« いまさらながらOutlookで | トップページ | 分析 »

2004.06.22

ノートPCでのSetRenderTarget

個人的な仮説なんですが、SetRenderTargetの頻繁な呼び出しは当然、アプリケーションの動作負荷として大きいとは思いますけど、今のノート(dynabook V9 PenM 1.4 GHz RAM 768MB GeForce FX 5200 64MB)だとかなりのアプリケーションのボトルネックになっている?

個人的にそれを実感するのが、『ViewFrame』での肌色認識シェーダの出力結果をRenderTargetに書き込んでるんだけどそこの部分がわりと重めみたいなんだよね。NICOGRAPH論文で出したベンチマークもデスクトップに比べると格段に遅いのでそのあたりを疑わしく思います。

で、個人的に気になるのがどっちが悪いか?

・ベンチマークしたデスクトップはRADEON 9800 XTなんでピクセルパイプラインの差?
・SetRenderTargetはPentiumMには負荷が高い?

さてさて、とりあえず今週はこのあたりの分析をやろうかと思います(次期バージョンの話が挙がってるので)。

« いまさらながらOutlookで | トップページ | 分析 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノートPCでのSetRenderTarget:

« いまさらながらOutlookで | トップページ | 分析 »