フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.30

俺もSCOの訴訟対象かも・・・

タイトルは冗談ですが、まずは下記のスラッシュドットの記事をどうぞ。

http://slashdot.jp/article.pl?sid=04/11/30/0754256&topic=17

"例えば、while (1){ do_something; }やfor (i = 0; i < 16; i++)ループなどは明らかに我々のソースコードから取られたものです。"

これにはワラッた。

新しい作業スペース

大掃除件、模様替えは大体6割ほど終わりました。

一応、新しい作業スペースが下記です(まだ、これからモノがちょっと増えますので完全な状態ではありませんが)。テーブルをL字に2個分ってとこです。後ろの空きスペースにはパーティションが入るので見えなくなります。

newspace001.jpg
クリックすると大きなサイズになります

あと、IVRCの時に貰ってきたカラーボックスを組み立てて本棚にしました。ここにあるのが、私の蔵書(何冊かは自宅に持ち帰ってますので全部ではないですね。)と研究室配架で読んでる途中の本ってとこです(その他の研究室の本は別の場所)。

newspace002.jpg
クリックすると大きなサイズになります

まぁ、狭くなるんですが、それでも学部生の頃よりはゆったりとスペースは使えます。やっぱ、その辺が地方で土地が余ってることの利点?

大掃除

今日は研究室の大掃除…の予定。

年末だからというよりはK32の改装の関係かな。

OpenGLってC#版もあるのかぁ

まぁ、ManagedからUnManagedコードは呼び出せるんだしねぇ。

C# OpenGL
http://www.3d-seite.de/csopengl

教養としてC#はやってみてもいいんだけどねぇ。

とにかく冬場は何事もヤル気がでないよなぁ。

ちょっと気になる家庭用体感ゲーム機

ちょっと前にVis-a-Visで販売開始になったXaviXPORTのコーナー。

Vis-a-Vis
http://www.visavis.jp/shop/WebObjects/vv.woa/wo/14.9.6.3.4.0.26.5.1.0.1?c=PDA023

剣神ドラゴンクエストが、ここの製造元の技術を使ってるんだっけ?

IT Mediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0411/24/news047.html

Vis-a-Visのは輸入版ですが、これからの季節(忘年会)を考えるとそれ向きのコンテンツがあると盛り上がるんだろうけどねぇ~。

それにしても最近はゲームは遊ぶのも作るのもちょっと疲れ気味です(まぁ、作ることと遊ぶことは別の次元ですが)。もっぱらiアプリばっかです。

PCゲームではDungeon Siege IIはちょこっと期待してるんですが…。

11月の最終日

そういえば、本日で11月が終わりですね。

今年も残すところあと、1ヶ月なわけですねぇ。

このぐらいの時期になるとだいぶ年末 & お正月ムードでヤル気がなくなってきます。

あと、この季節はやっぱり落ち込むことが多い。

今年は近年で珍しく落ち込むようなことが無いからいいんだけど…。

気分転換になんか全然違うことをはじめてみるのもいいかもなぁ・・・。

別に完全な方針転換ってことではなく、幅を広げるって意味で。

それにしてもいくつか頼んでた洋書が発売がずれたり発送状況がイマイチだったりとわりと予定が狂ってるせいもあるかもな。

2004.11.29

更新予定

とりあえず、DirectX Programming Tipsの新しい記事を書き始めていたりします。

あと、Masafumi's LABORATORYのTopページをまた作り直します。とりあえずdivタグベースのレイアウトはFireFoxでは崩れるので、汚いですが互換性の高いtableベースに戻します。

NetFrontでタグ

そういえば、ギガザウルスでなんとかココログの投稿(Picsel Browserでできるけど使い勝手がよいとはいえない)が出来ないか調べているんですが、たまたま下記の記事を見つけました。

中途半端なMOBILERさん
http://tachibana3.com/blog/archives/2004/11/netfront31_1.html

タグを許してくれる掲示板なんかへ、NetFrontで書き込みする場合に”</”(半角だとタグと認識されるので全角で書きます)などが投稿時に消えちゃってしまう問題が取り上げられています。

そういえば、僕は携帯はP900iを使ってますが、これのブラウザはNetFrontです。実はこの問題はP900iでも起きます。なので、ギガザウルスに限らずNetFront全体で起きてしまう不具合(仕様)なんでしょうね。先ほど実機で確認したんですが、投稿できないのはP900iではなくP2102Vのほうでした。

そういえば、P2102V(このときはNetFrontじゃなかった)からP900iに機種変した時に当時使ってた日記サイトの更新で困ったことを思い出しました。困ったのはP504iからP2102Vに変えたときですね。1年以上前のことだったので勘違いしてました。

豚肉は、なぜ生で食べちゃいけないか

いや~、慣習的に腹壊すみたいな理由で生をさけてるのは知ってますけど、具体的には肝炎とかになったりする可能性が高いからなわけね。テレビのニュース見ててはじめて知ったよ。

asahi.comに同様の記事がありました
http://www.asahi.com/health/medical/TKY200411280137.html

戻ってきました

とりあえず大学まで戻る。

落としそびれたアップデータを落とそうと思うが、大学からでも重いな。

あの時、落としておけば・・・。

スムーズに行きすぎて

今日はなんかスムーズに着きすぎてわりと羽田での待ち時間が結構あります。

それにしても、12月からのターミナル変更は頭に入れていかないと、次回帰ってきた時に混乱しそう。

石川へ

今は、千葉中央で羽田行きのバスの出発を待っているのですが、これから石川に帰ります。

ココログはザウルスから更新しにくいので携帯から軽く更新しておきます(逆にmixiの方が更新しやすいので帰るまではそっちの方が詳細かも)。

やばいかもなぁ・・・

友達のうちから今帰ってきたのですが、こんなに飲んだ状態でそのまま飛行機で石川に帰るのはどうでしょうねぇ。

本人には自覚が少なくても酒の臭くなってるんだろうなぁ…。

関係ないけど今回のNOAH中継面白かったな。わりと丸藤の不知火とか好きだし。

まぁ、今回は初のクラスJなので機上で寝ることにします。

2004.11.28

最終日

この休日も今日で終わりです。

明日の朝には石川に帰ります。とりあえず、石川に戻ったら色々とたまってる仕事の続きをしないと。

次に関東に帰ってくるのは年末だろうな。あんまり遅くなるとめんどうなので、20日よりは前には帰って来たいけどねぇ。その辺は、年内の研究室ゼミの日程や1月の発表の準備次第だろうな。

たまにはMAXコーヒーの話題でも

千葉というとやはりMAXコーヒーの話題がよく出ますがが、うちの近くになぜか5つもMAXコーヒーがスロットを占拠している自販機があります。

P1000123.JPG

あと、この自販ではDr.ペッパーも置いてます。俺の周りではDr.ペッパーは結構飲まれてます。

2004.11.27

あきらめ気味

とりあえず、SL-C3000からのココログ投稿はあきらめ気味です。

Picsel Browserはきたんですが、キーボードからのかな入力がうけつけないっぽい。あと、ちとNetFrontより使いにくい。ログインは出来たんですが、投稿後の反映がなんか行われないなど(気付いたら投稿が出きてた)。とりあえず投稿は出来たので、非常用ってとこでしょうかね。

Operaもなんかキーボードからのかなはそのままでは受け付けないみたい(それを可能にできるSIPとかのソフトはあるみたいだけどねぇ)。

とりあえず、キーボードでの入力を受け付けないんではねぇ。

リナザウからの投稿テスト

Picsel Browserからの投稿テストです。

裏口つぶし

恥ずかしながらウィルスに感染してました(バックドア型みたいだね)。

症状は、PHSカードで接続してる時だけ激しくメールを送ると言うものでした、何10回もNortonがシャットアウトしてくれて送信することは無かったんですが、Nortonのスキャンに一回も引っかかりませんでした(まぁ、スパイウェアに分類される場合あんまりNortonはアテにならんしね)。

とりあえず、今日は荒療治ですがPHSカードでの接続の状態でPestPatrol(実行プロセスの監視をしてくれる機能がある)をかけたらそれっぽいのを見つけましたので無事駆除できたみたいです。

寝ます

久々に総武線のあの混雑で疲れました。

とりあえず疲れたので寝ます。

起きたら届いた『Picsel Browser for Zaurus』や『Opera』などをテストしてみたいと思います。

2004.11.26

久々に終電の攻防

共同研究先の企業の方と飲んだのですが、終電近い時間に帰るのは何ヵ月ぶりだろう。

東京に生活拠点があればこういうこともめずらしいことではないだろうけど・・・。

もしかしたら

今日、共同研究先の会社の人との雑談でリナザウでOperaが動くことを知りました。

もしかしてこれでココログの投稿ができたりする?

最適なフォーマットは?

HDD付きリナザウで録画したTV番組を見ようとしてるんだけど、再生できるフォーマットがいまだによくつかめてません。

画質的にはMPEG1、2がいいのだけど1時間番組ではちょっとファイルサイズが大きいのでこれではきついんでASFに書き直したんですが、これが見事に再生できず。う~ん、どうなってるんだ。

それにしてもHDD積むのはいいけど転送がUSB 1.1なのはなんとかならんかね。

打ち合わせ

本日は午後から共同研究先の企業と打ち合わせです。

とりあえず田原町まで行ってきます。

久しぶりに秋葉原に出てもいいかもなぁ。

2004.11.25

Picsel Browser for Zaurusの発送

なんか一昨日注文した『Picsel Browser for Zaurus』が発送されたらしい。

とりあえず、Microsoft Officeのファイルの閲覧だけでなく、PDFの閲覧でちょっとだけ期待してます。あと、Webブラウザ機能でココログの投稿も出来たらなぁ…。

『Picsel Browser for Zaurus』はSDメモリからのブートなんで本体にうつせませんが、一応、SD自体としては240MBは使えるようなので今までPocketLOOX v70に挿していた256MBのやつはデジカメ(LUMIX)の方に使えそうです。今までは、64MBだったんで、これでだいぶ容量にゆとりが出来ます。

これも便利そうだな

INTERNET Watchの記事に@niftyの「マイニフティ」というサービスの記事がありました。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/11/25/5527.html

とりあえず、自分のniftyのアカウントでそのまま使えるて他の人からは見れないブラウザベースのプライベートなRSSリーダとして使えそうですね。

マイニフティ
https://enter.nifty.com/my/

masafumi's Antennaに載せないような私的な交友関係のblogについてはこちらからチェックするのがいいかもなぁ。

そろそろ

次のネタの記事でも用意するかな。

とりあえず今日は髪を切ってきたいからそれからだな。

PDAで録画したテレビ番組を見る

実家の自分の部屋には、今はテレビが無いので見たい番組が案外と見れないことがあります(遊びに行ってしまうせいもあるけど)。

そんなわけで、実家のDIGAで『相棒』を録画してみました。実は、結構前からDIGA自体はあったんですが、使う週間がなかったためにPCでも見ることをしてませんでした。

今回、ギガザウがきたことでPDAで動画を見るというのを試してみようかと思ってます。一応、今のところMPEG1(354x240)でいいのかなぁ、と思っております。他の動画で試しましたがフルスクリーンなら結構綺麗でしたので。

ちなみに石川の家でも来週あたり頼んでた160GBのHDD + DVDレコーダが届くんで習慣化しそうです。通学時間が極めて短いのでバスで見るというスタイルにはならないでしょうが、飛行機で移動する際なんかは重宝しそうな気がします。

最近は比較的テレビっ子ですからねぇ。

夜型

懸案どおり夜型の生活に移行しております。

大体、午後に起きて夜に友人宅に遊びに行って日付が変わってしばらくしたら帰ってくるという生活です。

とりあえず本日のダイジェスト。

友人宅にSFCのソフトが増えていた。T&Eソフト発売のサイボーグの格ゲー。激しくつまらない。当時ではプリレンダーで頑張ってたと思うけど、CGのクオリティと面白さは別の話ということを如実に教えてくれる。あと、四柱推命の占いのソフト。そこそこ当たりそうな雰囲気。

