フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.31

一年の終わりに

さて、もう少ししたら友人達と除夜の鐘突きに行くために集合場所の友人宅へ行こうかと思います。たぶん、これが今年最後のこのblogのエントリになると思います。

それにしても今年も色々とありましたが、本厄の年のわりにはよい一年でした。色んな意味でスランプ気味だった昨年は環境が変わったことで徐々に調子も上がって立ち直ってきましたが、今年はさらに飛躍できたんではないかと思います。

来年は今のところ少なくとも9月までは今の所属なんですが、その先がまだ決まっておりません。それを決めるのが来年の大きな課題ですね。

それでは、今年一年このblogおよびMasafumi's LABORATORYを一年ご愛顧ありがとうございました。来年(明日)もこのblogとSahder.jpの方をよろしくお願いします。

それでは、よいお年を。

帰宅

とりあえず眠いから寝ます。

今日のイベントは残すところ除夜の鐘突きだけです。

魚市場

那珂湊の魚市場に来ました。こんな早朝なのに結構人がいます。
image.jpg

行ってきます

そんなわけでもうちょっとしたら那珂湊まで行ってきます。

大晦日

とりあえず月並みなタイトルですがいよいよ2004年も残すところ24時間を切りました。

昨晩の飲み会は自分の予想以上に人は集まりました。幹事はお疲れ様でした。

今日は、気分が乗れば両親が茨城のひたちなかの那珂湊に正月用の魚を買いに行くのに付き合うかと考えております(AM3:00出発)。

2004.12.30

今年最後の飲み会

今日は高校時代の友人達と稲毛で飲み会です。

たぶん、飲み屋へ行くのは今日が今年最後。

年末年始のメールチェック

ネット上のニュースとか他の人のサイトを見ると自分が思っていた以上に帰省するとメールチェックが出来ない人って多いんですね。

自分がここ何年かメインマシンをノートPCにしてしまった(実家もADSL環境だし)ので、その感覚を忘れてました。

この本がリアルタイムの衝突判定のバイブルになるか?

最近、注目している新刊の書籍として『Real-time Collision Detection』があります。

ズバリそのもの衝突判定だけを扱った本です。私自身はわりとリアルタイムでインタラクティブな3Dのコンテンツを製作する機会が多い(最近はVectorとかにフリーウェアの様な形で公開する機会は減りましたが、バイトとかアカデミックな活動の一環として)ので、精度良く高速な衝突判定の手法ってのは興味があるところです。

アメリカのAmazonの商品紹介ページ
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/1558607323/ref=wl_it_dp/102-7360984-6211354?%5Fencoding=UTF8&coliid=I3T0JWH5RFA0XK&v=glance&colid=E3LYGJF4GWJU

Amazonでの売り文句なんかを見てるとかなり自信がありそうな書き口です。なんせ、

All in all, this comprehensive book will become the industry standard for years to come.
(「概して、この分かりのよい本は今後何年も業界の標準となるでしょう」ってところでしょうか?)

というくらいです。そんなわけで、もっと具体的な情報が欲しいので、出版社の紹介ページをあたってみました。そうしたら思った以上に内容の濃い本であることに気付きました(Amazonでの売り文句に対して挑発的に「自信がありそうな書き口」なんて言ってゴメンナサイ)。

出版社の紹介ページ(目次付き)
http://books.elsevier.com/us/mk/us/subindex.asp?isbn=1558607323&country=United+States&community=mk&ref=&mscssid=T9DF7V5GBF4U8PT4DQUR4XQ80B931RC9

著者自身がSCEAのエンジニアのようですし、レビュワーが豪華ですね。『GPU Gems2』の編者、『Physically Based Rendering』の著者として知られるMatt Pharr氏(NVIDIA)やValve(Half-Lifeのとこですね)の方なんかがいますね。

このテの本として同じ出版社から『Collision Detection in Interactive 3d Environments』(私個人では所有してませんが研究室配架)というのがありますが、ページ数が多いだけあって『Real-time Collision Detection』の方がさらに広範な内容になっているようですね。

内容自体はわりと一般的に用いられてると思われる境界ボリューム(Bounding Volume)あたりの話題が4章で、5章の内容も割合と知られてるかもしれません。BSP Treeあたりは8章ってとこみたいですね。とりあえず、1冊これだけまとまっているというのは文献を色々と探さなくていいのがありがたいと思います。

ちなみに私が非常に興味を持つのは10章で、”GPU-Assisted Collision Detection”となっています。中のトピックは他の章に比べて少なめですが、気になるところです。

個人的には、内容的に1、2年で陳腐化するような内容ではないので半年から1年以内で翻訳版を出す価値はあるのかもしれませんね。ただ、出版社さん的には難しいのかもしれませんね(Gemsの原著と翻訳版の価格差を考えると)。

Real-Time Collision Detection (The Morgan Kaufmann Series in Inteacive 3-D Technolagy)
Christer Ericson

Morgan Kaufmann Pub 2005-02-07
売り上げランキング 53,972


Amazonで詳しく見る  by G-Tools

アメリカのAmazonでは発行日来てるけど、未入荷で日本の場合は2月28日発売予定。出版社では12月22日。これだとまたShaderX3とかみたく、入手に苦労しそうな予感です。まぁ、少なくとも年内に手に入ることは無いと思いますが…。年末だからなのかもしれないけど、海外の出版社のこの辺の事情ってどうなってるわけ?

2004.12.29

残った年内の予定

とりあえず、今日を除くとあと2日で2004年も終了です。

一応、残りの年内の予定は、

30日
高校時代の友人との飲み会(稲毛)

31日

早朝
家族とひたちなか市の那珂湊まで正月用の魚の買出し。俺は運転できないんで、単に現地の市場の近くで寿司が食べたいだけなんですけどね。

深夜
地元の友人達と年越しイベント。千葉寺で鐘突き。さすがに今回はそのあと揚州商人で食べるのは飽きたという声が多いので別な店を検討してますが、やってる店が少ないんだよね、正月は。

そして下記のページで驚愕の事実が…。

参考1
http://www1.cts.ne.jp/~e-tera/senyoji.html
参考2
http://johokan.net/sightseeing/CONTENTS/senyoji.html

我々が、「ちばでら」と呼んでた寺が、実は正式名称が「せんようじ」だったとは・・・(ちなみに近くの京成の駅名は「ちばでら」)。蘇我に10年以上住んでて初めて知った…。あと、「千葉笑い」というのも見たことが無いです。まぁ、千葉には「親子三代祭り」とかって良く意味の分からない名称の祭がありますので、これもアリかねぇ…。

来年はツいてるかも

たまたま読んでた新聞の広告欄で来年の12星座の運勢があったんですが、おとめ座のラッキープレースの国内が、

北陸

いや~、石川に住んでると1年ラッキーなんですかねぇ。とりあえず今年で本厄抜けるんで、来年もいい年になるといいですねぇ。

よくよく外を見たら雪が降ってるな。

千葉でも今日は寒いんだなぁ。

PSPのパズルゲーム

『ルミネス』は評判がいいようですが、下記のリンク先にあるお試し版をやってみると『もじぴったん』が欲しくなります。

元々は研究室の友人(マイミクシィのよろずや)に紹介されてFlashのお試し版で遊んでみたんですが、ちょっとハマりました。

ことばのパズル もじぴったん大辞典(PSP版)
http://namco-ch.net/mojipittan_psp/index.php

Flashで遊べる無料体験版
http://namco-ch.net/mojipittan/trial/index.html

ことばのパズル もじぴったん大辞典

ナムコ 2004-12-16
売り上げランキング 217

おすすめ平均 
じっくり遊ぶゲーム
面白い。
はまってます

Amazonで詳しく見る  by G-Tools

意外と便利なソフト

個人的に意外と重宝しているソフトウェアとしてInterVideoのWinDVD Creator2があります。

これは、今のdynabook V9を買ったときにDVDプレーヤーソフトのWinDVDと一緒にバンドルされていたDVDオーサリングソフト(PCで見るAVIやらmpegやらの動画をDVDプレーヤーなんかで見れるようにビデオ形式に変換してメディアに書き込むソフト)なんですが、単にDVD-Video形式にするだけでなくmpeg1, 2やDV-AVIやASF出力が出来ます。まぁ、単にファイルに出力ができるというだけなら別にこのソフトでなくてもいいんですが、入力ソースとして.vobの拡張子のものが使えるのが重宝しています。

さすがに、コピープロテクトのかかったDVDはダメですが、DIGAでDVDに焼いたものをmpegやらAVIに再変換するのに役立っております。一応、ちょっとした編集もできるんで.vobの段階で切ったりできるのもありがたいですね。

そんなわけで、PSPやSL-C3000で見る素材を作るのに重宝していたりします。

自分のメーラーからスパムをなくすにはどうしたものか

以前からMasafumi's LABORATORYの公開アドレスだったTOKAIのメールアドレスにスパムがたくさん来る話はしたと思います。

色々とスパムフィルタ(Norton 2004のとか)とか入れてるんですが、最近は結構通してしまうスパムが増えてきました(これの制限を厳しくするとyahoo.co.jp経由のメールはほとんどスパム扱いになるしねぇ)。現在、メインで使ってるniftyならサーバサイドでスパムフィルタを備えてくれてて見ないで済む(Webメールにアクセスすれば迷惑メールの設定ができる。迷惑メールフォルダもWebで閲覧できて、そうでないものであれば、Webメールのインターフェイスからセーフリスト登録が出来る)んですが、TOKAIのではウィルススキャンはしてくれますが、スパムフィルタ機能はないです。せめて転送メールの設定でサーバから転送したメールを削除してくれる設定にしてくれればありがたいんですが。

そんなわけで、色々と思案してるんですが、一つ思いついたことがあったのでそれを試してみようかと思います。

以前から出先でPOPアカウントのメールをみるために、hotmailの有料サービス(POPメールが見れる。容量2GB)に申しこんでいたんですがこれを使うことにします。とりあえず、自分のPCのメーラで受信するのをやめてhotmailのWebの方で受信してサーバに残さない設定にしてみます。これで、ちょっとの間はやってみようかとおもいます。

それにしても、冷静に考えるとgmailやら有料版のhotmailの容量拡大やらその他を足しておくとメールだけで使えるストレージで数GBもあるのにはびっくりだな。PCを使い始めた頃(96年)の当時のCanbeなんて850MBしかHDD積んでなかったというのに。

機種変

なんか微妙に携帯を機種変してみたくなってきた。

今はP900iを使ってますので、順当ならP901iなんですが、意外とSH901iCなんかよいかもなぁ。

個人的にSHで嫌いなところは、マルチタスクが使えない(SH900iの時はそうだったんですが、今はどうなんでしょう?)こととアンテナが出てることかなぁ。

P901iは、Felicaが使えないのが残念だよなぁ。NだとFOMAのPとは使い勝手が近いんですが、カメラが前のままでAF無しだし、デザインがねぇ。Fは、F900iのときにOSがもっさりでうちの弟が1日も早く機種変したがってるやつの後継機だからなぁ・・・。

PSPで動画

そんなわけで、PSPで動画再生がどんなものか試してみました。

手持ちのHDDレコーダでテレビ録画した30分枠のものをImageConverter 2で変換してみましたが、結構画質的には見れますね。アニメの主題歌のキャプションとか読めるし。

一応、24分12秒で768KBで約155MBほどになりました。現状の512MBのメモリースティック PRO Duoでも1時間半はゆうに入りそうですが、2時間はきついかもしれませんね(映画はダメでも1時間枠のテレビドラマはOKですね)。これは年明けの1GB待ちですかね。個人的には、この形式でそのままSL-C3000で見れればありがたいですが、CLIEじゃないとダメですかねぇ(PCならQuickTimeでOK)。

実際に動いてるところの写真はアップしておきたい気もしますが、色々と問題がありそうなんでナシで。

2004.12.28

例の地震

そういえば、先日私の研究室の友人がスリランカ出身だという話をしましたが、その後、彼の家族は無事だったという連絡がありました。

ちょうど年末に彼の奥さん(日本に来て一緒に生活をしている)が一度、帰るか帰らないかって話をしてて結局帰らないことになったんですが、それだけでも良かったです。彼も卒業の近い難しい時期ですからねぇ。

やっと届く

すでにネット上では入手された方をちらほらと見かけますが、遅ればせながらアメリカのAmazonからやっとShaderX3が届きました。

shaderx3

出版社も変わり(GAME PROGRAMMING Gemsと一緒)ハードカバーになったのがいいですね。

この冬休みは、自分にとって正月明けすぐに韓国へ行く関係でわりと短いのでじっくり読むのはそのあとでしょうね(さすがにコレは持っていくわけには行かないし。そんなヒマもない)。

3月にはGPU Gemsの2巻が出るので、それまでには最低限どこに何が載ってるかぐらいは把握できるようにしておかんとなぁ(その間に中間審査とかあって忙しくなりそうだが)。

Shaderx 3: Advanced Rendering With DirectX And OpenGL (Shaderx Series)
Wolfgang Engel

Charles River Media 2005-01-15
売り上げランキング 12,165


Amazonで詳しく見る  by G-Tools

今更出されても・・・

え~、単品で買っちゃったよ。

IT Mediaの記事 真・三國無双 プレミアムBOX
http://www.itmedia.co.jp/games/gsnews/0412/28/news01.html

ケースとかはちょっといいよなぁ。UMDとかリモコンとか一緒に運べるなら。

UMDの持ち運び

PSPのソフトは『みんなのゴルフ』と『真・三国無双』の2つを持ってるんですが、その際にUMDをどうやって持ち運んでます?

