ・・・。

カスタムジャケットその2

P-SQUAREでの再販は今日の19:00からみたいだね。

帰ってきた

研究室の友人が東京でのインターンから1ヶ月ぶりに帰ってきました。

色々と得たものがあったみたいです。

しかし、企業の研究室は大変だなぁ~。

エヌビディア?ヌビディア?エヌヴィディア?…

わりと素朴な疑問だったのがnVIDIAの日本語(カタカナ)での表記と発音(その点ATIは分かりやすい)。

日本では幸い登録上は企業名はアルファベットが使えないので帝国データバンクをあたったところ下記のような表記が正しいみたい。

ネイティブの発音は知らんけど日本国内では下記なら問題が無いでしょう。

帝国データバンク
http://www.tdb.co.jp/cgi-bin/search/search.asp?key=result&syogokanzikensaku=%83G%83k%83r%83f%83B&opt1=0&syogokana=&opt2=0&sikugun=&opt3=0

HDDプレーヤーかHi-MDか

やっぱりポータブルの音楽用のプレーヤーは欲しいかも。

今だとiPodに代表されるHDDプレーヤーか6月に出るかもしれないSonyのHi-MDどっちがいいかね。単純な容量ならHDDなんだけど再生時間はMDだよな。だいたい、iPodは電池交換できんしなぁ…。

あと、日本のCCCDでもレーベルゲートだとMDならATRACだから録音できるしねぇ…(AAC対応すればiPodなんかでもいけるんだろうけどね)。

久々の雨

今日はちょっと久々に天気が悪いですね。

最近はずっと晴れ続きだったからたまにはいいけどね、たまにはね。

2004.04.18

ニュースの敬遠

普段はこのぐらいの時間はテレビのニュース番組で時間をつぶすことは多いんですが、最近はかなり敬遠してます。

イラクの情勢についてNHKなんかではニュース報道の視聴率が上がってるそうですが、確実に俺の視聴率は下がってます。

なんていうかだいぶ辟易しております。

ま、もともと俺自身は体制よりだしね。

もう一人は?触れてはいけない

『堂本兄弟』のゲストがドリカムなんだけど紹介のときの、

「本日のゲストのDREAMS COME TRUE のお二人です~」

あ~、3人のときのイメージがあるんで違和感が…。隣にいたら超突っ込みてぇ。

触れてはいけませんね。

Cgをやる可能性

DirectX 9.0cがもしもGeforce 6のリリースに間に合わなかったらCgでシェーダモデル3.0の上位レベルプログラミングをするしかないかもね。

それとspinの記事じゃ、ついにテクスチャの2の累乗しばりがなくなるらしい。今まではD3DPOOL_MANAGEDでは出来たんだけどね(一部のビデオカードでは。と言うかIntelのオンボードチップでなければ大抵出来てるかな)。

あとお願いですからGeforce FX Goも早い段階でForceWare 60.72のドライバを出して欲しい(NV3xで浮動小数点フォーマットのテクスチャがDirectXでも使えるようになるので)。ノートのはどうやらOEMからのリリースしかないのでnVIDIAからのヤツではアップデートできません。お願いですからアップデートを早期にしてください>東芝(まぁ、DirectX 9.0cのランタイムが出るとさすがにドライバアップデートはあるのかも?)。

実は成功してるじゃん

あ、実はVMR9化終わってるジャン。

表示がおかしいと思ったのでまだおわってないかと思ったら。単に2の累乗問題でUVをずらすのをやってないだけでした。

あともうちょいソースの整理をして問題点を直せばムービーテクスチャのVMR9化は終了。一応、今の段階ではWMVも動いてるのでいい感じです。その次はこれをキャプチャテクスチャで出来るようにしないとね。それはまぁ、簡単だからいいけど。

旧サンプルとの実行速度の比較もやっておかないとな。キャプチャテクスチャ(特にIEEE1394)の取り込みが劇的に早くなってくれると『ViewFrame』のノートでのボトルネックが解消できるんだけどね(現時点での問題はIEEE1394キャプチャが遅い。当初はGeforce FX 5200でのシェーダがボトルネックかと思ったけどどうやらマルチスレッドで動いてるキャプチャ→テクスチャ化がPenM 1.5GHzでは重いらしい。リプレース自体は所詮はテクスチャなんで余裕)。

しかし、だいぶトリッキーな実装になってしまった…(ソース量自体はムービーテクスチャとそう変わらないけど)。

まだ終わって無いけどだいぶゴールが見えてきたので言えるけど、今回はかなりツラかった。ちなみにソース公開はそれでもだいぶ先になると思います(6月のタイミングで公開するかも?)。

とりあえず勢いがついてきたので2~3日でカタがつくかな?

Returns !

こっちはまだ書いてませんでしたね。

まぁ、簡単に言うと久々に『ボンバヘッ!』したくなったので購入(笑。

きっかけは確かChanel-aかなんかで見たDA・PAMPとのプロモ(だったかな?)。

m.c.A・Tとしてのアルバムはかなり久しぶりじゃない?やはり曲を提供してるだけあってテイストがよくDA・PAMPに引き継がれてるよなぁ…。
cover
Returns! (CCCD)
Amazon.co.jpアソシエイト

あ、そうか

IGDAのSIG-GTスレッドで一人だけ自分の知らない人がいてどなただろうと思ったらよくよく考えたらCマガなんかで記事を書かれてましたね(HNでは気付かんかった…)。

StrechRect

う~ん、直感的には遅そうなんだが…。

あとは取得だけなんだがねぇ。

一応、サーフェイスはビデオのサイズに合わせて作成は出来てるんだが…。

あと一歩

VMR9でサーフェイスの取得に成功!!

さて、あと少し。

IVMRSurfaceAllocator9

IVMRSurfaceAllocator9の仮想関数の実装は完了。

サンプルはIVMRImagePresenter9も継承してるが、IVMRSurface9を継承して実装をする方が柔軟に使えるクラスになりそうなんだがサンプルが無いので適当にやってみるか・・・。

REWIND~singles collection

頼んでたCD2枚が来ました(該当記事)。まずはmoveの『REWIND~singles collection+~(初回)(CCCD)』のDVDを視聴。

2001年代とかのシングルの頃はなんかmoveが若い!!

