フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.30

けんがいへ

今日の宿は携帯圏外か。

能登へ

一泊二日で行ってきます。

2006.09.29

5Vの次に欲しいのは

なんか、USBの5V 500mAを9V 300mAに変えるアダプタだそうな。

http://www.timely.ne.jp/item/page/USB%20SuperCharger%209V.html

研究室でちょっと話題にしたのですが、5Vの次に使いたいのは12Vだよなぁ・・・ってことらしくてあまりうちでは需要は無さそうだなぁ。

わりと気になる

ファミ通.comにあったFable2のピーター・モリニューのインタビュー。

http://www.famitsu.com/game/news/2006/09/29/103,1159496180,61007,0,0.html

前作はなんだかんだPC版買えば遊べたわけですが購入せず。今度のはちょっといいかもねぇ。

ただ、家族周りのシステムとか含めてなんだかんだ『ルナティック・ドーン』チックなんですよねぇ。なので、避妊具のくだり以外は驚くことはないんですよねぇ。

しかし、この辺の仕組みや悪行三昧できることはファンタジーRPGのGTAになったりはしないんですかねぇ。まぁ、Microsoftだからチェックは厳しそうですけど。

それにしても"Elder Scrolls IV: Oblivion"とか、結構最近は海外製ARPGに惹かれるんですけどねぇ。

最近

基礎的な調査ばっかで、なんもやってないんだよなぁ・・・。

それが若干ネタ切れ感に繋がっていたりするよなぁ。

ちょっと前のニュース

ちょっと前のニュースですが、全然学生の指導にまわれない忙しい先生ってわりといるようだけど、さすがにこういうことになるとねぇ。

http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20060925/eve_____sya_____020.shtml

人が1人死んだことからすると軽い処分な気がしますが、大学が処分を決めたとなると遺族は民事で争うとかなり取れそうな感じですねぇ。

組織の体質によりますが、研究室の指導の評価って露骨に留年者がでない限りは、なぁなぁで済まされそうですよねぇ。研究業績は評価しやすいですし、講義については最近はどこの大学でも授業評価をやっているのでわかりやすいと思うのですが、研究室運営と指導が適切に行われているかどうかに関しては、どう評価してるんでしょうねぇ。

僕なんかは、単位で半年留年したことがあるので、わりとそのことでのんびりと人生焦らなくなったのですが、それもあくまで単位という取り返しが付きやすいところでしたから、卒論とか修論(博論はまだ経験がありませんのと、基本は対外評価ですので、終わりが客観的に見やすいですが)とかになるとちょっと取り返しが付きにくいよねぇ。

研究関連で気になる本

実はたまたまAmazonのメールからで知ったのですが、”Animation from Pencils to Pixels: Classical Techniques for Digital Animators”と言う本。悩んでいたのですが、ちょっと注文しました。

9/10に出たばっかりの本なのですが、日本のAmazonでは珍しく洋書なのに日本語の書籍解説がありますね。

ちょっとアニメーション関連のネタをやろうと考えてるので資料として購入してみようかと思います。歴史より技法系の話が多いといいなぁ。DVD付きなのもいいんですねぇ(とりあえず、それを見れば全体的な話は見えそうだし)。

Tony Whiteさんのサイト
http://www.tonywhite.net/

Animation from Pencils to Pixels: Classical Techniques for Digital Animators
Animation from Pencils to Pixels: Classical Techniques for Digital AnimatorsTony White

Focal Pr 2006-09-10
売り上げランキング : 9193


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大変だなぁ

高校から大学までの7年間京葉線を使ってましたが、ここまで大変なことはなかったよなぁ。

テレビ見てたけど、実家の家族は大変なんだろうなぁ。

セミナー

今日は、プロジェクト関連のセミナーが午後にあるんですが、その分何も出来なくなっちゃうなぁ。

わりと気になる

やっぱり出るんですね。

HTC製のスマートフォン。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31223.html

たぶん、日本国内でコンシューマー向けで"Phone Edition"って初じゃない(W-ZERO3シリーズはOS的にはPDA向けですし、Docomoのは法人向けだし)?

こっちは、QVGAで重量はW-ZERO3[es]並の重量ですが、回線速度が早くて定額プランがあるのはいいよなぁ。無線LANもBluetooth(ActiveSyncが楽そうでいいなぁ)もあって海外対応はいいよなぁ。

Docomoのヤツがパケ放題対応でコンシューマ向けにもだしてくれればねぇ。

ちなみに、ボーダフォン(今はソフトバンクですが、中の人はあまり変らないので)はもっとも嫌い(嫌いな理由はささいなことですけどね)なキャリアなんですが、端末的には今回のラインナップは魅力的に感じるよなぁ。

コレはマズイ

詳しいことは書けませんが、MDX 2.0のランタイムが10/5で停止されるのはマズイかも。

1つだけ困った問題が発生しそうです。

とりあえず、サポート情報を見なくては。

2006.09.28

ピタゴラ装置のDVDが出るのかぁ

mixiニュースで知ったのですが、『ピタゴラスイッチ』の『ピタゴラ装置』のDVD付きの本が出るのか。

こういうのってゲームになるのか分からないのですが、物理エンジンをうまく使って遊べるソフトとか出来そうだよなぁ。

ピタゴラ装置 映像集 1
ピタゴラ装置 映像集 1ピタゴラ装置

ポニーキャニオン 2006-12-01
売り上げランキング : 5


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そば

今日は『じょうるり』という蕎麦屋へ行ってきました。

http://www.jalan.net/kanko/SPT_167992.html

手取川ダムの近くと言うことで結構奥地だったのですが、なかなか良かったです。麦とろは結構自然薯の粘りがなかなか。

結構、満腹になったなぁ。

Dsc01214
クリックすると大きなサイズになります

新しいVAIOノート

なんか、まだ日本のニュースサイトとかで見たことはないのですが、VAIOノートのCシリーズってのが出るんですね。

http://www.dailytech.com/article.aspx?newsid=4352

13.3インチディスプレイで、GeForce Go 7400搭載ってSZ的な感じですが重さは5ポンド(2.25kgぐらい?)ですか。

時計の針を進めると

そういえば、Windowsの日付の設定を10月にしてみたのですが、やはりMDX 2.0のSDKのサンプルが起動しなくなりますねぇ。

やはりタイムリミットってのは本当なんですねぇ。

2006.09.27

やればやるほどディスクシステム

最近、ファミコンミニ版の『リンクの冒険』を人から借りて遊んでいるですが、小学生ごろに遊んだときは凄く難しかったのですが、今遊んでみるとそうでもないですねぇ。

まだ、これから第2神殿突入ぐらいですが、わりとレベル上げがめんどいくらいで進むのは楽ですねぇ。

研究室内ではこの他にマリオ2も流行ってるんですが、これもすでに★が2つ付いてますし。

任天堂:ディスクシステム生みの親 上村氏インタビュー
http://www.nintendo.co.jp/nom/0408/interv/

COMポートの列挙

なんか、W-ZERO3[es]の無線LANカード出してるIBS JapanのサイトにCOMポートで使ってるものの列挙をしてくれるソフトがあるみたいですね。

http://www.ibsjapan.co.jp/Support/Download/Software/index.cgi

ちょっとあとで入れてみるかな。

そういえば

このblogの記事はあんまり読んでなかったな。

Adieu, Managed DirectX 2.0
http://letskilldave.com/archive/2006/09/20/Adieu_2C00_-Managed-DirectX-2.0.aspx

"Adieu"(アデュー)ってのは、ご存じ別れの挨拶ですが、『永遠の別れ』を意味するんですよねぇ。

Managed DirectX 2.0は10/5で終わりってことですかねぇ。

紙だけが保護される理由は?

