« 明日で | トップページ | ほんのちょっとだけ改善 »

2004.08.19

ここでもUNICODE

うちでは色んな自作デバイスからの入力に情報処理学会の冊子とかの広告でおなじみの株式会社インタフェースのボードを使っています。ここのボードは、PCIとかPCカード(ノートPCで使える)とか種類もあって学割も効くしAPIもちゃんとあるんで使いやすいんで好きなんですけど、Sample Frameworkベースでデータの可視化プログラムを組んでたらコチラのAPIの引数の文字列型がCHARベースからWCHARベースにかきかわってしまって、ボードの初期化が出来なくなりました。

結局は、無理やりCHAR型をベースにした文字列をWCHAR型をベースにしてる関数の引数にキャストで入れることで解決(ようするに文字のデータサイズの問題で型自体は問題ではないらしい)したのですが、これは言っておいたほうがいいのかもねぇ。

とりあえず今のところキャストするかどうかは、UNICODEのプリプロセッサで分岐してるんでいいんですけど、こりゃまだまだ色々と自作の古いプログラムとかでも保守の可能性が出そうだな。

« 明日で | トップページ | ほんのちょっとだけ改善 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここでもUNICODE:

« 明日で | トップページ | ほんのちょっとだけ改善 »