友人が何人かの芸能人と暇つぶしに相性占いをやったらしい。

友人:「●●(別の友人)とか△△(別の友人)は安達祐実とか小野真弓とかと相性が良かった」
と言うのですぐに
俺:「それ、そこらへん(部屋の中にあった)に落ちてるプレイボーイかなんか見て入力しただろ」
とりあえず、名前の出てくる芸能人がプレイボーイのグラビア似よく出てる人たちだったのですぐ分かりました。

ボジョレーの話題が出ました。まだ、飲んでないんですが今年はフルーティーと言う噂だが、どうやら酒売ってる(今は友人は、某郵船系の代理店勤務の会社員だがかつて3年ほど酒販店の店員だった。その関係の人との話で)人たちからすると今年は出来が悪いらしい。なんでも薄くて味がしないとのこと、なんか評判悪いみたいですね。

とりあえず、二人で話したりテレビ見ながら土産の石川の酒を飲む。

2004.11.24

やっぱり投稿出来ないみたいだね

やっぱりココログではSL-C3000からの記事投稿(投稿自体はできてるけど文字化けする。どうやらUTF-8で送信されて無いみたい)が出来ないようですね。

下の記事のコメント欄でそんな話がありますね。

B-log Cabin TPさんより
http://minami.typepad.com/blogcabin/2004/11/zaurus_slc3000_.html

せっかくキーボード付きで出先での更新に便利だと思ったんだけどねぇ。

リナザウ感想

SL-C3000は自分では始めてのリナザウ(うちの中では、かつて親父がSL-A300を使ってたことがあった)なんですが、なかなか好印象です(下の感想はあくまでも私見です。たいていはPocketPC 2003SE機との比較だったりします)。

よかった点
・Webの読み込みがPocketPCより早い、閲覧もよく見える
・キーボードはあるとやはり文字は打ちやすい
・液晶が綺麗
・動画は意外と綺麗に見える
・辞書はまぁまぁ検索が早い
・電池は思ってた以上持ちがいい(PocketLOOX v70 + 無線LANの動作時間より長い)
・通信カードごとの設定切り替えは楽

悪かった点
・重い。PocketLOOX v70の167gからすると寝転がって使うと腕が疲れる。
・CFの位置が、通信カード入れてると持つ時に邪魔。
・NetFront(ブラウザ)がココログの投稿で文字化けして使えない。他のblogでもダメみたい。
・PCとのシンクはPocketPCよりめんどい
・無線LANアクセスポイントの設定がめんどい(自動でアクセスポイントを探してくれないから)
・デフォルトのPDF Viewerは動作は早いけどちょっとイマイチ(Picsel Browser for Zaurusがどうかにかかってるかも)

あとは、Linux独特の部分で慣れていかないと使い切れないだろうなぁ。自分で開発をする場合には、個人的には一番面白いPDAかも。

実家に居ると

引きこもって何もしなくなるのだけは気をつけないとな。

ShaderX3が…

いつまでたってもAmazonに入荷しないと思ったら2005年の2月に発売日が延期みたいですね。

いじり中

とりあえず、SL-C3000をようやくゆっくりいじっております。

今のところなぜかココログの投稿が失敗するので、それはなんとかしないとね。

初リナザウなので、とりあえず以下の点をやっておかないと。

・動画ファイルは結局どこまでのフォーマットが再生できるか?
ファイル形式、ビットレート。

・各種データ以降
とりあえずPDAとして利用するために基本的な設定をしておかないと。

2004.11.23

来た

とりあえずHDD付きのリナザウが来ました。

思ったよりは動作が機敏な感じで好感が持てます。

CF型の無線LANカードがちょっと骨が折れそう(PHSカードは設定終わったけどね)。

linux3000.jpg

帰ってきました

とりあえず実家に帰ってきました。

これから友人のところに土産の酒を持っていきます。

帰省

今日は午前中のうちに千葉に移動します。

2004.11.22

CGI 2005

Janakaさん(うちの研究室のメンバー)から狙ってみてはどうよと紹介された国際学会。

とりあえず時間的には論文の準備をするにはちょうどいいのかもしれないですね。

今回のようにAbstructを出してから書く形式ではないので、とにかく書き上げてしまわないといけないけど。

http://www.cs.stonybrook.edu/~cgi05/

前にも書いたけど相変わらず、自宅からはこのページが弾かれる。

平常進行

とりあえず、論文も片付いたことでMasafumi's LABORATORYのについては平常進行に戻します。

ですので、今週中に最低1本Programming Tipsの記事の更新を予定しております(Direct3DとDirectShowでちょっとストックのあるサンプルのTipsでも書こうかと)。

明日から

論文が片付いたので明日から日曜くらいまで千葉の実家に帰省しようかと思っております。

とりあえず、26日に共同研究先の企業で打ち合わせをする以外はどう過ごそうかな。

関東に帰るのは9月以来だな。

打ち上げ

だいぶ時間が経ちましたが、研究室のM1のIVRCの打ち上げ(IVRC直後はM1達がNICOGRAPH発表があったりしたのでここまでずれた)。

今回は賞金もあるんで豪勢に金沢 東茶屋街の『蛍屋』で予算は1人8,000円~。

http://www.asadaya.co.jp/page.php?cid=hotaruya_top

懺悔

それにしても今回の論文は、だいぶ先生にご迷惑をおかけしました。

ちょっとかなり反省しております。

とりあえず以下の点は次回以降に英語論文を書く時の課題(英語力と言うのは言うまでもないので割愛します)、

・論文特有のフォーマットや書式などをきっちりとする(これはこの前買った本をよく読んでおきます)
・時間にゆとりを持って、計画的に書くこと

さらに、クオリティの面でも当初の予定ほど到達せずに課題を残す結果になったしなぁ・・・。

この2点です。3~4本書けば慣れると思うんですが、それでもそれまでは迷惑をかけそうだなぁ・・・。

2004.11.21

Shipping Soon...

納期が早かったのでアメリカのAmazonで注文した「Advanced Lighting and Materials With Shaders」(リンク先は日本のAmazon)ですが、まもなく発送のようです(この本に関する以前の記事。記事1 記事2 記事3)。

とりあえず洋書は日本のAmazonでも注文できますが、今後も納期が日本では怪しくて、アメリカでの在庫が確実な場合に急いで欲しいわけであればコチラを利用することにしよう。

…と、思って下のG-Toolsでリンク貼ってたら、日本でも24時間以内に発送になってるし…。ちょっとショックです。

Advanced Lighting and Materials With Shaders
Kelly Dempski EMMANUEL VIALE

Wordware
2004-12-15
売り上げランキング 76,598


Amazonで詳しく見るby G-Tools

※ちなみに21日に出荷はされたみたいです。

GPGPUはコンピュータサイエンスの1領域になりうるか?

先月末の記事ですが、GPGPU見てたら(RSSバー使うようになってから見るようになった。最近は、masafumi's Antenna設置で海外のサイトも前よりも巡回率が高くなった)海外の大学ではGPGPUの講義があるようですね。

GPGPUの該当記事
http://www.gpgpu.org/cgi-bin/blosxom.cgi/2004/10/28#aarhusGPGPU

University of Aarhus(デンマーク)のGPGPU講義概要
http://www.daimi.au.dk/~mosegard/GPGPU_E04

個人的には、カリキュラム自体を見たところかなりのモンだと思います。Week 3の内容は下記ですが、

Higher level functionality
Pointer, 1d and 3d arrays
Scatter and reduction
Sorting and searching
GPGPU languages
branching

3回目(イントロダクションを入れると4回目)でこれだけ踏み込むのは恐ろしい。

面白そうですが、個人的にはコレだけ尖った領域って学生の受講者数が少ない気がして成立するんだろうか気になります(日本の大学にいると)。確か、早稲田大学でMicrosoftがDirectXを使った講義をしているのは知ってますが、それがどういう状況なんでしょうね。ただ、この講義(University of Aarhusの方)の効果が高いなら、教育方法としてそのノウハウは知りたいもんです。

個人的には、2~3年でGPGPUってのはコンピュータサイエンスの1領域として一般化しそう(その後はあって当たり前の世界になるだろうと思うんで、特殊な領域でなくなるんじゃないかと)な気がしますが、個人的に付き合いのあるハードよりな方からはあんまりいい印象を持ってる感じがしないようです(私の周りだけかもしれませんが)。と、いうのもたいていがDSPと形容されてしまいます。

まぁ、今の段階では特殊なハードウェア積まないといけないと思われてるようで、GPUが単純なグラフィックハードウェアを飛び出して、CPUのような汎用的なプロセッサに進出することが恒久的なものではないって思うんでしょうね。

それに対してGPUを利用する研究者は単なるデモやベンチマークではなく、GPUで無いとどうしても解決が出来ないアプリケーションを提示していかんといけませんねぇ。

そんなわけで、OpenVIDIAのこともそうですが、共同研究のネタ(ViewFrame時代からのCVネタ。私自身のサブテーマ的な扱いなんですが、こっちの方が成果が出てしまってるのは精進が足らんね)はちょっとヤル気が出てきてます。

賭け?

ニッカンの記事ですが、ドラえもんの声優が入れ替えみたい。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-041121-0021.html

確かに番組自体を続けるにはいつかはこうでもしないといけないが、絶対にかなり長い期間で不評が続くだろうからいかにテレビ朝日が我慢し続けるかだよな。

場合によっては、テレビからドラえもんが消えることもありうるかもなぁ。

実家から家族が来ると

大抵は飯が魚とか寿司になります。

やっぱり関東(それでも千葉だと銚子とかへ行けばいいんだけどね)から来るとこっちの魚は種類も多いし、味もうまいからな。

石川ではなく、富山の言葉ですが”キトキト”(新鮮なという意味みたい)の魚を食べて行きたいんでしょうねぇ。あと、解禁になった蟹ね(俺は嫌いなんですが、昨晩は二人して食べていた)。

資料

実家にCEDECの資料がようやく届いたみたいだな。

とりあえず明後日から1週間くらい千葉の実家に帰りますのでその時に回収することにします。

一応、金曜に向こうで共同研究先の企業と打ち合わせで、あとはそこそこ時間があります。

べき乗?累乗?

たいしたことではないんですが、この呼称の違いって何なのか気になってたんですが、ちょっと解決。

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%AA%E4%B9%97

一応、俺は累乗を使っております。

なぜだろう

なぜか自宅からだとCGI2005のWebサイトが弾かれるんだよね。

最初、サイトがダウンしてるのかと思ったけど、@nifty mobilePでの接続では繋がるんだよね。

ADSL側のサーバのDNSとかの問題かね。

http://www.cs.stonybrook.edu/~cgi05

2004.11.20

英語論文

今回はだいぶ準備不足が露呈する。

初めてだから仕方ないにしてもかなり添削をお願いする先生には申し訳ないです。

ただ、一方でたぶん3~4本ぐらい書くことで慣れてきて書きかたもうまくなるんじゃないかと感じました。

ちゃんと入荷してるんだな

GPU Gemsの日本語版ってちゃんとAmazonでも入荷してるんですね。まぁ、洋書の方を持ってるから買わないけどね。

GPU Gems 日本語版
Randima Fernando 中本 浩

ボーンデジタル

売り上げランキング 


Amazonで詳しく見るby G-Tools

色んなたまってる用事は

今日は両親が遊びに来る(というか冬前に色々とモノを持ってきてもらったり)ので、しばらくたまってる用事はそれ以降に処理を開始し始めます。

まぁ、あとその他に今日中にやることもあるしな。

風呂

やっぱ1日入らないでから風呂に入ると違うなぁ。

さて、もう一仕事するかな。

帰宅

とりあえず昨日は大学に泊まってたのでようやく帰宅。

まずは、風呂入って気分を変えていかないと。

2004.11.19

PocketPC 版のAdobe Reader

そういえば、まだインストールしてませんが、PocketPC版のAcrobat Readerって日本語版以外は2.0になってたみたいですね。

VGAかつランドスケープだとようやく読めるかなぁ・・・。

http://www.adobe.com/products/acrobat/readerforppc.html

晩飯

晩飯だけでなくなんだかんだ、この2日は学食で食うことが多くなるな。

まぁ、それでも食べれてるっていうのはまだ、いい方か。

電気代のムダを省くためとはいえ

大学の暖房が90分連続稼動すると自動で電源が落ちるのは痛いよなぁ。

別に寒くて目が覚めたわけではないけど、それでも今朝の寒さはなぁ。

よく見たら

OpenVIDIAのScreenShotをよく見たら・・・。

http://openvidia.sourceforge.net/screenshots.shtml

GPU 7枚挿…(AGPx1, PCIx6)。

ピクセルパイプラインは、4ピクセルパイプ×7レーンか、これって逆にPCIの1レーンごとのパフォーマンスって極度に落ちそうだけど。まぁ、近いうちにこれがSLIに置き換わるんでしょうが・・・。