前の電子書籍の話の続き。

書籍の再販制度ってのは表層的なことしかしらないのですが、そろそろもういいよなぁ・・・と思ったりします(ついでに新聞の保護のやつも)。

そもそも今の時代、紙に印刷されていなくても読み物はネット上にありますし、PDFのような形式もありますし。少なくともコンピュータのソフトウェアやハードウェアは紙の体裁のままのPDFをマニュアルとして付けてきたりしますから本の体裁は紙じゃなきゃいけないってことは無いと思うんですよねぇ。

ま、実際には再販制を無くすことで本を値下げして欲しいと言うよりは、法律で自由な競争から保護された産業の人が高給取りってのはどうかな、って思うんですよねぇ。保護される分、税金が多く取られるとか、そういう風になるとまぁ、いいかもしれませんけど。

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2356243/detail

ディスプレイで本を読むのは疲れるから売れない・・・というのは迷信だと思う

長いタイトルですが、松下から電子Book向けのデバイスですか。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0926/pana.htm

解像度が、1024x600は魅力ですねぇ。ただ、重量は、325gだそうですがベッドで寝ころんで片手で使うには重いですね、確実に(DS初代が275g)。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0926/pana_02.jpg

それにしてもこのテの端末はいろいろと出てきましたが、普及しませんねぇ。たとえば、本は音楽と違って手持ちのCDをリッピングするなんてことはできませんからねぇ。さすがに文庫本全頁スキャンってのはちょっとねぇ。

そうなると純粋に端末販売元がコンテンツを売ってくれないとだめですが、文庫本買うのと同じ値段じゃ普及しないよなぁ。

たとえば、松下はシグマブックってのを出してましたが、文庫本とおんなじ値段ですからねぇ(たぶん、出版業界が値下げさせないんでしょうけど)。

https://www.sigmabook.jp/SigmaBook/Entrance.do

これだったら、文庫本買った方が安いし。1円も安くないのはおかしいよなぁ。

ですから、ディスプレイで活字を見るのが疲れるからという理由が普及しない理由なのは迷信だと思うんですよ。

電子Book界って状況的には 、海外でのiPodとiTunes musicの成功以前の音楽配信業界に近いのかもしれませんねぇ。たぶん、端末的には十分だけど、コンテンツで大きな価格破壊ができれば普及に加速がつくかもしれませんねぇ。まぁ、今回の端末は松下ということでそれは全く期待できないでしょうが。

とりあえず

英語化しなくちゃ行けないポスターの方は、終わりにしておきます。

あ~、もう9月も終わっちゃうなぁ。

2006.09.26

ポスター

とりあえず、今週締切りの英語のポスターに手を付けてるんですが、ちょっとめんどいなぁ。

わりと分量は少ないのでもうすぐ終わると思うんですが、それにしても仕事が来るよなぁ。

作るのめんどそう

ブロックで作るガンダムかぁ~。

作るのめんどくさそうだなぁ。

メガブロック RX-78-2 ガンダム
メガブロック RX-78-2 ガンダム
バンダイ 2006-11-25
売り上げランキング : 833


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
メガブロック MS06-S ザクII
メガブロック MS06-S ザクII
バンダイ 2006-11-25
売り上げランキング : 827


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

てっきり

IT MediaでW-ZERO3[es]でプレゼンテーションできるかという記事があったので、てっきりIBS-JapanのminiSDからVGA出力が出来るアダプタかと思ったらそうじゃなかいわけね。

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0609/26/news032.html

やはり

明日は買い物に行って、その時に加賀丸いもを買ってみよう。

http://www.tokusanhin.jp/ishikawa/03.html

2006.09.25

先に作る

最近思うのは、新しいアイデアって、アイデア自体を人に「こういうのどう?」って聞くよりも先にプロトタイプを作ってから「どう?」って聞いてみて評価した方がいいんじゃないかってことです。

一見、良かったかも知れないアイデアもアイデアの段階で捨てられることって結構ありますからねぇ。で、他の人がやっててやっときゃ良かったってことがねぇ。

企業では、色々と難しいかも知れないのですが、学生だとなんだかんだ周りとくだらない議論になってつぶしちゃうことってありますからねぇ。こっそりやってある程度でお披露目方式をやってみたいところ。

買うもの

もっと目の細かいおろし金と米びつ用の防虫剤を買わんとなぁ。

明日にでも。

英語の勉強はしなきゃいかんけど

とりあえず、来週からD2ですが、国際会議で口頭発表することは常に意識しておかないとなぁ。

この辺は、余裕が出来たら欲しいなぁ。

国際学会のための科学英語絶対リスニング―ライブ英語と基本フレーズで英語耳をつくる!
国際学会のための科学英語絶対リスニング―ライブ英語と基本フレーズで英語耳をつくる!田中 顕生

羊土社 2005-10
売り上げランキング : 6881

おすすめ平均 star
star是非とも続編を!
star非常に実用的な一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
理科系のための英語リスニング
理科系のための英語リスニング志村 史夫

ジャパンタイムズ 2005-04
売り上げランキング : 91309

おすすめ平均 star
starまさに理系のための

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ペン回しってどこが起源?

デジタルARENAの記事ですが、ちょっと興味深いですねぇ。

http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20060922/118791/

結局

そういえば、研究室のM2の学生と話をしてましたがXNAの登場でManaged DirectXの役割が終わりそうな感じみたいですねぇ。

とりあえず、ネイティブ環境(ようするにC++)との方向性が明確に変わってくるとネイティブでやっていくんでよさそうですねぇ。

まぁ、どのみちDirect3D10やってくにはネイティブ環境の方が良さそうですが。

ひとまず

ようやくFF3は隠しダンジョンを出したし、アルテマウェポンをゲット。

熟練度は、シーフだけ99になったのでグラディウスをゲット。

他のジョブも熟練度を稼ぎつつ、鉄巨人を倒せば終わりだなぁ。もう、消化試合だから他のゲームやるかなぁ。

2006.09.24

やばい

今やってるF-1番組のオヅラさんはかなりやばいなぁ。

ConvexとTriangleMeshの記事アップ

とりあえず、Convex(凸形状)とTriangleMesh(PMapは有りと無し両方)の衝突をあつかう記事をアップしました。

PhysX: 第3回「ConvexとTriangleMesh」
http://www.shader.jp/xoops/html/modules/xfsection/article.php?articleid=22

CDXUTMeshクラス(Xファイルを読み込んで表示)からやってるので、わりとID3DXMeshを使ってる人からするとすぐに使えるネタだと思います。まぁ、頂点バッファやインデックスバッファからもっと低レベルなところからやってる人でも基本的にロックしてるんで、同じですね。

次回以降は、ちょっと未定ですがJointかなぁ・・・(研究室内でも扱ってるネタなので)。

Physx003a
クリックすると大きなサイズになります

不安定

iTunes 7にしたんですが、なんか不安定なところがあるよなぁ。

例えば、再生中にWindowsの×ボタンで終了したりすると確実にクラッシュするし、iPod接続してるときにも同じくクラッシュだし。

ConvexとTriangleMesh

PhysXの次回のネタが表題のやつなのですが、大体サンプルのための目処が付きました(動作ではなくNxCookingまわり)。

とりあえず、近日中かな?

1st

クロマニヨンズの1stシングルの『タリホー』を購入。

これから10年楽しませてくれそうですねぇ。

DVDの仕掛けも凝ってるなぁ。二人の寸劇も笑えるし。

タリホー(初回生産限定盤)(DVD付)
タリホー(初回生産限定盤)(DVD付)ザ・クロマニヨンズ 甲本ヒロト 真島昌利

BMG JAPAN 2006-09-20
売り上げランキング : 41

おすすめ平均 star
star初回限定版
star「良いと思います」
star何も考えず聴くべし!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

悪い傾向だなぁ

わりと食材を買い込んでいる割に料理をする気がなかなか起きないのは悪い傾向だなぁ。

もうすぐ

DSのFF3もなんとかモグネットがらみのイベントを消化中。

もう一押しで終わりそうだなぁ。

問題は、そのあと一体DSで何をして遊ぼうか。

まぁ、『世界樹の迷宮』が出るまではPSPに戻って『ガンダムバトルロワイヤル』かなぁ。

2006.09.23

晩飯

研究室のM2の学生2名と留学生の4人でヤムヤムというカレー屋に行ってみました。

天然カレー市場 北陸カレー物語のヤムヤムの紹介ページ
http://www.boxnet.ne.jp/curry/indo/indo11.htm

カレー屋なのですが、なんかジャマイカ風な感じでした。値段は、カレーだけ(ごはん or ナン)なら850~1300円くらいなので結構手頃ですね。僕は季節の野菜のスープカレー(850円)を食べましたが、値段の割に野菜が多くていい感じでした。スープカレーにしたのでカレーは厳密な印度風っていうよりも日本のカレー的なごはんにあう感じだよなぁ。

