フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.28

テレビ

そういえば、先週うちのM1とかが東京でテレビの収録があったのですが、オンエアのスケジュールの連絡がありました。

とりあえず、3/11の回だそうです。

http://www.nhk.or.jp/digista/onair/index.html

注文

とりあえず、前々からこれしかないので買おうと考えていたDirectShow本とついでにデザインパターンの本を注文。

今週は、インタラクションの期間は実家に戻る(その方が近い)ので明後日の夜ぐらいには受け取れそうですね。

DiretShow本について
http://www.microsoft.com/MSPress/books/6381.asp

Programming Microsoft Directshow for Digital Video and Television (Pro-Developer (Paperback))Programming Microsoft Directshow for Digital Video and Television (Pro-Developer (Paperback))
Mark Pesce

Microsoft Pr 2003-02-12
売り上げランキング : 31,647

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころデザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ
アラン・シャロウェイ ジェームズ・R・トロット 村上 雅章

ピアソン・エデュケーション 2005-09-16
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

締め切り

本日は締め切りの仕事を抱えててまして、ちょっとがんばらんとなぁ。

2006.02.27

Eurographicsのゲームコンテスト

なかなか面白そうなコンテストです。

http://www.cg.tuwien.ac.at/events/EG06/graphicsmeetsgames.php

使えるのは、キーボード、マウス(しかもホイールは応相談)なので純粋にソフトウェア技術、レンダリング品質が問われそうです。さすがにEuroGraphicsですので、グラフィックスが一番見られるところでしょうか?

レギュレーション面がかなり具体的なので、その範囲で面白いアイデア + 凝ったシェーダエフェクトかなぁ。あと、物理もキーになりそうです。

なんか、FPS(海外に対する偏見かも)とかが多そうですが、パズルとかの方が食い込みやすそうだよねぇ。

締め切りは4/28 5/28(一カ所だけ4/28とか書いてあって誤読)だそうで、ちょっと検討。

さらばWildcat?

なんか、3Dlabsがグラフィックス撤退みたいな話が出てますね。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0227/3dlabs.htm

これって、OpenGL界にとっては相当大きなことじゃない?

とくに3DlabsがGLSLを引っ張ってる気がするし。

月曜

月曜の朝は実家から研究所まででてるんですが、朝が早くなる分ちょっと疲れるなぁ。

2006.02.26

Gemsって

昨日はSIG-GT7でした。

いや~、講演者の二人の話を聞いているとGemsってこんなに楽しそうな本だっけ?

って感じで話が巧いですねぇ。

そんなGemsも今度のGDCで6冊目か。

出版社の紹介ページ
http://www.charlesriver.com/Books/BookDetail.aspx?productID=124038

Game Programming Gems 6 (CHARLES RIVER MEDIA)
Game Programming Gems 6 (CHARLES RIVER MEDIA)Michael Dickheiser

Charles River Media 2006-03-30
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006.02.25

メモ

/.Jにあった世界最小マイコン開発キット。

http://slashdot.jp/article.pl?sid=06/02/24/105257&from=rss
TIのプレス
http://www.tij.co.jp/jcm/msp430/ez430/index.htm

一応メモ。

本日の予定

SIG-GT7を聴きに恵比寿まで行ってきます。

渋谷で

昨晩は、t-potのImagireさんのセッティングでImagireさんの会社の方2名の4人で渋谷で飲み。

いや~、色々と楽しい話が聞けました。意外とアカデミックな話題とかも出たり。

楽しい場のセッティングをありがとうございました。>Imagireさん。

一緒に来られた2人は、実は9月にICECで名刺をいただいた方の部署で意外と世の中狭いなぁ。

2006.02.24

なんで板ポリ?

例のDirect3D Mobileの記事ですが、本当はいかにも3Dっぽいもの(teapot)とかも考えたのですが、D3DMX(D3DXのモバイル版)にXファイルを扱うようなインターフェイスが無かった(正確にはD3DMXにインターフェイスがない)んで、あんまり頂点数の多いデータを扱う方法で自信を持ってオススメできる実装案がなかったのですよねぇ(自分が使うだけならいいんですけど)。

まぁ、とりあえず4角形にテクスチャ貼ることができれば2Dゲームは作れます(トランスフォーム済み頂点を使えばなお簡単)ので、そのための最低限度の話があるのがいいんだろうなぁ・・・、ってかんじです。

あと、どうでもいいですが、Direct3D Mobileの現在のバージョンは1.2。

Direct3D Mobileの記事の公開

予告していたDirect3D Mobile記事が公開になりました。

Visual Studio 2005 Standard以上の方であれば、SDKを入れればエミュレータで動作を確認することができます。

記事の内容としては、昨日の通りですが

・開発環境の構築
・エミュレータ
・Direct3D Mobileの初期化
・ポリゴン
・テクスチャ
・インストーラの作成
・他

といった感じです。

動作は、W-ZERO3とrx1950で確認しました。

CodeZine:Direct3D Mobileによる3DCGプログラミング
~Windows Mobile 5.0で動作する3Dアプリケーションの開発
http://codezine.jp/a/article.aspx?aid=316

4ページになってますが、読みにくい人は印刷用にすると実は1ページで読めたり。

こういうシリーズもあるのか

ドッツの『アイスクライマー』を買おうと色々と見ていたらこういうシリーズがバンプレストから出てたのですね。

ドットグラフ
http://www.banpresto.co.jp/life/item/51990.html
http://www.banpresto.co.jp/life/item/51966.html

