フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« SLI その3 | トップページ | メンテ »

2004.06.29

ふと思った

すでにPowerVRの技術者がボリュームレンダリングをシェーダモデル3.0で実現する方法が世の中に知られています(ShaderX2に掲載してあります)。

個人的にボリュームテクスチャなどを使う場合に問題になるのがその膨大なVRAMの消費ですが、SLIになると速度面以外にもVRAM容量が増えるわけですから三菱のボクセルハードウェア(512×512×512でFPS30)以上のパフォーマンスを出せるソリューションが構築できるんじゃないかと思います(現状であのデモの動作速度が分からんから実際はなんとも言えんが・・・)。

そう考えると医療画像を扱う企業では、こうした技術はありがたいのではないでしょうか(さらに日本は世界一のCT大国ですから世界で最も顧客が多いハズ)?

そういえば、シェーダでブラックホールの可視化の論文なんて話がspinにあった気がしますがあれもどうなんでしょうね。

とりあえずGPUプログラマは医療、物理、光学、天文といった分野の人たちとうまく手を組むことを考えた方がいいかもしれませんね(その逆も然り)。

個人的にはこういうことにCOEで資金をつぎ込み研究者を集めて・・・(これは別にどこの大学でもいいのでやってほしいよなぁ~)、ってのはあくまでも俺自身のGPUにたいしたプライオリティの高さから出る私見ですな。

« SLI その3 | トップページ | メンテ »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/867997

この記事へのトラックバック一覧です: ふと思った:

« SLI その3 | トップページ | メンテ »