デザートも充実してるようで、おやつ時に行くのもいいかもねぇ。

距離的に近いので、また行こうかなぁ。

Google Map
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E5%AE%89%E9%A4%8A%E5%AF%BA%E7%94%BA%E3%80%80%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E3%80%80%E3%83%A4%E3%83%A0%E3%83%A4%E3%83%A0&ie=UTF8&om=1&z=17&ll=36.498183,136.593286&spn=0.004071,0.009978

LinuxでDDS使うサンプル

ちょっと覚えておこう>メモ。

http://www.codesampler.com/usersrc/usersrc_7.htm#oglu_glx_dds

スーパーで

加賀丸いもが売ってました(根上産)。

買っておけば良かったなぁ。

http://www.tokusanhin.jp/ishikawa/03.html

新どっちの料理ショーで麦とろで使われてたのはコレですかねぇ。

最近の研究室でのブーム

最近は、ファミコンミニのマリオ2を買ったので、これがブームです。

ゲームセンターCXの「有野の挑戦」よろしく誰が一番最初に攻略するかってところですねぇ。

ゲームキューブのゲームボーイプレーヤーで遊んでるんですが、ゲームキューブのコントローラはAボタンがちょっと戻りが遅い感じですが、おおむね操作性はいいですね。逆に、DS Liteはちょっとアクションには向かない感じですね。

発売延期かなぁ

そういえば、気づいたらCOLLADAの本が8月末だったのが年末に変わってますねぇ。

その分、加筆とかより新しい情報に変わったりとかってことですかねぇ。

Collada: Sailing the Gulf of 3d Digital Content Creation
Collada: Sailing the Gulf of 3d Digital Content CreationRemi Arnaud Mark Barnes

A K Peters Ltd 2006-12-30
売り上げランキング : 65075


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006.09.22

次のネタアップ

とりあえず、DebugRenderのヤツをアップしました。

AGEIA PhysX 第2回「DebugRender」
http://www.shader.jp/xoops/html/modules/xfsection/article.php?articleid=21

今回は変更点が少ないんで結構楽でした。

Physx002b

次の次のネタ

とりあえず、予告どおり次のネタはDebugRenderなんですが、その次はCovex(凸形状)とTriangleMesh(画面はpmapあり)って感じですね。


クリックすると大きなサイズになります

こっちの方がよさそうだなぁ

バッファローもUSBワンセグチューナーを出すみたいですが、録画とかEPG使えるのであればこっちの方がいいなぁ。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060921/buffalo.htm

どうなんでしょうねぇ

PC Watchの記事ですが、キングソフトが出したOfficeソフトですが、さすがにちょっとどうなるか気になりますねぇ(Microsoftが訴訟を起こすのか)。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0921/kingsoft.htm

オートアップデートは一見便利だけどセキュリティリスクはありそうだよなぁ。

2006.09.21

ソースだけ

とりあえず、Shader.jp NewsでDebugRenderのソースだけ公開しました。

http://www.shader.jp/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=338

一応、実行ファイルもあるのでDirect3Dを動かせる環境がちゃんと整っていてPhysXのドライバ(ランタイム)が入っていればそれだけ実行だけは出来るはずです。

もう2枚

DebugRenderのもうちょっと見やすい画像をアップ。

ここでは、メッシュの描画をやめてPhysX内部で計算してる形状データの可視化とアクターの軸を表示って感じですね。

Debugrender2
クリックすると大きなサイズになります

メッシュを表示したらこんな感じですね。

Debugrender3
クリックすると大きなサイズになります

次のネタ

個人的にも前々からやろうと思っていたけど、放置していたPhysXのDebugRenderの実装が完了。

ようするにこれを使うとPhysX側が計算している各種情報を可視化できるわけなのですが、サンプルで提供されているのはOpenGL版だけだったのでDirect3D版をこさえる。

実は、Shader.jpでサンプルで付けて欲しいって話があったので、やってみました。本当は、自分で作らなくてもIVRCでぐーるぐるを作ったM1の学生からソースをもらえば良かったんですけどね。

ちなみに、下ではShapeの情報の表示をやってます。

Debugrender
クリックすると大きなサイズになります

DebugRender

Shader.jpの方で要望があったりしたのですが、とりあえず、今後のことも考えるとDebugRenderはのっけておかんとなぁ。

今まで使ってないのは、単にDirect3DのDebugRenderのソースがなかったのでねぇ。まぁ、そんなに大変ではないのでOpenGL版を見てDirect3D版を作るのは容易なんですけどねぇ(たぶん)。

とりあえず、次回はConvex、TriangleMesh(pmap有りと無し)でその後ですかねぇ。

来るのか

うお、10.27にクロマニヨンズが金沢に来るのか。

ライブ見に行こうかなぁ。

テレビ電話

今日は共同研究先とテレビ電話会議。

なんだかんだ、最近はよく使ってるよなぁ>テレビ電話会議システム。

2006.09.20

ようやく

ようやくPPUの動きが分かってきました。

とりあえず、大量のオブジェクトを動かしているときのフレームレートの落ち込みで差が出ることは分かりました。

それと2000アクターを超える(見てると2048前後)とプログラムがクラッシュする(本来はエラー処理すべきですが)ので、動いてるのでしょう。

Convexもハードウェアで動かせたので、あとはTriangleMeshですね。

ハードウェアの制約

PPUでConvexが動かず。

さらにドキュメントを読むとどうやら、面数が256までなのはソフトウェアの話で、ハードウェアの場合、面数32で32頂点までっぽいですね。

そんで、小さめの物でやったら動きました。さらに複雑な物はページングせよとのことらしい。ページングについてはもうちょっとドキュメントを読まんといかんなぁ。

あと、大量のオブジェクトの使用時に確かにPPUの方がフレームレートの落ち込みが小さいことは確認できました。とりあえず、それが確認できただけでも収穫かも。

記事

IVRCの記事がSlash Gamesに掲載されていますねぇ。

http://www.rbbtoday.com/news/20060919/34058.html

記事の修正

先日アップしたPhysXをDirect3Dから使う記事ですが,リンクするライブラリのディレクトリやインクルードファイルのパスに関する記事の記述がめちゃくちゃだったので修正しました.

それとサンプルのVisual Studio.NET 2003でのビルドもテストしましたので,2003でもOKだと思います.

Direct3D: 第6回「Direct3DでAGEIA PhysXを使う」
http://www.shader.jp/xoops/html/modules/xfsection/article.php?articleid=19

それにしても冷静に考えると凡ミスだよなぁ。

今月の情報処理

そういえば、今月の情報処理学会の学会誌をぱらぱらとめくっていたら『SECIモデル』とか『W型解決モデル』とか『アウェアリウム』だとか『成功の宣言文』だとかよく見たことがある絵と図や単語があると思ったら國藤先生が寄稿していたのか。

意外と

そういえば、先日DS Liteを買ったので今は自宅でFF3をWi-Fiで繋いでいるんですが、Wi-Fiの設定ってPCとあんまり変わらないんですねぇ。

ルータ側に色々と制限があるのかと思ったのですが、普通に繋がりますね。USBのドングル型の無線LANで簡単に繋がることをウリにしてる製品が多いので、てっきり他のやり方がめんどいのかと思いました。単に、有線で繋いでる人が多いってことなんですね。

結果

IVRC 2006の東京予選大会と個人部門結果が出てますね。

それにしても2企画よくとおしたよなぁ~>うちのM1。

まぁ、7人で1企画を作るのは人数が多すぎますからねぇ(まして学部生ではなく大学院生だと)。短期間で小回りを効かせるには、1チーム3~4人ってところですねぇ。

http://www.ivrc.net/2006/

なんだかんだ個人部門は最優秀賞は2年連続で出ていないなぁ。

ウィルスバスターがデバッグの邪魔をする

そういえば、ウィルスバスターを2006から2007にアップデートしました。

で、そしたらVisual Studio 2005でデバッグ作業をしていたらなんかウィルスバスター関連のDLLのせいでやたらと落とされました。

そういえば、M2のRichard君が先月やっぱり同じネタで困っていたのを思い出したので、彼が問題の原因を特定していたところを参考に余計なことをするDLLを停止。

http://d.hatena.ne.jp/rich850/20060808#p2

本格的に

FF3の隠し要素を攻略するためにWi-Fiコネクションで手紙のやりとりを始めました。

なんだかんだDS Liteを買ったのにFF3しか持ってませんから、こうでもしないとねぇ。

あと、来月出るFFVはどうしようかなぁ。

ファイナルファンタジーV アドバンス
ファイナルファンタジーV アドバンス
スクウェア・エニックス 2006-10-12
売り上げランキング : 15

おすすめ平均 star
starGBAならではの利点と欠点
star何度も涙が
starやっと出た・・・!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006.09.19

ポイントスプライトにシェーダって適用できるの?

