フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 体調 | トップページ | Decumaってどうよ? »

2004.04.28

足を引っ張ってるのは・・・

最近は、メールで動画像処理(動画像認識ではない)にもっとGPUを使うと言う話を知り合いとしてますが、どうやらGPUで動画像処理を行う際に結局のところDVやらHDTVやらの展開には、いまだにCPU負荷が大きいと言う認識は共通なようだ。

初代『ViewFrame』では2台のDVを一台のデスクトップPC(Pen4 2.8GHz HT対応 RAM 1GB RADEON 9800 Pro 128MB)でGPUでの解析を行っても60フレームを割ることはありませんでした(たしか正確には98ふれーむだったかな?)。

これが新ViewFrameでDVが1台になったのにDELLのInspironでPenM 1.3GHzでRAM 1GB GeForce FX Go 5650 64MBで突如20フレーム台に落ち込みました。これは当初、RADEON 9800 ProからGeForce FX Goになってピクセルパイプラインが半分になったことが原因と思いました。それと、旧版ではGPUは黄色の解析をRGB表色系で行っていたのを新版ではL*a*b*表色系での肌色認識に変えたことで負荷が高まったと考えました。

ところが…。

これをPen M 1.4GHz RAM 768MBのdynabook V9ではGeForce FX Go 5200でGPUのグレードを下げたのにInspironより高速 なフレームレートを出しています。これで気付きました。確実に現段階のボトルネックはCPUがキャプチャした画像をDirect3Dサーフェイスに展開するのが遅いのだと。

で、少しでも高速になるんではないかと予測されるVMR9化を決断したわけですが、今後デジタルハイビジョン(HDTV)を意識するしてGPUを使う方法を考える上でCPUそのものが問題になることを考えんとねぇ。

そういう意味ではGeForce 6のビデオプロセッサには非常に期待してるんだが…。

« 体調 | トップページ | Decumaってどうよ? »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/506973

この記事へのトラックバック一覧です: 足を引っ張ってるのは・・・:

« 体調 | トップページ | Decumaってどうよ? »