まだ、『SUPER SONIC DANCE』と『FLY ME SO HIGH』とかしか見てないけどそう思う。でも、基本的に今(2002年以降)は巧さとか円熟味ってのがあってこの頃よりも落ち着いて聴けるねぇ。

あと、『FUTURE BREEZE』ってそういやこんな前奏でしたな(『Tropican Trops(CCCD)』はRemixだし、『move super tune-BEST SELECTIONS-』は前の曲と繋がる作りだしね)。
cover
REWIND~singles collection+~(初回)(CCCD)

Amazon.co.jpアソシエイト

旧日記

そういえば今のココログにする前の日記をちょっとだけ読み返してたんだけどかなり無茶苦茶なこと書いてたなぁ・・・。

だいぶこっちでは丸くなったなぁ…。

2004.04.17

AGPバスの転送速度

今までまじめに計算したことがなかったんですがちと計算。

AGP 8xが2.1GB/sだそうです。と、いうことは60フレームの場合は

35 MB = 2,100 MB / 60 (1フレームあたりの転送量)

が~ん、たったこれだけ?しかもこれはあくまでも理論値で実際にはこんなに行くはず無いんでもっと落ちると考えると…。しかし、ロックが足をひっぱるわけが納得かも(さらにCPUでちまちま処理やるしね)。

大体、システムメモリでもPC3200のデュアルチャンネルのDDR SDRAMでも6.4GB/sですか。

あと、この点の遅さがシミュレーションをCPUとGPUでの非効率さをNV40のGDC 2004のスライドで言ってたのも納得です(そのときの資料ではPCI-Expressだと思うが100MB/フレームだったかな?)。

だが、このテの情報を抑えておかないと今後は速度がどう速いかを訴えるのに比較できないかもね。

参考文献(トランジスタ技術2004/2)
http://www.cqpub.co.jp/toragi/trsample/2004/tr0402/0402dn11.pdf

少林サッカーのネタバレ

確かラストに出てくる女の子だっけ?

ワキ毛がボーボーなの。

いや、はじめの方だっけ?

晩飯4/17

今日の晩ごはん。

今日は、ごはん、野菜炒め(豚肉、もやし、ピーマン)みそ汁。

pict0417.jpg

ガンダム携帯ゲー

なんか中途半端なタイトルですが、P900iで今月遊んでるのが下記の2つ。

・ガンダム一年戦争
連邦もしくはジオンのパイロットとして史実の中で1架空キャラとしてストーリーが進むAVG。

日によっては物足りないかも。

・iガンダム3D
3Dアクションで連邦、ジオンのパイロットとしてミッションを進めていく。1日に10ミッション遊べるのはよいがP900iでの3Dゲームがきついことを実感。アプリの出来と言うより性能的に限界。わりとパケットパックが高い方がいいかも。

きびきび動けば、面白いんだけどね。

少林サッカー

今晩の映画は少林サッカーですね。

一応、映画館で見たのですが、もう一度見てもいい作品ですね。

ちなみに映画で見たこと自体は触れないように。

映画そのものの問題ではなく…。

講演の絡みから

VMR9をやらないわけには行かなくなった…。

阿部と嶋

今晩の巨人×広島戦で気になるのはやはりこの二人。

今年こそカープは頑張って欲しい。

ついつい

なんだかんだAmazonの広告がどう機能してるか試すと言う名目でCD2枚注文してしまう…。 『Returns! (CCCD)』は久々にm.c.A・Tが聞きたくなったので、『REWIND~singles collection+~(初回)(CCCD)』はちと悩んだけど初回版のシングルのPVのDVDがねぇ…。『FUTURE BREEZE』なんかはもう一度見たいしねぇ。
cover
Returns! (CCCD)
cover
REWIND~singles collection+~(初回)(CCCD)

Amazon.co.jpアソシエイト

買い物は…

弟がよくAmazonを利用するのでここから買ってくれと頼む。

快く了解してくれました。まぁ、家族だとあんまり儲けた気がしませんが割引だと思えばね。

あと、どうなってるか分からないので自分でも試しにCD(なんかmcA・Tが聞きたくなったのでアルバム購入)を買ってみましたがちゃんと記録に残ってました。

なんだかんだ

やや授業の課題がたまってきたな。

よくよく考えたらPerlの課題の元となるテキストファイルって大学で無いと落とせないから明日あたり行ってこないとな。まぁ、大体やり方は分かってるんで30分ぐらいでカタがつくとは思うが。

2004.04.16

最近は・・・

この時間でだいぶ眠いです。

まぁ、その代わり朝が早くても全然大丈夫なんだが…。

COOL OnlineでSendMail復活

お、復活ですか。

再びメールフォーム置くかな。

http://www.cool.ne.jp/index.cgi?pg=cool_help_MAILFUNC.html

日本でも

発表会やられてたんですね>Geforce 6。

まぁ、小細工の無いいい仕様だと思いますが、気になるのが下記の記事のnVIDIAの「Direct X 9の機能をフルに使うことが可能になる」。テセレーションは?

しかし、ATIもX800 XTではピクセルパイプライン16とのこと。頂点シェーダに比べてピクセルシェーダパイプラインを増やすという流れは自体はピクセル処理速度向上に寄与するが、将来的な頂点シェーダとピクセルシェーダ統合の話とは方向が変わりそうだね。たぶん、Geforce FXのバーチャルパイプライン構想の失敗みたいなものが原因なんだろなぁ…。

そういえば、今回はMatroxの姿が見えませんね。もうフェードアウト?個人的にnVIDIAはMatroxのグラフィック部門を吸収して欲しい。そうするとテセレーションも可能になるだろうからね。多分、それでATIを完全に凌駕できるのにね。

IT Mediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0404/16/news060.html

病んでるなぁ

アメリカのマクドナルドで歩数計セットのメニューが出るんだけどマクドナルドのメニューの罪よりも大多数のアメリカ国民が正常な判断が出来ないなんてなんて病んでる国なんでしょうね。

そういう意味では、狂牛病もイラクへの侵攻だとかなんだとかすべて国民性に起因するのかもね。

そう考えるとその大多数の大衆の代表がブッシュでもそんなに不自然ではないのかも。

営業活動

どういうルートかは知りませんが、わりと学生集めには地道なことやってるんですね>うちの先生。

ATIのVMR9実装のソースを見て

う~ん、あの実装が標準的なんですかね。

基本的にはMSのSDKと近いです。

あの実装だとちょっと柔軟に使いにくいのと2つ以上の映像ソースを同時に使いにくいですね。

そんなわけで地道にやってくかな。

Render To VertexBuffer その4

ここのところこの話題が多いですが、結構気になってます。

さて、『Render To VertexBuffer』だと頂点テクスチャでの変位(displacement mapping)とことなり、シミュレーション適用後の変位した頂点データにアクセスが可能です。

これが頂点テクスチャの場合、結局はシェーダパイプライン内でのジオメトリ処理なんでCPUからのアクセスは不可能です。そうするとCPUからプログラムの途中で頂点配列に細工がしたい場合に不都合ですね(本当はCPUからアクセスし無いで済む仕組みが欲しい。でも、衝突判定やインタラクティブな入力にはCPUからアクセスの必要が…)。

じゃあそう考えると完全に『Render To VertexBuffer』の方が優位かと言うとそうではありません。頂点テクスチャを用いるディスプレースメントマッピングの場合、もともと頂点バッファがあってそれを変位させるので変位量(法線方向にしかディスプレースしないならスカラー型でいいわけだし)をテクスチャに書き込むだけでいいのですが、『、『Render To VertexBuffer』ではテクスチャ自体が頂点バッファとなるわけで同じテクスチャのディメンジョン(単純に解像度と言うか幅、高さ)なら確実に格納できるデータサイズが大きくなります(テクスチャにポジションや法線、頂点色やUV値を格納することを考えると)。さらにRADEONのようにテセレーション(動的なポリゴン分割。ATIやMatroxではNパッチ※を採用。余談だがNパッチの基礎論文はカナダのトロント大の修士学生の修論だったハズ、やばいなぁ・・・(汗。)が可能なハードウェアなら確実に頂点テクスチャでのディスプレースメントマッピングのほうが詳細な表示が可能です。