UMDってMDとかと違って裏面に保護用のシャッターが無いんでかなりデリケートそうな感じなんです。

今のところは、もともとのソフトを買ったときのケースで1枚は入るので遊ばない方だけ入れておけばいいわけですが、これが増えてくるとちょっとそれはめんどうですね。サプライとしてUMDキャリングケースとかないんですかね。

2004.12.27

SuicaとEdy

そういえば、SuicaとEdyって重なっててもちゃんと自動改札機は通れるんですね。

俺の財布にはSuicaとEdyのANAのカードが入ってるんですが、この前試したら通りました(それまではいちいち財布から出していた)。前にSuica2枚が重なっててエラーが出たので、方式の近いSuciaとEdyでも干渉するのかと思ったら大丈夫でした。

個人的に気になるのはSuica複数枚の時って、1枚1枚の識別はできるけどどっち使ってよいか判断できないからエラーになるのか、それとも単純に2枚重ねると電波が干渉してそもそも読み取り不可なのかどっちなんでしょうね。Edyの件を考えると前者の様な気がしますが、どうなんでしょう。

ニュース記事を扱うかどうか

まだ考え中なんですが、一応レイアウトや使いやすそうなXOOPSのモジュールなんかを物色中(基本的に投稿の手間はあんまり変わらないので、”やるかやらないか”というだけの問題です)。

ニュース系のモジュールではShader.jpだとトップで『お知らせ』ってヤツがそうなんですけど、サイトの更新状況と一緒くたにするわけにはいかんしねぇ。

とりあえず、ヘッドラインがトップに表示できるblog系のモジュールがいいのかも。

年末年始はニュースがそれほどあるわけではないので、その間でどうするか決めるかな。

FX Composerの新記事

予告していたヤツをやっと公開しました。

実家帰ってきてから遊びすぎて遅くなりました。

とりあえずFX Composer 1.6を俯瞰したイントロダクション的な記事になっております。とりあえず、ここからってとこですね。以前よりはちゃんと書いていきたいところですね。

第1回「FX Composer v1.6スタート」
http://www.shader.jp/xoops/html/modules/xfsection/article.php?articleid=12

大丈夫だろうか・・・

例のスマトラ沖の地震の報道を見たんですが、かなり大変なことになってるようですね。

研究室の友人がスリランカ出身なんですが、彼の家族とか大丈夫でしょうか?スリランカでも2,000人以上死傷者がでてるようですし。

そういえば、先週、彼がスリランカで珍しく地震がおきて結構な被害を受けたと言ってたけどあれは前兆だったのかなぁ…。

さすがにそろそろ

生活スタイルを戻さないとなぁ…。

2004.12.26

買い物

ちょっと、メモリースティック PRO Duoの512MBを買いに千葉のヨドバシまで行ってきました。

PSPは流通がちゃんと動いてるのか余ってるかは知りませんが、わりと楽に買えるようでした(専用の売り場が用意されていたようです)。

意外だったのが、メモリースティック PRO Duoの512MBはAmazonの方が安いですね(ポイント入れても。Amazonにも還元があるので、さらに安い)。面倒だったんで、結局買ってしまいましたが。これで、テレビ番組を録画(実家にはDIGAがある)したものを入れて見てみようかと考えております。

韓国行きの際にはいかに隣に座るだろう人(うちの先生なんですが。欲しいと言ってたので。でも、もうちょっとお子さんが大きくなってくるとこういうデバイスを持ってると親として大変なんだろうなぁ…)に対して、楽しそうに使うかがテーマなんですよ。とりあえず、こちらにあるやつは安定してますし、値下げを期待して待つ人も多そうですが、個人的には値下げは当分無いんじゃないかと思っております(今のソニーのプライドの高いところを見るとこうしたデバイスの値下げはしないんじゃないかと)。

とりあえず、他にもイヤホンが欲しかったのでソニーの密閉型のヤツを購入。それと、メモリースティック PRO Duo用のUSBのリーダを購入。たまたまmini SDと両方読めるやつが売ってたので、携帯の方にも流用できるのでよかったです。

SONY MSX-M512S ニュー・メモリースティックPROデュオ 512MB

ソニー 2004-11-26
売り上げランキング 4

おすすめ平均 
妥当な選択だと思います
PSPにも安心
注意!

Amazonで詳しく見る  by G-Tools

それにしてもAmazonでメモリースティックPRO Duoが売り上げ1位になるなんて夢にも思いませんでした。これもPSP特需?2月に1GBのやつが出るみたいですが、転送速度とか変わるみたいで、なんか値段が高いですね。まぁ、この手の製品は枚数がある程度はけてきたらきっと安くできるんでしょうから待ちでしょうね。

PSP用に

容量の大きなメモリースティックDuoでも買いに行こうかなぁ。

ただ、その際にはリーダーも買ったほうがいいだろうなぁ。PSPとPCを繋ぐUSBのケーブルはあるんですが、転送速度を考えるとねぇ。

容量で考えると動画を見るにはSL-C3000がいいのだけど、液晶とか動画のエンコードのしやすさはPSPだよなぁ…。そう考えると、SL-C3000でメモリースティックDuoの読み書きをする方法を考えておくといいのかも。

SLIじゃないデュアルGPU

なんか2つのGeForce 6600 GT搭載で1スロットのグラフィックカードが出るみたいですね。

PC Watchの記事
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1224/gigabyte.htm

2つのGPUの接続はどうなってるんでしょうかね。XGIのVolariみたいな感じなんでしょうか?あと、具体的に2つのGPUがレンダリング時にどう作業分担するのかね(画面の半分?フレームごと?)。

遊びまくり

う~む、いかんなぁ。

日本には届いてるみたい

そういえば、22日に発送された『ShaderX3』ですが、どうやらDHLのステートでは昨日の段階で東京には来てるみたいです。こりゃ、本日中には届くかな?

あと、意外と日本のAmazonで買えた人が結構いるみたいですね。とりあえず、アメリカで在庫のあるものは日本で予約中の表記でも案外と手に入るのかもなぁ…。

飲み

昨晩は地元の友人達と飲みに行ってきました(先ほど帰ってきたばかりですが)。

とりあえず、特に店も決めてなかったことと、5人という人数から結局、『蕪村』(地元の飲み屋)になりました。

それにしても、KOボーイのヤツは日本橋のヘルスで相当なハズレを引いたらしい(一緒にいったヤツ(今回の飲みも一緒でしたが)の話だとかなりハズレっぽいことが発覚)。なんか帰ってきた時点から相当凹み気味でした。その後の顛末も面白かったんですが、まぁそのうち書くかも。

あと、ようやく大吟醸の『白山』(300mlで1890円のヤツ)をあけました。さすがに高いだけヤバイなぁ…。

2004.12.25

PSPの出荷状況って

PlayStation.comのメールで26日にも30日着分のプレ予約をやると言うメールが来ました。

小売店への流通状況は知りませんが、1週間単位でちゃんと出荷され続けてるんですね。思ってたよりは安定的に工場は稼動してるんですね。

ちなみに、あれから『真・三国無双』に加えて『みんなのゴルフ』を買いました。なんだかんだ交互に遊んでおります。あと、思ったよりは電池は持ちますね。

無線LANはまだ使ってないので、そろそろ対戦とかしてみたいよなぁ。

こういうシミュレーションゲームは新鮮かも

4Gamerを見てたら『クルセイダー キングス』というソフトの紹介がありました。

中世ヨーロッパのキリスト教圏のシミュレーションゲームらしいんですが、ちょっと面白そうですね。

コーエーの歴史シミュレーションゲームをやることが多いんですが、それと比べてシステムが大きく違う分新鮮に感じるかも(と、言ってもテイスト的には『ジンギスカン』のシリーズはこれに近そうですけど)。

それにしても天下統一が目的ではないので、何回もプレイできそうですね。

クルセイダー キングス 日本語版
http://www.4gamer.net/review/crusaderkings/crusaderkings.shtml

実家に帰省してしまうと

そういえば、昨日はまったくここの記事を更新してませんでした。

実家に帰ると恐ろしいことに、そもそもPCを使わなくなってしまうことです。

石川にいる時は、たぶん、ここの読者が皆思ってることだろうと思いますが、

この人(私)はめちゃくちゃヒマな人なんじゃないか?

というぐらいこのblogの更新頻度が多いんですが、不思議と実家に帰ると時間があってもPCなんかに向き合いたくなくなるんですね。たぶん、実家の俺の部屋が石川での家やブースと比べてと狭いせいだろうなぁ…。

弟との会話

俺には2つ年の離れた弟が1人おります。

最近は、実家に帰ると夜中に深夜のテレビを見ながら話をすることが多くなりました。

たまたま、弟が新聞の地域欄で、かなり近いところで起きた交通事故の記事を見つけました。なんでも31歳の男性が運転するトラックが18歳の運転する車にぶつかったみたいな話で、わりとこの辺ではアリがちな話です。

その時に、中学時代の友人の高校時代の友人が無免で車かって事故った話をしましたが、うちの弟の友人でも似たような話をしてました。

なんでも、弟の友人が車の免許を取りに行く際に教習所まで自分で車を運転して通っていたということがあったそうな。案外と無免許運転してる人って多いんですねぇ(まぁ、高校時代とかに中学の友人が原付とかは乗ってたが)。

2004.12.23

実家に帰ると・・・

突然、このblogの更新状況が悪くなったりするのはいつもの通りですね。

今日は、昼間から出掛けていたので。

実家自体もちゃんとADSL環境ですからネットが出来ないわけではないですし。

PSP

とりあえず特にトラブルらしいことには見舞われませんでした。

無事に三国無双も遊べてます。

雑感(PSP)
・画面はさすがに綺麗ですね。ぼろいテレビよりはいい。
・アナログスティックの上の部分が取れちゃった人がいましたが、確かに耐久性はちょっと気になります。操作感は自分はあんまり違和感ないかな。
・重さは客観的には重いと言う感想はあるかもしれないですが、基本的にZaurusのSL-C3000が298gのため慣れた重さなので個人的には気にはならないですね。
・指紋がつきやすいのは確かに気になる。
・スリープモードを駆使すれば起動時間は気にならないが、基本的にディスクを入れ替えないことが前提。

三国無双
・PS版に比べて戦場のスタイルが変わった(これは賛否が分かれるところですが、中断しやすい)。
・スリープからの復帰後にBGMがならなくなったことがあった。
・アナログスティックの操作感はPS2のより好きかも。
・武器とかのシステムが無いのでやりこみの要素は、キャラを鍛えるのと副将収集かな?
・同時プレイおよび対戦が無いのが残念。

動画とか音楽再生っていうのは、まだ実験してないのでこれから。ただ、今のところの印象はそんなに悪くは無いですね。

sangoku
一応、証拠

帰省

とりあえず帰ってまいりました。

PSPもゲットです。

2004.12.22

ここでも任天堂らしい?