Markerless trackingは、なかなかかも。

肌色認識は精度悪いな(HSVは正直言ってL*a*bより精度出ないよ)。

あと、たぶんビデオのフレーム画像をテクスチャ化してると思うんだけど、その速度が気になる。

あと、個人的に320x240サイズでベンチマークされてるが、IEEEならDVI-AVIサイズでやらないとなかなか優位性が訴えられない気がする。個人的な推測ですが、"ビデオフレーム画像のテクスチャ化"があんまり早くないんじゃないかな。わりとバスの転送周りとか、まじめにやってそう(もしかしたらWindows + VMR9ネイティブには勝てないのかもね)。

まぁ、まだプロジェクトは始まったばかりなんだろうけど・・・(今のバージョン番号だとそうだろうね。きっとクロスプラットホームと言う段階でもないだろうし)。

きっかけ

OpenVIDIAはまだ触ってない(もしかしたらLinuxマシンがいるかもなぁ・・・)のでなんとも言えませんが、こんなクソ夜中にヤル気と闘志だけは起きさせてくれたきっかけになったので感謝してます。

なんか、久々に初心を思い出したような感じです。

OpenVIDIA

え、なにコレ・・・(なんとなくShaderTech見てて気付く)。

OpenVIDIA
http://openvidia.sourceforge.net/

OpenGL + Cg + NVIDIAのGPUによるCVライブラリみたい(OpenCV の GPUネイティブ版って考えるといいのかもね)。

とりあえず論文が手元から離れたらリサーチします。

ところで対応するカメラはIEEE1394のだけ?あと、Linux環境でしか動かない?

サンプル見てるとHSVによる肌色検知とかやってますな。まぁ、誰もが同じことやってるんですね。でも、こちらは日本語で論文とか出してるので明らかに不利だよな。

サンプル
http://openvidia.sourceforge.net/programming.shtml

それにしてもなんか悔しいなぁ・・・(でも、俺は別にCVの研究者になりたいわけではなかったり。あと、組織だってライブラリを作るって発想もなかったし、組織もない。実はジオメトリの研究やってるよりもこっちの方が世界に近いのかもなぁ)。

まぁ、今からでも遅くないかもなぁ。

実は良さそうな本なのかも

Advanced Lighting and Materials With Shaders」という本については、以前買おうか買うまいか考えていた(日本と違ってすでに発売されてる米Amazonで注文)んですが、わりとあんまり普段は巡回しないサイトで紹介されてるのを見つけました。

http://www.opengl.org/

ここのHeadline NewsのNovenber 17に記事がありました。なるほど、米Amazonのレビューを見たところサンプルはDirectXとOpenGLで両対応なんですね(HLSLとCgでの収録)。

OpenGL.orgでの記事は単なる宣伝かも知れませんが、もしかしたら名著?

それにしても内容のわりには現地で$29.67という価格には驚かされる。

Advanced Lighting and Materials With Shaders
Kelly Dempski EMMANUEL VIALE

Wordware
2004-12-15
売り上げランキング 117,167


Amazonで詳しく見るby G-Tools

2004.11.18

学術用Google

とりあえず、忙しいのであとでゆっくり試してみます。

IT Medaiの記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0411/18/news062.html

Google Scholar
http://scholar.google.com/

今晩は・・・

大学で泊り込んで作業して、明け方に家に一回戻るかな。

とりあえず、学食ででも晩飯でも食ってくるかな。

相変わらず

GeForce 6800 Ultra搭載マシンは調子が悪いよなぁ。

一応、冷却効果を高めるPCIスロットに挿すファンのおかげでケース内の温度は下がってるようだけど…。

2004.11.17

予告

今書いてる論文が提出後、落ち着いたら以前からこのblogで話題にしていた動的ディスプレースメントマッピングのソースとドキュメントを公開しようかと思います(12月初めかな?)。

このネタは今取り組んでる論文(7章立て)の第3章を担ってた関係で、出すのを調整してたんですよねぇ。

今の方式では、Verletはもちろん、ニュートン法をGPUで計算してもいいんだよねぇ。

NVIDIAのGPU環境で開発する開発者に向けて

NVIDIA GPU Programming Guideのアップデートが出てますね。

とりあえず71ページもありますが、落ち着いたら印刷しておくかな(わりとうちの大学では印刷については光熱費ほどうるさく言われない)。

ダウンロード先
http://developer.nvidia.com/object/gpu_programming_guide.html

先生に貸していただいた本

なるほど、こういう本があるわけね。

とりあえず買っておいて、届くまでお借りしておきます。

技術英文の正しい書き方
佐藤 洋一

オーム社
2003-07
売り上げランキング 9,779

おすすめ平均 
日本語から脱却した英文が書ける
カラーで読みやすい

Amazonで詳しく見るby G-Tools
基礎からわかる数・数式と図形の英語―豊富な用語と用例
銀林 浩 銀林 純

日興企画
1999-07
売り上げランキング 22,610

おすすめ平均 
数式、図形を英語で読むには手ごろの本
数式、図面などに絞った英語の書き方の本

Amazonで詳しく見るby G-Tools

CSG

RenderMonkey v 1.5のCSGのサンプルは参考になるのかもなぁ・・・。

でも、手続きはできるだけ減らしたいところ。

久しぶりに

雲は出てるけど晴れたのは久しぶりだよなぁ。

力尽きる

一眠りしてから続きやるかな。

幅広い開発環境に対応するために

とりあえず、以前にOpenGLのシェーダ以前の入門本は買ったので今度はGPUよりな本を買うことにします。そんなわけで「The Opengl Shaders Handbook」と言う本を予約。

当初、名前からGLSLの本かと思ったんですが、アメリカのAmazon見てたらCgみたいですね。ま、今はNVIDIAのGPUを使うことが多いので、それもいいかと(メインの研究用マシンは、GeForce 6800 Ultraで私物のノートはGeForce FX Go 5200)。

将来、どこでどんな環境で開発をするか分かりませんからね(とりあえず、OpenGLでもDirectXどっちでもない環境ってのもありうるだろうけど)。何より海外の研究者や開発者を見てると両方対応できるような人って結構居そうですしね(それでもOSとしてWindows環境を対象にしたものからは抜け出れていないけど)。

現在はプログラマブルなGPUの登場で、APIを熟知してるよりも3Dの本質的な考え方がしっかりしてる方が重要ですしね。それさえ出来てれば環境なんて関係ないですよねぇ。だいたい、結局同じハードウェアで動かしてるので、APIの差と使える機能の差が小さくなってるしねぇ。

アメリカのAmazonのページ
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/1931769346/ref=wl_it_dp/102-3996187-8304926?%5Fencoding=UTF8&coliid=I34YVCWHVVTSKV&v=glance&colid=E3LYGJF4GWJU

The Opengl Shaders Handbook
Sergei Gaidukov

A-List Pub
2004-11-30
売り上げランキング 380,532


Amazonで詳しく見るby G-Tools

ところで、働いてる様子の無い学生のわりにバンバンと本を買えるのは、ここでは書いてないけど多少はそのぐらいのものを買える収入が入っていたりします。とりあえず、昨日は久しぶりに学内でやってるお金の出るプロジェクトの勤務表に印鑑押しに来てくれというメールがあったんで収入のアテが出来たので追加購入(ちなみにこのあたりの本は先生にお願いして研究室配架で入れてしまってもいいんですが、身銭を切ってでも勉強する姿勢が無いと向上しないというのが身上なので…(ただ、いかにお金を使わずに工夫するかも重要ですけどね)。なので、基本的に”お金が無い”(たいした金額で無い場合ね。さすがにン十万円以上とかするようなものはしょうがない)と”英語だから”という理由でサボる人は嫌いです)。

それにしても最近は益々洋書マニアになってきてるな。

とにかく

今取り組んでる章を書き終えたら寝ます。

そんで、あとは起きてから今日中に残り書いて終わり・・・。

って行ってくれると万々歳なんですがね。

2004.11.16

追い込み

とりあえずだいぶ論文書きの追い込みに入ってきました。

とりあえず木曜まで(本当は締め切りはもうちょっと先ですが、郵送なのでその分の時間をみて締め切りを前に設定しないといけない)は集中だな。

ちょっと更新頻度を極度に減らして集中します。

このペースなら

ギリギリ間に合うって感じだろうなぁ。

まぁ、間に合うならよいわけだが・・・。

2004.11.15

考えるヒト

このニュース見てたら、

Yahooニュースの記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041115-00000139-kyodo-soci

うお、「考えるヒト~公募の錬金術~」(石川では火曜の深夜に先週始まったヤツ)で応募したヤツだろうか?この公募に関しては石川ではまだオンエアされていないな。

進路

学内向けのメーリングリストで、内部生の平成17年の10月からの博士後期課程の入学願書が配布開始との連絡が来ました。

わりと博士後期への進学と就職では悩んでるんですよね。博士前期(修士課程)ならば、正直なところ学部を卒業するよりも選択肢が増えてるんですが、ここからは過ごした時間分選択肢が増えるわけではないのでなかなか決断するのが難しくなります。

就職で躊躇するのが、うっかり学部時代に取る単位を間違って半年留年したんで来年9月という中途半端な時期に卒業するために、選択肢が限られてくるんじゃないかということですね(まぁ、それでもよいとこと縁があればいいんですが)。

博士後期は、魅力(それプラスこっちの世界での目標が達成できてないから)があるんですが、ここからは実績を出さない限りは喰ってくのがだいぶつらくなります(例えば、ここ)。一応、すでに来年4月から博士後期に進む研究室の留学生の友人からは誘われてるんだけどねぇ。

博士号の有資格者を求人対象にする研究機関(こういうところは通年で人を取ってなくて欠員があるたびに募集ですから実力 + 運がいる)に魅力はあっても、大学の先生になりたいわけではないからねぇ。

海外と言うのはちょっと現状では難しいですね(そもそも何の脈絡も無い)。

まぁ、なんにせよ年度内に実績を作っておかないことには。

1周年

大学の自分のサイトの細かなアップデートを行ってたら、今日が大学においてるサイト開設のちょうど1周年だと気付く(ちなみにトップページの右下に開設日の記載がある)。

Gems 5

とりあえずよく見たら出版社の方で「Game Programming Gems 5」の紹介ページが出来てました。

http://www.charlesriver.com/titles/gamegems5.html

まぁ。ここ2冊(3と4)はみそびれましたが、リアルタイムで購入して読んでおくならいいんでしょうねぇ。個人的には、あんまりGPU上でのラジオシティの手法はよく知らないんですが、結構やられてるんですね(この本や来月発売の本とかのトピックを見ると)。

@niftyのmobilePもデータ圧縮サービス開始みたい

@niftyの定額制PHSデータ通信カードのサービスで試験的にデータ圧縮サービスが開始みたいです。

先ほどそのメールが来ました。今まで、mobilePは@niftyで他のADSLなどのサービスと組み合わせるとAirH"より安い金額で、同じサービスエリアで使えたんですが、データ圧縮による体感速度の向上だけは出来ませんでした。

これで256kbpsとかの高速なサービスとかが始まらない限り、サービスの差が少なくなってきました。なので、もうちょっと使っててもいいよなぁ。

プレスリリース
http://www.nifty.com/mobilep/osirase041115.htm

とりあえずPocketLOOXの方には設定してみました。

とりあえず購入するかも

「Real-Time Collision Detection」という本。

米Amazoの商品紹介(日本のページよりもレビューが細かい)
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/1558607323/ref=pd_sim_b_6/102-3996187-8304926?%5Fencoding=UTF8&v=glance

それにしても日本のAmazonやスカイソフト見てもどれも発売日が違うんでどれを信じたらいいんだろう(たぶん、米Amazonであと2~3日もすれば分かることでしょう)。

Real-time Collision Detection
Christer Ericson

Morgan Kaufmann Pub
2005-02-28
売り上げランキング 113,350


Amazonで詳しく見るby G-Tools

とりあえず、衝突検知はもっとやっとかないといけないネタなんですが、研究室配架にしてもらおうかなぁ。

あと、米Amazonでも本とかなら日本にでも送れるみたいだから配送費かかってでも早く欲しい場合は利用するかなぁ。実際に米Amazonを日本で利用する場合の使い勝手ってどうなんでしょうね。

出来すぎた?