そう考えると手放しにはこれ自体がありがたいともいえません。しかし、用途で確実に使い分けをすべきかと思います。このあたりはGeforce 6の発売後に実証実験をすべきなのかも。

※Nパッチ…ポリゴンの各辺をベジェ曲線で描き、指定した分割数で線形(まぁ、通常の方法ですね)に近似して分割を行う手法だったハズ(あまり自信は無いが…)。学部の頃に卒業研究をやってたころにはプログレッシブメッシュのようにメッシュのエッジ削減は出来ても動的分割はあんまり出来ないんじゃないかと思ってた(もちろん当時でもROAMなんかの手法は知っていたけどね)。RADEON 9500以上だと大体8分割までいけるんだけど、経験上4以上はフレームレートが下がる。

VMR9のヒント

DirectX SDK以外でヒントになるソースを見つけました。

ATIがスライドでVMR9について記述してたのでもしやと思ったら下記のリンクの『Video Shader Demo』がそうですね。しかも、ご丁寧にキャプチャのもサンプル付です。

と、言っても俺が悩んでると言うか、めんどくさいと思ってるのがカスタムアロケータの部分だけなんだが、これは実はSDKサンプルでも地道に実装していけば何とかなる気もする。

とりあえずこの土日にかたづけておきたい。

ATI Developper: Source Code
http://mirror.ati.com/developer/indexsc.html

SH900iのレビューを見て思うこと

最近、だいぶSH900iのレビューを見かけることが多くなったんだけど気になるのがドキュメントビューアーまでのレビューがあんま無いこと、なんで?

D3DUSAGE_RENDERTARGETのロック

そろそろいい加減どこかにやり方を書き残してもいいでしょう。

Direct3D 第20回「D3DUSAGE_RENDERTARGETのロック」
http://masafumi-t.cool.ne.jp/directx9/3dtips/d3d20.htm

カスタムジャケット

お、P-SQUAREでP900iのカスタムジャケットの入荷が4/19になってる。

買おうかなぁ…。

Render To VertexBuffer その3

あ、GDC 2004のスライドにはこのことに関する記載があるじゃん。

見落としてたなぁ…。

2004.04.15

ガーン

やっぱりそこでニュース入るか>フジ。

それよりも

『食わず嫌い』の伊東美咲のほうが気になってたりするが…。

でも、アノ人はしゃべればしゃべるほど…(吉岡美穂とかもそうだな)。

人質解放

なんて報道をアルジャジーラでしたって速報(うたばん見てたら)が入ってますね。

特に言うことは無し。

共同通信はYahooのDoS攻撃(つーか、Yahooニュースにリンク貼られたら事実上DoS攻撃と同じだろ)を受け中。

この様子だと

GLSLサポートの噂のあるRenderMonkey v1.5はR420とシェーダモデル3.0と同時くらいのリリースなのかもね。

続・Render To VertexBuffer

頂点データにレンダリングする。

非常に分かりにくい概念ですが、ようやく理解しました。OpenGLのスーパーバッファ拡張でこの仕様が出たときには理解が出来ませんでした。その時点で、もう俺もついていけないかも(大げさ)なんてちょっと思いましたが今日納得。

GAME Watch(わりとこの点は記事では否定的ですが自分としては頂点テクスチャでディスプレースメントマッピング置きうる問題(ポッピングとは別)がこちらでは回避できるか魅力的)の記事を見る限りではレンダリング後のテクスチャを頂点ストリームに流すとのことですが、個人的に気になったので頂点ストリームにセットした頂点バッファを取得できるのかというのを調べてみました。

予想通りIDirect3DDevice9::SetStreamSouce()に対してIDirect3DDevice9:GetStreamSouce()を発見。これでロックできますね。

なんにしてもこのあたりからさらにGPUを使うだけでもドロップアウト組がだいぶ出てきそうですね。リリースまでに時間はまだあるようですから、その間に新機能の勉強と利用方法のシミュレーションは立てておかないとね(と、言ってもハードウェアメーカーの人や海外のゲームメーカーの人なんかはすでにリファレンスモデルを触ってることだろうから出遅れてるわけだが…)。また、海外とは差が付きそうですねぇ。

しかし、リアルタイムグラフィックスに関しては高機能なものが簡単に使えるようでも概念の理解が難しくなってますね。そのわりにきちっとした教育が出来る環境が少ないのが痛いよなぁ…。MSのCEOのスティーブ・バルマーがXNA発表のときに『日本はマージャンでしかヒットが出せなくなる』なんてセリフはわりと深刻だと思うんだよね。オタク向けゲームは中国や韓国が強くなってくるだろうし、ハイエンドは欧米。ミドルウェアは開発効率は上げるけど結局その点も海外の技術者が作ってるからねぇ・・・。企業に所属する技術者はなかなか出にくいしね。教育機関の研究者は個人的にヤバイかも。

Render To VertexBuffer

OpenGL 1.5では採用されるらしいけど、Geforce 6自体で出来るこの機能についてちと資料を探し中。

頂点バッファへのレンダリング???

テセレーションが出来ないGeforce 6ではこれをうまく使えとのことだが…。予想通りの機能なら自分の修論でネックになってた点が解消できるんだが…。nVIDIAはできると言ったがデモを用意しなかったらしいし。

Geforce 6についてはコレでも読んでろ

と言った内容の記事になっていますね。

GAME Watchの記事
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20040415/nvidia.htm

GPUの次の狙い

Geforce 6800はビデオプロセッサを搭載すると言うのは既知の情報ですが、確実に3Dの次はビデオなんでしょうね。

きっと将来はモバイルチップ(Goforce)への展開が狙いってことなんでしょうねぇ。

どうやらこの世代のGeforceはGeforce 6シリーズって呼ぶんですね。

Geforce 6800
http://www.nvidia.com/page/geforce_6800.html

ビデオプロセッサ
http://www.nvidia.com/object/feature_on-chip-video.html

サンプルムービー
http://www.nzone.com/object/nzone_gf6_video_democollage.html

カレー

今朝の朝食は昨晩仕込んだカレー。

pict0415.jpg

2004.04.14

NHKのニュースの視聴率が上がってるらしいが…

ここのところNHKのニュースの視聴率が上がってるそうです。

まぁ、イラク情勢が差し迫っているからみなニュースが気になるんでしょう。

でも、個人的には夜の10時だけは古舘伊知郎効果のような気がするんだよねぇ(実際に数字は知らないけどね)。

Yahooニュースの記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040410-00000030-nks-ent