なんかDSの「さわるメイドインワリオ」に不具合が出たみたいですね。

GAME Watchの記事
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20041222/sawaru.htm

ドット欠けの対応もそうですけど、ここでも任天堂らしい対応ですね。交換品を自宅まで引き取りにきてくれるそうです。ハードならいざ知らずソフトでこんな対応はコスト的なことを考えるとビックリです。

記事中の、

ごく一部のハードとの組み合わせによってのみ発生するという特殊性から、発売前に確認することができませんでした

ということに関しても、かなり極少だからしらばっくれればいいやという対応を決めてしまう企業も多い中で出切るもんではないですね。業績はともかく、近年のゲームハードウェアのシェアで苦しい思いをした任天堂も顧客の立場にたつってことで得た信頼がハードウェアの売り上げに繋がるといいですね。

ちょっと待った

自分のAmazonのアフィリエイトの出荷リスト見てたら1冊、ShaderX3が出荷されてるな。もしかしたら、予約ってなってるけど買えるかもしれないねぇ(アメリカでは24時間以内に発送になっている)。

それにしても国内でも買えた人がいるとは思ってもいませんでした(ちなみに自分は国内でいつ入るか不安なのでアメリカの方で買ってしまいました。でも、まだ未出荷)。

Shaderx 3 (Shader X3 Series)
Wolfgang Engel

Charles River Media
2005-02-28
売り上げランキング 34,943

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

つーか、そろそろ出荷予定日なので出荷をお願いしますよ>アメリカのAmazon。

お、いつのまにか

気付いたらいつのまにやらAmazonでもNnitendoDSって24時間以内に発送できる状態なんですね。

さすがに、すでに出荷100万台超えるだけあります。

いつかは欲しいんですけど、とりあえずDS専用でコレってタイトルが出てからですね(年明けにブラックモデルが出るって噂もあるので、カラーバリエーションが豊富になってからでいいのかもね)。

ニンテンドーDS

任天堂
2004-12-02
売り上げランキング 2

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

それにしても12/20の段階でPSPが圧勝とか言ってるレビュワーが居たのにはちょっと笑いそうになりました。私自身は、ゲームをめぐる環境がよりよく発展して欲しいので、単純にハードの勝ち負けって言い方は好きではないんで、そう言う言い方はどうかと思います(コンセプトも違うし)が、ただユーザーがいい体験が出来たかどうかでしょうね。そのために努力をしてるかどうかってことでしょうね、問題は。

あと、ちなみに私はPSPはPlayStation.comで買いました(今日実家に届いているハズ。五体満足で届くことを祈るばかりです)。真・三国無双はAmazonでは品切れのようですが、事前に買っといてよかったなぁ。色々とネット上では盛り上がってますが、この目で見ておきたいですね>PSP。

出荷開始

お、3D Studo MAX 7.0の出荷開始ですか。

http://www.discreet.jp/press/2004/pre12_20_04.htm

いまや、スタンダードになりつつある法線マッピングがサポートされてるのはいいですねぇ。

Geometry Imagesの論文を読んでた時にやっぱり効果は高いのかなぁ、と実感したり。とりあえず、Shader.jpでもプログレッシブメッシュでかなり頂点削減して法線マッピングの効果を確認してみていいのかも。まぁ、定番ですしねぇ。

あと、下の新機能のPDFを読んでたらやっぱエフェクトファイルを出力してくれるのはいいですよね。リアルタイム3DCGプログラミングのシェーディングに柔軟性が出てくるとアーティストとプログラマを繋ぐ部分をどうやってこうかってのは頭が痛そうな問題ですし。

新機能PDF
http://www.discreet.jp/products/max7/images/features_gude/max7_New_Features_final.pdf

GPUとかシェーダとかのニュースって

このblogでGPUネタとかシェーダネタの話題を結構拾って書いてますが、shader.jpの方でそういうコーナーを作って紹介した方がいいのかも。

ここって、結局自分のプライベートなネタとか1行だけで終わりの記事とかあって読む人からすると見づらい気がします。

とりあえず、レイアウトも含めてこの件は検討しておきます。

この件に関しては、ちょっとご意見、ご感想があればこの記事のコメントにどうぞ(結局、書くことには変わりないんで、ようはどっちでやるかという問題だけなんですよね)。あっちでの記事投稿もWeb上でフォームがあるので、こっちと手間的には大差ないんで。

Adobe Reader 7.0

とりあえず日本語版が出たらしいので入れてみました。

ヤバイ、信じられないくらい本当に起動が速くなってるし…。IEからじかに開いてもそんなにストレスないし。

やればできるじゃないの。

ダウンロード
http://www.adobe.com/products/acrobat/readstep2.html

ミスってた

shader.jpのArticleのRenderMonkeyコーナーの閲覧権限をミスってました(管理者しか見れなくなっていた)。

とりあえず、コレで見れるハズ。

気になる動画向けエフェクト作成ソフト

NVIDIAの運営するnZoneに3D Editというデモがありました。

nZoneの3D Editのページ
http://www.nzone.com/object/nzone_3dedit_description.html

どうやらTenomichiという会社が出しているビデオエフェクト用のソフトウェアみたいですが、どうやらエフェクトファイル形式(*.fx)が使えるみたいですね(付属のShadermanというソフトの機能みたいですね)。

Tenomichi
http://www.tenomichi.com/

使い勝手と出来上がりはどうなんでしょうねぇ。

Shaderman
http://www.tenomichi.com/Shaderman.htm

掃除

とりあえず、本日帰省なので大学の自分のデスクの周りも掃除していきます。

実家帰ったら

実家帰ったら空き時間でとにかくshader.jpのArticleの記事を増やしていきたいですね。

すでに現在ある記事を見た人は気付いてるかもしれませんが、RenderMonkeyの以外は実は新しく書き直しています(サンプルも改定)。あっちの記事はMasafumi's LABORATORYの記事を単純にレイアウト修正してるんではなく、新規で書いてるんですよねぇ(まぁ、そのせいでスタートの段階で記事数が少ないんですが)。

とりあえず、書きかけのFX Composer 1.6の第1回記事は明後日くらいには公開したいところ。

お土産

今回の土産は石川の地酒です。

まずは、僕の住んでる鶴来の萬歳楽のお店で買える。地名にも通ずる『剱』(つるぎ。剣の旧字体かな?)です。辛口で美味しいです(これはオススメです)。720ml(1050円)のを2本購入。

sake001
写真はうちにある1升瓶ですが買ったのは、720mlが2本

今回の目玉は、大吟醸『白山』の古酒です。300mlで1890円のやつです。ちょっと奮発しました。

sake002

そういえば、買い物に行ったときに甘酒をいただきました。実は甘酒って嫌いなんですが、今回頂いたのはそんな甘酒嫌いでも飲めるくらいおいしいものでした。結構色々とあるんですが、利き酒させてくれるのがありがたいですね。

萬歳楽のWebページ
http://www.manzairaku.co.jp/

お店はこんな感じ
http://www.manzairaku.co.jp/information/honten/yookoso.html

午前中のうちに

帰省のための準備を終わらせないとなぁ。

午後は、プレゼンの練習とかあるし。

あと、土産の酒も買ってこないと。石川というと手取川、天狗舞、菊姫と全国的に知られているお酒がありますが、そういうものは頑張れば関東でも飲めるんですが、うちの町でやってる地酒はちょっとヨソでは入手しにくいからなぁ(まぁ、一部は空港でも手に入らないことは無い)。

あと、明日は雪らしいけどギリギリセーフだったかなぁ…。

帰省

本日の夜から年明けまで実家の千葉に帰省します。

2004.12.21

SL-C3000のNetFront修正?

トラックバックがあったので、「なおっきのぶろぐ」さんの記事を読んでいたら、以下のような記述が追記されておりました。

"問題は認識していてaccess社から最新バージョンがすでに来ていて今現在チェックを行っているそうです。来年の1月末までには何とかアップできるそうなので今しばらくお待ちくださいとのことでした。情報でした。よかった。でも来年の1月末かよーーー。時間かかりすぎ。でもがんばってぇー。"

とのことだそうです。これで、NetFrontがちゃんと動いてくれさえすれば…。

PureVideo

GeForce 6シリーズのビデオプロセッサのニュースがPC Watchにありました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1221/nvidia.htm

やっぱVMRをちゃんとやろうかなぁ。

余談ですが、NVIDIAがVMR9ベースのサンプルを用意してますが、一般の開発者がそのコードにアクセスできるようになるのはそろそろかな?

だいぶ頭が・・・

実家に帰省して遊ぶことに頭が切り替わってきちゃってます。

まだ、やることが若干残ってるのでヤバイなぁ…。

たいしたことではないのに仕事が遅いのはこのせいです。

すみません。

頭は仕事納めしてるよなぁ…。

今年の忘年会は

これで決まりですね。

http://www.magicnight.co.jp/sub61.htm

あとは下のヤツで振り付けを覚えれば完璧です。

マツケンサンバII 振り付け完全マニュアルDVD

ジェネオン エンタテインメント
2004-12-15
売り上げランキング 23

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

飛行機で無線LANが解禁になれば・・・

今年になって、JALなんかでも国際線でネットができる路線が出来たりしました。

ただ、実際には電源付きの椅子ってかなり高い座席で無いとないし、料金も高いし、そもそもその路線に乗る機会ってのはほとんどないかもしれません。しかし、個人的には国内線でネットが出来なくてもWiFi機器の利用はさせてもらいたいものです。

これが出来たらNintendo DSとかPSPの無線通信モジュールで機内で対戦してもよくなるからねぇ。あと、Nintendo って国際線なんかにゲーム機卸してるっぽいので機内でDSと連携した暇つぶしのサービスってやってくれないかね。

例えば、将来のポケモンでポケモンジェットに乗ると無線経由で隠しポケモンプレゼントとかねぇ…。

まぁ、採算なんて知らないので無責任なこといってますが、とにかく対戦ぐらいは解禁してあげて欲しいよね。

ソニスタ

ソニスタでPSP用にImage Converter2のプレビュー版を購入したんですが、ソニスタってEdyで決済できるんですね。

リーダあるからちょっとこれはありがたいですね。Edyなら即やり取りされてる感じなのがいいですよね(あとで、クレジットってその月の利用をちゃんと調整して使うのに頭をちょっと使うので)。

逆でした

shader.jpの夜間のトップページが重いのはHeadlineだったのは間違いないようでした、ココログのRSSの取得が重いのではなくi-knowに借りているmasafumi's Antennaの方でした。

これはちょっと対応策を考えないと。とりあえず巡回頻度を下げるかな(XOOPSのモジュールの方で)。

2004.12.20

書き直し

そういえば、FX Composerの記事は書き直しをしております。

とりあえず、バージョン1.6も出たことですのでそこから書き直しです。

流石に目に余るよなぁ・・・

液晶と言うとPDA(今はZaurus SL-C3000)には保護シートを使ってるんですが、予約してるPSPにも貼ろうかどうしようか悩み中でAmazonを物色すると下記の製品を発見。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006NGLEU/ref=br_ac_13306451_top5_1_2/249-9306038-2957103

この製品のよしあしは分かりませんが、レビューを見るとヒドイですよね。保護シートと関係ないし。

PSPは液晶がウリらしいですが、シート貼りたいけど輝度が下がるともったいないよね。DSはタッチパネルなのでPDAを使ってる経験では、絶対貼らないと安心して使えないよなぁ…(PDAを利用してる経験ではこするような動きが多いと結構削れる)。まぁ、DSはFF3まで待ちですねぇ。

それにしてもAmazonのレビューってシステムはなんとかならんかね。発売前から書かれてるレビューって、まったく役に立たないものが結構あるからなぁ…。

楽しみの前に

今週の22日に実家(千葉)に帰省するんですが、楽しみなのがPSPとShaderX3(日本では未入荷ですが、アメリカのAmazonでは余裕で買える)ですね。

ただ、その楽しみの前にこちらで来年初めの発表準備を片付けておかないとねぇ…。

微妙に、「ガンダム VS. Zガンダム」に時間を取られていたり…。

Cマガ

あまりに娯楽が少ないので、ここ2ヶ月久々にCマガを買ってたりします(学部生の頃はよく買ってましたが、ここ3年くらいは、わりと稀にしか読まない)。

今月は、Microsoft ReserchのCωの記事が気になって読んでました(CωってVisual Studio.NET 2003に統合されてくれるのはいいですね。)。まぁ、その記事自体には特にどうのってことではないんですが、たまたま次号予告を見ていたら特集が『シェーダプログラミング』でした。

