フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« いつの間にやらDVDが・・・ | トップページ | 6自由度インターフェイス »

2005.01.21

可視ツール

個人的に抱えてる案件として、数式とかからの可視化ツール(条件として金額はどうでもいいんですが、プログラマで無い人が使えることが条件)を探してるんですがそのメモ。

・オメガスペース数学教育支援版
http://www.solidray.co.jp/data/product/software-sr/omegaeducation/education.html

日本でVRのためのソフトウェアや機材を開発しているソリッドレイ研究所の製品(?。価格とか無いので売り出してるのかどうか知らんけど)。ソリッドレイの製品はうちの大学にも納入されたことがあったはず。

問題は先方が納得するかどうか(問題はツールとしての使い勝手と見栄え。金額は今の大学では実に些細な問題)。

« いつの間にやらDVDが・・・ | トップページ | 6自由度インターフェイス »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

「数式とか…」と書かれているので、ご希望に合うか分かりませんか、"Graphing Calculator" (ttp://www.pacifict.com/)を紹介します。もともとは Mac OS (Classic) に付属していたグラフ計算機というソフトウェアです。ref. ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20050106202.html

コメントありがとうございます。

"Graphing Calculator" ですか、hotwiredの記事は知っていた(なんか夢があって楽しい話ですよね。今だとセキュリティの面とかでなかなか真似できないでしょうが)のですが,普段Macを使わないので肝心のソフトウェアの方は良く知りませんでした。

アニメーションも出来そうな感じなので、なかなか条件的には良さそうな感じです。

私はMacを使わないのですが、幸い、大学の研究室ではG4があるのと、友人がMacを使うのでちょっと見て見たいと思います(見栄えが気になるので無料版のビューワーの方で)。

見栄えに対するこだわりは、当人でないと分からないと思いますので、コメントは控えます。逆に、プログラマではない人でも扱える(だろう)点、お手頃価格である点は、評価できると思います。求めるものに近いと良いですね。とりいそぎ~。

よく見たらWindows版があったのでフリーのビューワーを入れてみました。

なかなか興味深いソフトですね。ちょっと、検討していたことと近い(私は最終的に決定する立場にはないのですが)ので良い感じです。

ちょうど以前のバージョンのグラフ計算機を利用したことがある友人がいたのですが、現在のバージョンはだいぶ機能が増えてるようですね。

>逆に、プログラマではない人でも扱える。
この点もなかなか良くできてるようです、上には書いてないんですが、条件的にアニメーションも出切ることはいいですね。

お知らせありがとうございました。

突然おじゃまします。ソリッドレイ研究所の
神部です。昨年私どもが試作した高等数学教育用VRソフトを取り上げていただき
ありがとうございます。このソフトは昨年のVR学会に参考出展したのですが、その後あまり反応がよくなかったのでペンディングになってしまいました。しかしながらきっと需要は
あるだろうと思っております。何かよいアイディアがあったらアドバイスをください。

神部さま、コメントありがとうございます。

うちの大学には材料科学研究科というのが、ありまして、そちらの先生方なんかは常々、物理的な事象を可視化してプレゼンテーションに使えるツールが欲しいというのをよく言っています(講義に使いたいので)。

そうした先生方は元々が情報科学の方ではないので、ビジュアルプログラムを書かないので、PowerPointで色々と工夫されて手作業で資料を作るのですが、これが結構骨が折れますし、効率的ではないです。

他にも、数式を可視化できるツールも使われてるそうですが、教育のために人にプレゼンテーションで提示するソフトウェアとしてビジュアル面で満足できるクオリティでないという意見が多いです。

JAIST:材料科学研究科
http://www.jaist.ac.jp/ms/index.html

そんなわけで、そのあたりの先生方の意見を聞いてくと、

・作るのが簡単(PowerPointぐらいは使えるけど、それ以上難しいのは嫌だ)
・PowerPointに貼れる(出力が動画かActiveXコントロール)
・単に無機質なグラフがアニメーションする程度の可視化では×

って感じみたいですね。

意見収集には、VR学会の方は、自分でソフトウェアやハードウェアを作る方が多いと思うのですが、ソフトウェアの開発ができないけど、必要だと思われてる分野の下記のような方が多く集まる場の方がいいのかもしれませんね。

・高校の理科の先生
・物理・化学・生物などの自然科学の分野の研究者

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/2648554

この記事へのトラックバック一覧です: 可視ツール:

« いつの間にやらDVDが・・・ | トップページ | 6自由度インターフェイス »