« 皆さんはどうです? | トップページ | 動的頂点テクスチャのオマケ(改題と加筆) »

2004.09.16

この先にあるもの

とりあえずやっとノンインタラクティブなGPUシミュレーションの1歩が踏み出せました。

ここからさらにインタラクティブなシミュレーションに拡張していくことの研究がメインなのでここからがスタートです。

で、インタラクティブに拡張するのに最低限必要なのは私としては以下の項目の1点です。

・衝突判定(ちなみに応答まで)

これをどうにかしてGPU上で解決することで完全なGPU上でシミュレーションを実装する一つの流れが出来上がるわけです(まぁ、すでにImagireさんが当たり判定自体はやられてますが・・・。シェーダモデル3.0を使えば別のアプローチができるんではないかと考えております)。とりあえずこここまでが実は修論のテーマだったりします。

« 皆さんはどうです? | トップページ | 動的頂点テクスチャのオマケ(改題と加筆) »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この先にあるもの:

« 皆さんはどうです? | トップページ | 動的頂点テクスチャのオマケ(改題と加筆) »