4月になったら

4月になったら大学に戻るのですが、そしたらVistaのCTP入れたマシンを一台用意してDirect3Dのテストをするかなぁ。あと、Aeroまわりとか。

そういえば、NVIDIAがVistaのCTP向けドライバもダウンロードできるようになってるし(ただし、登録開発者向け)。

http://developer.nvidia.com/page/home

便利

今のところは、ラピッドプロトタイプ装置を持ってるんですが、あれって便利ですねぇ。

CADデータを流し込むと筐体とかできちゃいますからねぇ。

今は、400万しないで買えるものもあるみたいで、大学とかなら入れられるんでしょうけど原料費が気軽に使えない金額だよなぁ。

がんばった

オリンピックではなく、自分の話。

今週は、朝がなかなか起きられんかったんですが今日はよく起きれたなぁ。

ちょっと気になる目覚まし

マイミクの人の日記で紹介していた目覚ましがちょっと気になっていたりします。

http://biz.national.jp/Ebox/newproj2005/assa/index.html

徐々に明るくなって起こしてくれるみたいです。ちょっと機能的にはオしいらしいんですけどねぇ。

安ければ欲しいんだけどねぇ。

National 生体リズム 光・めざましスタンド ASSA SB697HNational 生体リズム 光・めざましスタンド ASSA SB697H

National
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006.02.23

週末の予定

今週末は、ちょっと色々と出歩いたりします。

金曜:t-potのImagireさんと飲む
土曜:SIG-GT7を聞きに行く

って感じです。

関東のイベントにはなかなか出れないのですが、今回はちょうどタイミングがあいました。

これはうれしい

富士通のPocketPCに付属していた手書き入力のJapanistがシェアウェアで公開されるようですね。

http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/02/22/japanist4ppc.html

まだ、Windows Mobile 5.0には対応しないみたいですが、対応予定はありがたい。

メネガレット買いました

ノートPCのACアダプタにつけてコンセント口を増やすメネガレットですが、結局買ってみました。

下の写真の用に使ってます。

製品の案内(下の方)
http://www.devicenet.co.jp/pro/moons.html

そういえば、よくみるとPSEマークがありますね。電圧は125Vなのですが240V対応だったら海外でも使えてうれしいのになぁ。

menega
クリックすると大きなサイズになります
MNG11 メネガレット
MNG11 メネガレット
デバイスネット 2006-02-08
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ポスター

座間市の飼い主向けポスター。

なんか、センスがすごかったので撮影。

dog
クリックすると大きなサイズになります

公開日

Direct3D Mobileの記事の公開日ですが、さきほど編集者の方から明日の正午付けとなる連絡が来ました。

内容は、

・Visual Studio 2005での開発環境の構築
・エミュレータによるテスト
・初期化
・テクスチャマッピングしたポリゴンを3D空間に描画
・他

と言ったものになります。Visual Studio 2005持ちの方は、SDKさえあればエミュレータがVisual Studio 2005には付属しているの実機が無くてもテストすることは可能になります。

あ、そうそう公開はCodeZineの方になります。Shader.jp版もやりたいんですが、それはモデルデータ + テクスチャマッピングかなぁ(teapotのヤツでもいいですが)。

CodeZine
http://codezine.jp/

そういえば

三井住友VISAカードのお財布ケータイで決済するやつって対応する携帯を持ってるし、三井住友VISAのカードもあるから使えるんだよなぁ。

対応店舗もヨドバシとかあるし、申し込むかなぁ。

そろそろ

だいたいの作業が終わったのでDirect3D Mobileの記事が公開になると思います。

公開になったら、また。

2006.02.22

ケタ違い

Shader.jpの蔵書レビューコーナーの下記のページでは最近追加の書籍のリストとページ閲覧数などが分かるのですが

久しぶりに見たら"More OpenGL Game Programming"の閲覧数がちょっと桁が違ってびっくり。

まぁ、シェーダとの連携とかパフォーマンス向上に役立つARBの拡張というのはコア中心の解説書に載ってないことが多いですからねぇ。

http://www.shader.jp/xoops/html/modules/amaxoop_blog/listall.php

More OpenGL Game Programming
More OpenGL Game ProgrammingDave Astle

Course Technology Ptr 2005-10-18
売り上げランキング : 780,666


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一喜一憂・・・一進一退

連日実験漬けなんですが、なかなか取り方で苦労してたりします。

ちょっといいデータで喜んだり、それが有効でないデータだったことが発覚したりとか。

日本でもソフトが出ると

なんか、DSで数独のゲームが出るみたいですけど、これが売れてくると近々出る数独のプログラムを解説している本とかの需要がありそうだよなぁ。

出版社の紹介ページ
http://www.apress.com/book/bookDisplay.html?bID=10111

Puzzle Series Vol.3 SUDOKU 数独
Puzzle Series Vol.3 SUDOKU 数独
ハドソン 2006-03-23
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Programming Sudoku (Technology in Action)
Programming Sudoku (Technology in Action)Wei Meng Lee

Apress 2006-03-13
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出払う

今週は、研究室のメンバーが結構出払ってる感じです。

僕が厚木にいることもそうですが、M1の3名が東京でテレビ番組の収録、M1とM2の1名がフランスの大学へ1ヶ月間の滞在(一種の交流プログラムで)って感じですね。残りも就活やら色々。

逆に、来週は出払っててもインタラクションなので結構集まる感じはありますね。

残業

今日は、結構遅くまで研究所。

と、いっても上手いこと言ってるんですけどねぇ。

小ネタは色々とお手伝いしてるんですが、ようやく本筋って感じですねぇ。

2006.02.21

うまくいった

今日は、うまくいったなぁ。

詳しいことは言えないけど。

シンポジウム

たまには大学の行事の宣伝でも。

来月の18日に東京で研究科のシンポジウムがあります。

事前申し込みになってますが、一応書いてあるとおり申し込みなしでもOKです(ここ2年立ち番をすることがあるったんですが満員にはなってないと思います)。

知識科学研究科研究室紹介
ポスター展(別室)

というのがありますが、たぶんほとんどの研究室の先生がきてると思います。東京近郊在住で来年度受験希望の方なんかは実際に研究室の話を個別に聞くチャンスがあると思います(例年どおりなら)。

シンポジウムの案内
http://www.jaist.ac.jp/news/2006/0221.html

プログラム
http://www.jaist.ac.jp/kss2006/

キャプチャテクスチャのためのメモ

キャプチャテクスチャのカメラの解像度やフレームレートを変更するためのメモ。

下記の記事が非常に参考になる。

http://d.hatena.ne.jp/xabre/20050714

とりあえず、ためしに実装してみましたが見事成功。

テクスチャ解像度は変わるし、フレームレートも変えられた。これでダイアログを出す方向にしなくてよくなった(AMCapの【Option】→【Video Cpature Pin...】とかのように)。

上ので解説されているソースにはないけどVIDEOINFOHEADER構造体のAvgTimePerFrameをがフレームレート。1フレームの平均処理時間をナノ秒で指定。とりあえず、0をいれるとハードウェアが出せる最速でやってくれるっぽい。

ついにシェーダモデル4.0のGPU?