CEDECのNVIDIAの物理のセッションに触発されてパーティクル流体をやろうとポイントスプライトを久々にやっております。

そういえば、冷静に考えるとポイントスプライトって固定機能でしか使ったこと無かったなぁ・・・。なんで、シェーダを適用してみたのですが、頂点シェーダの入出力にPSIZE0で頂点の描画サイズは取れますね。

たしか、CEDECの時の話だとブラーと法線マップと環境マップで表現しているとか言っていたのでその通りやってみようかと思います。

流体シミュレーション部分は、PPUで32K頂点でどれくらい動くかを試してみたいところ(まずはソフトウェアでの実装ですが)。


クリックすると大きなサイズになります

指輪型かな

指輪タイプの入力インターフェイスですか。

ちょっと面白そうですね。

それにしてもワイヤレスだとさらに面白いんですけどねぇ。

http://arena.nikkeibp.co.jp/news/20060919/118691/

とりあえず

PhysXの衝突形状に関しては一通り試したことになるよなぁ。

あとは、PPUでもう一回確認したいのだけどM1のIVRCの荷物の中だからなぁ。

衝突形状のメモ

PhysXのメモ。

Convex
多分、ハードウェアで動く。ボックスや球より精度がよいが、256ポリゴンまでという制約がある。

TriangleMesh
多分、ハードウェアで動く。精度は高くて、ボックス、球、Convexと衝突処理できるが、TriangleMesh同士ではダメ。

Pmap
精度を高くすることは出来るが、そうなるとメモリを喰う。たぶん、ハードウェアで動かない。Pmap同士の衝突はOK。将来無くなるかも。

そうなんか

自動車事故が業務上過失~になる理由ってのがWikipediaにあるな。

なるほどねぇ。ここでの『業務』って言葉は必ずしも職業的な行為や職務上の行為に限定しないわけね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%AD%E5%8B%99%E4%B8%8A%E9%81%8E%E5%A4%B1%E8%87%B4%E6%AD%BB%E5%82%B7%E7%BD%AA#.E6.A5.AD.E5.8B.99.E4.B8.8A.E9.81.8E.E5.A4.B1

電車は動いてなかったのか

M1の学生なんかは昨晩から夜行で帰ってくるハズだったみたいですが、車で帰ってきたM2の話だと台風の影響で電車がでなかったみたいですね。

そんなわけで、東京で1泊してるらしいですけど、大変だよなぁ。

帰ってきました

とりあえず、研究室に帰ってきました。

車組だったM2とかはもう『球魂』のビデオ撮影の準備とかやってるなぁ(CEATEC向け)。

なんで?

ニュースで19歳の少年が友人と飲んで事故って怪我させたのに、怪我させた方の罪状が業務上過失傷害なのかがよくわからん(飲酒運転の方ももちろんついてますが)。

もしかして危険運転致死傷害までいかない酒気帯びでの事故って業務上過失傷害とかになるようになってるわけ?

電車組のM1は昨晩は寝台が動かず東京で足止めみたいですねぇ。

移動日

とりあえず、今日の始発の飛行機で石川に帰ります。

2006.09.18

もう発売されていたのか

USBのワンセグチューナってもう発売されていたのか。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20060916/etc_oneseg.html

ワンセグってあんまり見たことが無いんですが、どうなんでしょうねぇ。スペック的にはあんまりフレームレートは高そうじゃないようですが。

Logitec USB接続型ワンセグレシーバ LDT-1S100U
Logitec USB接続型ワンセグレシーバ LDT-1S100U
ロジテック 2006-09-15
売り上げランキング : 7


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Visual StudioでLua

Visual Studio上でLuaの開発(デバッグなど)が出来るようになるプラグインの紹介なんですが、なかなか便利そうですねぇ。

GameDev.netの紹介ページ
http://www.gamedev.net/community/forums/topic.asp?topic_id=414823

製品紹介のページ
http://www.itrango.com/vslua/

たまたま買えてしまった

Dslite

たまたま千葉のヨドバシへ行ったらDS Liteのジェットブラックが買えました。土日があったのに残っていたのは運が良かったです。僕が買ったので最後の1台だったみたいですねぇ(他の色は残っていたけど)。

これから月末にポケモンが出るとますます入手しにくくなるもんなぁ。

ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
任天堂 2006-09-02
売り上げランキング : 68

おすすめ平均 star
star最高!!
starジェットブラックはマジかっこいいです
star買えない!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うわ

吉野家に行列できてるなぁ。

帰ったら

さすがに天気予報とか見てると帰る頃には完全に台風の影響は無さそうですね。

2006.09.17

国内でも

MicrosoftがWebカメラを出す話はこのblogでも前々から話題にしてますが、ぜひ国内でも販売して欲しいよなぁ。

NX-6000ははじめて見たけど、ノートにはこれはいいなぁ。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0915/mshard3.htm

個人的な収穫

今回のIVRCでプログラムを担当するM1の学生に「AGEIA PhysXを使ってみたら?」と提案して二人で色々とPPUも含めてやりとりをしてたんですが、物理エンジンの利用(これは別にPhysXじゃなくたっていいわけですが)は結果的に正解だったと思っております。

インタラクティブなデモでのある程度ちゃんとした物理の実装は演出効果は高かったと思います。特にハプティックが十分でない場合、視覚的な効果で結構それを補えましたね(ただし、専門家からは物理エンジンの出来に比べてハプティックが出来ていないことを指摘されまくってましたが)。

今回は、なんだかんだPPUを使わなかった(ちょっとプログラム的に使えなかった)のですが、それでもPhysXの妙である緩いジョイントを使ってある程度力が加わったら接合部が切れて崩れる効果を彼(M1の学生)は実装したのですが、これはなかなか評判が良かったみたいですね。

物理エンジンの利用は、なんだかんだFPSをターゲットとしてることが多そうですが、インタラクティブなデモでも結構効果を上げられそうですね(使いどころ次第ですが)。まぁ、でもこの楽しさは多分、『塊魂』が出た際に面白いと思ったところと同じなんじゃないかと思います。

あと、影は大事だなぁ。

それにしても、今年は自分で出してるわけではないのですが結構楽しませてもらってますねぇ。

帰宅

とりあえず、お台場から帰宅。

結構立ちっぱなしや歩いたりで疲れたなぁ。

昨日は、お台場の日本科学未来館であったインタラクティブ東京とIVRC 2006を見てきました。

インタラクティブ東京
相変わらず、面白い技術が多いですねぇ。結構知ってる作品が多かったのですが、実際に体験してみないと分からないもののいくつか体験できて良かったです。

そういえば、久々にNTT CS研でお世話になった方々に会えました。大怪我した方がいたのですが、歩けるところまで行ってて良かったです。

IVRC 2006
今年の企画は、例年に比べて学生らしいユニークな発想の企画が多かった印象です。ただ、大会スケジュールの割に稼働率の面で昨年よりちょっと悪いかなという印象でした。 順位は素直にそれが反映されたんじゃないでしょうか?