Cマガジン 2005年2月号
http://www.cmagazine.jp/contents/next.html

買うかどうかはその時の気分次第ですが・・・。

これは面白いなぁ

たまたま家庭用ゲーム機の周辺機器を作ってるHORIのオンラインストアをのぞいていたらこんなコントローラーを発見。

http://www.horistore.com/shop/item_detail.php?id=245

今月の売り上げ1位らしいけど、納得かなぁ。

深夜

そういえば、新サイトが公開当初繋がりにくいことがありました。

色々とやってみて出た結論(推測ですが)ではトップページの右側のRSS HeadlineにこのblogのRSSを読ませてたんですが、それが負荷をかけてたっぽいです。

念のため今晩もそれが起こるか実験してみることにします(なので、現在はこのblogのタイトル表示をやってます)。

うわ・・・

「いいとも」のゲストがレギュラー各自に持つ印象とニックネームを推測するコーナーの景品がPSPと「みんゴル」でした。

結構、フジは「めざまし」とかPSPをプッシュしてるなぁ…。

まぁ、でも普通の人の印象だとこういうとこで出てくるとイメージよくなるんだろうなぁ…。

追記
ちなみにプレゼントは、当たった回答者にあげちゃうというものですが、全員あってたので全員PSPがもらえたようですね。なんかなぁ…。

新サイト色々

とりあえず、記事がほとんど移設できてないんですが、公開開始しました。

今の状態で公開したのは旧サイトが1/18に即消滅するので、早めに告知をしておきました。完全に準備できるまで待ってたら引越し先が定着する前に消えちゃいますからね。

とりあえず、記事を増やすのは自分的冬休みの23日以降ですね。

個人的に理想はサイトのドメインどおり、シェーダを中心にやっていくわけですが、今度は幅広い3D APIやシェーディング言語に対応していきたいですよねぇ。基本的には、言語仕様が異なるだけでアルゴリズムって普遍ですので、実装さえやってけばねぇ。

今回は、携帯電話向けのサイトは作ってないんですが、レイアウトはだいぶ崩れますがトップページはそのまま携帯でもOKだと思います。BBSは携帯対応みたいです(新スレッドは立てられんけど)。

取得したドメインについて

結局、取得したドメインと言うのはshader.jpなのですが、こんな一般的っぽい名詞のドメインが余ってたとは思いませんでした。

ドメインともなると、

名前.***

なんてのも考えなかったわけではないですが、サイトに自分の名前を入れるスタイルはいい加減にヤメにしたかったんですよね。

一方で、こうした一般的な名詞で取得するのもためらわれたんですが、分かりやすさでちょっと他にいいアイデアがなかったんですよねぇ。

新サイト

Masafumi's LABORATORYの新サイトは下記になります。

まだ、Programming Tipsの記事が移行し切れていないので当面は過去ログ置き場を利用ください(左のメニューにリンクが貼ってあります)。

新サイト(Shader.jp)
http://www.shader.jp/

2004.12.19

そろそろ

新サイトの公開に向けた案内ページでも出すかなぁ…。

ShaderX4

ShaderX3も無事に発売された(たぶん今週中に届くと思いますが)ようですが、Wolfgang Engel氏がShderX4の執筆者の募集をDIRECTXDEV@DISCUSS.MICROSOFT.COMの方でかけまてますね。

ShaderX34
http://www.shaderx4.com/

今日は晴れたので

今日は晴れたので、荷物を受け取ったら22日までの食料を買い物に行って来ないとなぁ。

2004.12.18

キレ気味

1月に韓国で発表を行うんですが、その登録フォームの作りにキレ気味です。

参加費をカード払いでできるようなのですが、ハングル版しかないし、英語の案内が十分じゃない上、実際に出てくる画面と違う画面なので進みません。

そもそも見てる限りでは、カード会社を選ぶとこがないし、カード名義人を入れるプロセスが無いのも謎です(有効期限は出るが)。

しかもフォーム自体を呼び出すのに何故かActiveXコントロールのインストールを迫られるし…。

こりゃ、銀行振り込みにするかなぁ…。

移行

新サイトの公開を20日って言っちゃったんで移設作業を1月の発表準備のあいまにやっております。

基本的には、Programming Tipsの移行だけなんですが、まだ全然出来ておりません。とりあえず、古いページは残してるんで公開後にちょっとずつやってくって形でしょうね。

2004.12.17

DirectXの各コンポーネントの行く先

なんか今回のアップデート(December 2004)のドキュメントで、各コンポーネントがだいぶDirectXから離れることが示唆されてましたね。ちょっとまとめてみます。

Direct3D→WGF
DirectShow→PlatformSDKに組み込まれる
DirectPlay→廃止(PlatformSDKや.NETのネットワークコンポーネントを利用すること)
DirectSound→ ?
DirecMusic→ ?(低レベルな処理はDirectSoundを使ってますが)
DirectInput→ ?

DirectSoundとDirectMusicはすでにDirectX Audioって呼称がありますが、これだけ各コンポーネントが外れるとどうなるんでしょうか。DirectInputに関しては、すでにMicrosoft自体がゲーム用のデバイスを生産してませんから発展はなさそうですしねぇ。

ATLのスマートポインタ

DirectShowのサンプルを作った時に失敗したのがやたらとスマートポインタを多用しすぎたこと。

そのために、あのサンプルってSampleFrameworkと組み合わせで終了時にエラーのダイアログが出ちゃうんですよね。

とりあえず原因はメンバとして持ってきてるIDirect3DDevice9*やIDirect3DTexture9*なんですが、あれって結局外のインターフェイスを持ってきたりしちゃうので、クラスのdelete時に破棄してしまうことでコピーの方の解放時に起こられるんですよねぇ。

とりあえず、クラスのメンバでインターフェイスをスマートポインタ化する時って、その内部でしか完全に利用しないものだけをスマートポインタ化しないといけないんですねぇ。

新サイトの公開日

あっちでは書いたけど、よほどのことが無い限り12月20日の月曜に公開を開始したいと思います。

実は、あるところからはすでに新サイトのURLはリンクしちゃってるんですが、XOOPSではユーザーレベルでのサイトへのアクセス権限が調整できるので当日まではゲストユーザーには”準備中”の文字しか見えないようにしてあります。

20日になれば、ちゃんとしたトップページが出ます。

入金

とりあえず本日3時までに入金する必要がああった韓国で泊まるホテルの入金が完了。

あと、急ぎやらないといけないのは、研究会の参加登録申請かな。

年明けから

RAWデータのフォーマットの勉強でもしようかなぁ…。

HDRフォーマットもそうだけど、これってピクセルシェーダ向きな話題だしねぇ。

消滅までのカウントダウン

さて、Masafumi's LABORATORYのエリアを借りている会社から残り契約期間が1ヶ月ですよ、というメールが来ました。

とりあえず、今回は契約を更新しないので来月17日以降自動的にサイトは消滅しちゃいます。

工事

K32(研究室の部屋番号)の改装工事もわりと進んでいて、最近は大きな音が出るような作業が少なくなってきたのでまた朝から大学行ってもいいのかもねぇ。

とりあえず、朝飯を食べたら。

2004.12.16

最終回

大奥が終わりました。

視聴前の予想以上に惹きこまれました。

松下由樹と瀬戸朝香の二人に関しては、言うまでもないんですが、家光(西島秀俊)がけっこう子供時代の家光の面影をちゃんと感じさせてたところが光った気がします。

第1章と言うタイトルはのちに続くための複線かもしれませんが、なんとなく第2章(があれば)がどの時代をターゲットにするつもりかが見えてきそうですねぇ…。

綱吉に関しては母親の桂昌院の影響が政策(生類憐みの令)に出るわけですし、跡継ぎに恵まれないために起こる出来事なんかもテーマとしては面白いのかもしれませんね。

久しぶりにコンシューマゲーム機用のゲームを買う

久しぶりにPC用じゃないゲームソフトを注文しました。

一つは、唯一石川に持ってきたGC用の『機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム』。もう一つは、PlayStation.comで第2回のプレ予約に成功して注文したPSP用に『真・三国無双』。

『機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム』はPS2版と悩んだんですけど、PS2は実家にしかないで。『スパロボ』のGC版も登場ロボット的に買いたいんですけど、保留。

『真・三国無双』はマルチプレイできないのが残念ですが、まだマルチプレイする相手もいないのでシングルでいかに遊べるかですよねぇ。

機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム

バンダイ
2004-12-09
売り上げランキング 56
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
真・三国無双

コーエー
2004-12-16
売り上げランキング 

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

しめきり

やっぱり実家に帰る航空券を買ってしまって、それで締め切りを設けることで仕事に対する緊張感を出すかな。

NV44

下記を見ててNV43とNV44の違いって何か気になってたんですが、TCとはTurboCacheなんですね。

NVIDIA OpenGL Texture Formats
http://developer.nvidia.com/object/nv_ogl_texture_formats.html

PC Watchの記事
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1216/nvidia.htm

コレは単純にVRAMが多く使えるってことだけでなく、ノートPCのようにチップサイズが制約される環境で小さく作れると言うメリットにつながるといいなぁ…。

あ~、早く軽めのNV4x世代のノートが出ないもんかね(もしくはリモートデスクトップでGPUが使える)。

DirectShowのサンプルの修正

一応、新サイト向けに既存のDirectShowのサンプルを手直ししようと思います。

とりあえず、SampleFrameworkとの組み合わせででるRelease仕切れてないエラーへの対応(スマートポインタが悪さしてそう)とUnicode時のムービーテクスチャのファイルパスの問題も解決しないと。

別にこの辺の修正に対する要望ってのはサイト閲覧者からは無いんですが、研究室内ではあったりするのでねぇ。

SourceForgeにあるGPGPUプロジェクト

わりと今までノーマークだったかも(あんまり情報ないようだけど)。

とりあえず、Antennaに追加。

http://sourceforge.net/projects/gpgpu

一応、例のうちの大学のFTPがSourceForgeのミラーになったおかげで、これも学内のFTPにミラーリングされてるようだな。

今日の予定

今日は中央大学から情報科学研究科セミナーにこられた先生の研究室の方々が、いくつかの研究室の見学をされるそうでそれに当たりました。

そんなわけで、午後は1時間ちょっとデモです。内訳は、

・㌧㌧
・友人の修論のシステム (来年早々に、どこかの学会で発表されると思います)
・ディスプレースマッピング ネタ
・ViewFrame

ふと思いついたが

今、研究のメインテーマにつながるおもしろいアプリケーションを思いついたかも。

ヤンキー VS. 任侠

なんだかねぇ。

ヤンキー
http://www.d3p.co.jp/s_20u/s20u_021.html

任侠(ファミ通.comの記事)
http://www.famitsu.com/game/coming/2004/12/08/104,1102489372,34308,0,0.html

関係ないですが、シンプル2000と言えばPSPが起動が早ければ、SIMPLE 2000みたいな価格でミニゲームってのは暇つぶしに買いやすいんだが…。

あと、ヤンキー魂がサービス終了ですが、ここまでバトル色があれば、成功したかも?

