フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 絶望的な納期 | トップページ | DDSメモ »

2007.07.22

視聴後

怪奇大作戦の3夜目の感想。

個人的には、変種の花粉ってアイデアは面白かったのですが、犯人(木村多江)の動機とか、自殺した恋人の話とかあの辺は、ちょっと強引なストーリーの作りだったよなぁ。

木に遺伝子を埋め込んだってのもよう分からんし、音楽で収まるってのもなんかオカルティックでやだなぁ。

あと、犯人が死ぬって展開は好きじゃないですね。

« 絶望的な納期 | トップページ | DDSメモ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶望的な納期 | トップページ | DDSメモ »