« IEEE floating point texture | トップページ | fp32実験 »

2004.08.21

勘違いの元

おお、A32B32G32R32Fフォーマットってちゃんと符号付で0~1の範囲で無い値も格納できてるじゃないか!!(当然といえば当然)。

それを平面のポリゴンに貼って見てるからおかしく見えるのか・・・。これが勘違いを起こす元でした。

とりあえずPS3.0の出力用の色は0~1の範囲でなく、符号付で各チャンネル32bitで出力できることが確認できた。

よしよし。

« IEEE floating point texture | トップページ | fp32実験 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勘違いの元:

« IEEE floating point texture | トップページ | fp32実験 »