うちの研究室のM1達ですが、まさかあんな結果になるとはねぇ(結果は公式な発表はあればその時にでも)。 ただ、岐阜には行けることになりました。

2006.09.16

初日

とりあえず、今日はお台場に行ってきます。

2006.09.15

ついに

すぐというわけではなさそうですが、W-ZERO3[es]でもロケフリでテレビが見れそうですねぇ。

無線LANカードはあるので、PSP並に見れるといいなぁ。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0609/15/news060.html

終わった

FF3がようやく終了。

隠し要素の方は全然手つかずなのですが、ひとまず。

軽く

久々の筋肉痛。

最近は、隔日でウェイトトレーニングなんですが、まだ自分が上げているバーベルは自分の限界ではなかったらしい。昨日は、1段階重さを上げてみたんですが普通にあがりました。

帰宅

とりあえず、実家に帰宅。

今週、手術をした親父も元気そうで良かったです。

2006.09.14

実家へ

とりあえず小松です。

これから飛行機で羽田へ移動です。

おっと

発売日は12/2ですか。

発売日の発表が近そうだけど

Wiiの発売日の発表が近そうですねぇ。

値段的にはすぐ変えるんですが、発売日に買うのは大変だろうなぁ。

さらにDSみたく転売屋が買い占めてオークションで高値が付くような状況が続くと購買意欲が萎えるなぁ。

高速化以外にも

Cellに関しては、こういう展開を見ると単にそれで高速化してます、っていうよりも実際にその環境で使えるアプリケーションやシステムを作った方が良さそうですねぇ。

それにしても元Shの人たちのRapidMindには今後もその動きにアンテナを張っておかないと。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/14/news015.html

最近

風呂側の給湯のガスのつきが悪い。

6月~7月に修理をしたのですが、その時ほどではないですが何か起きる前触れだとやだなぁ。

ちなみにうちのはパロマではなくコロナ。

裏にボタンがあるのか

Microsoftの新しいキーボードやマウスの記事なんですが、ノートPC用のマウスは裏にボタンがあるのかぁ。

マウスに関しては順序的に次はMicrosoftのなんだけどねぇ。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0914/ms01.htm

更新

予告通りArticlesの記事を更新をいたしました。

Direct3D: 第6回「Direct3DでAGEIA PhysXを使う」
http://www.shader.jp/xoops/html/modules/xfsection/article.php?articleid=19

本当は、三角形メッシュまでやりたいのですがNxCooking(2.5.xではPhysXCooking)系のファイルに関してどうしたものとかということで今のところ保留にしております。とりあえず、個人的には2.5.x系が一般の開発者に開放されれば解決しそうな気がするのでそれまで保留です。

とりあえず、2.4.4対応で導入ってことで。

あと、今回はページ作成にExpression Webを使ってみました(だからって特殊なことはしてないのですが)。

2006.09.13

Next Tips ?

次回のネタですが、前にShader.jp Newsなんかでプロジェクトを置いてただけのPhysXとDirect3Dのネタになります。

とりあえず、球とボックスですね。TriangleMesh(pmap)は動いてるんですが、使ってるライブラリとかソースとかDLLとかが添付していいのか分からんので無しです。

公開は明日かな?

D3d006b
クリックすると大きなサイズになります

面白そうなデバイスではあるが

エレコムの3Dマウスですか。

ちょっと高そうですが、何か面白いことには使えそうな気がしますよねぇ。

なんだかんだ3DUIに対するインターフェイスってまだ確立していないよなぁ(Phantomとかありますが)。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0913/elecom.htm?ref=rss

明日から

明日の夜から19日の朝まで実家に帰ります。

とりあえず、今週の土日の下記のイベントを見に行こうと思います。今年は、うちの研究室のM1が2企画IVRCで展示をします。

どちらも同じ会場で入場無料ですし、実際に実機体験ができるシステムばかりなのでお暇な方はどうぞ。

インタラクティブ東京
http://interactivetokyo.jp/2006/
IVRC
http://ivrc.net/2006/

面白いジョーク

コナンが防犯キャラクターか、なんて面白いジョークだろう。

むしろおまえが行くとこ行くとこで人が死んでるじゃねーか、って。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060913i408.htm?from=main4

Expression

Expression Webのβ版をなんだかんだ入れてみたんですが、名前は変わってますけどこれって正当なFrontPageの後継っぽい感じですね(ただ、Expression Webは.NET 2.0なのでソースレベルでは別の製品なんでしょうけど)。

一応、今はFrontPage 2003を使っていてFrontPageがなくなっちゃうのを心配していたのですが、これならそのまま乗り換えて良さそうですね。

新しいiPod

そういえば、新しいiPodが発表されていたけど、とりあえず今のnano 4GBから買い換えたくなるような機種は出なかったので、まだまだnanoで行けそうですね。

2006.09.12

Vistaになっても

"Microsoft Expression Web"のβ版をまわりで入れている人がいたので、見ていたらIME2007のβ版もインストールされるんですね。それで、変換で試してもらったのですが、相変わらず「外積(がいせき)」が変換できないのですね。いい加減、ここまで来るとIMEの変換候補を決めてる人は何か恨みでもあるんですかねぇ。

CNET Japanの記事
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20231607,00.htm?ref=rss

どおりで

2chで知ったのですがW-ZERO3[es]の無線LAN接続のために使っているIMSW-822のMACアドレスの確認法が素直に読むだけではだめだったらしい。

http://ibsjapan.co.jp/Catalog/PC_CF_SD/MiniSD/IMSW-822.html

FAQ
http://www.ibsjapan.co.jp/Support/FAQ/index.cgi?kataban=IMSW-822#9

ここで書いてあるのを鵜呑みにしてはダメで、9桁目の番号に1足した数字が正しいらしい。なんてこった。

これで、大学のネットワークに繋がる(うちの大学はMACアドレスが登録しないといけないので)。

サボり気味なので

今週は、ちょっとShader.jp向けにプログラミングの記事をアップしようと思います。

どうなんでしょうねぇ

4Gamerの記事ですが、"Metaverse"とは初めて聞きました。

http://www.4gamer.net/news/history/2006.09/20060911214331detail.html

記事の「Virtual Reality:仮想世界」とするセンスはどうかと思います(そもそも3DCGで作られた世界に関する技術だけがVRを満たす要件ではないですし)が、とりあえず、ちょっとキーワードを元に海外の情報に当たってみたくはなりますねぇ。

Snow Crash (Bantam Spectra Book)
Snow Crash (Bantam Spectra Book)Neal Stephenson

Bantam Dell Pub Group (P) 2000-05-02
売り上げランキング : 36889


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

習熟が必要なインターフェイスは悪か?

たまたま、M2の中間発表を見てて思ったのですが、直感的でなくて使いこなすのに習熟が必要なインターフェイスはすべて悪なのだろうかということ。

直感的インターフェイスの利点に、習熟が少なくとも使えるというのがあるわけなんですが、これはすべてにおいて善なのかというとそうでもないような。

たとえば、コンピュータのインターフェイスでキーボードとペン(タブレット。手書き入力)があるわけですが、たぶん習熟度が低いうちはペンの方が扱いやすいと思うのですが、慣れるとキーボードの入力効率(時間あたりの入力文字数)には勝てないと思います(下のグラフのような感じですね)。

この習熟のしやすさのために効率の壁が越えられない点って、インターフェイスの研究の世界ではどうとらえられてるんでしょうねぇ?

あと、習熟しやすいけど効率の低いインターフェイスから効率の高いインターフェイス(ただし習熟に時間がかかる)へのバトンタッチはどう行えばいいのかとかは気になりますねぇ。

Interface

合併効果?

Adobeが新しいElementsシリーズの発表をしたみたいですね。

MYCOMの記事 Photoshop Elements 5.0
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/09/12/347.html
MYCOMの記事 Premiere Elements 3.0
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/09/12/348.html

Flash対応が結構進んでいるようですね。PremiereのFLV対応はいいなぁ。

今は、PhotoShop Elements 3.0でPremiere Elements 1.0を使ってるんですが、今回のアップデートは買い換えてもいいアップデートだなぁ。

中間審査

今日はうちの研究室のM2の中間審査です。

7人も受けるんで、全部見る(中間審査と修論審査は学生にも公開されている。質疑とかは出来ないけど)と結構長いよなぁ。

どっちのレイズナー

なぜか今月立て続けにレイズナーの立体化があるわけですが、どっちがいいかなぁ。

見た感じでは、リアルロボットレヴォリューションの方が細部とかの出来が良さそうだし、大きさも大きそうなのですがプラモなので組み立てがめんどいんですよねぇ。パームアクションの方が小さいけど手頃。う~ん。

リアルロボットレヴォリューション 1/48 SPTレイズナー
リアルロボットレヴォリューション 1/48 SPTレイズナー
バンダイ 2006-09-17
売り上げランキング : 29

おすすめ平均 star
starうれひー
starチョウサイコー!!!!
star待ちに待った商品化

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
パームアクション「蒼き流星SPTレイズナー」 ACT-1:レイズナー
パームアクション「蒼き流星SPTレイズナー」 ACT-1:レイズナー
メガハウス 2006-09-30
売り上げランキング : 77