・・・と言う話がありますね。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20060220100915.html

http://www.gamedev.net/community/forums/topic.asp?topic_id=376922

あっち(Shader.jp)向きな話ですが、実験が忙しくてまとめる時間がないので、こちらでメモだけ。

相変わらずひどい

家に帰っただときとか、電車の中とかで執筆した記事の著者校正(A4で印刷したら22枚になってちょっとめんどうでしたが、だいたい終了)をしていますが、時間をおいてみると相変わらず日本語ひどいです。もうちょっと読み返しながらやらんとなぁ。

ただ、単純なテキストエディタって文字読むのがつらいんですよねぇ。

そういえば

そういえば来月からDoCoMoのパケホーダイとプランの組み合わせが変わるけど昨日から申し込みが可能になったんだっけ。

イベント

研究グループの人から教えてもらったイベント。

インタラクティブ・メディアアートやロボット、Flash作品なんかの展示があるそうです。

結構知ってる作品が多いのですが、今は結構横浜には出やすいので行ってみるのもアリかも知れませんねぇ。

エレクトリカル・ファンタジスタ
http://fantasista.creativecluster.jp/

話題になっていったので

ちょっと日頃見ているサイトなんかで話題になっていたり、研究室MLでも話題になったりしたので注文。

寮はあんまり回線が早くないので時間つぶしとかにいいかもねぇ。

Joel on Software
Joel on SoftwareJoel Spolsky 青木 靖

オーム社 2005-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今週

急に忙しくなった感がありますねぇ。

まぁ、でも週の中頃までで大筋が片付くといいなぁ。

2006.02.20

そろそろいい加減に

やろうやろうと言ってなかなか手をつけないのがManaged DirectX なのですが下記の書籍が出る頃には始めようかなぁ・・・ってかんじです。

MicrosoftのTom Miller氏の本なので、ちょっと期待したいところです(邦訳とかあるかなぁ・・・)。

アメリカのAmazon(ちょっとだけ書籍の紹介がある)
http://www.amazon.com/gp/product/0672326957/ref=wl_it_dp/103-0392200-5467837?%5Fencoding=UTF8&colid=E3LYGJF4GWJU&coliid=I31QR8WUL9FG2J&v=glance&n=283155

Tom Miller's Blog
http://blogs.msdn.com/tmiller/

Managed Directx Game Programming
Managed Directx Game ProgrammingRichard Hoskinson Wes Greene

Sams 2006-04-11
売り上げランキング : 146,883


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

わりと

実験がうまくいってるので忙しくなってる感じだよなぁ。

新しいPCのケース

そういえば、土曜に新しいVAIO typeS & SZ用ケースが届きました。

VGP-CKSZ1
http://www.ecat.sony.co.jp/vaio/acc/acc.cfm?PD=23644

今までのと違って衝撃に対する配慮があるのがいいですね。

ただ、ちょっとサイズが大きくなって重量も300gほど重くなってますねぇ。

case001
クリックすると大きなサイズになります

case002
クリックすると大きなサイズになります

キャリングケース オフブラック(楽天のソニスタ)
キャリングケース オフブラック

メダル

さすがにこれだけメダルと縁遠くなるとテレビで一斉に「メダルじゃない」っていうけど、テレビでしかオリンピックを見れない人からするとむしろテレビがメダル偏重の方向に持って行ってたのに何言ってるのという感じですねぇ。

2006.02.18

最近

シリアルポートを使ったネタのためシリアルポートのプログラミングをしているんですが、結構楽に使えるんですねぇ。

最近は、シリアルポートが無いPCが多いので、USB-シリアル変換を使ってるんですが自分でハードウェアが作れたら便利なんだろうねぇ。

独自にハードウェアが作れると研究発表は楽なんですけどねぇ(オリジナリティをだしやすいから)。でも、手を動かすのは嫌いなんですよねぇ。

音楽を聴かない生活

うっかりと石川にiPod miniを忘れてきてしまったので、通勤中は音楽を聴かなくなってしまったのですけど、色々とアルバムとか買ったりしてるからなんとかしたいよなぁ。

nanoの1GBとか2GBでも買おうかなぁ・・・。

容量的には今のminiの方が多いので、もうちょっとマシなデザインのVideo対応iPodまで待ってるんですけどねぇ。

2006.02.17

・・・と思ったら

京葉線特急で帰った方が早かったと思ったら千葉から乗った外房線と京葉線の特急が同時にホームに着いたので結局一緒でしたね。

特急

今日は珍しく小田急ではロマンスカー、JRでは新宿からホームライナーに乗っていたりします(これ書いてるのはホームライナー内)。

ロマンスカーは昨日の人身で先頭車両はしばらく乗れないみたいですね。

ホームライナーは意外と乗り心地が悪い。結構線路でガタガタな感じですねぇ。乗った後気づいたのですが、がんばって(中央線から京葉線までの乗り換えを)東京から外房もしくは内房特急乗った方が早かったなぁ~。

最近思うこと

茂木健一郎にめがねをかけたら石川次郎にならないだろうか?

茂木健一郎
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E8%8C%82%E6%9C%A8%E5%81%A5%E4%B8%80%E9%83%8E&sa=N&tab=wi
石川次郎
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&q=%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E6%AC%A1%E9%83%8E

小田急のJTの中吊り広告を見て思った。

坂村健一(坂村健+竹村健一)的な展開にならんかなぁ。

http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&q=%E5%9D%82%E6%9D%91%E5%81%A5%E4%B8%80

校正

Direct3D Mobileの記事ですが、著者校正は土日中に終わらせたいところ。

来週の中頃には公開になるといいなぁ。

わりと

実験とかがうまくいってる分忙しくなってきた感じですねぇ。

昨日は

昨日はちょっとした手伝いで六本木へ行ったため1日それで終了って感じでした。

とりあえず、今日の実験で進展があればこれからにつながるよなぁ。

2006.02.16

みんな修了

そういえば、今週はうちの研究室のM2とか、よく知ってる他研究室のM2とかの修論発表があったんですが、だいたいみんな修了できるようです。修論の成績(4段階で評価されC以上が修了。論文の評価というのは学内進学の場合に影響。C評価だとちょっと厳しい)も結構、良いらしくて良かったです。

