フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« GPUのパフォーマンス分析 | トップページ | GPUが汎用的なSIMD計算機となるためには・・・ »

2004.06.20

『CPU VS. GPU』の勝敗のつけ方

タイトルは、たいそうなわりに別になんてことは無いんですが、一つ前の記事でGPUのパフォーマンス分析の話をしましたが、GPUコンピューティング(GPUをレンダリング以外の処理に並列計算機として使うということを考えたとき)する際にどうやってCPUより速いかということを提示するかという問題に頭を悩ませています。

GPUの性能ってクロックはもちろんパイプラインの本数や使える命令数や命令なんかが複雑に絡んでくるんでプログラマやグラフィックスの研究者(こちら側の人はオフライン手法がどのくらいリアルタイムで動くかで実感できるんだと思う)でない人からするとCPUよりも全然よしあしが分からない世界です。そんな中で技術の分からない人に有用性を提案する必要性がある場合にいかに説得するかという方法が必要だなぁ・・・(単にオタク的に布教ってわけではなく、現実にGPUを用いたソリューションを提案してお金(研究費とか開発費)を取ったりするケースがあるからね)。 

まぁ、今はピクセルパイプライン数で並列度を訴えるのが手っ取り早いんだけどね(あと、トランジスタ数とかもアリかも)。ただ、一方で倍精度が使えないことが頭に入れておく必要があるけど。

« GPUのパフォーマンス分析 | トップページ | GPUが汎用的なSIMD計算機となるためには・・・ »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/801943

この記事へのトラックバック一覧です: 『CPU VS. GPU』の勝敗のつけ方:

« GPUのパフォーマンス分析 | トップページ | GPUが汎用的なSIMD計算機となるためには・・・ »