おすすめ平均 star
star小っちぇー
star未来予想図
star新幹線

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006.09.11

つり

月末に友人が遊びに来るんですが、釣りが出来るところは無いかと調べていたのですが、手取川とか鳥越方面だと鮎、岩魚、山女魚なんかが釣れるんですねぇ。

http://www.city.hakusan.ishikawa.jp/kankosuishinbu/kankosinkou/turi.jsp

写真向け

M1の学生話だと下記のプリンタが使えるところが学内にあるみたいですね。

写真品質の印刷がしたい場合に使おう。

http://www.pictro.jp/lineup/g4500n/index.html

相変わらず、調べてみると高そうな機材が自由に使える状態でひっそり置かれてることが多いよなぁ>この大学。

提出

副テーマの書類を提出。

とりあえず、今回は早め早めに。

今週

そういえば、今週は14日の夜から実家に帰ろうと思ってます。

今回はM1達の展示とかを見にお台場へ。

これはいいかも

jigブラウザがW-ZERO3対応になったみたいですね。

http://br.jig.jp/pc/zero3/

携帯電話と違ってVGAだし、jigletも便利そうだし。ちょっといいかもねぇ。

SH902iで使ってますが、VMの起動から立ち上がりまで早いし、結構使いやすいんでねぇ。

そういえば

今日から学内ではM2の中間審査がスタートなんだな。

うちの研究室は明日ですね。

しかし、最近は知識科学的な質問と指摘が無いのが残念です(分かる人には分かる)。

これはちょっと楽しそうだなぁ

タカラトミーが自宅で陶芸が出来るキットを出すのか、ちょっと面白そうだなぁ。

MYCOMの記事
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/09/07/320.html

ろくろ倶楽部
ろくろ倶楽部
トミー 2006-09-28
売り上げランキング : 514


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006.09.10

ボリューム本の初見感想

前のエントリで書いてますが、"Real-time Volume Graphics"が届きました。

出版社の紹介ページ
http://www.akpeters.com/product.asp?ProdCode=2663

たぶん公式サイト
http://www.real-time-volume-graphics.org/

目次の構成(Sheder.jp Newsへのエントリ)
http://www.shader.jp/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=329

さすがにReal-timeというだけあって、基本的にGPUベースのボリュームレンダリングがメインですね。全編、ほとんどCgのソースでの解説があります(+OpenGL)。

ゲームプログラマ向けに1章さかれています(11章)。これは雲とかフォグとか煙とかパーティクルとかの話題ですね。

意外と17章のLarge Volume Dataはメモリ上にどう置くかという点で、非常に参考になります。

ちょっと値段が張りますが、基本的に買いでいいと思います。ただ、全編カラーで見やすいですし(ただ、当然相応の英語力は必要です。数学は比較的平易な方ですが)。

Real-time Volume Graphics
Real-time Volume GraphicsKlaus Engel Markus Hadwiger Joe M. Kniss

A K Peters Ltd 2006-08-30
売り上げランキング : 32606


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

例のボリュームグラフィックスの本

思っていた以上にいいかも。

基本的にGPUベースですし。

今日

そういえば、誕生日だったな。

今日は

先日、発送間近だった本が来るはず。

2006.09.09

恥ずかしながら

恥ずかしながら長芋と山芋の細かな分類って知らなかったなぁ。

http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/A2003/Yamaimo.htm

長芋をすってあんま美味くないと思ったら、長芋はスライスした方がいいんだな。今度から気をつけないとなぁ。

ポイントレンダリングの本

ポイントレンダリングの専門書が出るようですね。

出版社の紹介ページ

値段が結構張りますが、700ページくらいだと結構ボリュームがありますね。ところどころGPUの話題もあるようですね。

Point-based Graphics (Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics)
Point-based Graphics (Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics)Markus Gross Hanspeter Pfister

Morgan Kaufmann Pub 2006-12-15
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これだったか

たまたまとある会議で話題として出たのが、大学院の講座制が無くなっていく話だったんですが、こういうことだったんですね。

読売の記事
http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_06050101-2.cfm

大学教員の名称変更(おもに助教授と助手の話ですが)の話がありますが、その辺の絡みもあるんですねぇ。

まぁ、うちの大学の場合、はじめから教授と助教授で講座名は一緒でも研究室は別々なので影響は少なそうですが。

任意の絵を出す

"Optimus mini three keyboard"のサンプルをいじりながらビットマップを出してみました。

とりあえず、自作プログラムからキーボードへアクセスするときには、"Optimus mini Configurator"(常駐してアプリごとにボタンの割り当てとか変えてくれるプログラム)は切っておく必要がありそうですね。

"Optimus mini Configurator"起動時にアプリごとにボタン表示を変えたい場合にはプラグインを作るのが良さそうですね。

動かなくて泣きそうになった

大学に来て"Optimus mini three keyboard"を接続してみました。

最初、自分のノートでは実は起動しませんでした。で、M1が使っているデスクトップに差し替えても起動せず。

Engadgetの記事だとこのキーボードは接続的にはUSBシリアル変換らしいので、COMポートを決め打ちしてるんではないかと疑って、色々とポート番号を変えてみたのですが起動せず(ちなみにデバイスマネージャー的にはこのハードウェアは見えてました)。

ちょっとあきらめかけていたのですが、念のためもう一台の別のデスクトップでようやく起動しました。そんで、その起動したPCでCOM番号やドライバなどを見ていたのですが、あることに気づきました。

起動しないPC(ノート、M1のデスク)ではこのハードウェアが"Prolific USB-to-Serial Bridge"となってました。で、起動したPCを見てみるとハードウェア名がなんと"Prolific2 USB-to-Serial Bridge"になってるじゃあないですか。そんなわけで、デバイスドライバを変えてみたら起動しました。いや~、ロシア製品で初期不良はめんどくさそうで泣きそうになりました。


クリックすると大きなサイズになります


クリックすると大きなサイズになります

やりたいこと

前の記事の"Optimus mini three keyboard"(接続は15時のバスで大学に行ったときにやろうと思ってるので、まだ)ですが、とりあえずC++やC#からアクセスできるんであれば、色々とやりたくなるよなぁ。

フレームレートは低いのですが、3D APIで描画したものを表示したりとか、W-ZERO3[es]に繋いで動くかどうか試してみたりとかねぇ(ライブラリはソースがあるのでXScale向けにビルドしたら行けたりしないかなぁ)。

例のキーボード

ついに届きました>"Optimus mini three keyboard"。

Optimus mini three keyboard
http://www.artlebedev.com/everything/optimus-mini/

ようするにキーボードのキーが有機ELになっていてアイコン表示とかが出来ます。今後、色々とインタラクティブなデモのオペレーションで使っていきたいところですね。

 意外だったのが下記のページを見るとC++やC#からこのキーボードにアクセスできるAPIやPluginが公開されていることです。これは非常にありがたいですね。

Optimus mini three software and documents
http://www.artlebedev.com/everything/optimus-mini/downloads/

とりあえず、まずは箱だけ。使い勝手などは、またあとで。


クリックすると大きなサイズになります

写ってる

Microsoftの川西さんのblogですが、写っちゃってるなぁ。


http://blogs.msdn.com/hiroyuk/archive/2006/09/09/746364.aspx

ついに

例のELキーボードが発送になったみたいです。

たぶん、今日の午前中かな?

2006.09.08

あ~

なんか新しいことやりたいなぁ。

しかも、しばらくこっそり寝かせておいて。

楽しそうな貯金箱だなぁ

IT Mediaにあった「人生銀行」って貯金箱はちょっと面白そうですね。

CUBE WORLD的な感じですねぇ。

IT Mediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0609/08/news073.html

人生銀行500
人生銀行500
タカラ 2006-11-15
売り上げランキング : 65


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いよいよ

Amazonで注文していた『Real-time Volume Graphics』が発送間近になりました。

楽しみにしている1冊だけに待ち遠しいところです。

出版社の紹介ページ
http://www.akpeters.com/product.asp?ProdCode=2663

Real-time Volume Graphics
Real-time Volume GraphicsKlaus Engel Daniel Weiskopf Christof Rezk-salama