額面どおりなら・・・

spinに続々とGeforce 6800の情報がアップされてますね(しかし、リアルタイムで見てるとかなり頑張って翻訳して記事にしてる様子がよく分かります)。

う~ん、ピクセルパイプラインが16本ですか、さらに32bit浮動小数演算も速いみたいですね。

GeForce FX 5900/5950と比べての公称スペック「4倍から8倍のピクセル単位浮動小数点演算性能」

とありますが、単純にピクセルパイプラインの差でしょうね。

頂点テクスチャの実装上の動作速度は分からんが、これならだいぶ期待できる。

シェーダモデル3.0に関してはまたCPUベースの人たちはだいぶ置いていかれそうですな。そろそろだいぶ淘汰されてくるんじゃないかな。

静かな夜だが、リアルタイムグラフィックスの歴史がまた進む夜(なのは日本であっちは昼間なんだろうけど)であることは間違いないと思う。

いよいよGeforce 6800

お、色んなとこで情報解禁 & 製品発表がありますね(Leadtekなら日本に入るのもそれほど遅くは無いな)。もうNV40なんて呼べないですね。

ATIもまもなく発表のようですが、一つだけ動向が分からないものがあります。

それはDirectX 9.0c SDKはいつ出るのかです。

VMR-9キャプチャテクスチャ

やるやる言ってなかなか進まないVMR-9のキャプチャテクスチャですが、個人的に取り組むべき優先度が高いかも。

静的フロー制御

ピクセルシェーダ2.0の静的フロー制御に関して認識が甘かったかも。

まぁ、言ってることに間違いは無いんだが、単にPS2.0拡張のハードウェアは案外と多く純粋にPS2.0のハードウェアってのはなかなか無いってことですね。

まぁ、PS2.x世代ではPS1.x時代みたいなマイナーバージョンをあまりつけたくないってことでしょう。

次のネタ

まぁ、たいしたネタではありませんが、一応一般的なフィルタ処理は抑えておく意味で次はRenderMonkeyでの3×3ガウシアンブラー。

gauss.jpg

恥を忍んで・・・

まぁ、タイトルほど緊迫した話題ではありませんが、結構うっかりものなのでProgramming Tipsで公開したソースにミスやバグがあるということはよくあります。そういうときは恥ずかしくともBBSで指摘されると勉強になりますし、自分の気付かなかったミスがつぶせるのでかえって助かることが多いですね。

まぁ、しかしこういうことがオープンソースの世界の場合いいとこなんでしょうね(もちろん参加者が善意でやってるかぎり)。

ReleaseビルドとDebugビルド

で、動作速度が変わるのは、まぁ当たり前のことですがそれにしてもDis-tansuの水面は速度変わりすぎ。

4倍も差が出るとはなぁ…。別にインラインを多用してるわけでも無いのに。

ウデンワでは無くウデテレビ

かつてドクター中松が腕時計型第4世代携帯電話『ウデンワ』(リンク先はIT Media の記事)を発明したのは記憶に新しいが、どうやら腕時計タイプのテレビが出るようです。

ちょっと電池の持ちが気になりますが、製品1号機としてはこんなもんでしょうか?外付けユニットがどういう形状でどういうサイズかは謎ですが、充電池であることを考慮すると1日の利用時間がこんなもんでもいいのかも。重量は思ってたよりは軽いですね(55g)。

価格はまあこんなもんでしょう。俺自身は買わないと思う(どうしても動画が出先で見たいなら多分HDDレコーダーで録画したものをPocketLOOXで見るというスタイルでしょう)。まぁ、スポーツの結果が気になるけど出先で見たいなんて時がいいのかも。あとは球場なんかで実況聞きながら観戦と言うスタイルもアリか?

しかし、これについてもドクター中松が出てこなければいいが…。

NHJの製品情報
http://www.nhjapan.co.jp/prod/vtv101/

IT Mediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0404/13/news038.html

正式な発表はまだだけど

どうやらnVIDIAもATIもまもなく発表すると言うのは事実のようですね。

どちらも予告モードに入ってますね。

2004.04.13

GUNDAM Mk-II

ネットで注文していたGUNDAM FIX FIGURATION #0019の『スーパーガンダム & フルアーマーガンダムMk-II』が来ました(ガンダムの中では一番Mk-IIが好きでねぇ)。

左のフォトアルバムにちょっと写真を追加。ほぼ組み立て済みなんで、実家で買ったけど組み経ってないMGスーパーガンダムよりは組み立ては楽ですが ちと疲れました。

まだ、フルアーマーMk-IIは試してませんが、それはいずれ。

ちょっと撮ってみたものフォトアルバム
http://masafumi.cocolog-nifty.com/photos/rx178/

5月中旬

う~ん、spinの掲示板のリンク先だとGeforce 6800は5月中旬ですか。

今回は信憑性高そうですね(写真つきなんで)。

そろそろ散ってきそうですよね

そろそろ散ってるところも多いでしょうね。

pict0413.jpg

FX Composerの記事更新

とりあえず第3回記事をアップしました。

今回はシェーダというよりは純粋に使い方。かなりストレスのたまる記事でした。

今回のマテリアル適用法で一番良いのはインポートしたエフェクトファイルにじかに書き換えることですが、ちとプリセットされたコードが冗長なんですよね、丁寧ですけど。あと、上書き禁止はトラップですね。

にしてもツラかった…(大声ではいえないがRenderMonkeyの完成度をあらためて痛感しましたが、あれはβ版時代が長くてその分フィードバックを拾っていたんでしょうね。)。

ただ、ここをサポートしないとツールとして使いたいと思う人には導入をさせずらいですね(少なくともアーティストはモデルデータを表示できないと…)。

FX Composer 第3回「Xファイルのインポート」
http://masafumi-t.cool.ne.jp/directx9/fxcomposer/fx003.htm

おおむね

健康診断はおおむね通常の値だと思います。

あとは血液検査かな?

そのあとは、たまたま一緒に周った知り合いのほか研究室の博士後期の方と飯を食べに行きました。

健康診断

今日は午後は健康診断です。

まぁ、なんていうか年度のはじめは恒例行事ですね。

個人的に今回は前日の行いはいいほうじゃないですか?

噂の真相

とりあえず日本では4/13になりました。

nVIDIAはGeforce 6800を発表するんですかねぇ。

個人的にピクセルパイプラインが16本という噂はウソっぽいけど事実だったらすごいね(RADEON 9800の2倍!!)。

哀川翔みたいな生活

最近は、生活が朝型過ぎて夜8時くらいには眠くて寝てしまうんですよねぇ~。

2004.04.12

今のところの予定

発表やら講演で決まってるもの

・フランスLaval Virtualでの『Dis-tansu』の展示。
これは、IVRC2003と同じくコンテンツを提供してます。

・他数件
予定では最大で3件ってとこです。それぞれ正式な告知があり次第発表します。

発表やら講演やら

5月、6月はたぶん発表やら講演やらを行うことになりそうです。

論文の採録とか色々ね。

4/12の景色

ちと郵便局に公共料金の支払いをするついでにP900iで撮影。

ちょっと小さいけどだいぶ桜も散りつつありますね。暖かくなって晴れてる日も多くなってきたので外はどこでもいい絵になりそうです。

色々と出かけたい気もしますが、生来、出無精なんでなかなか。

pict0412a.jpg
pict0412b.jpg
pict0412c.jpg

SIG-GT

この時期、東京に居れたら行きたかったんだけどねぇ…。

まぁ、そのうち機会もあるでしょう。

IGDAの告知
http://www.igda.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=32

ファミ通.comの記事
http://www.famitsu.com/game/news/2004/04/11/103,1081639159,23691,0,0.html

しかし、しらいさんもこの時期忙しいのにねぇ~。

朝飯

ちょっと早めに起きたんでちゃんと朝飯を作る(まぁ、あと今日は2限からなんで朝に時間的余裕もある)。

本日の朝食は麻婆豆腐を作ったんで、そのままご飯にかけて麻婆丼とみそ汁。

pict0412.jpg

そろそろ

履修する科目を確定しないとな。

2004.04.11

テレ金死亡!?

