フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 複数パス処理 | トップページ | 後浦 »

2004.10.08

GPUレイトレーシングでFPS 90って・・・

FX Composerの開発者であるChris Maughan氏のblogより。

DXSAS Implementation update
http://chrismaughan.com/archive/2004/10/05/220.aspx

それにしても、GPUレイトレーシングでFPS 90出るとはね…(どういうマシン使ってるんだろうな。でも、確かにGeForce 6800 Ultraだと結構見れる速度で動く)。

しかし、この結果を見れば分かるとおり、GPUでのレイトレーシングおよびその周辺技法のインプリメントは実用的な段階に来てると思うんですよね。あとは、創意工夫ってとこでしょうね。まぁ、私自身はボリュームレンダリングが真っ先に思い浮かびますが…。

あと、氏もDXSASのビューワーを作られてるようですね(こっちよりは全然先に居るでしょうし、そもそもFX Composerの開発者ですからノウハウの蓄積やプログラマとしてのキャリアが違う!!)。これはもうちょっと気合を入れて開発速度を上げないとダメかもね。

それにしてもこのアプローチも悪くないですが、シェーダ変数はいじくれなさそうですね。まぁ、定数でもビューワーならコレでもいいのかもしれません。ちなみに下記がそのビューワーのスクリーンショット。

DXSAS Gallery
http://chrismaughan.com/gallery/14.aspx

GPUでのマンデルブロ集合とかもFPSが38とか出てますな。FX Cmposerのサンプル量なんかを見るとあれは、一人で開発したもんじゃないけど、ああいう小ネタがいっぱいGPUコンピューティングに転がってるとすると、もっともっと面白く使うことができるってことなんでしょうね。

それにしても最近は、忙しすぎる。だが、まだこの仕事量ではトップレベルの研究者の仕事量に比べれば全然、少ない。精進しないと…。

« 複数パス処理 | トップページ | 後浦 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/1627197

この記事へのトラックバック一覧です: GPUレイトレーシングでFPS 90って・・・:

« 複数パス処理 | トップページ | 後浦 »