フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« こんなテレビチューナを待っていた | トップページ | YIQ表色系 »

2004.05.31

唇領域抽出

なるほど唇領域ってのはYIQ表色系のQ成分を使うやりかたが一般的なわけね。

たまたま次のRenderMonkeyの記事でSIG-GTでの差分シェーダにしようとYIQ表色系に関して調べてたら、そんな話がいっぱいでてきました。

これもちょっとリサーチしてViewFrameの実装すると結構顔領域抽出の精度が上がると思う。L*a*bでの肌色の認識は命令数が58なんで512命令書けるGeForce FX Goならそれを加えても問題なさそう(著しくパフォーマンスが落ちるなら2パスも考えるけどね)。

« こんなテレビチューナを待っていた | トップページ | YIQ表色系 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/685235

この記事へのトラックバック一覧です: 唇領域抽出:

« こんなテレビチューナを待っていた | トップページ | YIQ表色系 »