9月に先生と投稿した某学会の論文の査読結果が返ってきました。

たぶん1発で採録とは思ってましたが、直しの指摘もなくそのまま採録とは思ってもいませんでした。こんな完璧な採録通知は初めてです。この学会にはいくつか論文を出してますが、いつもちゃんと査読されて(条件付採録)直しを入れるんですが、こんな高い評価とは・・・。

まぁ、先生とは1年半やってきてますが、徐々に仕事のやり方とかがあってきたんでしょうね。そういう意味で、解説論文とは言え、出来栄えがよかったんでしょうね(基本的に、論文書き自体は一応、提出のたびに品質は上がっている。今思うと初代、UoQの論文とかはひどかった)。

論文の方は、来年の3月に掲載予定です。

時期が来たら、いつものようにWebには置いておくと思います。

この論文は、解説論文(技術解説や最近の動向とかをまとめたもの)なのでプログラマでなくても読み物として十分に楽しめると思います。

2004.11.14

EzTV

今晩はオタク特集。

また、痛い人を見つけてきたなぁ…。

何もなし

ホント、ここまで何も無い1日です。

2004.11.13

11月は我慢

こたつを出すのは12月までは我慢したいよなぁ。

スパム対策のため

スパム対策のためMasafumi's LABORATORYにある管理者へのメールアドレスを変更しました。

旧来のアドレスは近いうちに解約します。

それと、先のTopページのデザイン変更でトップからメールアドレスに到達できなくしています。実際にはProfileにいけばメールアドレス(アドレスはJavaスクリプトで読み込んでますんで対応のブラウザをお使いください)の書いてあるページへリンクしています。

新しいアドレスはサーチエンジンのフリーメールなんでスパムが来たら、すぐに削除して新しいアドレスに変更します。

ところで、余談ですが私はOutlook上で3つのアカウントを使っています(正確にはこれにhotmailも加わる)。この中でスパムが来るアドレスは、実はWebで公開してるtokaiドメインのヤツだけなんですよ。と、いうことはこのアドレスを解約するだけで私はスパムメールを目にしなくてよくなります。

わりとこのドメインに不信感を感じるのは、CCで同じプロバイダのほかのユーザーのアドレスも送られてくることです。同じプロバイダのほかユーザーとまとめて送られてるっていうのは、単純に私のWebページに載ってるアドレスから収集してるんでしょうか?

単に辞書攻撃ならniftyのアドレスにもスパムが来そうですが、こちらは石川に住んでから1年半で一度も来てません(プロバイダが大量の送信はブロックしてくれてる?)。

例えば、スパイウェア(一応、PestPatrolで対策してます)のようなもので流出するなら私のOutlookのメインアドレスはniftyのヤツなのでtokaiだけくるのはおかしい。

そういった点から、単にスパムが多いからってだけでなく、なんとなくの不信感から解約したいんですよね。

寒くなってきました

それにしても昨日、一昨日と20度を超えたので、今日は一段と寒く感じました。

長袖でもシャツ1枚だと、ちょっと近場での買い物でもきついですね。風呂場とかトイレはちょっと足元が冷えるようになってきました。

明日以降は、今日よりはマシみたいですが火曜がちょっと寒そうですねぇ。風邪だけは気をつけないと。

篭城戦

とりあえずこれから作業に集中できるように、買い物に行ってこよう。

食材もだいぶ減ってるんですが、色々と作業のお供にあるといいものを買ってこないとねぇ。

我慢と忍耐のとき

それが分かってるんですけどねぇ…。

ドイツから見た日本

「MON-ZEN」とかってドイツ人が、日本の禅寺を目指す映画がやってました。

コメディなんだけど、ドイツ人の日本観ってのが興味ありますねぇ。

MON-ZEN 日本版公式ページ
http://www.kinejun.com/mon-zen/top/index.html

感想
ドキュメンタリータッチのコメディと思ってましたが、そこは東京までですかね。わりとなんやかんやドイツ人の二人の兄弟が反目しあいながら、それぞれ禅寺で修行を体験することで、それぞれが旅の前に抱えてういた悩みと向きあうと言う内容でした(わりと日本でもある『東海道中膝栗毛』とかああいうノリですよね)。

まぁ、映画なんで東京のあたりはちょっとありえない展開(テントを万引きしたり、回転寿司で食い逃げしたり)でしたが、わりと海外旅行でドツボにはまるとあんな感じじゃないでしょうかね。言葉が通じないって部分でのハマりはよかったですね。

後半は、目標の門前を目指すんですが、能登ってことでちょっと身近な感じでした。バスも北鉄っぽかったし。

とりあえず、”門前”では二人が旅前から抱えてた悩みとかそうしたものが払われる展開にちょっと考えさせられたり。寺の僧たちとの交流とか、落ち着いた作品ですね。

日本の描写ですが、多少、外国人に奇異に見やすい描写というか被写体が多かったですが、この辺はむしろ禅寺との対比でしょうね。海外の人が日本をロケ地にした割には西洋人からみた、日本文化の尖った部分ってそれほど強調されてないしね。食事とか、町の様子を見た二人の様子も単に言葉が分からないと言う以外はなじんでたしな。

MON-ZEN[もんぜん]
MON-ZEN[もんぜん]ウーヴェ・オクセンクネヒト ドーリス・デリエ グスタフ=ペーター・ヴェーラー

ジェネオン エンタテインメント 2003-06-25
売り上げランキング : 38,607

おすすめ平均 star
star禅寺のカラス
star日本入門映画
star笑えます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2004.11.12

Tipsが更新できんが・・・

最近は、忙しくDirectX 9.0 Programming Tipsが更新できてないし、ネタも仕込めてません。

ただ、今の論文がカタがつくことと、次の文献ゼミの割り当て論文に絡んで論文提出後にはそこそこ面白いネタがやれるかもしれませんね。

個人的には、シェーダモデル3.0に特化して書いていきたいんですけどね。

東芝のUSBメモリ

東芝のノートPCの搭載メモリの不具合で交換した不良メモリを送り返すとUSBメモリ(容量32MBでUSBのバージョンとか読み書き速度は不明。)をくれるとのことですが、それが今日届いてました(該当記事1該当記事2)。

とりあえず、I-O DATAのEASY DISK(128MB, USB1.1 )とのサイズ比較。

usbmemory.jpg

交換メモリの送付からここまでが1週間以内でカタがついたのは、意外でしたが早いのはいいことですね。

解約の準備

とりあえず、Masafumi's LABORATORYで公開しているメールアドレスを解約しようと準備を始める。

やはりWebで公開してるんでスパムがひどいんですよ。とりあえず色んなサポートとかの連絡メールの送信先を一通り変更したら解約します。

新しい連絡用アドレスは、フリーのアドレスを取って、連絡専用にして2~3ヶ月に一度アドレスを捨てて、別なのに差し替えるという方法にするかな。

ダブルチーム

とりあえず『明石家電視台』を見てからダブルチームに切り替える。

なんかヴァンダムが変な鍛錬してるシーン。

もうすぐ昨年寝たあたりにたどり着くな。

2004.11.11

珍しく夜中に

石川にしては珍しく夜中に洋画がやってるな、しかもジャン・クロード・ヴァンダムだし。

http://tv.yahoo.co.jp/bin/search?id=20042257&area=ishikawa

この作品は、もうB級の中のB級。

ジャン・クロード・ヴァンダムと相棒がデニス・ロッドマン、さらに敵がミッキー・ローク、すごいキャストです。

前回見たときは確か、昨年岐阜の宿舎で見たんだが、あまりの退屈さ開始1時間せずに寝てしまう。

リニューアル

お、うちの大学のWebページが予告どおりリニューアルしてるな。

まぁ、以前のよりはいいんじゃないでしょうか。

ただ、各研究科のはそのままなわけね。

材料のページはめったに見ないんだけど、早期配属制度なんてやってたんですか、こういう制度は重要だよねぇ。

http://www.jaist.ac.jp/

5.2kgのノートPC

過去の記事へのコメントでどうやらGeForce Go 6800搭載のノートがBTOで注文できるようですね(該当記事。ひろきさんお知らせありがとうございます)。

Akiba PC Hotlineの記事
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20041106/etc_progress.html

17インチ液晶だけに大きいですが、それでもデスクトップよりは軽いですからねぇ。それにしても5.2kgだとさすがに購入は躊躇しますね。我慢しても2.5kg~3.0kgの製品が持ち運ぶ限界かなぁ。パイプライン減らしてもいいので、軽いのに積めるのを期待してます。

それにしても冷静に考えるとGeForce 6800 Ultraは実は製品でPCI-Expressのものが無かったはずだから、パイプラインは同じ(・・・と思ったら12本ね。まぁ、十分ですが)だから使い方によってはAGP8の製品に勝る部分があるのかな?

GPU Gems 2 日本のAmazonでも予約開始

これも要チェックですね。値段が前の巻より格段に上がっちゃってますね。まぁ、現状はUKの値段なんで、発売が近くなればドルになって値段も落ち着くんじゃないでしょうか?最近になって、現在のAmazonのシステムは予約後の価格改定にちゃんと対応したシステムになってるようです(発送時の価格が適用されるみたい)。

表紙がNaluってことは、Opacity Shdow Map(OSM)とか、他のサンプルですがVerlet積分をGPUで解いたりとかそういうネタが中心なんでしょうか?

わりと楽しみですね。

Gpu Gems 2
Matt Pharr


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

POP3サポート

お、gmailがPOP3サポートですか。

PocketPCとかからログインできなかったからこれはありがたいね(比較的、機能の弱いブラウザでもログインできるように対応もしてるみたいだが)。

でも、これでgmail経由のスパムとか来たらやだなぁ。

gmailのスパム送信者に対するポリシーって、どうなってるんだっけ?

IT Mediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0411/11/news010.html

売り文句

それにしてもよくよく『Advanced Lighting and Materials With Shaders』の出版社のページを見ると売り文句がすごいですよね。

例えば、出版社のページでは下記のように書かれてますが、

Understand the underlying physics of light and energy.
Learn about the visual features of different materials and how they can be modeled for real-time graphics.
Find out about the different lighting models.
Discover how real-time techniques compare to ray tracing.
Learn to use the provided shader implementations to implement lights and realistic materials in real time.

この上の文のうち、

Discover how real-time techniques compare to ray tracing.