ヒルズへ

今日は展示準備を手伝うために六本木へ。

気づいたら

奥村愛子の『虹色ナミダ』をiTunesで取り込んで気づいたのが、iTMSのラインナップにすでに入ってるし・・・。

しかも、『恋したいハート』がCDとは別バージョンが入ってるようだし。

あとは

Direct3D Mobileですけど、キューブマップが使えるので環境マッピングとかもできる範囲での技術的なデモとしてはありなのかもしれませんねぇ。

2006.02.15

W-ZERO3でteapot

とりあえず、W-ZERO3でもDirect3D Mobileでteapot表示。

ようやく3Dっぽいものを表示。

rx1950での表示について
http://masafumi.cocolog-nifty.com/masafumis_diary/2006/02/teapot_ff78.html

同じ状態で、さすがにCPUのクロックが100MHzほど違いますんで29FPSでした。解像度が高いのですが、それなりにパフォーマンスは出てますね。こういう端末なら30フレームあればリアルタイムでいいでしょうねぇ(タッチパネルの分解能はそんなにいかんだろうし)。

あと、W-ZERO3はrx1950と違って画面回転時はDirect3D Mobileが起動できないのでキーボードスライド後はもう一度回転ボタンを押して戻してから起動。teapotはZ軸回転で正位置に。あと、W-ZERO3は、D3DMPRESENT_INTERVAL_IMMEDIATEが使えない、っと。

さて、こうなってくるとCPUが500MHzオーバーの端末やIntel 2700G搭載で600MHzオーバーのAximとかは実用的かもしれませんねぇ。

wzero3001
クリックすると大きなサイズになります

wzero3002
クリックすると大きなサイズになります

アーケードもPC的な基盤なんですね

色々とネットを見てたらセガの新しいアフターバーナーの話があって、下記のビデオを見てたのですが、

http://media.cheats.ign.com/media/769/769194/vids_1.html

かなりがんばってるなぁ(その一方NVIDIAのデモっぽい印象でしたけど。下のパワースマッシュのスキンシェーダとか)・・・と思って基盤のことを調べてみたんですが、PCに近いものなんですねぇ。

IT Mediaの記事
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0509/03/news002.html

やっぱり

今週は朝が弱いかも。

2006.02.14

色々発送

そういえば、今日は色々とネットで注文してたものが発送になったのですが、受け取りは週末だなぁ。

まず、1つめは新しいVAIO typeS(SZ)用キャリングケース。今までのと違って耐衝撃性の高そうな作りです。SZにもそのまま使えそうなのがいいですね。

製品の紹介ページ
http://www.ecat.sony.co.jp/vaio/acc/acc.cfm?PD=23644

VGP-CKSZ1:キャリングケース オフブラック(楽天のソニスタで買う)
キャリングケース オフブラック

もう一つは、奥村愛子のセカンドアルバム。

2005年は、結構聴いてたアーティストが解散とか休止とかあったので、聴き始めました。

虹色ナミダ
虹色ナミダ奥村愛子

東芝EMI 2006-02-15
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いや~、今日はなんか朝起きるのがつらかった。

Sourceforgeの利点

個人的に、Sourceforgeにプロジェクトを置いておいてもらってうれしいのは、大学にいるときはLAN内にあるってことだよなぁ・・・。

COLLADAのドキュメントの日本語版

RSSリーダでCOLLADAのサイトの更新を見ていたら日本語のドキュメントがリリースされたようですね。

COLLADA Sourceforge
http://sourceforge.net/projects/collada-dom/
Patch1のリリース(日本語ドキュメントにも言及)
http://www.shader.jp/xoops/html/modules/wordpress/wp-admin/post.php

2/10のPatch 1のリリースにあわせて更新されたドキュメントの中に,COLLADA 1.4.0の仕様書とCOLLADA DOMに日本語ドキュメントがありました(COLLADA_1.4_DOM_documentation.zipというやつ).

こうやって日本語ドキュメントも出てくるとやはり使えた方がいいかもしれませんねぇ.

2006.02.13

GoForce入り

GoForce入りの携帯電話って国内にあったんですね。

http://computers.livedoor.com/detail?id=31844

・・・と言ってもGoForce 3Dと区別せにゃいかんのですが。

teapotに始まり・・・

いい加減、板ポリとか箱ではなくもうちょっと頂点数の多いものでパフォーマンスが見てみたかったので、teapot。

頂点数:1178
インデックス数:6768
FPS:13~1419(カリングを切ってました)
ライティングあり
テクスチャマッピングなし

こうなるとインデックスバッファは結構無視できないサイズです(PocketPCにとっては)。もうちょっと最適化すべきでしょうが、とりあえず表示、って感じです。

実験機のrx1950はPocketPC機でもかなりローエンドに位置するので、W-ZERO3とかAxim x51vではもうちょっとマシだと思います(CPUが違うので、その辺でもクロック以上に差が出るかも)。

D3DMX(Direct3D Mobile版D3DX)には、メッシュ周りの処理は無いので、Xファイルを使うことはできないので、モデルデータは、PC版のDirect3Dから頂点バッファとインデックスバッファをロックして書き出しして、そいつをそのまま読み込むようにしました。頂点フォーマットとかは、決め打ちなので、まだ汎用的なモデルデータを読む構造までいってないです。

teapot_d3dm
クリックすると大きなサイズになります

これは買う

そういえば、懐かしのレミングスがPSPに移植されるみたいですね。

公式サイト
http://www.playstation.jp/scej/title/lemmings/

これはちょっと買っちゃうなぁ。

ちなみに、レミングの集団自殺は最近では都市伝説みたいな扱いですよねぇ。

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%86%E5%9B%A3%E8%87%AA%E6%AE%BA

レミングス
レミングス
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2006-03-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そりゃ、違っても

Direct3D MobileってPC版と違って基本的にソフトウェアレンダリングだと思う(そもそもPocketPCでVRAMやグラフィックスチップが独立している機種は少ないし)ので、DeviceCapsがハードウェアごとに違うなんて思いもよらなかったのですが、冷静に考えるとあり得ることと思いました。

そもそも、W-ZERO3はIntelのXScaleをCPUにのっけてて、大半のPocketPCはクロックは違いますがXScaleです。一方、rx1950はSamsung SC32442というプロセッサです。この時点で、基盤類の設計とか微妙に違いそうなのでDirect3D Mobileに関しても使えるオプションが違うと気づくべきでした。

