フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« エクスポート | トップページ | 興味深い »

2008.01.05

新しい技術をベースに新しいアプローチを

まぁ、ようするに「グラフィックス」と「ストーリー」だけで、ゲームシステムやデザインが古くさい物がダメってことなんだろうなぁ(つーか、冷静に元記事のインタビューを見てるとそんなに、「グラフィックス」や「ストーリー」の話題をいっぱいしてるわけじゃないんだよなぁ~)。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1075715.html

この場合、グラフィックスが綺麗(時折ムービーが入る)で、有名な脚本家がシナリオを書いてるけどゲームで出来るのは、

たたかう、まほう、アイテム、にげる

ぐらいしか出来ない戦闘システムで、あとは移動して会話するだけのRPGのことをとか言ってるんだろうなぁ。

まぁ、技術は常に進歩してますので、ゲームの裾野を考えると物理やAIや、ヒューマンインターフェイスなどの新しい技術を考慮した新しい遊びってのを考えなくちゃいけないんだろなぁ・・・。そう言う点でいうと任天堂なんかはヒューマンインターフェイスから新しい切り口を見つけたわけ(+プラスユーザー同士がインタラクションしたりコミュニケーションしたりする仕掛け)だけど。

物理やAIなんかで考えると、PS3やXboxの方が有利だろうけど、なかなかその点の最新技術をベースに(FPS以外の)ゲームのデザインが出来る人というのがいなさそうだよなぁ。

逆に、単に言葉を曲解して技術(ココで言う技術は広い意味での)はいらなない、ゲームはライトな方がいいみたいな受け取り方をすると、正直、WiiもDSもいらなくて「携帯電話でゲームすれば十分じゃない?」ってことになるよなぁ~。単にゲームをライトにするっていうのも本当はちがうんだろうなぁ。

そう言う意味では、任天堂のライバルって本当は、携帯ゲームなのかなぁ。

« エクスポート | トップページ | 興味深い »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エクスポート | トップページ | 興味深い »