はすごい売り文句ですよね。ようするに「リアル・タイム技術がレイ・トレーシングにどのくらい匹敵するものか発見してください。」(機械翻訳のままですが、意外と訳が良かったのでそのまま採用します)ですもんねぇ。

もうちょっと情報が欲しいなぁ

Amazonで『Advanced Lighting and Materials with Shaders』という本を見つける。

出版社の紹介ページ
http://www.wordware.com/Merchant2/merchant.mv?Screen=PROD&Store_Code=wwpub&Product_Code=1556222920

とりあえず、見た限りではDirectXを対象にしているようだ。

それにしてもリアルタイムラジオシティというのは気になる。

目次みたいな情報があればいいんですが・・・。

意外となさそうなタイプ(リアルタイムでレイトレやラジオシティや光学をウリにしたDirectX本は)の本なので、良さそうな気もしますが・・・。

とりあえず今月中にAmazonの1,000円のクーポンの期限が切れるから買っちゃうかなぁ・・・。

Advanced Lighting and Materials With Shaders
Kelly Dempski EMMANUEL VIALE

Wordware
2004-12-15
売り上げランキング 


Amazonで詳しく見るby G-Tools

2004.11.10

アンテナ

とりあえずi-knowで借りたアンテナを公開します(携帯電話からアクセスしてもちゃんと専用のページを用意してくれてるようです)。

あんまりヨソと被らないようにしたいと思います(逆に私個人の好みが中心ですけど)。とりあえず、捕捉対象は徐々に増えていくと思います(自分のRSSリーダで細く出来てる人とかはあんまり載らないかも。あと、見落としがちな海外とかもあるかも)。

masafumi's Antenna
http://i-know.jp/masafumi/

説明文がウザくてタイトルだけリスト表示したい方は下記。

リスト表示
http://i-know.jp/masafumi/listall

RSS
http://rss.i-know.jp/masafumi/

とりあえず今後は右のリストに常駐します。

RSS吐いてくるれるアンテナサービス

・・・というサービスを見つけました。

とりあえず、会員登録がわりと狭き門だったんですが頑張ってアカウント取りました。

一応、1回目は今日の0:00にチャレンジして失敗しましたが高速で登録するための色んな準備や時計の秒針を見たりして頑張りました。

I know
http://i-know.jp/

とりあえず設定がすんだら公開を始めます。

ちなみにRSS吐いてくれるのを探していたのは、RSS対応でないサイトでもRSSバーで更新を取得したかったから。

日に日に・・・

締め切りが近づいてヤバイ。

いつもながら楽はできんよなぁ。

感想

一つ前の記事で書いてる「Konfabulator」ですが、なかなか便利なんじゃないでしょうか(該当記事)。

まだ、先にアップしたスクリーンショットで入れてたものからblogのRSSから記事のタイトルだけ見れるやつしか追加してませんが、面白いWidgetがあれば追加してみようかと思います。

悪い点は、もうちょっと挙動が安定してくれるといいですね。Widgetの中には動かなかったり、安定しないものもあるんでねぇ。

気になるデスクトップアクセサリ

「Mac OS X」向けに「Konfabulator」というデスクトップアクセサリがあるのは知ってたのですが、そのWindows版が出たみたいです。

とりあえずライブドアコンピュータの下記の記事が詳しかったのですが、シェアウェアでもレジスト前に機能制限無しで使えるようなのでちょっと試しに入れてみようかと思います(良かったらレジストするかな)。

livedoorコンピュータの記事
http://computers.livedoor.com/series_detail?id=3997

Konfabulator
http://www.konfabulator.com/

Widget(Konfabulator上で動くアプレット)のダウンロードサイト
http://www.widgetgallery.com/

そんなわけで、入れてみました。

まだ、すべてのWidgetがWindowsで安定的に動かないようですが、なかなか便利そうです。天気のヤツは金沢があっさり表示できたのはうれしいですね。

konfab.jpg
クリックすると大きなサイズになります

一応、カレンダー、デジタル時計、天気、gmailチェック、Google検索、ToDo、ノートのバッテリー、CPUの利用率あたりを表示してみました。

最近のは知らんけど

3とか4とかは研究室にはあるけどあんまり読んでないんですけど、最近のはGemsはどうなんでしょうねぇ。

とりあえず昔と違って、別に洋書に抵抗は無いので久しぶりに買うかなぁ。

それでも、自分のやりたいことがよりグラフィックスの世界に特化してきてる(GPU Gems2とかShaderX3とかの方がストライクゾーンなのかも)から見送るのもありだけどね。

とりあえず目次くらいは探してみるかな。

Game Programming Gems 5 (Game Programming Gems)
Pallister

Charles River Media
2005-03-10
売り上げランキング 116,886


Amazonで詳しく見るby G-Tools

GPU Gemsのサンプル

NVIDIAの開発者向けのサイトでGPU Gemsの下記の記事のPDFが公開されました。

俺はGPU Gemsは持ってるんですが、デジタルデータだと印刷できるんで書き込みとかできるし、読みたいチャプターだけで本の重量がなくなるからねぇ。

・Preface
・Contributor Biographies
・Chapter 3: Skin in the Dawn Demo
・Chapter 14: Perspective Shadow Maps: Care and Feeding
・Chapter 28: Graphics Pipeline Performance

特筆すべきは、チャプター14かな?

参照元
http://developer.nvidia.com/object/gpu_gems_samples.html

ちなみにNVIDIAのサイトでは開発者向けのアンケートもやってるようですね。GeForce 6800GTが当たるかもしれませんが、比較的真面目なアンケートかつ英語で記入(まぁ、当然と言えば当然ですが)が必要。

毎週水曜は

先生と研究進捗の打ち合わせ。

午前中にやるので、朝が早くなるのがつらいところ。

div

やっぱりTopページでdivタグを使って作るのはやめよう。

ブラウザで見栄えが違い過ぎるし(特にPDA用のIEとかヤバイ)。

1~2日中に変えると思います。

考えるヒト 視聴後感想

いや~、第1回(石川県では本日スタート)見ましたがなかなか面白いですね。

この枠の番組ではもったいないですね。

それにしても石川は関東から放送が遅れてるから、公募の締め切りが過ぎてるのが残念だよなぁ。

ダウンタウンの新番組

お、なんかN-18のあとからダウンタウンの新番組が始まるんですか。

考えるヒト~公募の錬金術~
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/kanhito/

2004.11.09

ゼミ

そういえば、今日は研究室のゼミでした。

とりあえず次に自分に周ってくるのは12月(たぶん、論文の件で調整していただいてるんでしょうね)なんですが、次回はなんだかんだ『Geometry Images』になりました。

まぁ、著者のやり方とは違いますが今の頂点テクスチャならリアルタイムで使える手ですよね。

頂点座標をテクスチャに格納するってことは、ミップマップなどを使うことでディテールを保ったまま頂点数の削減ができる(著者もこの辺はこの手法の優位性としてあげている)ので、うまくやればプログレッシブメッシュの様なことができるわけですね。

それにしてもPROGRAMMING VERTEX and PIXEL SHADSERSのチャプター27のサンプルはもうちょっと凹凸のある形状にすればいいのにね。平面ポリゴンだとありがたさが分からんしねぇ(最初、文章を読まずにサンプルだけ見たら何やってるか分からんかった)。

とりあえず、今晩中に『Geometry Images』を作成するプログラムと復元するソースを終わらせないと。とりあえずピクセルシェーダが必要ないので、シェーダモデル3.0でも自分のノート(VGA: GeForce FX Go 5200)で開発が出来ます。

FireFox対応

とりあえず、Masafumi's LABORATORYのTopページがFireFoxで凄いことになってたので修正しました。

divタグのレイヤーを重ねちゃいかんわけね。

これからもある程度は配慮したいんですが、残念ながらFrontPageで作ってるとその辺の微調整が面倒なんでこういうことはまた起きるかも。

あと、Googleの検索は外しました。今時、検索ぐらい、みんなブラウザのツールバーとかでやってると思いますので。

ノート用

お、ついにGeForce Go 6800発表ですか、コレは流石に3.0kg以下のノートには載らないだろうな。

とりあえずGeForce Go 6200とか待ちでしょうかね

PC Watchの記事
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1109/nvidia.htm

キャスト

自分用のメモ。

C++のキャストって

・const_cast
・dynamic_cast
・reinterpret_cast
・static_cast

とあるわけね。

static_cast(MSDN)
http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/default.asp?url=/japan/msdn/library/ja/jpdndeepc/htm/deep05182000.asp

reinterpret_cast(MSDN)
http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/default.asp?url=/japan/msdn/library/ja/jpdndeepc/htm/deep06012000.asp

あと下記の記事も参考になりそう。
http://www.s34.co.jp/cpptechdoc/article/newcast/

頂点座標の出力

とりあえず、コレに関しては毎フレームピクセルシェーダでMRTで出力しないことにしました。

とりあえず、モデルデータの読み込み時にCPUで生成することにします。どうせトランスフォーム行列なんて何個でも送ろうと思えば遅れるので、毎フレーム出力するのは無駄だよね。

さて、あとは最後のとこだよな。

よくよく見たら

Programming Vertex and Pixel Shadersのサンプルで頂点データをテクスチャに格納する手順ってテクスチャをロックして作成してるな。

これをシェーダでやりたいんだが、ちょっとめんどそうだな。

あらかじめ頂点座標を埋め込んだテクスチャは事前に作成してからやるかなぁ・・・。

読まなきゃダメだわ

Programming Vertex and Pixel Shaders (Programming Series)のサンプルのシェーダを見る限りではどうやらやろうとしてること『Geometry Images』が同じっぽい。

とりあえず、論文は読んでおくかな。

David Xianfeng Gu 氏のページ
http://www.cise.ufl.edu/~gu/

David Xianfeng Gu, Geometry Images(PDF)
http://www.cise.ufl.edu/~gu/papers/gim.pdf

日本では1冊目の翻訳が熱いのかもしれないが・・・

GPU Gems2冊目。シェーダモデル3.0対応なら熱いかも。

GPU Gems 2 米Amazon(日本ではまだ予約できなかった)
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/0321335597/qid=1099968274/sr=1-6/ref=sr_1_6/103-0197842-5971053?v=glance&s=books

いつものようにアメリカのAmazonで手ごろな本を探していたら発見。

そのうちNVIDIAのサイトあたりで告知があると思います。

朝の時代劇

最近は、『八丁堀の七人』の再放送やってるんだけど、面白いじゃないか。

今まで、わりとスルーしてたのはもったいなかったな。

gmailの残念なところ

PocketLOOX v70 ( PocketPC2003SE )だとブラウザのバージョンで蹴られてログインできなかった。

まあ、でも複数ウィンドウ開けないブラウザどはきついかも。

NetFrontなら、なんとかなりそうだけどねぇ。

追加

とりあえず中学時代の友人である、(ペプシブルー)青い巨星 KO ボーイをmixiに招待しました。

一応、確かに関東で某大学の大学院生です(建築物の設計だったかな)。

なんか写真が、ペプシブルー箱買いしたときの記念写真ですね(該当記事。馬鹿です)。何本写ってるんでしょうかね?

ヤツのサイト
http://www.geocities.jp/ko_booowy/index.htm
ヤツのblog
http://www.doblog.com/weblog/myblog/8639

2004.11.08

頂点テクスチャ

結局、ディスプレースメントマッピングにしか使ってないのは、その可能性のわりに創意工夫がたらんよなぁ・・・(ま、他の利用方法は現在実験してる最中ですが)。

ところで、頂点テクスチャの例でよく出てくる、”頂点テクスチャを使ったボーン処理”っていうのについて誰か実現しててサンプルとかあるんですかねぇ?

