フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« この土日 | トップページ | バンダイの名人 »

2005.09.30

変わった取り合わせ

ちょっとアメリカのAmazonで薦められた本で”Simulation and Event Modeling for Game Developers”と言う本があります。

DirectX + C++でゲームのためのシミュレーションやAIの組み込みを学ぶって感じの本みたいですね。目次なんかを見ると

11. Simulation for Social and Economic Systems

とかありますけど、結構珍しいところを取り上げますね。サンプルが出版社のサイトからダウンロードできるんですが、DXUTのUIを使って色々とやってるようですねぇ(・・・と言ってもMSのサンプルとメインの処理の構造は大きく違いますが)。

サンプルをちょこっとビルドして見た感じだと、8章が重力と衝突、10章のサンプルで延焼シミュレーションとか11章で町のシミュレーション(本が無いのでよく分からないのですが、人口変化とか雇用とかですかねぇ)なんかとかが扱われてますね。まぁ、DirectXプログラミングはじめてちょっと慣れたぞ、って人が学習用として読んでみるのがいいかもしれませんねぇ(そのほかの章は見てないのですが)。

目次
1. What Is Simulation?
2. Specifying Events
3. Designing an Application Framework
4. Implementing the Framework
5. Design for Entities
6. Implementing Entities
7. Creating a World
8. AI and Physics for Simulation
9. Evironments of Simulation
10. Simulation of Physical Systems
11. Simulation for Social and Economic Systems
12. Testing Simulations and Event Models

出版社の紹介ページ(サンプルプログラムのダウンロードが出来ます)
http://www.courseptr.com/ptr_detail.cfm?isbn=1592008488&promo=gamedev

GameDev.netに12章がPDFで公開されています
http://www.gamedev.net/reference/programming/features/semgd12/

Simulation And Event Modeling for Game Developers
1592008488John P. Flynt Ben Vinson

Premier 2005-08-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« この土日 | トップページ | バンダイの名人 »

Amazon」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/6193016

この記事へのトラックバック一覧です: 変わった取り合わせ:

« この土日 | トップページ | バンダイの名人 »