フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« とりあえず | トップページ | 紙だけが保護される理由は? »

2006.09.27

ディスプレイで本を読むのは疲れるから売れない・・・というのは迷信だと思う

長いタイトルですが、松下から電子Book向けのデバイスですか。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0926/pana.htm

解像度が、1024x600は魅力ですねぇ。ただ、重量は、325gだそうですがベッドで寝ころんで片手で使うには重いですね、確実に(DS初代が275g)。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0926/pana_02.jpg

それにしてもこのテの端末はいろいろと出てきましたが、普及しませんねぇ。たとえば、本は音楽と違って手持ちのCDをリッピングするなんてことはできませんからねぇ。さすがに文庫本全頁スキャンってのはちょっとねぇ。

そうなると純粋に端末販売元がコンテンツを売ってくれないとだめですが、文庫本買うのと同じ値段じゃ普及しないよなぁ。

たとえば、松下はシグマブックってのを出してましたが、文庫本とおんなじ値段ですからねぇ(たぶん、出版業界が値下げさせないんでしょうけど)。

https://www.sigmabook.jp/SigmaBook/Entrance.do

これだったら、文庫本買った方が安いし。1円も安くないのはおかしいよなぁ。

ですから、ディスプレイで活字を見るのが疲れるからという理由が普及しない理由なのは迷信だと思うんですよ。

電子Book界って状況的には 、海外でのiPodとiTunes musicの成功以前の音楽配信業界に近いのかもしれませんねぇ。たぶん、端末的には十分だけど、コンテンツで大きな価格破壊ができれば普及に加速がつくかもしれませんねぇ。まぁ、今回の端末は松下ということでそれは全く期待できないでしょうが。

« とりあえず | トップページ | 紙だけが保護される理由は? »

スマートフォン・デジタルガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« とりあえず | トップページ | 紙だけが保護される理由は? »