フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 準備編第6回更新 | トップページ | 帰省前に »

2004.07.25

C#もC#で

先の記事NyaruruさんのコメントでMDX(Managed DirectX) + C#はそれはそれでエフェクトファイル周りで悩みを抱えていたのか・・・。

確かに言われてみれば、C++ でのID3DXEffectなんかのメンバ関数はUnicodeだろうがなんだろうが引数はLPCSTRですしね。

まぁ、C++ならあくまでプリプロセッサでオーバーロードされた関数になるって程度の問題で両方混在して対応できてるけど、元々がUnicodeで設計されてるとそれはそれで悩みもあるんだな。

講義でC#にちょこっと触れたけど、Managed DirectSoundが出て初めて音声が扱えるようになったり(そういや先生なんかはかなりトリッキーな方法で音の実装をする方法を紹介してたなぁ・・・。※1)とか、発展途上な分大変なんですねぇ。

※1…可視設定を不可視にしたMedia Playerのコントロールをはっつけて制御するとかって方法。

« 準備編第6回更新 | トップページ | 帰省前に »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/1042692

この記事へのトラックバック一覧です: C#もC#で:

« 準備編第6回更新 | トップページ | 帰省前に »