フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« Adobeの技術 | トップページ | さらに追加みたいですね »

2007.10.04

AIF Toolkitを入れてみた

先日書いたAIF Toolkitを入れてみました(該当エントリ)。ちなみに、インストール時にエラーが出てこける人は"error 2739"で検索。

AIF Toolkit
http://labs.adobe.com/wiki/index.php/AIF_Toolkit

なるほどねぇ~。GLSLベースのHydra言語(GLSLにHLSL FXでいうアノテーションが書ける感じかなぁ)でフィルタが書けるわけねぇ。ツールとしては、RenderMonkeyやFX Composerのような統合環境ですが、アノテーション(ちょっとドキュメントを見てないので、同じ用語を使っていいのか不明)でUI(右側のダイアログのエリアにスライダーとか出てくる)がつくところなんかからするとFX Composerの方が近いですね(ver 1.8までの)。

個人的には、Adobeならもっとスマートなmental millのようなGUI型のツールとかにしてくれればいいのにと思うんですけどね。

これも立派にGPUを使ったエフェクトのためのツールなわけですが、Shader.jpで扱うかは未定。・・・というのもAdobeの技術(Flashも)を追っかけてきてる人が触れてくれるといいんですけどね。

追記
あと、下なんかで取り上げられてるようですね。今後情報がさらに増えてくることに期待(・・・と言っておく)?

http://d.hatena.ne.jp/rich850/20071002#p2

http://wiki.libspark.org/trac/wiki/AIFToolkit

Aif
クリックすると大きなサイズになります

« Adobeの技術 | トップページ | さらに追加みたいですね »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Adobeの技術 | トップページ | さらに追加みたいですね »