テレビ金沢(日本テレビ系列)放送事故か!?

ちゃんと昼飯

とりあえず本日の昼食。

献立は、ご飯、みそ汁、豆腐ハンバーグ×2、と野菜が無いのでチンゲン菜。

pict0411.jpg

【メモ】PocketPCで3GP形式の動画を見る

何かの時に忘れそうなのでメモとして下記のPlatform4 Player for Pocket PC 3.0のダウンロード先のURLをメモっておきます。

まぁ、P900iで動画撮影した場合、内蔵メモリなら3GP形式なんだけどメモリカードならASFなので実はASFに対応しておけばいいんだけどね。

一応、PocketPC 3.0の"3.0"は単にPlatform4 Playerのバージョンが3.0ってことでPocketPC 2003で動作はしております。

http://www.tuttoericsson.com/software/varie/mp4/mp4.htm

朝型

生活が朝型になってきてるのはいい傾向なんだけどねぇ…。

ただ、食事がだいぶ手を抜きすぎてるのでそろそろまたちゃんと作らないと。

とりあえず、これからの献立予定。

・麻婆豆腐
・豆腐ハンバーグ
・カレー

このあたりは食材が買えてるんで順序はどうするか決めてないけど作ることになります。

2004.04.10

単なるBlinnだが…

これは単なるBlinnだが…(見ての通りハイライトが汚いのは頂点シェーダなんで、Phongシェーディングではないです)。

ちとためしたいこと(ハイライトネタっていうとアレですね)があるんでその仕込み。

spe.jpg

Amazonアフィリエイトを使った精神的セクハラ方法

Amazonのアフィリエイトをココログに採用する人(かく言う自分も)は多いけど、あれって何が買われたかが分かる仕組みになってます(ただし、誰が買ったかは分からない)。

それを利用してタイトルのようなことを思いつきました(一般的な話で無いので続きは下のリンク先)。

続きを読む "Amazonアフィリエイトを使った精神的セクハラ方法" »

さらに更新

ちょっとだけ修正。

動作させるスペックがあがってるので水面のポリゴン数をアップ。

dist2.jpg

"Dis-tansu"の水面を久々にアップデート

久々にアップデートしました(なぜアップデートしたかというと来月フランスで展示やるんで)。

水底がGeforce FX系だと妙に明るい問題の謎が解決。良かれと思って設定したアンビエントカラーがいかんかったらしい。とりあえずそれを排除したらOK。

水面の質感の改定を考えてるが、まずは環境マップを適用する必要があるんじゃないかと思う。

そのほかにはGPU Gemsのコースティクスも魅力的だけど。

dist.jpg

しかし、最近はViewFrame2なんかでこのマシン(dynabook V9)を使ってるとCPUの非力さを痛感する(IEEE1394からDVの取り込み→テクスチャ化がCPUパワー使ってるようだ…)がこういうGPUに依存する処理のプログラムだとそこそこFPSが出るな(表示はFPS 109)。

マルチレンダーターゲット

ちと、面白いことが思い浮かんだんで色々と実験してみます。

PocketLOOXの旧機種(PocketPC2002)へのPocketPC2003アップグレードキット提供開始らしい

なんかPokcetLOOX旧機種のPocketPC2003へのアップグレードキットが有償提供らしいです。

俺はすでにFLX3AWを使ってますが、うちではまだ旧機種を母親が使ってるのでちょうど良いです。PocketPC2003になればIEなんかは速度向上しますし、ネットワーク設定とか扱いやすいし、受信トレイでようやく署名の設定が出来たりと細かい点で使いがってが向上しますしね。

Windows CE機の作ってるメーカーでは地味な富士通ですけど、ちゃんとPocketPC2002時代にROMアップデートとかJapanistの提供とか案外とサポートがいいんだよねぇ。

こうなるともしかしてFLX3AWのPocketPC2003 SEへのアップデータ提供もありそうだな。VGAは無理だけどランドスケープとかはうれしいしね。

FMWORLD.NET
「Pocket LOOXアップグレードキット」の提供について」
http://www.fmworld.net/annc/info/ploox20040405.html

今月最も多い写真(画像)は…

ココログで最も多い写真とか画像は"桜"だろうなぁ…。

そんだけみんな桜や花見が好きなんでしょうね。

pict0410.jpg

うちの前の桜(クリックすると大きいサイズになります)

ブラウザで出来るシムシティ

噂には聞いてたけど確かに動いてますね。セーブもちゃんとできるしね。

下記のシムシティ クラシックライブってやつね。
http://www.japan.ea.com/archive/simcity3000/guide/index.html

掃除

今週は久々に講義が始まったので疲れてしまった分、昨日は帰ってきてすぐ寝てしまう。

その分、今朝は早く起きたので現時点で"こたつ"をしまいベッド下などの普段掃除機をかけにくいところに掃除機をかける。

とりあえずもうちょいで掃除は終わるかな。

あとは今日は買い物に行ってこないとねぇ。

2004.04.09

Cgの日本語マニュアル

Cgがひっそりと1.2.1にバージョンアップしてましたのでダウンロード。

ふと見たらCgの日本語マニュアルが落とせるんですが、前からありましたっけ?

nVIDIA Developer
http://developer.nvidia.com/object/cg_toolkit.html

追記
マニュアル自体は結構前からあったみたいです(表紙の日付で確認)。

ダイエット

夜中の通販を見てて思ったのが、ダイエット器具の効果を体験者が熱く語るが、そういうやつほど、まだ太い。

やせたい、やせたいといってる人ほど細い。

間違いない…、とでも言っておく。

今週終了

とりあえず今週の講義は終了。

土日でやること

買い物と大掃除と"こたつ"をしまうことはやっておかないと。

外科手術シミュレーションにはいい報告かも

さて、わりとまじめな話ですがIT Mediaで下記のような記事を見つけました。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0404/08/news039.html

ゲームもそうですが、CGを外科手術のシミュレーションに用いるというのは比較的よくある話なんですが、そういう意味では有効性が高いということなんでしょうね(ちなみに日本の医療の現場ではこうしたシミュレーションとか考えってどうなんでしょう?)。

そうなると現在の修論の方向性を医療用に向けるって手もありますが、問題は医療用だとそれはそれで大変なんだよね。

ただ、少なくとも今考えてる手法を医療用に適用するには修論発表会で言った問題点を解決する必要がある?

