フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 民明書房大全 | トップページ | ようやくテクスチャ対応 »

2004.09.04

テクスチャの取り回し

久々のActiveX + Direct3Dネタですが、現在悩んでるのはテクスチャの取り回し。

エフェクトファイルではアノテーションでテクスチャのファイルパスを埋め込んでおけるんでその辺はいいんですが、Xファイルに記載されたテクスチャを利用するかどうかでちと考え中。

と、いうのもXファイルに記述されたテクスチャを格納するサンプラをどうやって識別させるかなんですよね。

一応、テクスチャサンプラでファイルパスを記述したアノテーションを用意しないことで見分けさせることはできるんだけど、そうしたものを複数エフェクトファイル内に記述されたりしちゃねぇ・・・。そもそも現状はメッシュをサブセットごとにパスを変えるなんてことも出来ないからファイルパスのアノテーションが無いやつには全部セットしちゃえばいいのかもしれんが…。

まぁ、とりあえず現状はXファイル内のテクスチャパスへの対応はおいておくことしよう。

まぁ、しかしこの作業ってのはセマンティクスやアノテーションさえちゃんと記述できたらどんなエフェクトファイルでもクラス側は中身を変えることなく対応できる汎用クラスを作ってるようなものだよな(その分、非効率な部分が出るが)。まぁ、これはこれでやっておいて損はないよな。

« 民明書房大全 | トップページ | ようやくテクスチャ対応 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/1355740

この記事へのトラックバック一覧です: テクスチャの取り回し:

« 民明書房大全 | トップページ | ようやくテクスチャ対応 »