A K Peters Ltd 2006-08-30
売り上げランキング : 30955


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日の予定

今日も会議であとはトレーニング日だなぁ。

一気に全員

う~ん、SEX MACHINEGUNSいきなりあんちゃん以外全員脱退かぁ・・・。

2006.09.07

会議終了

とりあえず、今日の会議は終了。

雨と雷で昼食時にトラブルがありましたが、なんとか。

2006.09.06

再開

実家に帰る前は隔日でトレーニングルームでバーベルをあげていたのですが、それを今日から再開。

本当は、今週の頭からやっていこうと思ったのですが、トレーニングルームの鍵がぶっ壊れていたので今日まで延び延びになっていたんですよねぇ。

そんなわけで、今日から再開ですねぇ。

無償かぁ

なんか、Poser 5の英語版が無償ダウンロードできるみたいですね。

最近、3D系のソフトは期間限定で無償ダウンロードとか出来ることが多いよなぁ。

窓の杜の記事
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/09/06/poser5extend.html

.NETでGPGPUで並列計算

以前、Microsoft Reserchが論文で書いていたネタがライブラリ自体が公開になったみたいですね。

とりあえず、詳しいことは下記へ。

http://www.shader.jp/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=326

予定

う~ん、今日は会議とゼミで1日終わっちゃうよなぁ。

ウザイ相手に

DocomoのD702iFがちょっと面白い機能があるな。

ASCII24の記事
http://k-tai.ascii24.com/k-tai/news/2006/09/05/664389-000.html

引用すると

サイドキーを押すとあらかじめ設定した着信音を鳴らせ、着信したようにカモフラージュできる“ほっとメロディ”、

なのですが、これって相手が長話でウザイ時に押して電話がかかってきたフリをして回避することができるってことだよなぁ。

このことを知ってるとこの携帯を持ってる女性に声をかけようとするたびに電話がかかってきて会話が出来ないようなことがあれば、確実に自分は嫌われてるってことだよねぇ。まぁ、そう言う手を使ってくるヤツも信用するなと言えるかも知れませんけど、とにかく場合によっちゃ人間関係を壊しそうだよね。

1D

これからのゲームは2Dでも3Dでもねぇ、1Dだ!!

って言ってるのかどうか分かりませんが、GameDev.netの下記のスレで1Dのゲームの話題が盛り上がってます。

結構古いスレですが
http://www.gamedev.net/community/forums/topic.asp?topic_id=412205

そこで、書かれていた下記のテトリスはちょっとウけてしまった。

http://www.tetris1d.org/

しかし、カンストしてるヤツはヒマだなぁ。

2006.09.05

CEATEC展示

そういえば、来月の頭のCEATEC 2006でうちの研究室のM2たちが昨年のIVRCなどで展示した『球魂』をセンサー(ワイヤレス三軸加速度センサ)を提供してくださった日立金属のブースで展示をします。

http://www.ceatec.com/2006/ja/visitor/ex_detail.html?id=6189

モバイルSUICAが

モバイルSUICAがViewカード以外のクレジットカードにも対応か。

なんだかんだ時々、関東に戻るのでSUICAイオカードを1枚持ってるんですが、それを持たないで済むなぁ。

ただ、年会費1000円とるのはせこいなぁ・・・(加入店からの電子マネー手数料の収入とかで無料化できないのかねぇ)。SUICAイオカードのデポジットと違って毎年取られるんでしょ?

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/30888.html

日本語版が出るのか

なんか、PSP Hacksの日本語版が出るんですねぇ。

なんだかんだPSPは地味に遊んでますけど、あんまりゲーム以外の用途では使ってないよなぁ。

PSP Hacks ―ポータブルゲームシステムを遊ぶテクニック & ツール
PSP Hacks ―ポータブルゲームシステムを遊ぶテクニック & ツールC.K. Sample III 水の森 錫彦 株式会社ロングテール 長尾 高弘

オライリー・ジャパン 2006-09-14
売り上げランキング : 127872


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そういえば

明日の会議で5分しゃべるんだったなぁ。

全然、準備してなかった。

まぁ、5分ですので。

Managed DirectX からXNAへの移行ガイド

周りでも結構興味を持っている人がいるんですが、下記はちょっと参考になりそうですね。

http://msdn.microsoft.com/directx/xna/migration/

miniSDのWi-Fiカードが届きました

W-ZERO3[es]で使おうと、miniSDのWi-Fiカードを買いました。サイズ的には普通のminiSDよりちょっと出っ張る感じです。ただ、もう11bならこの薄さと大きさに収まるのがビックリですね。

IWS-822
http://www.ibsjapan.co.jp/Catalog/PC_CF_SD/MiniSD/IMSW-822.html

  結構色んなところで写真が出ていたので知ってるんですが出っ張りますねぇ。

それでもまぁ、自宅ではW-SIMよりも全然速いですしねぇ。自宅ではスピードテストは、667Kbps(500kバイトで)って感じですね。11bってこともありますが、Windows Mobileの処理能力やSDIO接続など色んなところで速度が出ない感じなんでしょうねぇ(たぶん、今は自宅の無線LANルータが遅いのが最大の原因だと思います)。

YouTubeも試してみましたが、速度が出れば実用的になるかもって感じですね(自宅のルータが遅いので)。

あとは、これに併せて外での無線LANアクセスのサービス(M1000を使っていた時にはmoperaUを使ってましたが、小松空港とかそれなりに便利でした)とか、外で音を聞くための平型プラグ(携帯電話とかのやつ)をステレオミニプラグに変換するものを用意しないとなぁ。

miniSD 802.11b無線LANカード
miniSD 802.11b無線LANカード

ひさびさに

Yahoo!Widgetが日本のYahooのアカウントにも対応するようになったみたいですね。

CENT Japan
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20221007,00.htm?ref=rss

Yahoo!ウィジェット
http://widgets.yahoo.co.jp/

ひさびさに入れてみたのですが、個人的にはYahoo!のアカウントで使えるサービスと連携できるカレンダーは便利かも予定の共有とか仕事リスト(ToDo)とかね。前にノートPCでオフライン時の挙動が怪しい(すげぇCPU負荷があがる)ウィジェットがあったのでやめちゃったんですが、最近はその辺どうなんでしょうか。

2006.09.04

GameDev.netのSIGGRAPH レポート

GameDev.netにSIGGRAPH 2006のレポート記事がありました。

結構ボリュームがあるんですがわりと海外の方がどう見てるか気になりますねぇ

http://www.gamedev.net/columns/events/siggraph2006/

ケースを買ってみました

そういえば、昨日千葉のヨドバシでW-ZERO3[es]のケースが売っていたので買ってみました(たしか、2,520円)。

以前、PORTER PRISMを買いましたが、これは腰からさげて持ち運ぶときにはいいのですがカバンとかに入れて持ち運ぶのはちょっとかさばるのでウィルコムセレクト(メーカーはこの辺らしい)のWC-12WHというのを買ってみました。

さすがに専用ケースなので、サイズはピッタリですがちょっとキツイといえるかも知れません。入れるたびにスタイラスを出すスイッチをいじりそうですし、抜くときに色々とボタンを押してしまうので、ロックかけてから入れた方がいいですね。ただ、デザイン的にすっきりなので出し入れしてるうちに馴染んでくれば使いやすくなるかな?

続きを読む "ケースを買ってみました" »

個人的な興味から

今まで流体系のネタは2次元平面で解くやり方はやってきたのですが、CEDECなどのセッションから粒子流体をやってみようかと思ってます。

まぁ、位置のシミュレーション自体はPhysXなどを使う(今回の目的はシミュレーションの方ではなくてポイントスプライトで水を作る手法を試してみたかっただけなので)として、CEDECでNVIDIAがHavokFXを紹介してたレンダリングの方法ををやってみようかと思います。

皮肉

空港で見たニュースの話ですが、徳島の名産といえばスダチでそうでこんなニュースがありました。

読売新聞の記事
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060830i304.htm

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%80%E3%83%81

こういう効果が認められると、本来は捨てていた絞りカスからあらたな製品を作ったり出来そうですが、個人的には若干眉唾ものなのですが、それというのも

糖尿病の死亡率全国1位は徳島県(2004年まで12年連続)

http://www.dm-net.co.jp/calendar/2005/10/001020.php

徳島新聞
http://www.topics.or.jp/News/news2006083105.html

なんか、徳島で取れてるわりには皮肉なデータですよねぇ。

最後の月

そういえば、10月入学なので来月から学年がD2(博士後期2年)なんだよなぁ。

帰ってきました

とりあえず、大学に戻ってきました。

文字放送

たまたま羽田で見ていたNHKの文字放送で、徳島大が徳島県の名産のすだちを粉末化したものをマウスに与えたら、血糖値を抑える効果があって糖尿病にいいというニュースがあったのですが、ニュースの最後に徳島県は糖尿病死亡率全国一とかあったんですが、これじゃ効能は怪しいなあ。