ちなみに、個人的にはSamsung側の方がIntelのよりは使いやすい感じです。

・ステンシルバッファ(D24S8フォーマット)が使える
・画面回転でもDirect3D Mobileの起動がOK

ってあたり。W-ZERO3も画面回転ぐらいは対応してくれるとキーボードが生かせるんですけど。まぁ、トリッキーな方法ですが解決策は考えているんですが。

ノートPCに便利そう

AKIBA Watchを見てて知った製品なんですが、ACアダプタの方はともかく、ケーブル分岐コネクタは便利そうですねぇ。ちょっと購入を考えようかなぁ。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20060211/ni_i_zz.html
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20060211/ni_i_zz.html#acm

販売元の製品紹介
http://www.rakuten.ne.jp/gold/moons/shouhin/shoukai.html
メネガレットだけの方
http://www.rakuten.ne.jp/gold/moons/shouhin/menega.html

楽天で買う
19V ノートPC用 ACアダプタ メネガレット付
19V ノートPC用 ACアダプタ メネガレット付

16V ノートPC用 ACアダプタ メネガレット付
16V ノートPC用 ACアダプタ メネガレット付

メネガレット ノートPC用 コンセントモジュール
メネガレット ノートPC用 コンセントモジュール

Amazon

MNG11 メネガレット
MNG11 メネガレット
デバイスネット 2006-02-08
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006.02.12

『頂点テクスチャ + 波』アップ

vtdemo

とりあえず、この前、動画をおいたネタをアップしました。

Shader.jp Newsの記事(ダウンロードもこっちで)
http://www.shader.jp/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=208

実行するだけなら"VertexTextureWater.exe"を起動するだけでOKですが、最新のSDKを入れていない方は下記から最新のエンドユーザーランタイムをインストールしてください。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=2DA43D38-DB71-4C1B-BC6A-9B6652CD92A3&displaylang=en

デモはマウスで、左クリックすると波が発生します。

発生位置は、スクリーン上の座標を元に発生します。スクリーンを0.0~1.0の範囲と考えて取得したマウス座標をこの範囲に変換して、シミュレーションテクスチャのテクスチャ座標に発生って感じです。

春には

春に大学に戻ったら自分の大学のWebサイトをリニューアルしようかなぁ。

なんか、Perl以外のCGIも使えるようになってきてるみたいだし(DBがサポートになるといいなぁ・・・)。

Caps Viewerが欲しいかも

W-ZERO3とrx1950では結構Direct3D Mobileのオプションが違うのでWindows Mobile版のCaps Viewerとか欲しいよなぁ。

まぁ、構造体の列挙ですので自作してもいいんですが・・・。

2006.02.11

買い物

今日は、弟に頼まれた買い物(えいご漬け)をしに千葉のヨドバシへ。

なんでも英語の勉強がしたいのでちょっと興味があるのでってことみたい。このソフトネットでは賛否が分かれてるようですけど、ゲームとしてみないで教材としてはまぁまぁいいみたいですね。

あと、ソフトウェアコーナーでATOK2006の発売だと気づく。考えた末に値段の面で就活セットにしました。まだ、長文を書くようなことをはしていないのですが、細かい変換精度ではいい感じですね。前にATOKをまじめに使っていたのは、10年近く前になるので、操作性がMS-IMEに近いモードがあったりと導入はしやすくなってますね。

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
任天堂 2006-01-26
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star敷居は高いかも。
star期待度満点!!
star文句なく買い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ATOK 2006 for Windows 就活応援セット CD-ROM
ATOK 2006 for Windows 就活応援セット CD-ROM
ジャストシステム 2006-02-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

入稿

最後は、親父のW-ZERO3で動作テストを撮影してソースと記事を修正して入稿。

来週の平日中には校正を終えて、発表にしてしまいたいところですね。

そういえば、rx1950では画面を回転してもDirect3D Mobileの初期化ができて、動作中に回転もOKなんですが、W-ZERO3はダメですね。キーボード出した状態で使わせるのはちょっと骨が折れるかもしれません。画面回転をさせないで、うまいこと射影でなんとかする方法しかないかもね。

スペック的にはrx1950はW-ZERO3に劣るわけですが、画面サイズがQVGAとVGAで違うので実際に計算負荷が高いのはW-ZERO3の方だと思うんですよねぇ

w03test

2006.02.10

明日

親父が用事で実家(千葉県内)に泊まるのでW-ZERO3での撮影は明日かな。

改良

以前、下記のようなネタをやったんですが、あれはピクセル処理で波面っぽいことをやっていたのですが、頂点テクスチャでジオメトリが動くのをやってみました。

http://www.shader.jp/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=97

画像の方は、ワイヤーフレームで。シミュレーション用のテクスチャは256x256で頂点も256x256って感じです。発生位置はマウスでクリックした場所ですね。とりあえず、これで使えるようになったのでテクスチャとかを水っぽくして色々とやっていくかな(今、やってるネタで使うので)。

動作ビデオ(vtwave.wmv,WMV形式,2Mbps)

vt
クリックすると大きなサイズになります

Orbitの新モデル

QCam Orbitの新モデルが出るみたいですね。

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/12780.html

130万画素モデルみたいですね。

このモデルは置いたときに結構安定して設置できるのがいいよなぁ。

首振りは、自作プログラムからでも呼び出せれば面白かったんですけどねぇ。ライセンス的に問題のないやり方がちょっと思い浮かばないよなぁ。

ゲーム化かぁ

スキーペアジャンプってゲーム化するのかぁ・・・。

3月は、結構色々と遊びたいゲームがでるので優先度は低いだろうけど。

スキージャンプ・ペア -Reloaded-
スキージャンプ・ペア -Reloaded-
カムイ 2006-03-16
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

半分

そろそろ滞在期間が半分くらいまできたよなぁ。

やっと分かった

AGEIAのPhysXって一体どういうライセンスなのか良くわからなかったのですが、インストーラの最初に出てくるやつに書いてありましたね。

とりあえず、SDKの利用からどの段階で契約を結ばないといけないのかが分かりました(間違いがあるといけないのでココでは書きませんが)。

2006.02.09

やっと書き終わった

いや~、記事が書き終わりました。

あとは、週末にサンプルをW-ZERO3で実行して写真撮るだけです。

下のファイルは、ソースではなくWindows Mobile 5.0 for PocketPC向けのインストールプロジェクトです。zipを解凍してでてきたCABをPocketPC機に送ってインストールすると、【スタート】→【プログラム】でd3dmobileと言うのができてると思います。サンプルは、単に矩形ポリゴン+テクスチャって感じで、画面タップで終了です。アンインストールは【プログラムの削除】より行ってください。W-ZERO3以外のWindows Mobile 5.0機でどう動くかは気になるところですが、近いうちにソースごと公開にします。

