フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 今日は | トップページ | 論文誌 »

2004.09.20

こんなストレートなタイトルの本があるとは・・・

なんかアメリカの本家のAmazonで本を探していたら「Displacement Mapping and Volume Rendering Graphics Hardware」(リンクはアメリカの方)というすげぇストレートな名前の本を発見したので日本のAmazonで注文(日本のAmazonへのリンクは下)。

Amazonのレビューや解説ではイマイチ中身が分からないので一応、出版社のページを探してみました。

dissertation.com
http://www.dissertation.com/book.php?method=ISBN&book=1581121660

一応、上は出版社の紹介ページで、25ページ分ほどPDFで読めるようなのでちょっとだけ目を通してみました。目次的にはFPGAやPCIとかRAMの話の項目があるのでDisplacement MappingやVolume Rendering出切るハードを作ろうって本でしょうか?なんかもしかしたらちょっと思ってる内容と違う本かもしれませんが買ってみることにします(・・・目次を見れば見るほど、確実に違う本の気がしてきました)。個人的には、この値段設定はおかしいよなぁ…。

しかし、出版社のところを見ると著者は今はATIの人ですかね?ますますハードっぽい本だと確信する。まぁ、なにか得るものがあるかもしれませんしねぇ(2,520円送料無料ならあんまりショックも無いし)。



Displacement Mapping and Volume Rendering Graphics Hardware

Amazon.co.jpアソシエイト


ちなみにボリュームレンダリグもチャレンジしてみたい話題です(ディスプレースメントマッピングの応用例で俺はよく医用画像を例に挙げるんですが、この分野はCGでも日本では比較的お金になる。あと、GPUベースのライティング手法とかレンダラを研究する若い方ってのは比較的よく見かけるので、あまりをやられてないと思われる方で…。というかジオメトリとかCVの方の研究の方が好きなんでしょうね、俺が)。ただ、今はそっちには手がまわらんよなぁ…。

« 今日は | トップページ | 論文誌 »

Amazon」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/1476531

この記事へのトラックバック一覧です: こんなストレートなタイトルの本があるとは・・・:

« 今日は | トップページ | 論文誌 »