フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« Render To VertexBuffer | トップページ | この様子だと »

2004.04.15

続・Render To VertexBuffer

頂点データにレンダリングする。

非常に分かりにくい概念ですが、ようやく理解しました。OpenGLのスーパーバッファ拡張でこの仕様が出たときには理解が出来ませんでした。その時点で、もう俺もついていけないかも(大げさ)なんてちょっと思いましたが今日納得。

GAME Watch(わりとこの点は記事では否定的ですが自分としては頂点テクスチャでディスプレースメントマッピング置きうる問題(ポッピングとは別)がこちらでは回避できるか魅力的)の記事を見る限りではレンダリング後のテクスチャを頂点ストリームに流すとのことですが、個人的に気になったので頂点ストリームにセットした頂点バッファを取得できるのかというのを調べてみました。

予想通りIDirect3DDevice9::SetStreamSouce()に対してIDirect3DDevice9:GetStreamSouce()を発見。これでロックできますね。

なんにしてもこのあたりからさらにGPUを使うだけでもドロップアウト組がだいぶ出てきそうですね。リリースまでに時間はまだあるようですから、その間に新機能の勉強と利用方法のシミュレーションは立てておかないとね(と、言ってもハードウェアメーカーの人や海外のゲームメーカーの人なんかはすでにリファレンスモデルを触ってることだろうから出遅れてるわけだが…)。また、海外とは差が付きそうですねぇ。

しかし、リアルタイムグラフィックスに関しては高機能なものが簡単に使えるようでも概念の理解が難しくなってますね。そのわりにきちっとした教育が出来る環境が少ないのが痛いよなぁ…。MSのCEOのスティーブ・バルマーがXNA発表のときに『日本はマージャンでしかヒットが出せなくなる』なんてセリフはわりと深刻だと思うんだよね。オタク向けゲームは中国や韓国が強くなってくるだろうし、ハイエンドは欧米。ミドルウェアは開発効率は上げるけど結局その点も海外の技術者が作ってるからねぇ・・・。企業に所属する技術者はなかなか出にくいしね。教育機関の研究者は個人的にヤバイかも。

« Render To VertexBuffer | トップページ | この様子だと »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/444790

この記事へのトラックバック一覧です: 続・Render To VertexBuffer:

« Render To VertexBuffer | トップページ | この様子だと »