フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 復旧 | トップページ | 卒業の季節 »

2005.03.20

解説論文を書きました

昨年の9月に、この3月に出る予定の芸術科学会(国内でのCGの学会であるNICOGRAPHの現在の主催学会)の解説論文特集に寄稿いたしました。

芸術科学会
http://www.art-science.org/

で、今日、その論文が発行されていることに気づきました。

芸術科学会 論文誌 第4巻 第1号(会員でなくても見れます)
http://www.art-science.org/journal/v4n1/index.html

GPUコンピューティングの動向と将来像
State of the arts and future of GPU computing

というヤツです。SIGGRAPH 2004の直後に書いたものですので、若干現在と事情の違うところもありますが読み物として読める論文ですのでぜひどうぞ。

ちなみに、今は私自身もGPGPUの言葉は使うので”GPUコンピューティング”という言葉はこれからはあまり使わないかも…(あまりよく知らない他分野の人にはこっちの方がわかりやすいんでしょうけどねぇ)。

余談ですが、芸術科学会に論文を投稿するといつもは査読後に、結構、直しや追実験とかについて査読結果が来るのですがこの論文に関しては、一文字も直しについての指摘がありませんでしたので。見てのとおり”再受付”なしで採録なのですが、これは査読付の論文誌では人生で初です(まぁ、書き方がうまくなればいいだけですが…)。

« 復旧 | トップページ | 卒業の季節 »

Programming」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/3370006

この記事へのトラックバック一覧です: 解説論文を書きました:

« 復旧 | トップページ | 卒業の季節 »