フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 手動 | トップページ | 解像度とかフレームレート »

2006.03.14

Unicode版

とりあえず、PlatformSDKのBaseClassesのUnicode版をビルドするにはSetEnv.Cmdで、

Set UNICODE とか Set _UNICODE

しておけば良さそうだなぁ。

独自に、コマンドライン引数を増やしたのを作るかなぁ。

« 手動 | トップページ | 解像度とかフレームレート »

Programming」カテゴリの記事

コメント

そんな手がありましたか。真面目に(?)Visual Studioのプロジェクトを作ってビルドしてました。

SetEnv.Cmdには以下のくだりがありまして、/DEBUGだの/RETAILだのの引数に応じた処理にあわせて。

Set NODEBUG=1 とか Set NODEBUG=

としています。コレをヒント(もともとDebugビルドとReleaseビルドの処理の違いにはこの辺のプリプロセッサの定義が変わったりします)にUnicode時も同じような仕組みをやってしまえばいいのだろうなぁ、とは思ったりします(setEnvUnicode.cmdみたいなものを作って)。


/*以下、SetEnv.cmdに記載内容*/

REM -------------------------------------------------------------------
REM Set RETAIL
REM -------------------------------------------------------------------
:Set_RETAIL
Set NODEBUG=1
Set DEBUGMSG=RETAIL
goto Done_Retail


REM -------------------------------------------------------------------
REM Set DEBUG
REM -------------------------------------------------------------------
:Set_DEBUG
Set NODEBUG=
Set DEBUGMSG=DEBUG
goto Done_Debug

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2210/9084517

この記事へのトラックバック一覧です: Unicode版:

« 手動 | トップページ | 解像度とかフレームレート »