« rx1950が来た | トップページ | 昨晩の晩御飯 »

2006.02.04

ESの本

そういえば、『OpenGL ESゲーム開発技法』も届きました。

メインはOpenGL ESの解説ですけど、PDAや携帯電話向けの3Dゲームの総合的な内容(サウンドや通信 だけでなく、3Dエンジンや利用してる開発会社やビジネスについても話題があります)になってますね。原著の方は読んでないのですが、翻訳のされかた(実は、今年に入ってこの訳者の別の本を買っている事に気づきました)はかなりいい感じだと思いますし、読みやすいと思います。1.0以降の話は、1.1とか2.0とかありますけど、2.0の方は読者が書籍で挙げている資料を基に自分の目で見たほうがいいですね。

OpenGL ESをはじめるには確かにいい1冊だとは思います。

OpenGL ESゲーム開発技法
OpenGL ESゲーム開発技法Dave Astle Dave Durnil 松田 晃一

毎日コミュニケーションズ 2006-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« rx1950が来た | トップページ | 昨晩の晩御飯 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

スマートフォン・デジタルガジェット」カテゴリの記事

Amazon」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ESの本:

« rx1950が来た | トップページ | 昨晩の晩御飯 »