« 素材 | トップページ | そういえば・・・昔 »

2005.04.27

GPGPU用の言語の存在意義

・・・というのが最近見えてきた感じです。

例のフロッガーみたく色んなゲーム状態を保持する変数をテクスチャに書き込むようなケースの場合に、データを保持する配列をテクスチャということを意識せずにパス間で値をやり取りするような設計であることは色々とありがたいよなぁ…。

やっぱ、複数パス間でのパラメータのうまい受け渡しの仕方を考えないと。

« 素材 | トップページ | そういえば・・・昔 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPGPU用の言語の存在意義:

« 素材 | トップページ | そういえば・・・昔 »