フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 今日の文献ゼミ | トップページ | 1限 »

2005.10.11

どこで学べば・・・

森山和道さんのところのサイトで「宇宙を学べる大学・天文学者のいる大学」と言うのがありました。

http://www.moriyama.com/diary/2005/diary.htm?10110100#diary.05.10.10

国立天文台 アストロロピックス149
http://www.astroarts.co.jp/news/2005/10/10univ_nao149/index-j.shtml

宇宙を学べる大学・天文学者のいる大学 2005年度版
http://phyas.aichi-edu.ac.jp/~sawa/2005.html

こうしたまとめってあると便利でありがたいですね。

村上龍の13歳のハローワーク(Amazonへのリンク。その中身の良し悪しはここでは議論しませんが)がヒットしたわけですが、中学生や高校生の時って、結構何かやりたいことがあっても具体的にどこで学べばいいのかとか、そのために何をすべきかってことを結構判断できなかったりするんですよねぇ(高校生の頃は自分もそうでしたけど。大学生になってそうした知恵がやっとつきましたが)。

13歳のハローワーク公式サイト(個人的には、コンピュータ分野の職業の分類と説明が非常に不満なんですけど)
http://www.13hw.com/

学校の先生って多様な生徒に対して、かならずしも適切に進路指導できるとは限らんですしねぇ(僕自身は、文系コースでしたけど、理系分野で博士課程に行ってるなんて誰も予想しなかったでしょうし)。

個人的には、CGを勉強したい人のためにCGの研究者がどこでどういう研究をやってるかというのをまとめたものがあるといいですよねぇ~。たとえば、東大の西田先生なんかもこのようにリンク集を作ってらっしゃいますが、個人ベースでは結構大変ですよねぇ(異動を追跡するのが大変です)。

で、思うのがやはりこういうのは学会がやるのがいいんですかねぇ。それとも科学技術立国を目指すなら文部科学省あたりかねぇ。別に高校生がどこの大学に行こうがいいとは思うんですが、その領域がより発展してくには、その分野の学問を志す学生が増えていかないとねぇ。

「ジョブマッチング」(なんか検索してたら登録商標っぽいので、あまり使わないほうがいいかも)と言う言葉ありますけど、「アカデミックマッチング」かなぁ、なんて思うんですよねぇ。

大学ごとでオープンキャンパスってのがあるわけですが、あれはいかにも自分の大学に来てくれ、って感じで学生を呼び込みますからなぁ・・・。

« 今日の文献ゼミ | トップページ | 1限 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/6347072

この記事へのトラックバック一覧です: どこで学べば・・・:

« 今日の文献ゼミ | トップページ | 1限 »