携帯で家計簿を付けてみる

Panasonicが運営するi-modeサイトのP-SQUAREでP-MONEYってiアプリが公開されていたので落としてみる。

メールでCSV形式にエクスポートできるのでPCからエクセルで管理できそう(細かくはエクスポートできないけど)。この機会にちと自分の家計簿を付けてみてもいいのかも。

pict0409.jpg

微妙に迷う

う~ん、2-1期よりも選択肢がある分何を履修するかねぇ。

2004.04.08

単位

ちと卒業のことを考えると当初と履修する科目を大幅に変更した方がいいかも。

よくよく考えたら必修の3分野のうちまったく手付かずな分野が1つありました。

これは今のうちに抑えておかないと。

ふと、思ったが今年の1年生ってこの時期に概論2個未満しか取れなかったら自動的にこの時期に留年決定(正確には2年での卒業が出来なくなる)じゃん(概論2個無いと修論計画書が出せないので)。これって問題ないのか(と、いうか集中しすぎてるなぁ…)?

それと副テーマ開始時期が少し早まってない?

両立

今期はそこそこ忙しいけど、うまくやりくりできるかなぁ…。

あと1箇所

とりあえずあと1箇所作っちゃえば、この前の打ち合わせの表示は出来るけど・・・。

不具合

と言う人は大抵自分の操作がミスっていたりするんだよね。

これはプログラムもそうなんだけど自分のミスを簡単にAPIやライブラリのバグっていう人がいるけど、これも大抵は自分のミスだったりするよな。

Geforce 6800とかRADEON X800

NV40やR420の製品名が決まったみたいですね。

spinのforumsに情報がありますね。

NV40もといGeforce 6800の製品発表は噂どおり4/13ってとこですか。シェーダモデル3.0のカードが早めに国内でも手に入るといいが…。

さすがにこの世代のシェーダエフェクトに関しては今年のSIGGRAPHで間に合ったやつとかあるんかなぁ(nVIDIAとかATIは用意してるんだろうけどね)。

中学時代からの友人がサイトオープン

ようやくサイトオープンだそうで。

しかし、いつ見てもHNは微妙だなぁ…。

職業はあってるけどあそこはそんな呼び方は普通しないからねぇ。

Masafumi's LABORATORYからのリンク紹介ページでは乗ってる車は『マーチ』とバラしちゃったけどね。

EXPO 200x TypeR
http://www.geocities.jp/ko_booowy/index.htm

2004.04.07

1-1期講義

やっぱ、導入講義が二つくらいだと楽だねぇ。

金額は魅力だが・・・

金額は魅力だけどちとヤバイなぁ…。

なんとかなるんだけど、落としどころがねぇ…。

まぁ、ようするに仕様書とかのレベルでやり取りが無いから…。

ようするによくわかってない自分が仕様を決めてる時点でマッチなんてするはずが…。

本日より

1-1期講義開始です。

こたつ

次の休日にはしまっちゃわないとねぇ。

あと、大掃除でもやるかな。

2004.04.06

SIGGRAPH 2004

spin見てたらSIGGRAPH 2004の論文一覧が発表されたようですね。

なんていうか『GPU Gems』とか読んでたらまた、SIGGRAPHは遠くなったなぁ・・・。

いつかは行きたいよねぇ(もちろん、見物客としてではなくね)。

OpenGLも・・・

この機会にOpenGL + Cgも触ってみようかと考え中。

書籍は揃ってるのでいいかもしれない。

それに何より自身の可能性が広がるしねぇ。

PSPのアーキテクチャ

GAME Watchに記事がありますね。

わりと不可思議でクセのありそうなハードウェアですねぇ…。まぁ、でもミドルウェアを採用するメーカーだと厳密なハードウェアのアーキテクチャって一般の開発メーカーはあまり意識しなくてもいいかもね。

α値を使うHDRに関してはDirectX 8世代でも使われる手だけどねぇ…。まぁ、携帯ゲーム機ではこれでいいのかもね。

高次プリミティブはいいかもしれないけど、それさえなければWindows CE 5.0を携帯ゲーム機(Direct3D Mobile)にした方がいいような・・・。でも、連中(Windows CEやPalmやSymbian採用のゲーム機の製造メーカー)にはPSPのようなスマートなハードウェアの設計はできんだろうな。PDAだかゲーム機だかわかんないアーキテクチャは成功して無いし。

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20040406/psp.htm

Tron 2.0が例かぁ・・・

『GPU Gems』の"Chapter 21: Real-Time Glow"のFigureはTron 2.0かぁ。

21世紀になってTron は復権できたのかねぇ…。

今となってはディズニーがCGを毛嫌いしていた時代があったなんてねぇ(正確にはディズニーブランドのCGアニメの製作はPixarだったが)。

エフェクトの基本

『GPU Gems』を見て思ったけど、このテの本において水面の表現ってのは基本中の基本なんだろうね。

たいていの本はこの話題に触れてるよね。

ちなみに、この本では、

Chapter1: Effective Waters Simulation from Phisics Models.
Chapter2: Rendering Water Caustics.

の2つがそうです。チャプター1が水面そのもの(動きと質感)で、チャプター2はコースティクスに着眼した章になってますね。

GPU Gemsが来ました!!

ついに来ました。

下の通りハードカバーで中身はオールカラー。サイズはB5よりちょいでかい。挿絵からソースコードまでオールカラーなのは豪華で見やすいです。

ざっと、表紙裏に全貌が載ってますが、こんな感じ。

●Natural effects
●Lighting and shadows
●Materials
●Image processing
●Performance and practicalities
●Beyond triangles

といったグループわけがされて42のチャプターに分かれて解説があります(1つのチャプターで10ページ以上ページが割かれている)。細かく書くのはしんどいので保留。まだ細かに読んでませんが、1冊手元にあっていい本だと思います。それとnVIDIA色が非常に強いのでGeforce FX向き(と、いうかGeforce FXで出来ないエフェクトは無いと見た)になってます。

あと気になってたシェーダコード自体はCgですがHLSLの人は若干の違いが理解できてれば問題ないと思います(uniformとかout修飾子とか気をつければ)。実装はOpenGLが大半(ただし、基本的に実装がOpenGLだとかDirectXだとかは手法が理解できてれば些細な問題。このレベルの本が読める人には環境はあまり関係ないでしょ?)。サンプルによってはFX Composer形式のファイルもある。

難易度は高いんで誰もが手を出すべきでは無いと思います。ShaderX2よりは実践的(あれは現状のハードウェアで動かないシェーダモデル3.0とかのエフェクトもありますしね)ですが、書き方が"Gems"と名がつくだけあって"GAME PROGRAMMING Gems"と感じは近いかもしれません(ちゃんと各種参考文献が記述されてるしね)。

しかし、ライターの顔写真と経歴が一人一人載ってますが、こういう人たちがグラフィックスの流れを決めてるんかねぇ。

gpugems.jpg
比較のためA6版の『かりあげクン』と並べてみた
gpugems2.jpg

下記はAmazonへのリンク。


cover

Gpu Gems: Programming Techniques, Tips...