追記.2.12
W-ZERO3でテストしたらちょっと修正が必要なことがわかったので下記のファイルを修正しました。

「d3dmobile_bin.zip」をダウンロード

DSC00147

てっきり

Microsoftのフォーラムの下記のスレッドによるとDirectX SDK (Feb 2006)がダウンロード開始になってるようですね(Developer Centerでは,まだ告知が無いようですね).

http://forums.microsoft.com/MSDN/ShowPost.aspx?PostID=241319&SiteID=1

入れてみましたが、あんまり変化は無いですね(前回がD3D10がでたのでインパクトありましたが)。サンプルブラウザのウィンドウタイトルなんて、December 2005のままですし。

それにしても今月は出ないのかと思いましたよ。

次回記事

ようやくサンプルプログラムが完成。

記事のほうは、プログラムの部分をコピペすれば終わりなので今週末には確実に終ると思います(W-ZERO3でのテストがまだなので、それだけは必須でしょう。今、一番売れてるハードウェアですからねぇ)。

内容はとりあえず、Direct3D Mobileで頂点バッファ + テクスチャって感じですね。

一応、座標系は3Dで板が回転って感じですね。

基本的に、何度も言ってますが、固定機能が使える方ならすぐ分かると思うのですが、テクスチャ無しのポリゴンだけ表示できても使い方がワカランと言う人はいるので、テクスチャはありで。

まぁ、画像をテクスチャにする方法までわかると2Dゲームとかは作れますからねぇ。

d3dmsample

2006.02.08

風邪に注意

う~ん、伝染されましたかねぇ。

ちょっと風邪をひきそうな感じです。

とりあえず、薬は持ってきてるので飲んでおきます。

スマートデバイス開発でのハマリ

実は、ここのところVisual Studio 2005の環境でちょっとハマリがあってWindows Mobileの開発が出来なくなっていました。一応、解決はしたのですが、ほかの方が検索したりした場合のためにここにメモを残しておきます。

普通は、Visual C++でスマートデバイスで開発しようとすると下記のようにプラットホームを選択します。

wiz01
クリックすると大きなサイズになります

ところがここ数日下記のようになりました。

wiz02

見てのとおりプラットホームが選べなくなったので、開発が事実上出来なくなりました。何度もインストールとアンインストールを繰り返したりしたのですが、解決策が見つかりませんでした。ただ、Visual Studio上ではWindows Mobile 5.0のSDKやエミュレータは見えてるので変だなとは思いました。

で、レジストリや設定ファイルを見ることにしました。

AppWizardまわりは、下記にあります。

デフォルトなら
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\VC\VCWizards\SmartDeviceAppWiz

見てみるとわかりますが、AppWizard周りはhtmlファイルで記述されています。で、FrontPageやテキストエディタ色々と見ているうちにあることに気づきます。

このhtmlのActiveXやらの起動はIE 7.0でブロックしてるじゃないかと。あと、開発ができたころからPC環境で変化したこととかを考えていたらやっぱりIE 7.0ではないのかと思い浮かびました(ほかにもシステム復元の副作用を疑ってしまいました)。

そんなわけで、IE 7.0をアンインストールしたら無事に復活しました。たぶん、設定(セキュリティレベルを下げるだけでいいのではないかなぁ)で何とかなるとは思うのですが、ちょっと今は保留にしておきます。

ちなみに、.NET系の開発環境の場合、プラットフォームがサポートする.NET Compact Frameworkのバージョンが違う関係でプラットホームの選択のしかたが違うのでこの問題とは無縁でした(だから余計に悩んだんですが)。

ところで、これって、GDN Japanとかの掲示板やメールとかでMSにフィードバックした方がいいのかねぇ。

論文のメモ

とりあえず、あっちで書いたけど、I3Dの論文。

Abstract Shade Trees
http://graphics.cs.brown.edu/games/AbstractShadeTrees/index.html

シンプルでグラフィカルなUIでシェーダを作るツールのようですね.

ちなみにBrown大のこの研究グループのほかの論文も面白そうなネタがありますね.

http://graphics.cs.brown.edu/games/home.html

こういうストレートにゲームテクノロジー研究ができるっていいですねぇ.

しかし、論文のネタなんてものはいくらでもあるんですが、やっぱり英語力の面で発表までのスピードが遅いのをなんとかしないとなぁ。

そういえば

そういえば、発注してもらっていたSoftImage XSIのFoundationが届いてたんだっけ、今日セットアップするかな。

本厚木経由で

今日は、本厚木の駅から行くかな。

とりあえず、サーバのことでやっておきたいことがあるのですが、寮だとAirH"でつないでてきついので駅にあるコーヒーショップがMZone対応なのでそこで片付けてからいくかな。

2006.02.07

復活

とりあえず、復旧しました。

最大の失敗は自分自身の失敗でDBのパスワードを変えてしまったことですね。

これで、XOOPS側から一切アクセスできずって感じになってしまいました。

ただ、これで、色々と分かったなぁ。

メンテ

とりあえず、サーバの状態が色々とまずい状態なんで、ちょっとの間Shader.jpをお休みします。

原因の箇所

とりあえず、原因の箇所(っぽいところ)が見当たりました。

まぁ、わりと既知の問題を見落としていたみたいですね。

繋がらない状態

とりあえず、XOOPSと関係が無いページ(例えば、旧Masafumi's LABNORATORYのエリアとか)は見れるので、DBサーバに何か起きてるんでしょうかね。

ま、気長に待つしかないんじゃないですかねぇ。

やられた

Webサイトのindexを見事に書き換えられたなぁ・・・。

それにしても1年ぶりくらいですかねぇ。

やっぱり休刊

やっぱりCマガ休刊なんですねぇ。

http://www.cmagazine.jp/

あと、ちょっと話題が変わりますが 『ゲームエフェクトマニアックス』と言うのが出るんですねぇ。

http://www.cmagazine.jp/books/effect/index.html

サンプルは上記のサイトからダウンロードが出来ますが、このぐらいの手軽なエフェクトを扱ったもので日本語で読める(・・・と言っても中身はまだ読んで無いですが)のはいいのかもしれませんね。

ゲームエフェクトマニアックス
ゲームエフェクトマニアックス松浦健一郎 司 ゆき

ソフトバンク クリエイティブ 2006-01-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

届きました

とりあえず、ShaderX4届きました。

まだ全然読めて無いです。まずは、何が掲載されてるか把握しないと。

表紙は、AOE 3かな?

