フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 送迎付 | トップページ | コレはでかい »

2005.04.18

プログラマブル化が増える

spinでOpenGL ES 2.x以降に追加されるプログラマブルシェーダの話がありました。

個人的にWGFでジオメトリシェーダ増えることに対してOpenGL側はどうするのか気になってましたが、同じシェーダのフェイズを用意するようですね。まぁ、WGFにせよOpenGLにせよ結局、利用するハードウェア(GPU)が同じである以上、同じ機構のシェーダが加わることは自然なことでしょうね。

それでも、オブジェクトシェーダ自体はテセレーションも考慮に入れるということなんで、WGFのジオメトリシェーダより進んだものとなりそうですが、同時期に出るわけではない(今のところWGFのジオメトリシェーダのほうが先でしょうが)ので、進んだ仕様にするのは当然でしょうねぇ。

個人的には、グラフィックパイプラインのプログラマブル化が進むのはいいんですが、手軽に扱いたいって人にはどうなんでしょうねぇ(携帯電話ならMascot CapsuleのようなAPIを使えば解決でしょうが)。

まぁ、固定機能の時代のようにパイプラインの処理の中身を知らなくても使えるのはいいんですが、リッチになるからこそ勉強しなくちゃいけないっていうのはアリですよねぇ。

« 送迎付 | トップページ | コレはでかい »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/3750552

この記事へのトラックバック一覧です: プログラマブル化が増える:

« 送迎付 | トップページ | コレはでかい »