FX Composer 1.6

FX Composer 1.6がリリースされましたね。

基本的には、マイナーバージョンアップなんですが、

DXSASが0.85に対応してるのとユーザーガイドにプラグインの作成方法(ATLのDLLみたいですね)が書かれていますね。

NVIDIA Developer
http://developer.nvidia.com/object/fx_composer_home.html

2004.12.15

ストップされてた

そういえば、だいぶ前に親に頼んでたSHARPのHDD + DVDレコーダがなかなか来ないので聞いてみたら、

「あ~、あれね梱包がめんどくさくてこっちにあるよ」

とのこと。もう2週間以上経ってるし、もっと強く請求しなくちゃいかんかったか。

これで、録画したビデオをSL-C3000とか予約中のPSPとかで見たいのにねぇ(変換の手間的にはPSPの方が楽だよなぁ)。

実際のところ

今日は、NVSG SDKとかを入れてみましたが、実際のところOpenGL PerformerとかのようなシーングラフSDKってどのくらい使われてるんでしょうねぇ。

あんまりそのテのSDKの利用ってしたことが無いし、してる人に会ったことがないのでちと気になるとこですね。

なんにせよ、3DCGの見せ方(レンダリング技術というよりはプレゼンテーションの方法の仕組み)についてはわりと興味のあるとこですねぇ。

DXSAS 0.85

やっぱり、バージョン0.85(FX Composerでみたんだったな)だったんですね。

たまたまドキュメントから落ちたんですね。

DXSAS自体はやめるんではなくて、ちゃんとバージョン1.00に向けて作業は進められてるんですね。

ポスター

明日には終わらせんとなぁ…。

あと、話す内容とかも考えておかないと。

レイアウト的な悩みよりシナリオ的なことを考えておかないとなぁ。

それにしても、明日のスケジュールでいけるかなぁ…。

どうしてそこがスルーされるのか

今日、『とくダネ!』見てたら仙台で元アナウンサーがパチンコ屋で盗撮して捕まったニュースがやってました。

個人的に気になったのが、その盗撮対象がパチンコをやってる女性なんですが、その女性がなんと女子高生でした。

高校生ってパチンコ禁止なんですが、番組では小倉さんがちょっと突っ込むだけで、笠井アナも苦しそうでしたけどなんでスルーなんですかねぇ…。女子高生の問題点をあげないなら単に女性って言って隠蔽すればいいのにねぇ…。

やっぱ、ヨソの局の系列の人の不祥事だから元アナウンサーを強調したかったのかねぇ。

問題は使うソフトウェアがあまり無いことだが

なんかサターンパッドに続いて、バーチャスティックのUSB版も出るみたい。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/sls/sp/product/stick_pc.html

わりと欲しいけど、どうしてもこれを使わないと遊べないタイトルのソフトウェアはPCではあまり思い浮かばないからなぁ…。

自分で作る、って言って買うと大抵は使わないからなぁ。

シーングラフSDK

そういえば、NVIDIAの開発者向けのサイトで新バージョンのNVSG SDKがでてましたが、やっぱCgFXが使えるのはいいよなぁ。なにより一番慣れてるからなぁ。

http://developer.nvidia.com/object/nvsg_home.html

自分がOpenGLを使うことが、あれば一番手っ取り早いのがCgFXを使う方法だよなぁ。

色々とやりたいネタが

いっぱいあるのですが、そうしたネタってのは新サイト向けに用意したいところですねぇ。

それにしても今週は、とりあえずポスターだけは作っておかないと。

アメリカのAmazonで

お、ついにShaderX3が買えるな。

とりあえず一昨日の段階で、1週間程度だったときに注文したのでこれは予定通り20日過ぎに来そうだな。

http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/1584503572/104-0581474-7044724?%5Fencoding=UTF8&v=glance

日本でも、もうすぐなのか、それとも年明けまで出ないのか気になりますね。

今回は、配送に多少金をかけてるので来週受け取れるといいんだけど。

2004.12.14

生活を夜型にした方がいいかも

今の工事のことを考えると大学には夜来て作業した方が良いかも。

これは予想以上だったなぁ…。

そろそろ解約しないとなぁ

そろそろTOKAIドメインのメールアドレスを解約しないとなぁ。

最近、渡辺 翔太って名前のスパムがよく来るし、車が当たったってフォームに個人情報の入力をさせるタイプのがきたりとかねぇ(コレって今はやりのフィッシング詐欺かな?)。

長く使ってるから色々と愛着があるんですが、プロバイダとして迷惑メール対策が何もない(今自宅で使ってる@niftyだとスパムフィルタがある)からなぁ…。

blogの人気度

やじうまWatchにRSSフィード付きのWebサイトの人気度と更新頻度を評価する「feed meter」と言うサービスのことが載ってました。

feed meter
http://feedmeter.net/

結果は、人気度1.9でした。

RSS feed meter for http://masafumi.cocolog-nifty.com/masafumis_diary/

まだ、↑の読み方がよく分かりません。

新サイトのオープン日

とりあえず、次の月曜に公開開始にしたいと思います。

作業的には、Programming Tipsを新サイトのデザインにあわせるだけなんですが、全部やる必要は無い(すでに賞味期限の切れてるものは保守モードで移行はしません)のでなんとか見せられるレベルで船出できるんじゃないでしょうか?

なお、リストラ対象は

・DirectX 9.0以外
・DirectX 9.0の準備編
・Direct3Dの9.0cじゃないいくつかの記事
・RenderMonkeyのバージョン1.0以前の記事(リプレース予定あり)
・FX Composerは全面改訂のため新記事で用意します

朝型化

ようやく生活が朝型に切り替わってきました。

基本的には深夜のテレビを控えることなんですよねぇ。

ただ、今は朝から大学行ってもK32が工事だから集中しにくいんだけど、それでもやることはいっぱいだからな。

2004.12.13

ふと思ったが

December 2004のヘルプドキュメントからDXSASの記述がごっそりなくなってるんだけど、気のせい?

もしかして廃止?

てっきり、バージョン0.8から0.85(どっかでこのバージョンを見た気がするが気のせいかな)とか0.9とかにでもなってるかと思った。

あと、相変わらずHLSLのtex2Dlodの頂点シェーダバージョンが記入されてないし。

DirectX SDK December 2004 リリースノートから

とりあえずリリースノートを読み中。

本来、こういうまとめは私向きではないんですが、そういうことをやってくれる方が、現在日本にいない(裏CEDECで事情は聞きましたが)のでココにのっけておきます。下記にダウンロード先のURLをリンクしておきますので、このバージョンの利用者はお読みください。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=358CBC1E-F5AB-417D-9F6F-779BE38EFB69&displaylang=en

わりと重要なことが結構書かれてます。

・D3DXに以下の関数が増えている。
D3DXComputeTangentFrame
D3DXComputeTangentFrameEx

・このSDKがWindows 2000で動作保障される最後のバージョンである(これは重要!!)。
・Direct3D以外は保守モード(October 2004と一緒)。
・DirectPlayが設計の古さから廃止が示唆されている(確か、構造的にIPv6とか対応できなかった気がするし)。書いてありますが、わりとこの辺のデザインって批判が多いんですね(たまにしか使わないので知らなかった)。

将来の話
・開発プラットホームとしてWindows 2000が外されることが示唆されている
・DirectShowはPlatform SDKに組み込まれるためDirectXから外れる
・メーリングリストでも出てますが、D3DXはスタティックライブラリ(*.lib)からダイナミックリンクライブラリ(*.dll)に提供形態が変更
・Platform SDKへの依存度が高まる(OSへのコア化?)
・IPv6対応(DirectPlay廃止はこの辺の事情からだろうね。IPv6って単にIPの桁が増えるだけじゃないしね)
・プレビューパイプラインをPhotoShopや3D Studio MaxとXSIでサポート
・Visual Studio 2005サポート(そりゃそうだろうね)
・XACT for Windowsの追加(サウンドの話っぽいですけど私はちょっとよく知らない話です)。調べてみたらX-BOXのオーディオフォーマットが使えるってことでしょうか?

さて、このバージョンでもDirectXはDirectXなんですが、DirectShowやDirectPlayなどは次のバージョンでどうなるか分からない状況になってきました。

あと、メーリングリスト(DIRECTXDEV)でD3DXのDLL化も議論が始まりそうで、この辺も気になるところです。

Visual Studio 6.0がサポートから外れてきてますが、次はWindows 2000が開発ターゲットから外れる(このバージョンでは可)となると、わりと企業では痛いかもしれません(まぁ、私個人はレガシーなモンはとっとと切り捨てろ派なんで気にならないですけどね)。

そういえば、Xファイルのことはなんも書いてなかったな。そろそろ言っちゃってもいいんじゃないかな。

はっきりと言える事は、おそらく近いうちにDirectX 7.0→DirectX 8.0以上の転換期が訪れるということなんじゃないでしょうか?

GPGPUから12/12(更新時間)の気になるニュース

GPGPU.orgから興味深いニュースを2点。

・Direct3D用のオープンソースの流体(Fluid Simulation)シミュレーションライブラリ(ライブラリと記事にはあるが、単なるクラスとしか言いようが無いような…)。

http://www.strangebunny.com/techdemo_stokes.php

このテのネタはSIGGPRAHにも上がってきますし、NVIDIAのデモやGPUGemsにも記事が収録されてますがどうなんでしょうね。とりあえず、これから動かしてみます。

シミュレーションのモデルとしては、Navier-Stokes を採用してるようですね。Direct3DのSDKはSummer 2003とのこと(October 2004のことがトップで書いてますが…)。バイナリはDirectX 9.0cでも動作するようです。

関係ないけど、上のウサギはなんだろうね。

・AT&TのGPGPU研究グループ

AT&T Labs GPGPU Home Page
http://www.research.att.com/areas/visualization/gpgpu/index.html
(IEからだとなんかファイルを保存しようとしますが、手動でリンク先に指定されてるURL + index.htmlで見れますね)

AT&TにGPGPUの研究グループがあるようです。

ちなみに研究領域は以下のようです(上のページの左の項目)。論文もあるみたいですね。

・Map Simplification
・Data Depth Computation
・Geometric Optimization
・CSG Rendering
・k-Selection
・Matrix Multiplication

しかし、よくよく見るとメンバーは2人でしょうか?まるで警視庁 特命係みたいですな。

関係ない話ですが、知り合いの東工大の方がフランス行った時にフランステレコムの研究所に行ったらハプティクスの研究者を9人も飼ってるのに驚いたという話を思い出しました…(その方もハプティクスインターフェイスの研究者ですが)。

新サイトの運営方針

個人的に最後まで悩んでいるのが、新サイトの運営方針です。

今回取得したドメイン(まだここでは未発表ですが)は非常に一般的な名詞から取ったので自分だけで使っていいものか悩むところです。

ただ、だからと言ってコミュニティサイトの管理人をやるほど根性ないですからねぇ。

新サイトのオープンに関して

とりあえずだいぶ作業は進んでおりますんで今週中にはオープンしたいところですねぇ。

確実なスパム対策の1案

やっぱ、yahoo.co.jp経由のアドレスは全部受信拒否にするのがいいのかも。

コレはちょっと欲しいかも

PC Watchにあったワイヤレスペン型マウス。

PC Watchの記事
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1210/rwc.htm

タブレットもいいんですが、これはパッドがいらないし、安いのでいいかも。

ところで、個人的には、Nintendo DSの登場もあるので、ペン型の入力インターフェイスを用いたエンターテイメントシステムの研究って提案しやすくなった気がします。Nintendo DSでの開発は誰でもできるわけではないですが、PocketPCなら1画面ですが、開発がオープンですし、無線LANが使えるのでDSを想定したしたシステムが組みやすいんじゃないかな・・・(タブレットだと電磁誘導式ですが、感圧式のディスプレイの方が似たつくりにしやすい)。

ちなみにPocketPCは2DならGAPI(今はどうなんでしょう?)というDirectDrawに近い2D APIがあって、通信はDirectPlayで作れますからねぇ。

今月リリース?