ShaderX4: Advanced Rendering Techniques (Graphics Series)
ShaderX4: Advanced Rendering Techniques (Graphics Series)Wolfgang Engel

Charles River Media 2006-01-06
売り上げランキング : 291,259


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

予約

そういえば、月末のSIG-GT7は予約してみました。

2006.02.06

ミスったなぁ

ACアダプタ持って帰るのを忘れてしまったなぁ・・・。

まぁ、その分早めに出社するかなぁ。

しかし、XPのシステム復元(rx1950のActiveSyncが繋がらない問題で色々と原因を探る過程でやってしまった)でVisual Studio 2005がちょっとめんどうな状態になったので直さないとなぁ・・・。

外出

今日は、某ゲーム会社の方と昼食 (ビジネスの話だったのですが)で蒲田へ。

ちょこっと、蒲田のオフィスを見せてもらったのですが、そういえば行ったビルは大学生の頃に行ったナムコの会社説明会の会場だったなぁ~。

DVD購入

そういえば、OpenGL ESの本と同時に『ゲームセンターCX』のDVDを買いました。

ゲームセンターCXのサイト
http://www.fujitv.co.jp/cs/gamecenter/index2.html

マリオ2とかは、なんだかんだ歴史に残る難ゲーだよなぁ。アトランチスは見終わった後、こっちでもエンディングを見ようとプレイをするんですが、有野と同じく10面でおおハマり。コンボイの謎はさすがに持ってますけど・・・。

ゲームセンターCX DVD-BOX
ゲームセンターCX DVD-BOXTVバラエティ 有野晋哉

ハピネット・ピクチャーズ 2005-12-23
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006.02.05

ついに発送

なんか、メールを見ていたらついにShaderX4が発送になったみたい。

明日とかに届けられると、ちょっと微妙だなぁ。

ShaderX4: Advanced Rendering Techniques (Graphics Series)
ShaderX4: Advanced Rendering Techniques (Graphics Series)Wolfgang Engel

Charles River Media 2006-01-06
売り上げランキング : 291,259


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

深度バッファ

とりあえず、深度バッファに関してはIDirect3DMobile::CheckDepthStencilMatch()を使うことでデバイス生成前に適切なフォーマットを見つけることにしました。

ソフトウェアで処理をしたりしてるはずなのに、ハードウェアごとの機種依存が大きいのはどうなんでしょうかねぇ。

実機でテストをしてみて分かったこと

rx1950 + Direct3D Mobileですが実機上でデバッグしていたら色々と動かない原因が分かってきました。

まず、この機種はDepthStecilでD3DFMT_D16をサポートしないのでD3DFMT_D24S8を使うこと、16bitのZバッファはW-ZERO3ではサポートしてるのですが、rx1950ではダメでした。逆に、W-ZERO3ではD3DFMT_D24S8がダメですねぇ(リソースが限られた環境だと深度バッファのビット深度が低い方がいいんですけどねぇ)。

次に頂点バッファの作成時にD3DPOOL_MANAGEDを使ってはいけないこと。

D3DMPOOL_VIDEOMEM か D3DMPOOL_SYSTEMMEMを使うこと。

これは、W-ZERO3でも同じだと思います。基本的に、 D3DMPOOL_SYSTEMMEMはどんなハードウェアでもOKですが、D3DMPOOL_VIDEOMEMに関してはGetDeviceCapsすること。

とりあえず、動くプログラムに関して分かってきましたし。サンプルにはないメニューバーとかを備えた通常のWindowモードでの描画も出来ることもわかりましたし。

d3dmtest

d3dmtest2

昨晩の晩御飯

昨日は、突如友人が「うまいものを喰いに行きたい」と言い出したので、有楽町マリオンの叙々苑に行ってきました。

有楽町マリオンのは、游玄亭なので叙々苑の中でも高級店になるとは思うのですが、いや~、特選とかすごかったです。

とりあえず、5人で63,580円って感じでした。

お店の情報
http://www.jojoen.co.jp/html/store/ginza/index.html

2006.02.04

ESの本

そういえば、『OpenGL ESゲーム開発技法』も届きました。

メインはOpenGL ESの解説ですけど、PDAや携帯電話向けの3Dゲームの総合的な内容(サウンドや通信 だけでなく、3Dエンジンや利用してる開発会社やビジネスについても話題があります)になってますね。原著の方は読んでないのですが、翻訳のされかた(実は、今年に入ってこの訳者の別の本を買っている事に気づきました)はかなりいい感じだと思いますし、読みやすいと思います。1.0以降の話は、1.1とか2.0とかありますけど、2.0の方は読者が書籍で挙げている資料を基に自分の目で見たほうがいいですね。

OpenGL ESをはじめるには確かにいい1冊だとは思います。

OpenGL ESゲーム開発技法
OpenGL ESゲーム開発技法Dave Astle Dave Durnil 松田 晃一

毎日コミュニケーションズ 2006-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

rx1950が来た

rx1950が届きました。

スペック的にはかなり低いものなのですが、その分軽くて薄くていいですね。

一応、Direct3D Mobileもテストしてみましたが、サンプルでも動くものと動かないのがあるので実機でデバッグして原因を探らないといけませんね。しかし、機種依存が激しそうだなぁ・・・。一応、デバイス性能を問い合わせる命令とかはPC版と同じようにあるんですけど、結構面倒だったりするんですよね(定数がマクロやenumで定義されていないのでねぇ。そのことは、ヘルプにも書いてありましたが)。