帰宅

石川に帰ってまいりました。

羽田

搭乗まであと一時間ほど。

image.jpg

石川ヘ

本日、石川に帰ります。

春体みも終わりです。

2004.04.05

次に気になってる本

次に気になってるのは、

"Shaders for Game Programmers"

という本。一応、Amazonでは来月発売だそうです。とりあえず洋書は色々と当たってますが、そろそろよく見て買わないと初心者向けすぎる本を買ってしまうとあまり意味がないのでねぇ…。

Amazonへのリンク
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1592000924/ref=cs_top_wl_1_1/ref=cm_mp_wli_/250-0383462-5850611?coliid=I3LEVO0XEXD7F8

出版社の説明ページ
http://www.course.com/catalog/product.cfm?isbn=1-59200-092-4&CFID=197351&CFTOKEN=34903053

言い忘れてたが…

明日の午前中に石川に帰ります。

明後日より授業ですが、導入講義が混じるので先の2-1期よりは楽だと思います。

しかし、1-1の問題は5月のフランス行きで授業に確実に穴が開くこと。これはなんとか手を打たないと(あとは金銭的な問題が大きい。なんとか親に頭さげて金借りること出来そうだが、問題は今回の場合渡航費や旅費はほぼ自腹になる可能性が高いこと、それでも自分がモノを作って海外で展示できるならねぇ)。

すでに・・・

そういえば、ShaderX2のサイトって、

http://www.shaderx2.com/

なんだけど、shaderx.com(もちろんこれもある)ではなくshaderx2.comね。以前、shaderX3のライター募集は見たことあるのを思い出したんだけど、やはりありました。

http://www.shaderx3.com/

とりあえず10月リリースみたいですね。

レアモノ

ちょっと前の記事(4/3)でゼルダのゲームウォッチ版の写真を載せましたが、今度は下記の2点。

上の写真の箱は、PC-9800シリーズ用PC-FXアクセラレータボード。要するにPC-9800シリーズのCバス(まぁ、今で言うPCIやISAのようなものと思ってください)にこれを指すことでPC-FXのソフトが遊べちゃう品物。基本的には、PC-9800ユーザーと開発者向けのものでしょう。『ららぽーと』のT-ZONE(今はベスト電器)でワゴンセールで500円で買いました(2001年頃)。実家のCanbe(cb10)に挿しましたが、ソフトは買わず(一応、付属で『さめがめ』と『アンジェリークのデスクトップアクセサリー』かなんかとアマチュアの自作ソフト集みたいなのは付いてたが…。まぁ、PC-FXと言えば、『天外魔境III』でしょう)。

下の写真の箱はNintendo 64の拡張機器である64DDのスターターキット。これはちゃんとランドネットの会員になりました。『F-ZERO』のエクスパンションでコースを作って遊びまくりました。自作コースはコンピュータは即死のかなりヤバイコースができまくりました。これは友人と一時期燃えました。元は取ったつもりです(『巨人のドシン』とかはちょっとしか遊ばず。だって、『F-ZERO』のエクスパンション以外眼中に無かったんだもの)。

pict0405pcfx.jpg
pict0405dd.jpg

買い物4/5

銀行へ行く用事があったのでついでに買い物へ。

とりあえず、渡仏のためのコンセントの変換アダプタ購入とノートPC用にACケーブルを購入(ACは100V~240Vなんだけどケーブルは125Vなんで。買ったケーブルは海外ではOKだが日本ではNGとなっている。出来れば両対応ならねぇ…。)。

あと、ついでにニッケル水素充電池と充電器購入(光学式ワイヤレスマウスと電子辞書用)。

GPU Gems発送

いや~、ついに発送のメールが来ました。GDC後まで発売延期とかで長かった。

いつもなら日通は午前中なら11時くらいに届けてくれることが多いので、多分家に着いたらすぐ来るぐらいじゃないかな?

まだ、下記のリンク先のAmazonじゃ在庫があるみたいですな。


cover

Gpu Gems: Programming Techniques, Tips...

2004.04.04

財布を買い換えたワケ

たまたま親が自分の財布を見たときにカードを詰めすぎということで整理したらといわれ、財布もカードでポケットが広がりすぎたので買い替えを決断。

で、↓が整理前に前の財布に入ってたカードの厚み。今は、半分は入れないことにしたことと収納箇所が増えたので前よりはすっきりしました。

pict0404d.jpg

発送作業

お、Amazonで『GPU Gems』が発送作業に入ったらしい。

今日、発送先を実家から石川に変えたので、明後日の午前中に石川に帰るのでタイミング的にはピッタリ。

目次とか見た雰囲気とかは届いたらまた。

電子辞書

そろそろ必要かと思いまして電子辞書を買いました。色々と製品があるようですが、聞いた話だと英和は『ジーニアス』だけでなく『リーダーズ』や『リーダーズ・プラス』まであると心強いとのことなんでそれらが搭載されたものを候補として考えていました。で、買ったのがCASIOのXD-H9100です。もともと、電子辞書を探し始めた頃はSHARPとかSIIのは製品としてあったんですが、CASIOで両方載ってるのは無いと思ってましたが、店頭で新しくCASIOも出してるのに気付きました。

まぁ、SHARPのもSIIのも値段はほとんど近かったんですけど、新しい分ジーニアスの版が違うということを店員さんに言われこちらにしちゃいました。

↓のはあまり意味はないけどPocketLOOXとの比較。なんだかんだ高機能な分PocketLOOXよりも重いんだよねぇ。

pict0404.jpg
pict0404b.jpg
pict0404c.jpg

あと、関係ないけど買い物ついでに財布も買いました。カードキーになってる学生証が若干出しやすくなりました。

Amazonのアソシエイトプログラム

ここの←のリンクって書いてあるところとMasafumi's LABORATORYの右側のTopicsにAmazonの広告を設置してみました。

とりあえずDirectX とか リアルタイムグラフィックスに関わる洋書が出てくるはずです。まぁ、こういうのって自分で気付いたときにいい本が出てれば買ってもいいし、ここから誰かが買ってくれれば儲かるし…。

まぁ、洋書なんで読み手を選ぶ分こちらの利益はあまり期待していないけどね。

検索してね

ゲームのネタを書くとそのゲームの攻略についてメールで聞かれることがありますが、よっぽどマニアックなゲームじゃない限りはちゃんと検索ぐらいしてね。

『FF』とか『ドラクエ』あたりで質問されてもねぇ・・・。

これはゲームに限らないことなんですけど、BBSなりメールなりで質問をして、その回答がどこかのページのURLを貼られて「ここに書いてあるよ」って回答がある場合は大抵は「検索ぐらいしてきやがれ」って意味なんで。