そういえば、アメリカのAmazonではShaderX3の出荷が1~2週間に戻ってました。

注文も予約ではなく"Add to Shopping Cart"に戻ってました。

確実ならこっちもありだけど。

また、注文してるうちに日本でも24時間以内に発送になると怖いよなぁ…。

新サンプル

DirectX 9.0 Update (December 2004)を落としました。

新しいサンプルに、『LocalDeformablePRT』がありますね。

ノートのgeForce FX 5200 ではFPS 10行くか行かないかですが、ハイエンドPCならちょっと面白いかも知れませんねぇ。

2004.12.12

移し変え

とりあえず旧サイトを丸々移し変えております。

なぜかFFFTPで接続が切れるのでWindows XPのFTP機能でなんとか安定化する(でも、これってパーミッションとか転送モードとかどうなってるか分からんからあんまり使いたくないんですが)。

それにしても150MB近くあったんだな>旧サイト。

とりあえず段階的にミラーサイトも削っていかないと。

ミラーリング

とりあえず、新サイトのベーシックな部分はできてきました。

大雑把にやら無いといけないことは、

1.Masafumi's LABORATORYの全データを新サーバに移す
2.Masafumi's LABORATORYでの既存の記事を新サイト向けに直す

とりあえず、1が急務ですね。2についてはとりあえず、1で前のサイトをそのまま維持した構成でトップページへ誘導すればいいわけですからね。

情報統制

NNN24見てたらウクライナの例の政変のことをやってました。

なんか、ウクライナのテレビ局ってのは国営だろうが、民放だろうが基本的に政府の厳しい情報統制にあってたそうな。そんな中で、国営放送のとあるニュースの手話の同時通訳者(よく右下とかに小さく表示されるヤツ)がニュースキャスターのしゃべる政府の大本営発表がウソであるので、信じるなと手話で伝えた、と言うニュースがありました。

これをきっかけと言うわけではないですが、民放でも政府の情報統制に逆らって、政府よりな上層部を追放してと言う流れらしいんですけど、なかなかできるもんではないですね。

ただ、これも国民が立ち上がってきてるという背景があるからでしょうねぇ。

さて、日本ではどうでしょうね。一見すると情報統制などない言論が自由なように見えてテレビ界では案外と暗黙的に無かったことにされてる話題はいっぱいありますからねぇ。

変な時間に寝ると

へんな時間に起きちゃうよなぁ…。

なんか昨日の午後6時にうっかり眠ってしまい、起きたら0時前でした。

とりあえず新サイト作りの続きするかなぁ。

2004.12.11

構築中

とりあえずXOOPSを入れて色々といじくり中。

やっとインターフェイスに慣れてきた感じです。

引越しに際して既存のProgramming Tipsをどうするか悩み中なんですが、過去のページはそのまま保持しておこうかと思います。

ただ、いっそこの機会にDirectX 8とかの賞味期限の切れてる記事はリストラしてもいいのかも。

あと、考えてるのがいっそのこと引越し先も告げずに突然、閉鎖でサイト名もHNも変えて運用開始ってのもありかも(まぁ、そういうことにはならんでしょうが)。

ちなみに今回の引越しでもこのblogは閉じないので。

移行作業

とりあえずこの2日は移行作業のための準備をするかな。

あと、新サイトはXOOPSでの運用を検討中です。

ドメインってwhoisとかで検索かけると、取得してる団体、組織、個人名が出ますが自分の名前が出ちゃうなぁ…。

新サイトをどう作るか

今、悩んでいるのはその点ですね。

Masafumi's LABORATORYは当初、CGIが使えないエリアだったためWiKiやXOOPSなどが使えませんでした(実際には無かった気がしますが)。

今度のエリアは、最初から色々とできることとサイトの名称そのものも変更予定なんで思い切ったことをやっていきたいんですよねぇ。

ドメイン

とりあえずやっと取得したドメインで繋がるようになった。

あとは、引越しとか新ページ作成とか徐々にやっていかんとな。

今のサーバのバックアップとかもしないと。

2004.12.10

プログラムが来る

コンピュータプログラミングの話ではなく、1月の発表のプログラムが来る。

とりあえず11日の14:10~14:40の30分ってとこですね。

それにしてもポスターで良かった・・・。あのクオリティでセッションはヤバかった。

あと、同じ時間帯に日本からの発表が多いなぁ。

ちょっと気になるマウスの新製品

ロジクールが新しいモバイル用のマウスを発売するみたいですね。

プレスリリース
http://www.logicool.co.jp/press/press_167.html

とりあえず、レシーバー収納式のようですが、たぶん最大の特徴はホイールに変わって静電式のスクロールパネルが付いてることだと思います。

静電式というといわゆるノートパソコンなんかのタッチパッドなんかに使われる方式ですね。これの使い勝手は非常に気になります。4方向なんで実質チルトホイールと同じ機能ですね。

Hotmailがiモードから見れる・・・っていうじゃない

なんかHotmailがDocomoの携帯から無料で閲覧できることになったみたい。

プレスリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2143

Microsoftも意外と柔軟になってますねぇ。

…と思ってP900iからアクセス。

fomahotmail

…だけど、FOMAから見れませんから、残念!!

ドメイン

えーと、突然ですが色々と考えた末ドメインを取得しました。

次のCOOL Onlineの更新の時にMasafumi's LABORATORY自体を閉めます(たぶん、2005年1月中旬。ちょうど更新のタイミングで移行したかった)。

そんで、全部新サイトに移行します。

サーバスペースが今までの3倍になるので、Blogもそっちに設置するかもしれません。

新サイトはある程度、うつし始めたら案内を開始します。

ちなみに取得したドメインには"masafumi"というのは入れておりません。

情報処理学会エンタテインメントコンピューティング(EC)研究会

IGDA日本の記事ですが、情報処理学会エンタテインメントコンピューティング(EC)研究会が来年から開催されるようですね(ちなみにIPSJのサイトではまだなんの告知もありません。…というかEC自体まだ研究会のリストに加わっていない)。

IGDA日本の記事
http://www.igda.jp/modules/news/article.php?storyid=354

まだ、だいぶ先ですが、唯一所属してる学会が情報処理学会(確か、学生は1つ目の研究会の会費が1,000円だったハズ)なので、これはこれで発表の場としてアリですね。

まぁ、手法と言うよりはシステムの試作とか評価とかそうした部分が論文や発表としてウけそうな気がしますが、まだ詳しいことは分からないのでなんとも言えませんが。

さっそく

昨日の北國新聞の取材の結果は今日の2面にカラーで出ておりました(一応、図書館前で確認)。

わりと写真が楽しそうに写っててやだなぁ…。

もし、北國新聞をとってらっしゃる方がいたら2面をどうぞ。

工事

K32の改修工事って今日からだったのか。

しかし、この音はヤバイかも。

こたつ

今日は早く起きられたし、こたつを出すかなぁ。

2004.12.09

終盤

大奥もだいぶ終盤っぽくなってきましたなぁ。

ついに次回、最終回なのか。

それにしても、最後の

「飲むとお子が流れます」

っていう散薬はやはり、伊勢白粉とかなのかねぇ。

12/9のまとめ

とりあえず、今日のことをまとめて。

・韓国行き
とりあえず旅行代理店で航空券の手配。

なんか、往復で30,000円くらいらしいですんが、これだと高い時の羽田-小松間の往復より安いかも。

・取材
なんか急遽、地元の新聞社が取材に来てた。

・COLLADA
こちらでエクスポートしたデータが表示できない。

なんか一部データの書式が違うっぽい。エラー出してる箇所を確認してみないと。

あと、日本語版のMaxだとそれはそれで、エクスポートで厄介な問題を起こすな。

メンテ終了

ようやくココログのメンテが終了したみたいです。

当初は5:00~15:00だったんですが、20:00までに延長になって、何かあったのかと思いましたが無事終わったみたいです。

それにしても告知が前日だったので、気付くのがだいぶ遅くなりました。

ココログのメンテは閲覧には影響が出ないんですが、うまいこと自動的に読んでる人たちがメンテだと気付く方法は無いんでしょうかね。

自分でエクスポートしたモデルだと

COLLADAのビューワーサンプルで先にリンクしたモデルデータを読み込みさせたら表示されませんでした(起動はするけど)。

たぶん、MAXでカメラを設置しないとダメなんだろうね。今日、大学行ったら試してみるかな。

しまったなぁ

眠いから8時に寝て、朝早めに起きて朝型の生活に切り替えようと思ったら1時に起きちゃったよ…。

2004.12.08

サンプルのビルド

とりあえずCOLLADAのサイトのビューワーをビルドしてみる。

OpenGLに不慣れだったんで、わりとビルドに手間取りましたが(いくつかの関数がARB拡張で書かれてたんですが、こちらのヘッダーではそれらがコア憎みこまれてたため名称を変更する必要があった)サンプルのモデルをいくつか表示してみました。

アニメーションもちゃんと動くんですねぇ。

collada.jpg
クリックすると大きなサイズになります

Cgのシェーダコードはファイル自体に記述されちゃってるんですね(下がCgのシェーダコード付きのサンプルを試したもの)。

collada002.jpg

まずは、ここからってとこですね。

朝から大学来ちゃうと

やっぱり夕方は眠いですね。

ただ、ようやく生活スタイルを朝型に戻せそうな感じです。

FX Composerプラグイン

どうやら次期バージョンでは、ついに開発用のドキュメントが出そうですね。

とりあえず、SDKというよりは単なるATLでDLL作ればいいみたいだね。

いいネタがあれば、扱いたいとこですけどね。

これはうれしいなぁ

なんか@niftyがEdyとかでコンテンツの決済ができるサービスを開始するみたい。

INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/12/08/5696.html

ANAのマイル会員のカードがEdyで200円 = 1マイルなのでこれはありがたいかも。これで、ちょっと活用の幅が増えます。

追記
ガーン、WindowsMediaPlayer使うコンテンツではEdyで決済できないじゃん。

COLLADAで出力してみた(修正)

とりあえず、研究室の自分マシンに入ってるMAX 6で球のメッシュをCOLLDAで出力してみました。

見ると分かるとおり、確かにXMLですねぇ。

ファイルを開く(球, XML, 147KB)

次は簡単なビューワーサンプルとか試してみないとなぁ。

追記
…と思ったら当初落としたエクスポータのMAXスクリプトはバージョン1.0の古い方だったので、あらためて1.1のを落とす。こっちのバージョンではインポータのスクリプトもついてるわけね。

ファイルを開く(ティーポット, XML, 158KB)

SUPERBIBLE

とりあえず、ちょっとずつは読み始めてますが、OpenGLの一通りの機能はこれで、マスターできそうな感じですね。

アセンブラ、GLSL両方のシェーダについてやWindows、Linux、Max OS XとそれぞれのOS環境での開発についても章が立てられてるのもいいですね。

ただ、1,000ページ以上あるんで重いんですよね。

出版元のページ
http://www.starstonesoftware.com/OpenGL/

Opengl Superbible
Richard S. Wright Benjamin Lipchak

Sams
2004-07-08
売り上げランキング 37,146


Amazonで詳しく見るby G-Tools

仕様書

COLLADAのXMLスキーマとか。

http://www.collada.org/2004/COLLADASchema/

156ページの仕様書なんて読みたくはないんだけどねぇ・・・。

まだあんまり真面目に目は通してないんですけど、Direct3Dのエフェクトファイルのようなシェーダプログラミングのメタファイルのような仕組みが、OpenGLの場合はCgFXになっちゃうわけですけど、COLLADA + Cgでそういうことが出来ちゃうことになれば楽なんですが…(ただ、シーンに対するプリ & ポストプロセスとかはこれでは困るが…。でも、OpenGLで使えるのシェーダファイルでは、DXSASスクリプトの様な記述方法が無いからなぁ)。

Direct3DのXファイルにしても、将来のモデルデータフォーマットはシェーダプログラムも内包させる(XファイルではEffectInstanceテンプレートととかね。詳しくは、SDK付属の【DwarfWithEffectInstance.x】でも解析してみてください。機会があれば触れますが)形になるんですかねぇ。

とりあえず、近いうちにEffectInstanceテンプレートの話題でもしますかね。

そういえば、CEDECのタイミングでMicrosoftのDirectXチームの人と話しましたが、エフェクトファイルにString型でモデルデータのファイルパスを書くやり方は推奨しないそうな。むしろ、EffectInstanceテンプレートを使ってくれとのことでした。ただ、DXSAS対応ではないのでそこの整合性がねぇ。その辺は、まぁその時の話で解決したわけなんで気にしてませんが。

ところで、EffectInstanceテンプレートってモデラーからエクスポートできるのかな。まぁ、出来なくても自前で書き加えても問題ないわけだが。

ショートミーティング

今日は定例の先生とのショートミーティング。

とりあえず、年明けすぐの韓国行きの打ち合わせが中心でしょうね。

ちょこっとだけ

ちょこっとだけCOLLADAのファイルやサンプルなどを覗き始める。

本当にXMLなんですねぇ。

頂点数の少ないものだと、結構人間が見ても見やすい?