個人的にクォータニオンなら4次元なので、1枚のテクスチャで1ピクセルで格納できますが、4×4行列の場合どうしましょうかね。

一応、GeForce 6800では頂点テクスチャの読み出しは4枚可能ですから行単位で4次元を1枚のテクスチャに格納して4枚で4×4行列(クォータニオン + 平行移動ベクトルで2枚のテクスチャでもいいのかも)は引き出して来れそうですね(※イメージとしては下記)。ただ、下記の様な使い方ではボーンは1本しか使えませんね(頂点テクスチャって使えるsamplerが4でテクスチャ命令自体は4つ以上呼んでも大丈夫でしたっけ?大丈夫なら行列を参照するテクスチャ座標を複数持って置けばいいわけですけどね)。

アニメーション時の行列の処理についてはピクセルシェーダで解いてMRTで4枚同時出力を行えば1パスで色々と出来そうですね。まぁ、すでにこの辺についてはGPUベンダーとか海外の誰かがデモとか論文とか書いてそうですね。

// 作成する行列
// Samplernは行ベクトルの入ったテクスチャ
float4x4 Matrix;
Matrix[0] = tex2Dlod(Sampler1, float4(tu, tv, 0, 1));
Matrix[1] = tex2Dlod(Sampler2, float4(tu, tv, 0, 1));
Matrix[2] = tex2Dlod(Sampler3, float4(tu, tv, 0, 1));
Matrix[3] = tex2Dlod(Sampler4, float4(tu, tv, 0, 1));

それにしてもなんか面白そうなネタは無いモンですかね(論文書き中にこんなこと言ってるのは現実逃避以外の何者でもない)。

せいぜい思いつくのは、1つの頂点バッファに複数のメッシュの頂点データを入れて1回のDrawIndexedPrimitiveで複数メッシュ描画ぐらいでしょうかね。

もうちょいと具体的に例を挙げると、2x2テクスチャに各ピクセル異なった回転×平行移動行列を事前にセットして(4枚のテクスチャで事前にピクセルシェーダかテクスチャロック(PCI-Expressならこれでもいいかも)で)。頂点バッファには事前に、100頂点×4を入れておいて、それぞれ

頂点バッファ 0頂点目~99頂点目 tu=0 tv=0
頂点バッファ 100頂点目~199頂点目 tu=1 tv=0
頂点バッファ 200頂点目~399頂点目 tu=0 tv=1
頂点バッファ 300頂点目~499頂点目 tu=1 tv=1

としておいて、頂点テクスチャで4枚のテクスチャから行列を取り出してビューとプロジェクションを乗算してあげてそれを頂点座標に乗算してトランスフォームすれば1回のDrawIndexedPrimitiveで複数の異なった行列でトランスフォームするモデルを描画できるよなぁ・・・。でも、あんまりありがたいことかどうか疑問ですね(パフォーマンステストしてないのでなんともいえませんが)。

だいたい、ジオメトリインスタンシング(頂点バッファに入れるデータ量がちょい違うが)みたいなもんだしねぇ。

まぁ、なんにせよこの辺の利用方法については、今回の論文後に実験でも始めますかねぇ。なんか新しい論文のネタに繋がればいいんですけどねぇ(まぁ、プリプロセスで何やるかによるでしょうが)。

ひっそりと

大学のサイトの方でNICOGRAPH秋の『ジャンピングインタラクションを用いたVR アプリケーション』の論文をアップしました。

まぁ、ようするに『㌧㌧』なんですが、基本的に直接的な開発はこのバージョンの場合していないんですが、プログラミングの指導とかベースとなるソースの提供とかで共同研究者ということみたいですね(ようするに指導教官が連名するようなものだと思ってください)。

私自身の関与度が高いわけではないので、自分とこに載せておくのもどうかと思いましたが、うちの研究室のサイトでは残念ながら過去に発表した論文のリストとかファイルを参照できない(でも、冷静に考えるとリストはともかく論文は個人サイトで公開されてるケースの方が多いよな)ので置いておくことにしました。

高橋 誠史の研究業績
http://www.jaist.ac.jp/~masa-t/publications.htm

英語で思考しろ!!

・・・というようなことが出来れば英語論文も楽勝なんですけどねぇ(わりと英語論文の場合、先生からそう言われちゃったりします)。

まぁ、日本語があいまいで抽象的なので翻訳の労力を考えると初めから英語で思考した方が早いとのことなんですが・・・(確かに、自分自身が日本語のいかにも抽象的で曖昧な書き方をするから余計労力が多い)。

英語でそのまま書けないのは、語彙力とか文法と言うよりは、日本語で書くよりも文章の全体を把握できないので書いてるそばから、直前に書いたことを忘れそうになることだよねぇ。

これを乗り越えんとなぁ。マスターコースで卒業までに最低1本は海外で発表(ここでは発表する場のグレードは問わないものとする)をするっていうのは入学前から立ててた目標だったもんなぁ(今の若い人たちを見てるとマスターでも遅いかもしれないし)。

仮にドクターを目指すなら、ドクターの時点で最低年間1本は出せないと、CGの世界じゃ認められないだろうし。

打ち合わせ11/08

無事に終了。

個人的には、マルチメディアコンテンツのデータベースと言うのは面白いですね。ActiveXコントロールのあるソフトウェアならそのまま見れるのも良いですね(WindowsMedia PlayerやQuicTimeとかOfficeとか)。

実装的にはうまくやってますね、と言う感じでした。データベースということは置いておいて、ActiveX + DXSasのビューワーに関して若干、こちらでも見せ方やシーングラフの管理方法のヒントになりました。

とりあえず、自分のプログラムからすでに登録されてるActiveXコントロールを呼び出す方法は学んでおくかな。できたらそれを1コントロール = 1テクスチャぐらいに描画できるといいんだけどね。

8GB

例えば、今持ってるCreativeのMuVo2をバラしてMicroDriveを取り出して新しいリナザウに挿せば、8GBのストレージを持ったPDAが誕生するわけね(注.実際にはフルで空き領域が使えるわけではないが)。

これだと正直なところWindows 2000ぐらい動かせないかねぇ。

執筆中

以前から何度も記事に書いてますが、英語論文を準備してますが相当ヤバイ。

マジで締め切りまで徹夜で作業するぐらいの気持ちが無いとやり遂げられん。

とりあえずデモムービーとかは仕込まなくてよいので、とにかく理論を固めて記述だけは終わらせないと・・・。

他の予定は全キャンセルにしないと・・・。

これを出すことが出来て、ようやく研究者としてはマイナーリーグの3Aの新人選手ぐらいの立場になれるかな?

1名追加

とりあえずマイミクシィに1名追加。

大学の時のサークル、ゼミの先輩。今は某ゲーム会社勤務。

うちのOBでゲーム会社行った人はわりと多いけど、特にS○Eでやった人は多いよなぁ(今回追加した人は、今は違うけど)。

学部時代の知り合いでは初の登録かな?

これで招待してくれた友人を抜いたかと思いきや、なんか増えてていまだに同じ人数だな。

それと、mixiの日記はココログをリンクするんではなくてあちらの日記を使うことにします。2つ管理するのは面倒と言えば面倒ですが、あちらとはかぶらない内容で差別化していきたいと思います。

打ち合わせ

今日も打ち合わせ。

今日のはいつもとちがって、九州の方のデータベースなんかを扱ってる企業の方とお話をするのでちょっと興味深い内容になるかも。

はじめて来た

10月31日の記事でgmailに招待されたことは書きました(該当記事)が、今日ログインしたらなんか自分にも人を招待する権利のリンクが出てました。

とりあえず6人分ですが、今回のは身近な人に配って終わりです。すでにmixiに招待してくれた友人にはお礼に1アカウント使っちゃいましたし、別でも1アカウント招待出したのであと4つ。とりあえず残りも適当に消費することになると思います(そんなわけで、今回の分はここでは特にアカウントを配ったりしないのでコメントとかで招待希望とかは書き込まないでね。)。

メールフォームの整理をしてたら

そういえば、ちょっと前からMasafumi's LABORATORY をおいているCOOL OnlineのサーバでSendMailの利用ができるようになっていた()んで、昔置いていたメールフォームCGIを復活させるための作業をしておりました。

そこで、メールのログ(そのCGIでは、フォームに入力した内容を実際に指定したアドレスにメールを転送してくれるんですが、ログもサーバに残してくれる)を見ていたら自分でも忘れているようなメールがありました。

ごくごくたまに、うちの大学の入学相談みたいなメールが来るんですが、そういメールのログが残っておりました。よく見たらその差出人が今のM1の学生じゃないですか・・・。いや~、適当に答えてるから記憶から消えてました(あと、相談内容が非常に記憶に残らない内容)。それにしてもヒドイなぁ・・・。

本人も忘れてそうなので、あとでこの文章見せてみようかなぁ。

正確にはかなり前には出来たんですが、一時期サービスが停止されていた。

2004.11.07

分離化

ココログは@niftyの会員であれば無料で使えるんですが、さらに追加料金を増やすことで色々と無料版にはない機能が使えます(容量追加とか。すでに無料で使える容量の2倍以上使ってる)。

その追加機能の一つとして、【1アカウントで複数のココログを開くことができる】というのがあります。

冷静に考えるとプログラミングの話題なんかは独立したココログでやる方が読む人にはいいのかも。

プライベートのネタって別にネットに公開している時点で、誰に見られても構わないんですが1日に投稿する記事数が多い上に2行とかで終わる記事が多い(このことはわりとリアルの友人にも指摘されるが)ので、ちょっとどうにかしないといかんのかも。

ま、ちょっと検討事項として頭に入れておくかな。

失敗

今晩の夕飯は全面的に失敗だったなぁ・・・。

アレだったら自分で煮物にした方がよかったな。

とりあえず、今は野菜がそこそこ在庫があるので、明日は鶏肉でも買ってきて煮物にするかな(カレーやシチューばかりでは芸が無いので)。

リナザウにしようかどうしようか・・・

livedoorコンピュータで4GBのHDDを搭載したLinux Zaurusのレビューがありました。

livedoorコンピュータ の記事
http://computers.livedoor.com/series_detail?id=3704

写真で色んな角度からレビューしてあって、購入前に参考になったのでありがたいです。

とある事情で実家で購入(利用者は未定。ただし、自分で使う場合にはv 70は家族の他の誰かに引き継がないといけない)することになってるんですが、自分で使うかどうかが悩み中です。今使ってるPocketLOOX v70自体気に入ってますからねぇ。そもそも、今までPDAで大量のストレージを必要とされたことが無かったんでねぇ(一応、v70にはSD 256MBを挿してありますが)。

個人的にいくつかのポイントとしては下記の様なことがある。

・自宅や実家は無線LAN化されてるので無線LANは内蔵の方がいい。リナザウでは、CFのやつを使えばいいけど、いちいち@nifty MobileP(簡単に言えば、@nifty版AirH"。俺の場合、今の@niftyのプランに + 5,800円で128K繋ぎ放題になる。圧縮通信サービスが無いけど、本家の128K繋ぎ放題より安いんで)のカードを抜き差しするのがめんどい。
・Picsel BrowserでどのくらいPDFが読みやすいか?PocketPC版は、VGA化されていないのですがリナザウだとその辺が見やすいよとねぇ。
・辞書の使いやすさ(わりと英和と和英には期待してる)。
・見れる動画のフォーマットの柔軟性(PocketPCの方が多彩なフォーマットが使える)。

基本的に通信をメインで考えてる(今のノートPCがデカイからこそPDAが必要なんですよねぇ)んで、無線LANの問題だよなぁ。例えば、AirH"で無線LANカードも一体になったヤツがあれば@nifty MobilePを解約してそっちを買うんだが・・・。@Freedにはそういうカードがあって、プランも悪くないんだけど移動に弱いからなぁ・・・。

動画に関しては、HDD + DVDレコーダ(SHARPのDV-HR450。なんでSHARPばっかりなのかは聞かないでください。その辺がだったりしますが)を購入予定なんでうまく活用したい気持ちもあるんですが・・・。

オンエア

そういえば、8月に『なんでも鑑定団』の出張鑑定が鶴来で行われたんですが、オンエアは今日でしたか。

はじめの鶴来町の紹介とか見ると加賀獅子で有名でしたか。

静か古い建物も残るいい町ですが、こうやってみると違いますねぇ。

ところで、鑑定団の裏でバリバリバリューとかやってるんですが、紳介出まくりですねぇ。

新日

テレビで新日見てて、最近のアメプロ風味に辟易する。

なんかねぇ・・・。

2004.11.06

足あと

mixiって自分のところに来た他の人が【足あと】で分かるわけですが、わりと面白い人が遊びに来てくれたりするなぁ・・・。

うちの研究室では、わりと地道にユーザーが増えてるよなぁ。ボスを初めとして・・・。

寝すぎて

頭が痛い。

ミッチー

俺の地元の仲間内では意外とミッチー(及川光博)の評価は悪くない。

そんなわけで、『ミステリー民俗学者八雲樹』の第4回を視聴(ちなみに石川では11:15から探偵ナイトスクープなんで00:15から)。

ミステリーとしては微妙なんだけど、ミッチーはハマってるよなぁ…。それにしても前回驚いたのが、『蒼井そら』をテレビで見るとは思わんかったよなぁ。でも、この枠って、高橋克典の『特命係長・只野仁』とか考えるとそういう枠なんでしょうなぁ。

ミステリー民俗学者八雲樹
http://www.tv-asahi.co.jp/yakumo/02_story/index.html

2004.11.05

Dxsas組みなおし

とりあえずActiveXとは切り離した形でDxsasの管理用のクラスライブラリを作ろうかと考えてます。

ActiveX上での実装だとデバッギングが面倒なのと、今まで作ってたクラスの設計を改める意味で1から作り直しです。

まぁ、正直なところスクリプト実行エンジン以外は単なる地道な作業なんで、そこさえなんとかすれば・・・。

最近遊んでないので

最近あまりゲームで遊んでないので何か手を出したいのだけど、石川の家ではGCしか持ってきてないので、自然とGCかPCゲーム、iアプリ(現在は、Zガンダムとメガテンをやってるが)しか選択肢がありません。

前々から、『ザ・シムズ2』で遊ぼうかどうしようか悩んでるんですがレビューだと安定しないことばっか書いてあってねぇ…。

かと言って、来月発売の『シングルズ 日本語版』だと昔のことを思い出して激しく鬱になりそうで…。

『 シングルズ 日本語版 』forGamerの記事
http://www.4gamer.net/DataContents/game/1315.html

ザ・シムズ2

エレクトロニック・アーツ
2004-09-16
売り上げランキング 308

おすすめ平均 
すばらしい!
ゾクっとくるリアルさが・・・
お、おもしろい、そして、お、おもい・・・

Amazonで詳しく見るby G-Tools

新札

郵便局に電話料金を支払いに行ったんですが、おつりがさっそく野口英世の新札でした。

さすがに郵便局だと出回ってるんだな。

しかし、これってまだ大学の自販機は無理だろうなぁ。

作文

今日は論文と向き合う日にします。

でないとヤバイ。

最近は予定が詰りすぎて崖っぷちです。

携帯用閲覧ページ

とりあえずこのblogを携帯から閲覧できるページの表示がおかしかったので修正しました。

http://202.222.30.11/coco/m/m.cgi?u=masafumi.cocolog-nifty.com/masafumis_diary/

一応、本サイトの携帯用URL
http://masafumi-t.cool.ne.jp/i/index.html

あと、上のタイトルのデザインをシンプルにしました。

2004.11.04

レイアウト変更

とりあえず、このblogの左右の項目のレイアウトを変更しました。

ココログでもAmazonのアフィリエイトと連携できる機能(詳しくはココ)が付いたので、【蔵書】というリストを作りました。

5件表示できるようにしてるので、とりあえず新しく本を買うごとにその本を表示していきます。

ハニベの院主が逮捕?

石川県に「ハニベ岩窟院」という怪しいスポットがあるんですが、こんなことに…。

ニッカンの記事
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-041104-0015.html

参考 ハニベを知らない人へ
http://www.chowchow.gr.jp/inova/hanibe/
http://www.sagisou.sakura.ne.jp/~arakawas/backn008/hanibega/hanibeg1.html

参考 ハニベで供養を頼む場合
http://www.hanibe.com/mizuko.html

そろそろ

NVIDIAのサンプルではDXSASのスクリプトをどうやって解釈して実行してるのかソースを解読し始めるかな。

続・”Programming Vertex and Pixel Shaders”のサンプルをビルドするための準備

もう1個動かし方が分からないという指摘があったのでメモ(以前のメモ)。

先の記事でビルドは成功したけど、実行時にダイアログが出て落ちる場合。

もしかしたらそれはDXUTのGUI用のテクスチャを読めてないのではないかと思います。なので、プロジェクトのあるフォルダに【Media】というフォルダを作り、そこにDirectX の Sample Frameworkに付属する【UI】フォルダを丸ごとうつせばOK。

CD-ROMには空き容量が100MBぐらいあるんだからこんな面倒なことしないで済むようにしてくれてもいいのにねぇ。

とりあえずCD-ROMのフォルダ構成のままHDDにコピーして各プロジェクトのフォルダにUIのテクスチャの入った【Media】→【UI】フォルダを作るのが手っ取り早いのかねぇ。

東芝のPCのメモリ交換

なんかもう交換用のモジュール届いたんだけど。

対応が早いのはいいことですね。

新Topページ

とりあえず既存のデザインを壊さない方法で、Masafumi's LABORATORYを新Topページに切り替えました。

背景色とかはそのままですが、とりあえずメニューを大幅に削りました(これが一番やりたかったことですが)。

divを使いまくってるのでIE以外では激しく崩れるかも。

なので、デザインはさらに変更するかも。

GPU Jackpot 2004

spinにラスベガスで行われたNVIDIAのGPU Jackpot 2004のスライドが公開されてました。

http://developer.nvidia.com/object/gpu_jackpot_2004_presentations.html

まだ、ほとんど読めてませんが、”Shadow Mapping Techniques”のスライドが面白いかもしれません。

提出できたら

今の論文が堤出できたら2~3日関東に戻ってみるかなあ。

このあたりに帰らないと年末まで帰れないだろうね。

まぁなんにせよ論文提出してからなら気分よく帰れるというもの。

2004.11.03

晩飯11/03

とりあえず、今晩の晩飯。

ご飯、麻婆豆腐、もやしスープ、キムチと結構、赤辛いものが集まったな。

ss1103.jpg

麻婆豆腐は、出来合いの調味料を使いましたが、辛くするために豆板醤をちょっと追加。

ss1103b.jpg

もやしスープは、もやしを煮込んで(煮込む時は蓋した方がいいみたいですね)、ごま油、塩コショウとコチュジャンを入れました。

それにしても料理の腕はもっと上げたいなぁ…。

審査結果

IVRC 2004の審査結果が出てますね。

http://ivrc.net/2004/judge/4th.html

うちのM1達が写真撮影する時に一緒に写ったのはいいとして、別なところでも大きく写っちゃってるなぁ…(しかもあの日はどうしても微妙な寝癖が直せなくてそれまで・・・)。

実験

とりあえず以下の実験を明日中に終わらせる。

・テクスチャに頂点座標を出力
・出力したテクスチャを頂点シェーダで読み出して再マッピングして復元

コレができれば、とりあえず頂点座標を出力できたことになる。

とりあえず、今の段階では頂点座標をいかに2Dにマッピングしなおすところで色々と試行中。

”Programming Vertex and Pixel Shaders”のサンプルをビルドするための準備

研究室の友人から"Programming Vertex and Pixel Shaders "のサンプルをビルドするにはVisual Studioのプロジェクトの設定をどうしたらいいのかという質問があったのでメモ用としてここに書いておきます。

いわゆる各プロジェクトで共通のソースはCD-ROMでは【Framework】というフォルダに収められています。通常は、各サンプルはそのままビルドするとこの中のソースが無いのでエラーがでます。

コレに関しては、392ページのVisual C++.NET Settingsにズバリ解決策が書いてあります。

まず、【Framework】というフォルダをハードディスクの好きなところにコピーします。

とりあえずプロジェクトのプロパティを開きます。【C/C++】の【全般】を見ます。そこに【追加のインクルードディレクトリ】に先ほどコピーした【Framework】のパスを記述して終わりです。これでサンプルがビルドできます(下の画像を参考のために貼っておきます)。

vpp.jpg
クリックすると大きなサイズになります

サンプルによっては、CD-ROMの【Media】フォルダの中のリソースを使うこともありますが、それは適宜参照するべき場所においておきましょう。

IVRCの記事

SlashGamesに先週行われたIVRC2004の記事が出てました。

SlashGamesの記事
http://www.rbbtoday.com/column/gameint/20041101/

うちのM1達の『トントン』(本当は”㌧”なんですが、文字化けとかあるので)は各務ヶ原市長賞を頂きました。これは、東京予選大会の4位から順位を1つあげたので「おめでとう」と言ってもいいところでしょう。

そういえば、記事での全体集合写真ではかなりひっそりとだけど写っちゃってるなぁ…(いつもの縁でボランティアスタッフをやっていたので)。

ふと思ったこと

fp32の4チャンネルのテクスチャに頂点座標を格納しておいて、ロックしてSetStreamSouceに頂点座標として流せば普通にテクスチャにRender To Vertexbufferしたものを使えるよなぁ。

GeForce 6800からテクスチャの2の累乗しばりがなくなってるから必ずしも2の累乗×2の累乗の頂点数でなくても済むし。

ただ、これだとロックの段階でGPUとCPUでバス上でデータのやり取りが発生するので頻繁に呼ぶには遅いだろうなぁ。これをCPUに戻さずできるアーキテクチャになればねぇ(それでもPCI-Express x16ならたいした問題ではないのかも)。

まぁ、現状は頂点テクスチャでしょうねぇ。

肌色認識

HSV表色系による肌色認識に関して参考になるのが下記のページ。

Skin Colour Analysis
http://homepages.inf.ed.ac.uk/rbf/CVonline/LOCAL_COPIES/GONG1/cvOnline-skinColourAnalysis.html

統計的にHが6~38でだいたい絞り込みできるみたい。あとは、照明条件でカメラもしくは閾値を調整すればね。

CVの人からするとわりとよく知られた話みたいですが、そうでない人はあまり知らないみたいですね。

遅ればせながら

とりあえず家に食材の備蓄が少ないことに気付き買い物に行ってきた。やっともやしだけは通常の価格に近づいてたので購入。この前、友人が作ったもやしスープでも作ってみようかと。

大学には、ちょっと予定より遅くなりましたが到着。さて、一仕事しないとな。

あと、予告どおり大学のサイトのresearchコーナーにSIG-GT2の時のデモを置きました。DirectX Programming Tipsのように細かいソースの解説はめんどうなんでやりませんが、興味のある方はどうぞ。肌色認識シェーダは当時よりも格段に精度が上がってるはずです(USB CCDカメラでも蛍光灯下なら微細な調整でいけるはず)。

実行ファイルは添付してるんで、あとはUSB CCDカメラやDVカメラ、キャプチャボードなどDirectShow対応デバイスを接続してどうぞ。

高橋 誠史の研究のページ
http://www.jaist.ac.jp/~masa-t/reserch.htm

ちなみに肌色認識シェーダに関しては、publicationsでNICOGRAPHの論文なんかでちょこっと書いてます(当時のレギュレーションがA4で2枚なんでたいしてかけませんでしたが、閾値すら書くスペース無かったし)。

高橋 誠史の研究業績
http://www.jaist.ac.jp/~masa-t/publications.htm

ちなみにもしもページ数があれば、なぜL*a*bを採用した(と、いうか一般に知られるHSVの手法が何故ダメか)とかそういうところも書いておきたかったけど、もうだいぶ時間も経っちゃってるのでもういいです。そして、GPUだからこそL*a*bの変換コストが高くてもリアルタイムで使えたのだというのも強調したかったとこですね。

昼飯食ったら

昼飯食ったら大学に行ってきます。

今日は、頂点データをテクスチャに出力するところは実験しておかないと。

なんかムカツクなぁ

なんか登録もしないメーリングリストから登録確認のメールが来た。

誰かのいたずらで登録されたのか、それとも無理やり登録されたのか?

とりあえず、配信停止の手続きをしたいところですが、怪しいので様子を見ます。

こういう場合は、どこに通報するのがいいのかねぇ。

追記
とりあえず、同じような話がGoogleでも拾えたので、とりあえず確信犯っぽいですね。さて、登録もしないメーリングリストに勝手に登録されるのは実質的には未承諾広告と同じ扱いでいいんでしょうかねぇ。

とりあえず配信停止のフォームでは適当にでっち上げた存在しないと思われるメールアドレスを入れてみたら「登録されていない」と出たのでちゃんと機能してるのかな?