帰ります

とりあえず、今日の午前中に石川に帰ります。

帰ったらすぐに会議なので、ちょっと忙しいよなぁ。

2006.09.03

今日だったのか

そういえば、アタック25の芸能人大会は今日だったのか。

まぁ、毎週おまかせ録画してるおかげで何とか見れそうです。

まだまだ

まだまだ結構日差しが強いですね。

石川には明日帰るのですが、あっちはどうなんでしょうかねぇ。

忘れていた

そういえば、「アタックNo.1」とか「エースをねらえ」なんかやるまでは上戸彩って低視聴率ドラマ女王だったよなぁ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060902-00000008-dal-ent

2006.09.02

今回のCEDECで思ったのは

まだまだ、物理の領域ではやれることは色々とあるなぁ・・・といった感じですね。

起きた

昨日は3日目からそのまま朝まで三軒茶屋にいたので、帰ってきたのは6時半くらいでした。

とりあえず、ようやく起きたので色々と昨日のことを書こう。

2006.09.01

こういう本も珍しい

いわゆる海外エロゲーの本。

ただ、目次を見るとかなり真面目そうな本で歴史からアプローチまで。ある意味で、海外でエロゲーを出したいんだけど、どうしたらということで日本との文化的な違いとか分かりそうですね。

出版社の紹介ページ(目次がPDFになってます)
http://www.charlesriver.com/Books/BookDetail.aspx?productID=124865

Sex in Video Games
Sex in Video GamesBrenda Brathwaite

Charles River Media 2006-09-15
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3日目

とりあえず、最終日ですね。

今日受講のセッションは、なかなかどうなるか分からんもんが多いです。

弟から聞いたblog

弟から教えてもらったのですが、昔テレビで日本一マズイって言われてたラーメン屋の親父に人生相談するblogがあるみたいです。

彦龍の憲彦さん
http://blog.livedoor.jp/japaneasy/

ちょうどやじうまWatchで『生協だけでなく「はてな」にも「白石さん」はいるのか?』というのがあったわけですが、なんかタイムリーな感じですね。

個人的には、やっぱり最新のこの回答が好きです。

http://blog.livedoor.jp/japaneasy/archives/50559015.html

そういや、昔ゲームラボでぴょこたんが彦龍に喰いに行った漫画描いてたな。

なんと

mixiに自分のマイミクをグループ分けして管理する機能が増えてるし。

こういうときに

XNA Game Studio Expressが公開になったわけですが、こういうときにCマガがあれば2ヶ月後には記事があったりしたんでしょうねぇ。

Nyaruruさん話では、海外では雑誌が2冊でるみたいですけど、ゲームを作りやすい環境は年々良くなっているとは思いますが、じゃあそれで商売になるかというと、そうでも無いんでしょうねぇ。

日本は高度な教育が母国語で受けられることが幸福な反面、海外の文献を読むのが苦手な人を大量に生んでるんですよねぇ。そうなると日本語向けは需要が高い反面英語より市場規模が狭いからパイが小さくてなかなか大変そうですねぇ。

今のところの話

ちょっとPhysXの話をしようと思います。たまたまCEDECで聞かれることが多かったので。

最近は、PhysXボードの物理以外への利用を考えてる人がいたりするようですが、これが有用に活用できるのであれば、色々とやれることがあると思いのでいいことだと思います。ちなみに下記の私の理解が間違ってたら遠慮無くご指摘ください(比較的ネガティブな話なので、間違いがちゃんと指摘されるのは歓迎ですし、あまり自信もないです)。

ボードで何が出来るか?
僕の理解では、SDKのドキュメントの

Guide→Advanced Topic→AGEIA PhysX Hardware Support

にボードで出来ることのすべてが書かれていると理解しています。で、大きく、

"Pure Hardware Rigid Body Scenes"と"Pure Hardware Fluid Scenes"

に分れていて、細かいことは置いておきまして、CEDECのセッションで聞いた話も大体この範囲でした。つまり剛体と流体(パーティクルや各種の単純な形状の集合で表現)を扱えることが分かりました。

ボードで処理できるオブジェクト数
引用すると2.4.4では剛体は、

TheAGEIA PhysX hardware currently supports a maximum of 3 concurrent scenes. Each scene can hold up to 2048 (D6) joints and 2000 actors.

3シーンで2000前後のアクター(ようするにオブジェクトです)が使えるようです。

一方流体は、

Fluid scenes support a maximum of 32k particles.
The maximum number of capsules in a scene is limited to 1024.
The maximum number of boxes in a scene is limited to 1024
Spheres are emulated as capsule of zero height, so they share the same limitation as capsules.

扱えるようです。

ぶっちゃけレイトレできるの?
僕の見解では、

現状のPhysXハードウェアでは無理じゃないのかなぁ・・・」

と思っております。ちなみに、「現状」なので、将来的(早くても2~3年後)にどうなるかは分かりません。ドライバのカスタマイズで機能が簡単に増やせるのであれば、もっと短期的に変更はあるかもしれませんが、処理が固定化されすぎているのであればSDKの更新はあってもボードの更新は難しいと思います。

NxSceneクラス(シーンの管理をするクラス)では、RayCastingに関して以下のメソッドを持っています。

virtual bool raycastAnyBounds (const NxRay &worldRay, NxShapesType shapesType, NxU32 groups=0xffffffff, NxReal maxDist=NX_MAX_F32, const NxGroupsMask *groupsMask=NULL)

virtual bool raycastAnyShape (const NxRay &worldRay, NxShapesType shapesType, NxU32 groups=0xffffffff, NxReal maxDist=NX_MAX_F32, const NxGroupsMask *groupsMask=NULL)

virtual NxU32 raycastAllBounds (const NxRay &worldRay, NxUserRaycastReport &report, NxShapesType shapesType, NxU32 groups=0xffffffff, NxReal maxDist=NX_MAX_F32, NxU32 hintFlags=0xffffffff, const NxGroupsMask *groupsMask=NULL)

virtual NxU32 raycastAllShapes (const NxRay &worldRay, NxUserRaycastReport &report, NxShapesType shapesType, NxU32 groups=0xffffffff, NxReal maxDist=NX_MAX_F32, NxU32 hintFlags=0xffffffff, const NxGroupsMask *groupsMask=NULL)

virtual NxShape * raycastClosestBounds (const NxRay &worldRay, NxShapesType shapeType, NxRaycastHit &hit, NxU32 groups=0xffffffff, NxReal maxDist=NX_MAX_F32, NxU32 hintFlags=0xffffffff, const NxGroupsMask *groupsMask=NULL)

virtual NxShape * raycastClosestShape (const NxRay &worldRay, NxShapesType shapeType, NxRaycastHit &hit, NxU32 groups=0xffffffff, NxReal maxDist=NX_MAX_F32, NxU32 hintFlags=0xffffffff, const NxGroupsMask *groupsMask=NULL)

ただ、これらはすべて

サポートするプラットホーム
PC SW: Yes
PPU : No
PS3 : Yes
XB360: Yes

となっております。ただ、他にレイキャスト系の命令があってそれがPPUサポートだと問題ないと思います(無さそうですが)。他に知らない方法で実現できる方法もあるかもしれません。

どこを目指しているか?
CEDECで、「精度のいる産業用向けのソリューションとかは考えているのか?」という方がいました。これは、興味深い質問でした。答えは、「No」で「ゲーム向け」とのことでした。たぶん、冷静に仕様を見ると「ゲーム向け」を強調するのは分かるような気がします。

産業用は、たぶんまずはゲームで成功しないことには難しそうですね。大学など研究機関向けにライセンシー(一応、SDKは無料ですが、早期アクセス権)はあるのか、という質問をしましたがあまり今の段階では積極的にアカデミックな方に使ってもらって世に出て行くと言うことは無いみたいですね。

セッションでかすかに触れられてたのですが、最近はPCベースのアーケード基盤があるので、そうしたものへの組み込みなんかは採用するところがあれば一番販路としてよさそうですね。

あと、もうひとつアイデアがあるのですが、今のパチンコの玉とか釘とかをシミュレートして液晶に表示する玉 & 釘レス台の処理にPhysXボードを使えば大ヒットだと思います(完全なソフトウェア処理の台は認可が通らないだろうけど)。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »