フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« うっかり | トップページ | ちょっと欲しいんだけどねぇ »

2004.12.02

『Advanced Lighting and Materials With Shaders』初見感想

とりあえず見たところサンプルはBRDFとSHの比重が重いようですね(反射モデルについてはHLSLのファイルが付いてますが)。

ライティングモデルや反射モデル、レイトレーシング、リアルタイムラジオシティについてはサンプルと言うよりは本文の方での理論や記述を元に実装してみてくれってことなんでしょうね。

APIに依存した実装よりも理論的な部分や数式的な解説を読みたいって人にはいいんでしょうね(もちろんシェーダコード自体を取り上げて解説もしてますが)。

基本的には大半の話題はDirectX + HLSLですが、ところどころでOpenGLの話もあります(SHのとことかReal-Time Radiosityとか)。

目次
1. The Phisics of Lighting
2. Modeling Real-World Lights
3. Raytracing and Related Techniques
4. Objects and Materials
5. Lighting and Reflectance Models
6. Implementing Lights in Shaders
7. Implementing BRDFs in Shaders
8. Spherical Harmonic Lighting
9. Spherical Harmonics in DirectX
10. Toward Real-Time Radiosity

Appendix
A. Building the Source Code
B. Simple Raytracer Implementation
C. The Lighting and Shading Frameworks

Advanced Lighting and Materials With Shaders
Kelly Dempski EMMANUEL VIALE

Wordware
2004-11-30
売り上げランキング 40,500


Amazonで詳しく見るby G-Tools

« うっかり | トップページ | ちょっと欲しいんだけどねぇ »

Amazon」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/2132314

この記事へのトラックバック一覧です: 『Advanced Lighting and Materials With Shaders』初見感想:

« うっかり | トップページ | ちょっと欲しいんだけどねぇ »