« しまったなぁ・・・ | トップページ | USB接続の重量計 »

2004.08.22

ディスプレースメントマッピングの小ネタ

この昨日みたいな極端な値ではなくほどほどにピクセルシェーダで実数値で高さを出力してのディスプレース。

ようするに左下の白い部分は高さ5.0で黒い部分は高さ-5.0。テクスチャに格納された値が実数でもディスプレイに出力する時点で0.0~1.0の範囲しか出力できないのでこうなっちゃうわけですね。

vt0822.jpg
クリックすると大きいサイズになります

で、個人的に思いついた小ネタ。

下記のような2枚のテクスチャを用意。

hanko.jpg
印鑑面のディフューズテクスチャ

hanko_height.jpg
印鑑面のハイトマップ

これを円柱の底面に貼ってディスプレースすると印鑑が容易にモデリングできるんじゃないかなぁ~。

たとえば、日本史の授業で習うようなコレなんかは金の反射をちゃんとシミュレートして3DCGで復元したのものをリアルタイムアプリケーションで使えると、なんか博物館とかのコンテンツとして使えるのかも知れませんねぇ。

« しまったなぁ・・・ | トップページ | USB接続の重量計 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディスプレースメントマッピングの小ネタ:

« しまったなぁ・・・ | トップページ | USB接続の重量計 »