フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 午後は丸々 | トップページ | 失効 »

2005.11.08

特許

本日は、大学の知財部門の方に研究室で特許申請周りのレクチャーを受けました。

一番気になっていた、学会発表後6ヶ月以内は特許申請が出来る特許法30条(発明の新規性喪失の例外)についての細かいことが分かりました。

とりあえず、下記の団体の主催する場所に関してはこの既定が適用されるみたいですが、それ以外は一切アウトみたいですね。

特許法第30条指定の学術団体
http://www.jpo.go.jp/torikumi/30jyou/30jyou2/dantai.htm
特許法第30条指定の博覧会
http://www.jpo.go.jp/torikumi/30jyou/30jyou2/hakuran.htm

たとえば、うちの大学の場合は指定団体に入ってるわけですが、これは修士 / 博士論文などの発表なんかで適用できるようです。ただ、COEでの発表はアウトみたいです。

IVRCなんかだと日本バーチャルリアリティが指定団体ですね。

それと、気づくと思いますが基本的に海外はほぼアウトのようですね。

そんなわけで、これを機に今後は特許も視野に入れて発表戦略を練ることを考えようかと思います。

« 午後は丸々 | トップページ | 失効 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

知り合いの大学のTLOの人によると,
6ヶ月以内は特許申請が出来るといっても,
その後の手続きがかなり面倒らしいです.

特許申請を考える場合には,
基本的に発表前とした方が良いと思います.

> その後の手続きがかなり面倒らしいです.
まぁ、これは発表の証明に関する書類をそろえないといけませんので、手間はかかるでしょうねぇ。

> 基本的に発表前とした方が良いと思います.
いや~、この点については昨日はさんざん言われてしまいましたよ(笑。

まぁ、今後ですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/6970156

この記事へのトラックバック一覧です: 特許:

« 午後は丸々 | トップページ | 失効 »