フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« mixiで日記をつけ始めると・・・ | トップページ | やっとF901iCでもFFIIが遊べる »

2005.03.30

注目の物理関連の書籍

この前、今年のリアルタイム3DCGのトレンドは物理じゃないかと書きましたが、これから発売する予定でちょっと気になってる書籍が2冊あったりします(ちょっと長いので記事を折りたたんでおきます。)。

まずは、『Physics for Game Programmers』という本。

出版社の紹介ページ
http://www.apress.com/book/bookDisplay.html?bID=418

これを見ただけではちょっとよさが分からないのですが、とりあえず乗り物系の物理っぽいですね。著者がNASAのエンジニアだったという経歴もよいのですが、C#とかJavaをターゲット(個人的にはC#)にしてくれてるとちょっと面白そうな感じです。あと、比較的敷居は低そうな感じです(triviaという単語を実際にあちらの人が使ってるのは初めて見た)。

Physics For Games Programmers
Grant Palmer

Apress 2005-04-25
売り上げランキング : 196,647


Amazonで詳しく見る by G-Tools

で、もう1冊は『Physics-based Animation』で、個人的にはこっちが本命ですね。

出版社の紹介ページ
http://www.charlesriver.com/Books/BookDetail.aspx?productID=99726

これは内容が盛りだくさんです。

目次
・Part I: The Kinematics;
Chapter 1: Introduction to Physics-Based Animation;
Chapter 2: Introduction to Kinematics;
Chapter 3: Forward Kinematics;
Chapter 4: Backward Kinematics;
Chapter 5: Animating Deformations;

・Part II: The Dynamics of Particle Systems;
Chapter 6: Introduction to the Dynamics of the Particle Systems,
Chapter 7: Particle Systems;
Chapter 8: Mass-Spring Methods;

・Part III: The Dynamics of Rigid Bodies;
Chapter 9: Introduction the to Dynamics of Rigid Bodies;
Chapter 10: Penalty-Based Rigid Body Simulation;
Chapter 11: Impulse-Based Rigid Body Simulation;
Chapter 12: Constraint-Based Rigid Body Simulation;
Chapter 13: A General Module-Based Design for Rigid Body Simulators;
Chapter 14: Multibody Heuristics;

・Part IV: The Dynamics of Deformable Bodies;
Chapter 15: Introduction to the Dynamics of Deformable Bodies;
Chapter 16: Continuum Models with Finite Differences;
Chapter 17: The Finite Element Method;
Chapter 18: The Finite Boundary Method;
Chapter 19: The Finite Volume Method;
Chapter 20: Cloth Simulation;
Chapter 21: Computational Fluid Dynamics;

・Part V: Mathematics and Physics for Animation;
Chapter 22: Introduction to Collision Detection;
Chapter 23: Space Partitioning;
Chapter 24: Feature-Based Algorithms;
Chapter 25: Simplex-Based Algorithms;
Chapter 26: Volume-Based Algorithms;

・Part VI:Mathematics and Physics for Animation;
Chapter 27: Vectors, Matrices, and Quaternions;
Chapter 28: Calculus of Variation;
Chapter 29: Basic Physics;
Chapter 30: Taylor Expansion and Derivative Approximations;
Chapter 31: Differential Equations and Numerical Integration;
Chapter 32: Differential Geometry of Curves and Surfaces;
Chapter 33: Open Non-uniform B-Spline Theory;
Chapter 34: The Linear Complementary Problems;
Chapter 35: Open Tissue;

Appendix: About the CD-ROM

全部読むのは相当しんどいですが、物理エンジンに必要なトピックはそろってるんじゃないでしょうか?

Physics-based Animation (Graphics Series)
Kenny Erleben Jon Sporring Knud Henriksen Kenrik Dohlman

Charles River Media 2005-06-10
売り上げランキング : 1,320,811


Amazonで詳しく見る by G-Tools

« mixiで日記をつけ始めると・・・ | トップページ | やっとF901iCでもFFIIが遊べる »

Amazon」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

> Physics-based Animation

おおっ,ここまで全部まとまっている本は
見たこと無いです.値段もそこそこですし,
これは買いですねー.というか僕は買います:D

> おおっ,ここまで全部まとまっている本は
> 見たこと無いです.値段もそこそこですし
やっぱり、ここまでトピックがそろってる本はあまりありませんか。

ちょっと待ち遠しい一冊ですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/3496696

この記事へのトラックバック一覧です: 注目の物理関連の書籍:

« mixiで日記をつけ始めると・・・ | トップページ | やっとF901iCでもFFIIが遊べる »