フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 赤 | トップページ | 参考になる »

2008.04.19

21世紀美術館の復習

本屋でたまたま見かけた「超・美術館革命―金沢21世紀美術館の挑戦」を読了(最近、新書はよく読むのですが、これはネットでの評判とかは知らずに購入)。

出版社の紹介ページ
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200611000300

著者が、金沢にある金沢21世紀美術館の特任館長で、「金沢21世紀美術館の挑戦」という副題が気になって購入。

金沢21世紀美術館
http://www.kanazawa21.jp/

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%B2%A221%E4%B8%96%E7%B4%80%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

内容的には、金沢21世紀美術館の成功事例、美術館プロデュース論(たぶん、これが一番大きな話題)、アメリカの美術館事情、現在の日本の美術館をとりまく状況などなど。金沢21世紀美術館のコンセプトとか子供をターゲットにするとかは、納得だよなぁ。特に子供に着眼した点は、学芸員資格をもった後輩も同じような問題意識を持っていたのを思い出しました。

アメリカの美術館事情については、実際にSIGGRAPH 2005でL.Aに行ったときにゲッティセンター(施設美術館ですが)に行った時のことを思い出しました。

The Getty
http://www.getty.edu/

http://www.dnp.co.jp/museum/nmp/nmp_j/review/0701/getty0701.html

村上隆との対談が巻末にあって、ここ日本の美術館事情や美術館行政などの話がされてます。個人的には、文化省構想は、理想としては分かるのですが、日本の官僚が正しい方向に導ける気がしないのが悲しいところ。

今年は、エンターテイメントコンピューティング2008が金沢で開催されるんですが、ちょうど会場は21世紀美術館の隣なんですよね。・・・で、それを狙ってデモセッションも多くの人がこれるような見せ方になるようですけど、参考になるかもなぁ。

エンターテイメントコンピューティング2008
http://www.dc-meiji.jp/ec2008/

それにしてもなかなか読みやすかったので、一気に読んじゃったな。

超・美術館革命―金沢21世紀美術館の挑戦 (角川oneテーマ21 A 66)
超・美術館革命―金沢21世紀美術館の挑戦 (角川oneテーマ21 A 66)蓑 豊

角川書店 2007-05
売り上げランキング : 123647

おすすめ平均 star
starミュージアム・イノベーション
star行ってみたい
star金沢21世紀美術館が出来るまで

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 赤 | トップページ | 参考になる »

Amazon」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤 | トップページ | 参考になる »