« 平常進行 | トップページ | テュイルリー庭園での休日 »

2004.05.24

エフェクトライブラリ

よくよく考えるとエフェクトファイル(HLSLやCgFXの.fxファイル)って#includeが出来るわけだからもっと色んな便利な処理のライブラリ作りってやってもいいのかもと思います。

例えば、自分が肌色認識処理に使ったRGB→L*a*b(あとはt-potさんとこのHSV変換とかね)のような表色系変換なんてものなんかは組み込み関数みたいに使えてもいいよね。

そういう発想でガンガン作っていくのもありかもね。この前のNICOGRAPHの発表は後半はGPU向きな画像処理の話をしましたが、GPUを用いた拡張可能な画像処理ソフトっていうのもありかもしれませんね。

個人的に気になってるのが、RenderMonkeyやFX Composerのような統合環境でプレゼンテーション機能(出来ればプレビュー画面をフルスクリーンに出来ないものか)を重視したアーティストやゲーム開発者のための統合開発型のリアルタイムレンダラってのはどうなんかねぇ~。

« 平常進行 | トップページ | テュイルリー庭園での休日 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エフェクトライブラリ:

« 平常進行 | トップページ | テュイルリー庭園での休日 »