あと、当初ActiveSyncが出来ずに泣きそうになりましたが、色々とやってたらウィルスバスターのファイアーウォールがブロックしてる事に気づきました。いや~、ほんとまいった。

rx1950a

rx1950b

2月から

そういえば、2月1日からバンダイチャンネルで『機動戦士ΖガンダムⅡ-恋人たち-』が始まってましたねぇ。

http://b-ch.cocolog-nifty.com/main/2006/02/zgd_koibito.html

そんなわけで、回線の早い実家にいるうちに見ておくかなぁ。

機動戦士ZガンダムII -恋人たち-機動戦士ZガンダムII -恋人たち-
富野由悠季 飛田展男 池田秀一

バンダイビジュアル 2006-02-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006.02.03

別所の湯

今日は夕方に研究グループの人に連れられて清川村の『別所の湯』へ。

いや~、なかなか。

神奈川って横浜とか鎌倉以外は知らないのでこういうところもあるんですねぇ。

http://www.town.kiyokawa.kanagawa.jp/kankou/kankou_02.html

http://www.iijnet.or.jp/act/hotspa/bessho/

帰ったら

今日も実家に帰りますが、rx1950が届いてそうですねぇ(自宅から発送済みの通知が来てるよとのことだったので)。

土日にDirect3D Mobileの記事を終らせたいところ。

今日から

Visual Studio 2005のパッケージ版って今日から発売でしたっけ?

大学の方も戻ったら使えるようにして欲しいなぁ(そうしたら.NET 2003は消しちゃうんですが)。

まだまだ間に合う大学院受験

まぁ、そろそろかなとは思ったのですが、とりあえず再来月の18年度4月からの博士前期課程(修士課程)の学生募集が大学の方にありました。

大学を卒業してる、もしくは卒業する方で4月からの身のふり先などが決まってなくて困ってる方なんかにはいいんじゃないでしょうか?

http://www.jaist.ac.jp/~kouhou/cgi-bin/news/news.cgi?leaf=0#221

こんだけ早いのは

昨日、Amazonで注文したものは昨日のうちに発送されたのですが、こんだけ早いのは結構久しぶりだなぁ。

じわじわと

『AOE3』はなんだかんだじわじわとキャンペーンを攻略中。

2章はもうすぐ終るんじゃないかなぁ。

2006.02.02

どうしようかなぁ

そういえば、月末にSIG-GT7があるようですね。

IGDA Japanより
http://www.igda.jp/modules/news/article.php?storyid=736

スケジュール的には空いてるので聞きにいこうかなぁ。

懇親会まではどうするか分からんけど。

出荷日

HPのiPAQ rx1950の注文の状態を見たら出荷日になってました。

納品予定が2/3なので予定どおりっぽいですね。

あと、OpenGL ES本も注文してみました。

OpenGL ESでのプログラミング解説の翻訳本

Shader.jp Newsと同じ内容ですが、こちらでも。

Khronos Groupのトップページで気づいたのですが,書籍"Opengl-Es Game Development"(著者のDave Astle氏は"More OpenGL Game Programming"の著者の一人でもあります)の日本語版である『OpenGL ESゲーム開発技法』が毎日コミュニケーションズから発売されていたようです.内容は,Windows CE機とBREWを対象にしたもののようですね.Windows CE(Windows Mobile)だとDirect3D Mobileがありますが,Windows Mobile 5.0からですので,それ以前の機種にも対応できるのがOpenGL ESの強みですね(Windows CEに限ってだけ言えば).

さらにOpenGL ESを取り巻く環境やハードウェアについても書かれているようですので,携帯電話やPDA,スマートフォンと言ったデバイスでの3DCGアプリケーション周りの様々な知識が掲載されていそうな感じではありますね.

出版社の紹介ページ
http://book0.pc.mycom.co.jp/book/4-8399-1954-2/4-8399-1954-2.shtml

Amazonの方(下記のリンクか表紙写真から)には,実際の目次が紹介されていますがMascot CapsuleとかBREWの話題もあるようですし国内の携帯電話での3DCGアプリケーションの開発者とかにはよさそうです(こういう話題が無いと日本国内向けに翻訳しようなんて企画はあがらないのかもしれませんね)し,OpenGL ES 2.0とかの話題も付録としてあるようですね.

日本語版

OpenGL ESゲーム開発技法
OpenGL ESゲーム開発技法Dave Astle Dave Durnil

毎日コミュニケーションズ 2006-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原著の方

Opengl-Es Game Development (Game Development Series)
Opengl-Es Game Development (Game Development Series)Dave Astle Dave Durnil

Course Technology Ptr 2004-09-21
売り上げランキング : 160,310


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2月は・・・

SDK入れ替え月刊だよなぁ・・・、たぶん。

IE 7だと・・・

Shader.jp NewsのRSSは記事全文を出力してるのですが、IE 7.0でのサイトの見栄えが上で、下がRSSから見るモード。

全文埋めてると余計なものが無くなってシンプルになって見やすいですね。うちの場合だと、画像なんかもちゃんと見れますし(ちなみにこのblogも同じような感じで見れてます)。

あと、地味にIE 7.0って半角文字はアンチエイリアスかかってるんですよね。でも、日本語の全角文字はまだみたいですね。

ie7a
クリックすると大きなサイズになります

ie7b
クリックすると大きなサイズになります


2006.02.01

明日やること

明日は、ジオメトリインスタンシングでもやるかな。

ポイントスプライト(パフォーマンス面では圧倒的にこちらが上ですが)で解決するネタではあるのですが、せっかくなので。

ライセンス

別に何か起きたわけではないのですが、利用しようとしているライブラリのライセンスがLGPLだったのでその辺とかMITライセンスとか色々と出てきて読み中。

とりあえずGPLだけは無かった。

IE7入れてみた

IE7の開発者向けBETA2が公開されたので入れてみました(IE 6.0を上書きするのでシステムの復元以外に戻す方法は無いと思うのでインストールは注意アンインストールに関しては下記のblogの"How do I uninstall the preview?"に書いてある)。

とりあえず、英語版だけなのですが結構、そのまま使い続けてもいい感じですね。RSSとか見る機能とか結構便利だし。Shader.jp Newsなんかはこの機能で読むとかなり読みやすいですね。

タブブラウズ機能もMSNツールバーとかで後付よりもちゃんと機能してるし。

IEのblog
http://blogs.msdn.com/ie/default.aspx

発表プログラムの公開

そういえば、インタラクション2006の発表プログラムが公開になったみたいですね。

今年は、自分での発表は無いのですがたぶん、見には行くと思います。

インタラクション2006
http://www.interaction2006.jp/

朝が弱い

なんか、今週は朝起きるのがちょっとツライよなぁ。

それでも、日中眠くなることはないんですけど。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »