フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« なかなか慣れない | トップページ | 今度は15インチか »

2007.10.08

物理エンジンのためのデータ編集方法

EC2007のときに、Springheadを作ってる電通大の長谷川先生(IVRCがらみの仕事でよく会うので話をする機会は多いのですが)と、「物理エンジンを考慮したシーンやモデルのデータ編集はなかなかめんどうですよね?」と言う話になりました。

僕なんかもPowerPoint上※で物理エンジンを考慮したデータを使わせる際にデータの編集をどうするかが頭の痛い問題ですが、あんまりいいアイデアがないんだよなぁ。とりあえず、3Dのツール自体がコンピュータのライトユーザーには使いやすいとは言い難いしねぇ。

ただ、先日書いたけど(該当記事)、下記の例のように2Dにするとなんか、作らせやすいように思えちゃうよなぁ(下の例はプリミティブな図形のみでも面白そうに見えるよなぁ)。

http://www.codeplex.com/FarseerPhysics/Wiki/View.aspx?title=Screenshots&referringTitle=Home

とりあえず、PhysX上でZ軸に対して拘束かけて2D向けのものをためしにエディタごと仕込んでみるかなぁ。この場合、COLLADAにこだわらないでプロトタイプを作ってみるのはアリかもなぁ。

※余談ですが、ようやく最近ActiveXコントロールのインストーラの作成方法が分かって、実験したら配布が出来るようになりました。なので、あのツールを今後どうしようか検討中です。

« なかなか慣れない | トップページ | 今度は15インチか »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なかなか慣れない | トップページ | 今度は15インチか »