それにしてもモデルデータのXML化は自然な流れなんでしょうねぇ。

COLLADAだけでなく、我々に馴染みのある…(続く…かも?)。

2004.12.07

DSかPSP

DSかPSPのどちらかを買おうか検討中です。

ただ、今のところ出てる、もしくは同時発売のソフトウェアでどちらも食指が動かんのですよね。ハード的にはPSPの方が好きですが、アーマードコアがアクションでは無いらしいのでますます躊躇します。DSについてはやはりFF3が期待してるんですが、WSCの時のことがあるんでねぇ。

そんなわけで、当面は静観のままです。まぁ、真・三国無双とかはやりたいですが、どちらのハードでも出るようなので、その出来で決めようかと。

帰省前に

年明けすぐに海外だから今回の帰省はしっかりと準備していかないとなぁ。

明日あたりにその辺の打ち合わせをしないとなぁ。

1、2、3月期の課題・変更

とりあえず、OpenGL + Cg + COLLADAかなぁ。

PS3が

PS3がNVIDIAのGPU積むかもしれないとはねぇ。

PC Watchの記事
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1207/nvidia.htm

まぁ、GPUの世の中になっていくこと自体は歓迎しますけどねぇ。

これで、PS3がOpenGL ESになるかもって話もちょこっと信憑性が出るというものです。でも、シェーダプログラミングはCgかも(GLSLよりもNVIDIAがチューニングしやすいし)。

まさか、SCEAの提案するCOLLADAがOpenGL + Cgなのはこのための布石?。

本棚

せっかく先週、本棚を作って蔵書を整理したので、その紹介。

ちなみに図書館みたいに背表紙にシールの貼ってあるやつは研究室所蔵(うちの先生も相当、本買う人なんで研究室所蔵の本は結構種類が豊富)。

最上段

1st.jpg
クリックすると大きなサイズになります

最上段は3Dプログラミングとシェーダプログラミングなんかの本があります。

中段

2nd.jpg
クリックすると大きなサイズになります

中段は、C++の本と数学の本なんかを入れてます。あとは、WindowsプログラミングとかActiveXとか、あとDirectShowの本が1冊。この中では、『標準講座C++』がだいぶ汚れてきてますが、その分読まれてる証拠ですねぇ。

最下段


3rd.jpg
クリックすると大きなサイズになります

最下段は、特にテーマは無いんですが大き目の本とか重めのヤツとあぶれたヤツが入ってます。

それにしても、まだ数冊しまってない上、本はすぐに増えてしまうので2個目の本棚が欲しくなる日も近そうだな。

今日こそは

とりあえず午前中にNTTの電話料金を払ったら、とっとと大学に行くかな。

最近、引きこもりにさらに拍車がかかってきてるからな。

これがSL-C3000で動けば・・・

ようやくCF型の11gのカードが出るようです。

これがSL-C3000でも動くといいんだけどねぇ。

ノートPCも11bなんでこれPCにも転用したいよなぁ…。

とりあえずは発売まで様子見だよなぁ。

eXpansysの予約ページ
http://www.expansys.jp/product.asp?code=WCF54G

最高のジョーク

昨晩の報道ステーションでゲーム脳ネタがやってました。

いや~、テレビ朝日とゲーム脳の組み合わせが、危うく笑い死にするところでした。

まぁ、今の段階では血液型性格診断みたいなレベルなんじゃないかねぇ。

2004.12.06

1、2、3月期の課題

個人的な1、2、3月期の課題(12月と冬休みはちょっと忙しいので、ここに時間はさけない)はOpenGLを今のDirect3Dと同じくらい使えるようになっておくというのを目標として
あげておきます。

別にOpenGLに完全移行するわけ(DirectShowを使うんであればDirect3Dの方が楽だし)ではないんですが、やっぱり将来のことを考えて両方を十分に使いこなせるようにならんとねぇ。

そんなわけで、『Beginning OpenGL Game Programming』に続いて、『Opengl Superbible』(第3版)が届く。一応、アメリカのAmazonでのレビューも評判がよかったようなので。

本当は、『The Opengl Shaders Handbook』も頼んでるんですが米Amazonでもすぐに来ないような在庫状況みたいですね。これは、OpenGL + Cgとのことなんで、その組み合わせで1冊本も欲しかったので期待してるんですけどねぇ…。

Opengl Superbible
Richard S. Wright Benjamin Lipchak


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The Opengl Shaders Handbook
Sergei Gaidukov


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

逆転

また、生活時間が逆転してるな。

とりあえず平日は大学へ行くからこれで、矯正しないと。

あと、最近筋トレ(ってほどではないですけどね。腕立てとか腹筋とかだけなんで)をサボってるな。

Booksに"Jim Blinn’s Corner"を追加しました。

蔵書コーナーに「Jim Blinn’s Corner 日本語版」を追加しました。

何度か読み返しておくべきでしょうが、ざっとこの2日で呼んだ感想(ただし、蔵書コーナーで書いてるのとかぶらないようにしてます)。

1巻
基本的には、現在のグラフィックハードウェアがハードウェアで処理してくれちゃっているものを振り返るのにいいんじゃないかと思います。これって案外とゲーム作りたいってことで3D APIを触り始めた学生が知らないことが多かったりするような気がします。ハードウェアがアクセラレーションしてるブラックボックスがどうなってるのかというのを知るにはいい本だと思います。

SIGGRAPHネタは論文の方は耳が痛いですね。典型的な論文を出すけど、通らない人っての当てはまるなぁ…。プレゼンの話はそんなに耳は痛くなかったけど。

2巻
こちらは画像処理(画像認識の話は無いです)がメイン。フィルタ処理とか量子化とか。他の方のレビューであまり出てこなかったんですが、テレビ的(ビデオ信号とかフォーマットとかNTSCとか)な話が3章あります。まぁ、画像処理とテレビの仕事は密接に関わってますからねぇ。蔵書コーナーの表色系変換ってのはNTSCのYIQとRGB変換の話ですね(ビデオ周りのネタではよく出ますね)。

コレ読んでてちょっと試してみたくなったのが第13章のNTSCのネタで、テレビ出力のできるVGAで発色について色々と実験したくなったな。あと、CVやってるとデジタルビデオの話(第11章)とかテープの話(8章)とかもねぇ。

SIGGRAPHのネタは観戦ガイドみたいなもんかな。

ところで、Amazonで1巻はレビューが付いてたと思うんですが…。なんか消えてる気がするけど何かあったのかね。

Jim Blinn’s Corner 日本語版 (1) A Trip Down the Graphics Pipeline
Jim Blinn 三浦 憲二郎 有我 成城 西田 友是 土橋 宜典

オーム社
2004-04
売り上げランキング 2,616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Jim Blinn’s Corner 2 日本語版 (2)
Jim Blinn 土橋 宜典

オーム社
2004-11
売り上げランキング 2,663

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2004.12.05

この寒さだと

今日は買い物に行くために外に出ましたが、この寒さだと年内にでも雪が降りそうだな(山の方はもう降ってるけど)。

JALで帰るかな

今晩のEZTVで羽田の第2ターミナルの特集でしたが、この様子だと第1ターミナルのJALで帰ろうかな。

これ見ちゃうと、視聴者としては正直かなり慣れるまでは今までと同じ第1ターミナルのJALを使いたくなっちゃうよなぁ…。

動画再生環境

とりあえず、ようやくSL-C3000の動画再生のセッティングのコツが見えてきたかも。

とりあえず、MPEG1で320x240とかならエンコードは楽なんですが、1時間番組は1GB超えちゃうので、いくら4GBのHDD積んでてもちょっとなぁということでDivXの再生を模索してたんですが、ようやくどのくらいなら快適に見えるかが分かってきました。

今まではあんまりPCでもストーリミングを見るぐらいだったんですが、HDDレコーダが来たら飛行機の移動とかで活用したいよなぁ。

事実として突きつけられると・・・

あ~、今年はサザエさんとタメだったわけね>俺。

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/sazaesan/sazaesan_cast.html

上のリンクはフジテレビのサザエさんのキャスト紹介ですが、色々と見てるとウケるな。

マスオ→早稲田大卒は有名だが、2浪(小宮山悟と一緒ですな)とかは書いてないんですな。
カツオの友達の「早川さん」も「カオリちゃん」の文章を前提に見ないでいると、「クラスのNo.2」とかいきなり書かれてもねぇ。

そして、フネは50代と言う設定なら、40代でワカメを生んでるわけだが。

【ブックマーク】海外の電源

そういえば、年明けに海外に行くので電源周りのメモとして下記のサイトをメモとしてあげておきます。

http://www.faminet.co.jp/d_guide/d_gnc/g-tr-vol.html

今回は、フランスの時よりは苦労しなさそうですね。

新日

今晩の新日は先週、千葉で見た佐々木健介 VS. 鈴木みのる戦なのでカウントダウンTV見るかな。

立体視

AV Watchにあったステレオ立体視可能なHMD(実際にはコチラで知ったわけですが)。

ただ、「3DEK」と言うキットで作成した映像しかダメみたいですね。

このサイズだとVGA2系統入力はなさそうなので、うまいこと左右を明示的に切り替えてフレーム画像の転送ができるならフレームごとに視差を考慮して送ればいいんだろうけど・・・。そういうことができるようにはなってないだろうなぁ・・・。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20041125/visualw.htm

ところで、仕事で何度かステレオ立体仕向けのコンテンツを作ったことがあるんですが、やはり日本では立体視できるハードウェアはいっぱいあるのに、コレっていうキラーコンテンツと便利なオーサリングツールが無いですよね。

特に後者に関しては、ハードウェアといかにパッケージング化できるかということなんですが、これが出来ないと最初に買って終わり、ってのはよくあります。その辺に関してはうちの大学もあんまりえらそうなことを言えないことをやってるよな・・・。

2004.12.04

Blin先生

とりあえず2冊まとめて注文していた『Jim Blinn’s Corner 日本語版』が届きました。

1巻が出たときにタイミング的に買いそびれたので、2巻が出たときに両方買ってみました。まぁ、読み物とのことなんでおいおいと。

Jim Blinn’s Corner 日本語版 (1) A Trip Down the Graphics Pipeline
Jim Blinn 三浦 憲二郎 有我 成城 西田 友是 土橋 宜典

オーム社
2004-04
売り上げランキング 2,616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Jim Blinn’s Corner 2 日本語版 (2)
Jim Blinn 土橋 宜典

オーム社
2004-11
売り上げランキング 2,663

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・・・と思ったら

ちょっと挙動を勘違いしてるだけでした。

とりあえずLoopByCountでやりたい挙動になったんで良しとします。

新しいネタ

まぁ、ちょっとした小ネタをFX Composerで仕込んでるんですが、ちょっとFX Composerの制約っぽい問題で実装に詰る。

D3DXでやるのであれば、その辺は何とかなるんですがねぇ・・・。

ちなみに制限ってのは、RenderColorTargetのテクスチャにアノテーションでResourceNameでファイル読み込みさせるとデプスステンシルバッファのサイズ関連で動かない。

ようするにD3DXCreateTextureFromFileEx()でD3DUSAGE_RENDERTARGET指定するようなものなんですが…。これって俺の立場からすると要望で出すべきことだろうなぁ…。

シェーダコード内にRenderDepthStencilTargetのテクスチャを作ってこれのサイズをレンダーターゲットと同じにして解決しようとしたけどダメでした。

一応、ペイント系のサンプルみたくbool(セマンティクスにFXCOMPOSER_RESETPULSE)でLoopByCountで初回だけ別処理で回避しようとしてるんですがうまくいかんねぇ。

久しぶりに聞いた

コンピュータのガリバー>IBM。

たまたまテレビでやってたIBMのPC部門売却のニュースでコメンテータが言った言葉ですが・・・。

Visual Studioというソフトウェアの本

Visual Studioって高機能なんですが、その分、初心者にとっつきにくい気がします。ただ、Visual Studio自体は、プロツールですから初心者に迎合する必要性ってのは一切無くていいと思います(慣れてしまえば、便利なソフトウェアですが)。

そんなわけで、実際にVisual Studioの環境に慣れるのってには皆さんはどう学習しました?

私が初心者だった時期は4~5年前だったのですが、実は自分の学習の過程ってのをあんまり覚えてません。なので、初心者が独学するためのいい書籍とか方法ってアドバイスしようにも、あんまりうまい方法(書籍やサイト)がありません。

例えば、私の蔵書コーナーにはC++やWindowsプログラミングの基礎となる書籍はあるんですが、Visual Studioそのものの環境を扱った本って持ってないんですよね。

あえて、思いつくとすれば私の場合はVisual Studioのメニューのダイアログやタブを片っ端から開いて該当箇所を探すってことはやったりします。

勘がよいというのはいいことですが、そういう暗黙知が形式知になってこないとなかなかねぇ….