2004.04.03

GPU Gemsの発送可能時期が・・・

お、Amazonでなんか6~7日に変わってる。

Nintendo DS の写真…

…ではなく、GAME & WATCH版ゼルダの写真(確か日本未発売。1989年発売)。

そういえば友人宅に置きっぱなしでした。

『Nintendo DS』ってこういう形なんでしょうかねぇ。

zelda001.jpg
zelda002.jpg

昨日の夜から今朝まで

昨日の夜から今朝まで中学時代からの友人宅で飲んでおりました。

4月から新しい職場になったみたいで、話したいことがいっぱいだったみたいですねぇ。

話しながら2人でファミコンの『魂斗羅』とかやってました。例の30機技で3週目に突入してました。

pict0403.jpg

2004.04.02

【メモ】複数属性のX ファイル

出先でおもいついたことをメモ。

FX Composerで複数の属性(マテリアル)を持つXファイルを読み込むと属性ごとにFX Composerのマテリアルも分割されてくれるんだけどそれって属性ごとにシェーダ書く必要性が出るので色々と面倒なんでどうしようか考えてましたが、#includeで解決しそうだな。

渡仏の打ち合わせ

本日は多摩大学でフランスでの展示に関する打ち合わせ。

転がってた読売の多摩版の記事を見て少しやる気が出る。

FX ComposerでXファイルのインポート

それ自体は簡単なんですが問題は、デフォルトの状態だといわゆるDirectX 8.x世代のエフェクトファイルで起動してしまうこと。そうなるとシェーダコードが書きにくいですねぇ。

一応、なんとか対応策は分かったんですが、そのやり方が適正なのかが不明。それとマテリアルからの色をシェーダコードに送る方法をどうするかだよね。

あと、アニメーション付のXファイルについて謎。頂点シェーダでスキニングしているようなそぶりはないのに動いてるのが謎(もちろんデフォルトのエフェクトファイルなら固定機能なんだろうけど、自分でシェーダでも動いてるということはアニメーションの行列計算はシェーダ外で行われてる!?)。

なお、個人的にこの機能はViewFrameの蝶の羽根をバンプ + 光沢を適用するのに使えそう。『RenderMonkey』でもいいんだけどメッシュで全属性に同じシェーダをかけたくないこともあるし(そういえば、あるプロの人と仕事したときに複数属性を持ったものを1ファイルにしない方が良いと言ってたけど最近納得)。

とりあえずもうちょいいじって見るとかマニュアル読むとかしてみます。

FX Composerの第2回記事アップ

と、いうことでDirectX 9.0 Programing Tipsの更新をしました。

実質的な利用に関する入門記事第1回のため下記のRenderMonkeyの【Default Effect】のようなサンプルになってますが、これで表示は出来るんじゃないでしょうか?

Xファイルを読み込んでビックリしたのが属性(マテリアルごとで分割された面)ごとにFX Composerのマテリアルも分割されるようです。これだとXファイルでも属性ごとにシェーディングの方法を変えることがちゃんと可能ですね(RenderMonekyはXファイルの場合全属性に均一にエフェクトがかかる)。ただ、エフェクトファイルは分割するのではなく、一つにしてパスだけ書き換える記述をすればOKでしょうね。Xファイルにも実はどのエフェクトファイルをロードするかと言うパスは埋め込めるので、これとエフェクトファイルのアノテーションの記述をしっかりすればかなり環境の移行に強いモデルデータが出来ますね。このあたりは案外と感心してしまってます。正しい、エフェクトファイルの文法を覚えるとやり取りが楽そうだなぁ・・・。まさに、メタファイルですな。

しかし、最初の印象を撤回しないとね。

FX Composer 第2回「とりあえず作ってみよう~単色で塗る
http://masafumi-t.cool.ne.jp/directx9/fxcomposer/fx002.htm

fx002_05.jpg

公約:FX Composerネタを・・・

つーことで、FX Composer触り始めました。

驚いたのが、やはり『RenderMonkey』と異なりアニメーション付のXファイルの読み込みをサポートしてること。これは大きいかも。

よくよく触ってみると案外と使いやすいツールかもただ、『RenderMonkey』に比べると使い方を手順で説明するのは難しいかもしれない。

2004.04.01

遠大な計画

日本のリアルタイム3DCG技術で頑張っちゃってる人を集められるかも・・・。

そんな計画が、某所で立てられてたり。

Yahoo Japan !のエイプリルフールネタ

今年は無いのかと思ったらちゃんとありましたね。

こういうかわいいネタならありかもね。

ただ、ひらがなが読めたらそれ以前に大人の言葉なんて理解できるような・・・、なんてツッコミはなしだろうけど。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/april_fools/

【メモ】NV40のムービー

spinでnVIDIAがNV40で動かしたデモをキャプチャしたムービーがあるとのことなんで見ました。

NV40は期待できそうですねぇ。

「Displacement Mapping」と「Water Simulation」に関してはいざ動いてみると感激ですね。ボートの衝突判定はいい加減そうですが…。

「High Dynamic Range Rendering」はATIでは当たり前ですが、この世代でようやくスタンダードに使っていいものになりそうですね。

「Multiple Lights」は動的分岐が可能であれば一つのシェーダコードで複数の光源に対応しやすいってことでしょうね。さらにCgならInterface修飾子とクラスっぽい構造体でライトの処理を書けば、個数だけでなくポイントライトやディレクショナルライトなどのライトの種類がどうであっても対応できますね。あ~、動的分岐ってそういう風に使うわけね。

その他は、まだ見てません。

NV40 Video Clips
http://developer.nvidia.com/object/sdk_home.html

脱エイプリルフール

みんながいっぺんにやると正直うんざりしてウザいだけなんで今年は何もしません。

う~ん、ユーモアが許容できなくなってきたのか、単に横並びが嫌なのか…。

NVSDK 7.0

遅ればせながら入れてみました。

NVIDIA SDK Browserが微妙にDirectX Sample Browserチック(下の記事の続きの先にスクリーンショットがあります)になってて慣れてる分扱いやすいですね。

なんか最近のnVIDIAは頑張ってるなぁ。

サンプルとかエフェクトについてはゆっくり見たら感想でも述べます。下のリンク先にある虹はきれいだけどDirect3Dでのデモなんでちとシェーダコード覗いてみるかなぁ。

おお、エフェクトはFX Composerと連動してるんか!!

と思ったらFX Composerのサンプルが一覧になってるわけね。つーわけで、そろそろFX Composerをまじめに触ってみることにします。

NVSDK 7.0
http://developer.nvidia.com/object/nvsdk_home.html

しかし、nVIDIAは開発者に色んなSDKやツールを公開してる姿勢はいいけど、たくさんありすぎてバージョンアップや入れ替えの手間がもうちょっと簡単にならないかと・・・。

続きを読む "NVSDK 7.0" »

「GPU Gems」がアメリカのAmazonで…

お、nVIDIAの開発者向けページ見てたら「GPU Gems」そろそろっぽい。

アメリカのAmazonじゃ2~3日になってる。

「パソコンに詳しい」というほめ言葉は「スポーツが得意」というほめ言葉に近いのかも…

わりと困るのが「パソコンに詳しい」ってのはなんでも知ってると勘違いされること。

ようするにこれは「野球がうまい人」を「スポーツがうまい人」って言っちゃうのと同じで、期待させると「なんだサッカーは駄目ジャン」ってことになったり。

なんていうかもうちょっと分かっていただけるとねぇ…。

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »