フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 通常の体制 | トップページ | 久々 »

2006.01.06

洋書探し

ご存知のとおりわりと洋書を買う機会が多いのですが、どうやってああいう本を見つけてくるかと言うと以下の様な方法で探してきたりします。

・アメリカのAmazon(買わなくても会員登録しておくこと)
・馴染みの海外の出版社の新刊リストを見る

ですね。

まず、アメリカのAmazonですが、これは単純に適当なキーワードで検索ですね。個人的にはアメリカのAmazonの方が技術書のレビューが多い気がします(利用者も多いでしょうし)。それと、購入するつもりが無くても会員登録してあれば検索や探した本の傾向を覚えてくれるので、上の方の"○○○'s Store"(○○○はユーザーの名前)の"New Releases"や"Comming Soon"で推薦してくれるようになります。これもアメリカが本場なのでわりと僕の場合は的確に推薦してくれます(購入もしてるので余計に傾向が分かりやすいのでしょうが)。

次に、出版社ですけどよく買うのは、

CHARLES RIVER MEDIA (CRM)
http://www.charlesriver.com/Books/Features.aspx
ここは、GAME PROGRAMMING GemsやShaderX(3から)なんかの出版元で、けっこうプログラムコードとサンプルがしっかり提示された本が多いですね。

MORGAN KAUFMANN (MK)
http://books.elsevier.com/us//mk/us/subindex.asp?maintarget=&isbn=&country=United+States&srccode=&ref=&subcode=&head=&pdf=&basiccode=&txtSearch=&SearchField=&operator=&order=&community=mk
こっちは、衝突判定本やHDR本なんかでわりとプログラムコードよりは理論をしっかり書いたものが多いですね。

WORDWARE
http://www.wordware.com/computer/
ここは、ShaderXの1と2なんかが出てますね。CRMよりもサンプルコードベースの本が多いですね。わりとホビープログラマ向けの本が多いですね。

Course Technology
http://www.course.com/catalog/subcategory.cfm?category=Game%20Development
ここは、最近ですとMore OpenGL GAME PROGRAMMINGですね。

ADDISON-WESLIEY
http://www.awprofessional.com/bookstore/browse.asp?st=41971
ここはOpenGLの赤、青、オレンジ本やGPU Gemsですね。

まぁ、こんな感じで抑えておけば(うまくアンテナとか使えば)ある程度新刊に対してすばやく反応できるんじゃないですかねぇ。

« 通常の体制 | トップページ | 久々 »

Programming」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/8025451

この記事へのトラックバック一覧です: 洋書探し:

« 通常の体制 | トップページ | 久々 »