フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« ドッツ ( .S ) 秋の新作 | トップページ | もうすぐ届く? »

2005.11.11

占い師を訴える・・・

わりと矛盾した状況というのを考えるのが好きなのですが、そんな話。

例えば、占い師に「当たらない」という理由で損害賠償を訴訟を行うとします。たぶん、この訴訟は負けるでしょうね(勝ったら賠償金がもらえてラッキー)。

で、負けた場合の話からスタートするんですが、例えば裁判に負けた理由が、

・「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ということで科学的根拠が無いので、賠償する義務が無い

とします。これって、ある意味でその該当の被告である占い師に対して裁判所が、その占い師の占い結果を保証しないことにお墨付きをつけるもんだよなぁ・・・。

「占い師」が「当たらなかった」を理由に訴えられて、しかも裁判では当たる保証がないって言われちゃ廃業だよなぁ・・・。なんて、思うんですけど誰かやらんかねぇ。

ちなみに、「占い」の当たるとか当たらないで裁判って起きたことがあるんでしょうか?そうしたケースの判例にはちょっと興味があるねぇ。

« ドッツ ( .S ) 秋の新作 | トップページ | もうすぐ届く? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/7028786

この記事へのトラックバック一覧です: 占い師を訴える・・・:

« ドッツ ( .S ) 秋の新作 | トップページ | もうすぐ届く? »