ちゃんとしたディスプレースメントマッピング

法線の算出法は『開発の鉄人』のスライドでもあったけど、UVも視線に合わせてずらすわけねぇ。

まぁ、それは今日のうちにでもテストしてみるかな。

"Programming Vertex and Pixel Shaders "読んでるとやっぱり『Displacement Mapping』はRobert L. Cookの"Shade Tree"(SIGGRAPH '84)が原典なわけね(一応、うちの大学内ではACMの論文見放題なんで、PDFで持ってるんですがこの頃は、紙からスキャナーで取り込んだらしくテキストが画像なんでちょっと扱いにくい)。

2004.11.02

リアルの知り合い

mixiってコミュニティ当たってみると案外とリアル知人を発見したりするんですよねぇ。

中学時代の同級生(まぁ、ヤツは2001年の夏に検見川無線局を攻める時にビビッてバックれたので友人間で指名手配なんだが)とか大学の先輩とか。

ちなみに検見川無線局には夜中に肝試しを目的に友人6人で行ってきました。

休日出勤

明日は文化の日でも作業を進めないとなぁ・・・。

手法に名前がつく

"Programming Vertex and Pixel Shaders "の"Faked High Dynamic range Lighting"のトピックを読んでたら、WRECKLESS : The Yakuza Missions(日本でのタイトルではDOUBLE-S.T.E.A.L)の話が出てました。

"Kawase's bloom fileter"とか"Kawase filter"と、かなり川瀬さんがとりあげられてますねぇ。

安定化

研究室で使ってるメインマシンのGeForce 6800 Ultaraがβ版のForceware 70.41でちょっと安定したかも(まだ、たまにOSがリブートする)。

日本語版

お、GPU Gemsの日本語版が出るんですか。

まぁ、原著の方があるから買わないと思いますが。

サンプルはOpenGLの方が多い(シェーダはCg)です。

スペックでの要求が厳しいゲーム制作というよりは、CGの品質を重要視するコンテンツを開発をされてる方にはいい本じゃないでしょうか?あと、研究者。

ボーンデジタルのページ
http://www.borndigital.co.jp/book/

リナザウ

最近、微妙に4GB HDD搭載のリナザウが気にかかる。

ここ2年PocketPCで通してきたのにねぇ(その前にはPalmを使っていた)。

まぁ、とりあえず10日過ぎには何かが起きてるんじゃないかと。

PocketPCにiTunesから音楽を転送するソフト

iTunesから音楽を転送するソフトの記事がITmediaにありました。

ITmediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0411/02/news016.html

俺はMuVo2で音楽を聴くので、PocketLOOX使っててもPocketPCでは聴かんからなぁ。

WMP10の転送機能は、WMP9よりやりやすくなったから日常的にPCで聴くプレーヤーをあっちにすればねぇ。

2004.11.01

衝突判定

わりと頭の中では足がかりがつかめた感じです。漠然とだけど。

ちょっとまだ穴があるんですが、そこさえ解決すれば。

dynabook V9の不具合の続報

Yahoo!ニュースにも記事がありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041101-00000072-mai-soci

なるほど休止状態に復帰できないことがあるわけね。確かに、そういうことが何度かあったな。

ファミコンソフトの早解きムービー

ネット上にはファミコンソフトの早解きムービーと言うのが結構転がっています。

例えば、マリオ3を11分クリア(今はもっと早いのがあるらしい)とか。

以前、その話を研究室の友人と話していたら、

「それ、学部時代の俺の友達だよ」

って意外な答えが返ってきました。今は、なんかその張本人はmixiで友達の友達ぐらいの位置に居たりします。

それにしてもアレをどうやって撮影するかのタネを聞いたらちょい脱力しました。11分でクリアする動画をとるためにその数百倍以上の時間がいるわけね。ま、どういうタネかは夢を壊さないようにここでは黙ってる事にします。

落し物

今回のIVRCでは2つも落し物をしてきた。

幸い、両方とも拾われてこちらに発送してもらうことになったんだけど迂闊でした(拾っていただいた方は、ありがとうございます)。落としたのは名刺入れと電子辞書。拾ってくれた方々はそれぞれ別の人なんですが、なぜか偶然、両方とも東工大にあります。

SIG-GT2のデモプログラム

IVRCの会期中に何人かにデモすることがあったんですが、あれは自分で死蔵せずに公開することにします。

なので、近いうちにソースとバイナリを大学のreserchコーナーに置いておきます。DirectX Programming Tipsと違い詳細な解説はしませんが、興味があれば落としてみてください。

カメラを用いたGPUでの動画像処理のデモとして参考になればいいですけど。

ちなみに、収録してるシェーダは、

・肌色認識(これはSIG-GT2当時のものよりもだいぶ精度が上がった改良版。福井での展示相当)
・ラプラシアンフィルタ
・平均化フィルタ
・赤色認識(要カメラの調整)
・黄色認識(要カメラの調整)
・背景差分

デモのソフトウェア自体のマニュアルを書いたら公開します。

その間に、エフェクトは追加するかもしれません。

情報処理学会の新しい研究会

IGDAに下記の記事がありました。

情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会(EC)の発足
http://www.igda.jp/modules/news/article.php?storyid=301

前々からこの研究会の発足自体は噂に聞いてましたが承認されたようですね。一応、現段階で情報処理学会の会員ですし、学生は1つめの研究会は会費が1,000円だったはずなので参加するかもなぁ・・・(星野先生も会ったことあるし)。

Type XでHalf-Life2が・・・

下記のメディアでタイトーのアーケード基盤「Type X」で「Half-Life2」のアーケード版が出ることが取り上げられています。

GAME Watchの記事
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20041101/hl2.htm

Slash Gameの記事
http://www.rbbtoday.com/news/20041101/19385.html

それにしても「Type X」はX-BOXよりも開発がしやすそうですね。あと、将来はX-BOX2へ移植がしやすいといいんでしょうけど、ネットワークでの対戦がもっと活発に行われているだろうと思われる時代にゲーセンはどうなってるんだろうね。

dynabook V9 メモリモジュール不良

なんか東芝のノートPCでメモリモジュールに不良が出てたらしい。

PC Watchの記事
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1101/toshiba.htm

とりあえずdynabook V9が対象製品だったので東芝の対象モジュールかチェックするプログラムを入れて動かしてみる。

memory.jpg

ガーン、見事に対象製品じゃないですか・・・。

とりあえず交換モジュールを送ってくれるらしい。

”Programming Vertex and Pixel Shaders ”初見

Programming Vertex and Pixel Shaders ”ですが、さきほど届きました。

vsps.jpg

本の簡単な紹介、

1.Introduction
ここでは、Direct3Dのシェーダプログラミングの準備としてVisual Studio.NETやDirectX SDKのインストールやセッティングが書かれてます。あとは、シェーダデバッグやら開発の推奨環境とか(XP Homeがdebug runtimeをサポートしないのは初めて知った…)。

・Direct3D Pipeline
ここではパイプラインの仕組みについてかかれてますね。カリングのタイミングとかトライアングルセットアップとかちゃんとかかれてますね。新しいだけにすでにX800やGeForce 6800に触れられてますね。

・HLSL Shader Programming
この章では、実際にHLSLを利用する上でのDirect3D側のVertex Declarationとか、ジオメトリインスタンシングでもおなじみのVertex Stream Frequencyについても図解で説明があります。

ピクセルシェーダについてもCENTROIDとかの新しい話題が書いてありますね。

あと、主要なカードのシェーダバージョンの一覧(ParheliaやWildcat VP10もある!!)

この章の後半でHLSLそのものに触れられています。

あと、DXSAS(DirectX Standard Semantics and Annotations)についてもちゃんと触れられています。スクリプトもちゃんと説明されてますし。FX Composer 1.5の話題なんかもあるようですね。

2.Lighting Algorithms
ここでは、非常にベーシックなライティングからについてのサンプルがあります。

まずはベーシックな手法のアンビエント、ディフューズ、スペキュラー(Phongまで)の実装と理論が紹介されています。

続いて、バンプマップ、パララックスマッピング、セルフシャドウと続きます。

そのあとで、光源(ポイントライトとかスポットライトとか)の話になって。

最後が半球ライティングとなってます。

3.Advanced Reflectance Algorithms
ここではより発展的な反射のアルゴリズムが解説されています。

・Cook-Torrance Reflection
・Oren-Nayar Reflaction
・Ward Reflection Model
・Ashikhmin-Shirley Reflection Model

となってます。

4.Environment Cube Mapping
ここでは、キューブマップの構築の話から、キューブ環境マップ、HDRキューブ環境マップが解説されています。

5.High Dynamic Range Lighting
ここでは、まずは露出の話から、各チャンネル8bitでの比較的古いハードウェア(PS1.x)でも動く擬似的なHDRの手法、ちゃんとしたHDRライティングと続きます。

最後にはより発展的なトーンマッピング手法の解説で締められています。

6.Projective Texture Mapping
ここは1章で1トピックですが、射影テクスチャマッピングの話ですね。

余談ですが、ここでのサンプルのテクスチャがShaderXですねぇ。

7.Shadows
2章ではライティングと”陰”の話がありますが、こちらでは”影”を扱っています。ここではよく知られてる、Shadow Mapping と Volume Shadowの2つのトピックが紹介されています。

8.Vertex Texture
この章の存在は意外でした(本ではアセンブラではなく、HLSLで書かれてる。サンプルは両方ある)。とりあえずディスプレースメントマッピング(私のTips + 法線の算出がちゃんと書いてありますね)と"Geometry Image"の2つのトピックがあります。

"Geometry Image"はちょっと不勉強で知らなかったんで元の論文のあるページをリンクして置きます(下記からお探しください)。それにしてもHugues Hoppe氏も共同研究者のようですが、リアルタイムのジオメトリ処理については氏の功績は大きいですよねぇ…。

David Xianfeng Gu
http://www.cise.ufl.edu/~gu/

9.Shaders as Part of Graphics Engine
ここが最終章ですが、ここではゲームエンジンへのプログラマブルシェーダの組み込みの話が解説されています。

Afterword
ここでは、章には加わってませんが補足的なトピックが2つあります。1つは付属のCD-ROMのための章なので割愛します。

・Appendix A vs_3_0/ps_3_0 Assembly
ここではシェーダモデル3.0の利用について解説されています。買う前の予想と違ったのが、別にアセンブラで解説がされてるのではなく、HLSLについてもちゃんとか書かれています。

・総評
予想以上のボリュームの本でした。個人的には、結構”当たり”の本ですね。とりあえずDirectX 9.0 Update Summer 2004で加わった新要素もちゃんと書かれてるのがいいですね。なので、本当の意味で現時点での”最新”(大抵は”最新”なんて書くと書いた時点で最新でも発売された時点では陳腐化している)を知るには良い書籍だと思います。★★★★★かな?英語を苦にしなくて和書が物足りなければどうぞ。

Programming Vertex and Pixel Shaders (Programming Series)
Wolfgang Engel

Charles River Media
2004-09-30
売り上げランキング 55,353


Amazonで詳しく見るby G-Tools

Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse

注文していたノートPC向けのマウスが届きました。

一応、下記が以前から使っているCLK-C51BL(青)(このマウスについては研究室のデスクトップで使うことにします)とのサイズ比較。

optmouse.jpg

サイズ以外の感想は下記、

・電池が単3電池1本なんで圧倒的に『Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse』の方が軽い。
・クリック感、ホイールの感触はCLK-C51BL(青)の方が好み
・手の大きい人は疲れるかも

ちなみにこの辺は、まだ調べてません。

・光学センサについてはまだ、比較してない
・電池の持ち

ちなみにここで画像はありませんが、初回に付属するケース(ポーチ)も付いてました。これはサイズ的にちょうどいいのでありがたいですね。

Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse マイカブラック

おすすめ平均 
持ち運びに便利

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse マイカブルー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

結果

そういえば、うちのM1達のIVRCの結果を書いてませんでした。

ただ、今週の初めには公式ページでプレスリリースが出るのでそれまで待つことにします。

一応、ちゃんと表彰されるところまでは行きました。

オリンピックならメダルがもらえて表彰式に乗れる順位内には入ってるので、おめでとうと言っていい順位ではないでしょうか?

11月スタート

今日から11月です。

今年もあと、2ヶ月です。

中旬までは論文に集中しないと。

今日は、Amazonから届くはずの本(簡単なレビューはあとでやります)とマウスを受け取ったら大学に行くかな。

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »