フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« ついつい | トップページ | 明日のゼミ »

2005.06.20

IGDA の学習指導要領に基づいたゲーム開発の本

アメリカのAmazonのオススメコーナーに『Introduction to Game Development』と言う本が上がってました。

アメリカのAmazonの紹介ページ
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/1584503777/ref=pd_ys_nr_all_2/104-5129127-3970331?%5Fencoding=UTF8&v=glance

これによると

編者(…ということはチャプターごとにライターが違う方式ですね)は、Nintendo of Americaの上級エンジニアで"Game Programming Gems"や"AI Game Wisdom"などのシリーズに協力してて、ワシントン大学のエクステンション(ちょっとアメリカの大学の制度を知らないのでどういうニュアンスかしらないのですが)でゲーム開発の講義を持ってるそうな。

で、個人的に気になったのが、

Based on the curriculum guidelines of the IGDA, Introduction to Game Development is the first book to survey all aspects of the theory and practice of game development and design.

IGDA の学習指導要領に基づいて、ゲーム開発へのイントロダクションはすべての理論の様相とゲーム開発とデザインの練習を概観する最初の本です。(機械翻訳)

なるほど、IGDA準拠って感じですか。言語は、C++ と Javaって感じのようですね。

扱うテーマ自体は、

KEY TOPICS: * Critical Game Studies: The History of Video Games Game Studies (Ludology) Games and Society * Game Design: Conceptual Game Play Play Mechanics Ideas Game Theory Abstract Design Elements Psychological Design Considerations Interface Design Gender Inclusive Design; Practical Game Design Spatial Design Task Design Design Integration Control Schemes Training Play Testing Player Analysis Design Implications of Platform Choice * Game Programming: The Process of Game Programming Practical Game Programming Issues Programming Fundamentals Math and Physics Artificial Intelligence Graphics and Animation Audio Programming Network Programming * Visual Design and Production: Graphics Design User Interface Design 3D Modeling 2D Textures and Texture Mapping Animation Cinematography in Games 3D Environments Lighting and Shadows Surface Effects * Audio Design and Production: Audio Design Skills Fundamentals Interactive Audio Sound Effects;Music 3D Audio * Game Production and Management: Team Make-up Phases of Game Development Group Dynamics Design Documentation Scheduling Quality Assurance Coordinating Efforts Product Post Mortems * The Business of Games: Business of Gaming The Publisher-Developer Relationship Marketing Intellectual Property Content Regulation

とのことなので、ゲーム開発の一通りは教えるって感じみたいですね。Gemsのように色んなトピック集と言うよりも、ゲーム開発の教科書みたいな作りだったら、もしかしたらスゴイ良書っぽい雰囲気はありそうですね。

国内でこのテの本の市場がどの程度かは分かりません(人づてにボーンデジタルはアノ価格でトントンぐらいとかって聞くので市場はやはり小さいのでしょう)が、どこかが翻訳に着手してくれてもよさそうな気はしますねぇ。

出版社の紹介ページ
http://www.charlesriver.com/Books/BookDetail.aspx?productID=99109

よくよく見ると、単にサンプルがあるだけでなくPowerPointのスライドも入ってるようです。

The book, which might be used as a text for introductory courses or as a comprehensive reference for game developers and designers, is divided into seven independent parts: Critical Game Studies, Game Design, Game Programming (Languages and Architecture), Game Programming (Mathematics, Collision Detection, and Physics), Game Programming (Graphics, Animation, Artificial Intelligence, Audio, and Networking), Audio Visual Design and Production, and Game Production and the Business of Games.

ゲームデベロッパーとデザイナーのために導入のコースのためのテキストあるいは包括的なリファレンスとして使用されるかもしれない本は7つの独立した部分に分けられます:クリティカルなゲーム研究、ゲームデザイン、ゲームプログラミング(言語とアーキテクチャ)、ゲームプログラミング(数学、衝突検出と物理学)、ゲームプログラミング(グラフィックス、アニメーション、人工知能、オーディオとネットワーキング)、オーディオビジュアルデザインと生産とゲーム生産とゲームのビジネス。(機械翻訳)

う~ん、これだけの内容でしかもサンプルだけでなくPowerPointのスライド付(教育に使う場合に参考になるかも)ってのは、単にアマチュアに対するノウハウではなくちゃんと教育用途を考慮したって感じなんでしょうかねぇ。とりあえず、後学のために買っておきます(教育に使えるネタってのはいいよねぇ。ただ、逆にカタい本かも)。

Introduction To Game Development (Game Development Series)
1584503777Steve Rabin

Charles River Media 2005-05-01
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ついつい | トップページ | 明日のゼミ »

Amazon」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/4629250

この記事へのトラックバック一覧です: IGDA の学習指導要領に基づいたゲーム開発の本:

« ついつい | トップページ | 明日のゼミ »