フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« RenderManの本 | トップページ | 移動 »

2007.03.14

影の役割

「3Dユーザインタフェース」を読んでいたら、ちょっと面白い話が目に入りました。

我々の扱う、2次元の画面上で3Dのものをインタラクティブに操作する際に「影」の表示が空間把握の手助けをすると言う話。下記の論文が引用されてました。

Interactive shadows(要ACM Digital Library)
http://portal.acm.org/citation.cfm?id=142622&coll=portal&dl=ACM

上で、ダウンロードできない方は、ブラウン大の方にPostscript版(古い論文なので)があります。

http://graphics.cs.brown.edu/research/pub/papers/uist92-shadow.ps

マウスで、3Dモデルをドラッグで動かすってのをやっていたのですが、わりと空間把握が難しかったんですよねぇ(背景が無いので、さらに把握しにくい)。「影」を使ってみるってのは、ちょっと面白いですねぇ。週末にやってみようかな。

あと、「影」をドラッグするってアイデアも面白いですね。

3Dユーザインタフェース
3DユーザインタフェースDoug A. Bowman Jr.,Joseph J. LaViola Ernst Kruijff

丸善 2005-09
売り上げランキング : 236969

おすすめ平均 star
star丁寧に訳されている,網羅的な本です.

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« RenderManの本 | トップページ | 移動 »

Amazon」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« RenderManの本 | トップページ | 移動 »