« 新サイトの公開日 | トップページ | DirectXの各コンポーネントの行く先 »

2004.12.17

ATLのスマートポインタ

DirectShowのサンプルを作った時に失敗したのがやたらとスマートポインタを多用しすぎたこと。

そのために、あのサンプルってSampleFrameworkと組み合わせで終了時にエラーのダイアログが出ちゃうんですよね。

とりあえず原因はメンバとして持ってきてるIDirect3DDevice9*やIDirect3DTexture9*なんですが、あれって結局外のインターフェイスを持ってきたりしちゃうので、クラスのdelete時に破棄してしまうことでコピーの方の解放時に起こられるんですよねぇ。

とりあえず、クラスのメンバでインターフェイスをスマートポインタ化する時って、その内部でしか完全に利用しないものだけをスマートポインタ化しないといけないんですねぇ。

« 新サイトの公開日 | トップページ | DirectXの各コンポーネントの行く先 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ATLのスマートポインタ:

« 新サイトの公開日 | トップページ | DirectXの各コンポーネントの行く先 »