こういうオチのつけ方は正直、いかにもうちの研究科らしくて嫌なんですけどねぇ(笑)。

削除

ちょっといくつかの記事を消しました。

さすがにちょっとマズイんじゃないかと思ったからなんですが、該当記事のコメントを書き込んだ方々には申し訳ありませんが他意はありませんので今後とも当blogよろしくお願いします。

特に何か起きたわけではなく、何か起きたらやだなぁというだけですので。それと該当記事に関してはすでに問題が解決したと思われるますので。

2004.12.03

Microsoft Research India?

CNET Japan見てたらMicrosoftがインドにMicrosoft Researchを開設する記事がありました。

CNET Japanの記事
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000050156,20077483,00.htm

アジアのMicrosoft Researchと言えば、中国の北京のMicrosoft Research Asiaがありますが、あそこの研究発表数の増加なんかを見てると、ここも数年後には大きくなっていきそうですね。

一方で、東京にGoogleの研究開発センターが出来ましたが、こうした研究拠点が日本でできることはいいことですね(研究の方向性が違いますが)。

同じくCNET Japanの記事
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20078024,00.htm

なんにせよ個人的には、国内に世界的に通用するグラフィックスとその周辺技術(前述のMicrosoft Researchはグラフィックスだけをやってるわけではありませんが)を扱う研究機関とかができてもらいたいものです。

テクスチャのコピー

DIRECTXDEV@DISCUSS.MICROSOFT.COM(リンク先は過去ログ置き場。要登録)でなんか、テクスチャからテクスチャにコピーするのをStrechRect()とRenderTargetに出力するのではどちらが本当にパフォーマンスが良いのかという話題を持ちかけた人がいますね。

今週、研究室の友人とも同じ話題になったのでこの議論はちょっと興味があります。

海外のサンプルを見てると・・・

洋書とかGPUベンダーのサンプルを見ているとID3DXEffectを使わないで、サンプルを用意している例をよく見かけます。

パフォーマンス上の観点から言えば、当然、より低レベルなAPIを使った方が速度的には早いはずなんで、いいんですが、やはりSDKのバージョンが変わるたびに起きる仕様変更とかもいやなんでしょうかね。

さて、個人的にはそろそろ頂点シェーダに送るストリームの記述に柔軟な頂点フォーット(FVF)の利用をやめる習慣をつけないのかと考えております。まぁ、FVFでは遅れない形式のデータもあります(接ベクトルとか従法線とか)し、WGFで廃止予定の機能としてアナウンスされてますしねぇ。

ただ、将来的にはそれでもラッピングされたインターフェイス(GPUに汎用計算させるには、ラッピングしておかないと3Dネイティブでない人が利用しにくいわけですが。まぁ、その辺はGPGPUな人たちがそういうライブラリを作ってるわけですが)が別に出てくれるんでしょうけど。

アメリカの刑務所ってゲームできるんだ

IT Mediaの記事を見てたらアメリカの刑務所って普通にゲームができるんですね。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0412/03/news081.html

囚人が、GTAとかPOSTALとかやってる絵とかはちょっと怖いですね。

ただ、逆に置いてあるタイトルが『ピクミン』とか『どうぶつの森』とかだと、そういう絵も想像したくないですけどね。

三丁目の夕日が実写映画化

Yahoo!ニュースで西岸良平 大先生の『三丁目の夕日』が実写かされると言う記事がありました。

Yahoo!ニュースの記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041203-00000021-spn-ent

個人的には、実写化は映画よりもテレビドラマ(しかも、1話1時間ではなく、長くても30分とか)のように尺を短めで何本もやる方がダレなくていいと思います。まぁ、テレビドラマならキャストが固定しやすい『鎌倉ものがたり』の方もいい気がしますね。

あと、3DCGをやってる身からしては、西岸良平作品のフル3DCGアニメ化はNPR技術の最後の課題のような気がします(その前の段階として福本伸行作品の立体化があるわけですが)。

1周年

よくよく考えてみたら今日がこのblogの1周年でした。

右下のココログのバナーの下にあるのが開設日なんですが、やじうまWatchでココログ自体の1周年が機能だったことで思い出しました。

http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/index.htm

ちなみにこの記事を入れるとここまで書いた記事の数は、2,408です。

1日あたり約6.6件かいてることになりますね。

年末の帰省

年末に千葉の実家に帰るのは17日以降になりそうです。

年内は、15日までがゼミで、16日にはお客さんが来て研究室のデモをしなくてはいけないので、それらの予定を考慮すると17日以降ってことになりますね。

シングルズって18禁なんだな

以前、シムズ2を買おうかどうしようか迷ってることを書きました(該当記事)。その時にシングルズというゲームのことも話題にしましたが、あのゲームって18禁だったんですねぇ。

シングルズ(リンク先はAmazonですが、パッケージ自体は別に18禁じゃないですね)

ちょっと欲しいんだけどねぇ

気付いたら第2弾も出てたんですね>ファミコンミュージックDVD。

ナムコット編はファミリージョッキーとかケルナグールとかはよく遊びますね(収録タイトル)。マインドシーカーが無いのが残念だなぁ。

ちょっと欲しいんだけどね。

ファミコン 20TH アニバーサリーゲームミュージックDVD

おすすめ平均 
ディスクライターの映像が良かった
ジャイロとブロックの動作画面が見られる
詰めが甘いというか…
こういったサウンドトラックを待っていました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ファミコンミュージックDVD~ナムコット編~

おすすめ平均 
思い出のナムコット
よみがえる名ゲーム
初期リリース作品に思い入れがあれば買いだが、ファミスタは未収録。
ナムコ
NAMCOT

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サントラといえば、ゲームじゃないけどサザエさんのサントラが欲しいんだけど、製品としては存在してないのかなぁ…。

2004.12.02

『Advanced Lighting and Materials With Shaders』初見感想

とりあえず見たところサンプルはBRDFとSHの比重が重いようですね(反射モデルについてはHLSLのファイルが付いてますが)。

ライティングモデルや反射モデル、レイトレーシング、リアルタイムラジオシティについてはサンプルと言うよりは本文の方での理論や記述を元に実装してみてくれってことなんでしょうね。

APIに依存した実装よりも理論的な部分や数式的な解説を読みたいって人にはいいんでしょうね(もちろんシェーダコード自体を取り上げて解説もしてますが)。

基本的には大半の話題はDirectX + HLSLですが、ところどころでOpenGLの話もあります(SHのとことかReal-Time Radiosityとか)。

目次
1. The Phisics of Lighting
2. Modeling Real-World Lights
3. Raytracing and Related Techniques
4. Objects and Materials
5. Lighting and Reflectance Models
6. Implementing Lights in Shaders
7. Implementing BRDFs in Shaders
8. Spherical Harmonic Lighting
9. Spherical Harmonics in DirectX
10. Toward Real-Time Radiosity

Appendix
A. Building the Source Code
B. Simple Raytracer Implementation
C. The Lighting and Shading Frameworks

Advanced Lighting and Materials With Shaders
Kelly Dempski EMMANUEL VIALE

Wordware
2004-11-30
売り上げランキング 40,500


Amazonで詳しく見るby G-Tools

うっかり

なんかうっかりと先の第22回記事をエフェクトファイルの解説ナシでアップしちゃったよ。

とりあえず現在のバージョンでは7章を加えました。

Direct3D 第22回「Bump Underwater HLSL」
http://masafumi-t.cool.ne.jp/directx9/3dtips/d3d22.htm

久々に更新しました

久々にMasafumi's LABORATORYDirectX 9.0 Programming Tipsを更新しました。

かなり以前にソースとバイナリをここでも公開した『Bump Underwaer』のHLSL版です。

人に頼まれてこさえたクラスなんですが、あまり利用の幅が無いのですが、Summer 2004のSDK以降サンプルがなくなったので置いておきます。

Direct3D 第22回「Bump Underwater HLSL」
http://masafumi-t.cool.ne.jp/directx9/3dtips/d3d22.htm

それにしても予定では、11月中には終わってるはずだったんだがなぁ…。

1週遅れとは・・・

『リチャードホール』見てたら、なんか王様のプランチャーで武藤が先週、実家で見たときと同じく『I Love プロレス』ポーズをやってのになんか違和感を感じたんですが、石川は関東から1週遅れてたのか…。

やっと届く

以前、アメリカのAmazonで注文した『Advanced Lighting and Materials With Shaders』が明日の午前中にやっと届きます。アメリカのAmazonで出荷されたのが先月の21日で昨日、千葉の実家に届いて、昨日送ってもらいました。

ショックだったのがアメリカで注文した後に日本で24時間以内に発送になっちゃったことですね。すでにそのタイミングで入手された方はいるようですね(うちから何冊か売れたので)。

初見の感想は明日の午後にでも。

Advanced Lighting and Materials With Shaders
Kelly Dempski EMMANUEL VIALE

Wordware
2004-11-30
売り上げランキング 40,500


Amazonで詳しく見るby G-Tools

そういえば、2巻が出たことをきっかけに昨日、『Jim Blinn’s Corner』を2冊まとめて注文しちゃいました。これもちょっと読み物として楽しみなんですよね。

2004.12.01

相棒 第6回

久々に1話完結に戻りましたね。

杉下警部が怒鳴るのも久々に見ました。

今回は、原田龍二がゲストとして1回限りの3人目の特命係という話でしたが、わりとハマってたなぁ・・・。

年末で

もうなんか年末気分でゆっくりと1年の締めくくりを迎える気分満々でヤル気がでませんねぇ。

世の中は忙しい時期なんですが、12月は幸いなことに締め切りを抱えていないせいでしょうね。

昨年はインタラクション2004の投稿準備とかで忙しかったんですが、来年のは僕はナシです(研究室では何人かが投稿しますんで、会場には行くと思います。インタラクションは知っている方と会う機会も多いですし)

。まぁ、今年は僕自身はインタラクティブな作品や研究の新作ってのはやってませんからね(新しく何かをやる予定ってことであれば来年から設けられるポスターセッションとかがありですが…)。

いつの間にやら公式ミラーに

いつの間にやらうちの大学のftpがSourceForge.netの公式ミラーになっていたんだな。

まぁ、SourceForge.netからダウンロードする際に学内がミラーなら快適でいいや。

ftpクライアントだけでなく、Windowsのエクスプローラから探しにいっても速度的な遅延が少ないから便利かも。

増書

とりあえず今週中に頼んでた書籍がかなり来ることになりそう。

なんだかんだアメリカ→日本で時間かかったりとかでね。

すげぇ急ぎの仕事とかがたまってるわけではないのと、年末実家で過ごす際に持ち帰ってゆっくり読むことにします。

それにしてもここ2年でかなり技術書が増えてしまったので、そろそろこういう形ではない方法で効率的に増書を管理する方法を考えたいもの。

ブラウザからMSNメッセンジャーが使えるなら

そういえば、最近になってブラウザからアクセスするMSN メッセンジャーがあったことを思い出したのでリナザウから入ってみました。

MSN Web Messenger
http://webmessenger.msn.com/

一応、SL-C3000のNetFront 3.1でサインインが出来、メッセンジャーのウィンドウ自体出てきたんですが、他のメンバが表示されないので惜しくも使えてません(ちなみにPicsel Browserは×)。NetFrontはタブブラウザなんでうまいことブラウジングしながら使えるとうれしかったんですが。

もちろん、そういうものを使わずともこういうソフトもあるみたい。

KMerlin.s
http://www3.kcn.ne.jp/~k-dei/kmerlins/

12月

いや~、ついに2004年も最後の月に入っちゃいましたね。

久々にMSNホロスコープのおとめ座でも見てみました。

http://fortune.msn.co.jp/virgo.armx

とりあえず良さそうな感じですね。この時期は飲み会が増えるので金銭的な出費は仕方ないですね。不動産の決め事の予定はないですし。

あと、今年は厄年(& 年男)だったんですが、昨年ほど悪いこと(大学院に合格しておいて留年して卒業が半年伸びた & 過労で入院。その他、別れ話など色々)は無かった(むしろ近年では良いほう)のでこのまま終わってくれるといいんですけどね。

ちなみに2年連続で、親にもうるさく言われて成田山新勝寺に厄払いに行っております。まぁ、それほど特定の宗教に信心深いというよりは、いかにも日本的宗教(神社にも寺にも行って、クリスマスを祝う)の信者ってとこなんでしょうね、うちは。

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »