フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« Vista時代のDirect3D | トップページ | 思うに »

2005.12.13

雑感 Direct3D10

予想外に,サンプルとチュートリアル(3Dの概念から教えてますが,英語)が充実してますね.現段階でリファレンスラスタライザが提供されているので,Vistaのβ環境を整えると動きそうですね.見た感じでは,初期化からがらっと変わってしまってますね.今までのようにDirect3DオブジェクトとDirect3Dデバイスが別々ということがなくなるみたいですね.DXGIの概念は,ちょっとドキュメントを読み中.

チュートリアルで,ジオメトリシェーダがありますがこれはメッシュを三角形単位でバラバラに爆発させると言うものですね.これって,インデックスバッファの場合,複数の三角形で共有された頂点の部分って増やさないといけませんよねぇ?ジオメトリシェーダって出力する頂点数を増やせる?それと共有頂点とかそういうことは関係ないってことかなぁ.

GPUSpectrogramというサンプルでは,GPUでFFTを計算するというGPGPUなネタがありますね.

FixedFuncEMUでは,固定機能は廃止なので固定機能的なことをしたければそういうシェーダをかけということでしょうね.

CubeMapGSではジオメトリシェーダを用いたキューブマップ生成がありますね.1パスで6面描画ですか.

GSはジオメトリシェーダ(Geometry Shader)の略.

当然,エフェクト周りのAPIやD3DXも大幅に異なる.

DXUTは,存続.

とりあえず,新しい環境に適用するのはそこそこ大変そうなのと,ジオメトリシェーダの利用はそこそこ想像力がいりますね.あと,Windows Graphics Foundationという名称はどうなるんだろう・・・.

« Vista時代のDirect3D | トップページ | 思うに »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/7595783

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感 Direct3D10:

« Vista時代のDirect3D | トップページ | 思うに »